恋愛が怖いと感じたことはありませんか。

恋愛に対して怖いという感情を抱いたことがある人は、多いと思います。

恋愛というものは、普段の生活の癒しになったり、平凡な生活に刺激を与えてくれる良い面もあるでしょう。

ですが、その反面恋愛というものは怖いと感じてしまう面もあるのです。

できることなら、恋愛は楽しみたいものでしょう。

それはきっと誰もが感じる気持ちだと思います。

恋愛が怖いと感じてしまう理由と、恋愛が怖いと感じてしまった場合の対処法についてお話ししていきたいと思います。

恋愛に対して怖いと感じる理由

まず始めに、恋愛が怖いと感じてしまう理由についてお話ししていきます。

恋愛が怖いと感じてしまう理由は、人によって様々な理由があります。

それは過去の経験で恋愛に対して、怖いと感じてしまった、失敗してしまったなどという原因があったことによって、恋愛が怖いと思うようになってしまったということもあるでしょう。

それでは具体的に恋愛が怖いと感じてしまうのか、お話ししていきます。

1.恋人に裏切られた経験がある

恋人に裏切られた経験がある人は特に、恋愛をすることが怖いと感じてしまうでしょう。

大切で、大好きな人に裏切られたという過去は、なかなか忘れることができるものではありません。

相手への気持ちが大きければ大きいほど恋人に裏切られた傷は大きいでしょう。

その傷が大きいと次の恋愛をすることも怖いと感じてしまうのは、当然な気持ちでしょう。

例えば付き合っていた相手が浮気をしていて、それが原因で別れることになってしまったとします。

そうすると、次に好きな人ができたとしても、交際を申し込んで付き合うことになってから、また浮気されるのではないか、また裏切られるのではないかと不安になってしまいますよね。

それが原因でなかなか相手に思いを伝えることができないということになってしまうかもしれません。

裏切られた過去はの経験は次に恋愛をすることに対して、怖いという気持ちを与えてしまうものです。

しかし、裏切られることが嫌だからと恋愛をいつまでも怖がっていても、なかなか前に進むことはできません。

いつまでも恋愛をしないで生きていくということが嫌ならば、過去は過去と割り切って前に進もう思う気持ちも必要になってくるのです。

異性を信じられなくなる

恋人に裏切られて恋愛が怖くなってしまう理由は、異性を信じることができなくなってしまうからでしょう。

異性を信じることができなくなってしまうというのは、大きな問題になってしまいます。

確かに裏切られた経験は、異性を信じられなくなってしまって当然なこととも言えるでしょう。

良い相手に出会えたとしても、この人も自分を裏切るのではないかと不安になってしまい、なかなか相手を信じれなくなってしまいます。

相手を信じることができないと、良い関係を築くことも難しくなりますよね。

ですが、その新しく出会った人は前に自分を裏切った相手とは違う人なのです。

過去に好きな人に裏切られたからといって、もう恋愛をするのは怖いから嫌だ、どうせまた裏切られるだろうからと、考えてしまうのはよくありません。

それではいつまでたっても新しい恋愛に進むことはできないからです。

裏切られた怖さをいつまでも引きずらず、少し慎重になる程度で、新しい恋愛をしてみる意識を持つと良いでしょう。

2.恋愛から生まれる嫉妬心が怖い

人の感情の1つに、嫉妬という可能性があります。

嫉妬というのはとても複雑な感情の1つですよね。

そして恋愛になると、特に嫉妬という感情を持つ可能性が高くなります。

嫉妬の程度というものは人によっては様々です。

嫉妬心があまりないという人もいれば、嫉妬心がとても強いという人もいます。

自分は嫉妬心が強いなと感じる人もいるでしょうし、付き合った恋人に対して、この人は嫉妬心が強いなと感じることもあるでしょう。

いろいろな過去の恋愛経験によって恋愛から生まれる嫉妬心が、怖いと感じる人は多いのではないのでしょうか。

恋愛の中でも嫉妬心が生まれる瞬間というのは様々なのです。

恋愛によって生まれる嫉妬心が怖いと感じることによって、恋愛をすること事態が怖いと思ってしまうということになりかねないのです。

人の嫉妬心の怖さを知ってしまう

人の嫉妬心の怖さを知ってしまうと、恋愛が怖いと感じてしまう原因になってしまうことになってしまうでしょう。

恋愛において嫉妬心を感じる瞬間は、様々だとお話ししました。

例えばどういった時に、嫉妬心を感じるのでしょうか。

例えば自分が付き合っている状況で、他の異性と話しをしていたり、仲良くしている姿を交際相手に見られたとします。

その交際相手がとても嫉妬心が強い人だったとしたら、どうしてそんなことをするんだとあなたを責めるということをしてしまうということが、起きてしまうでしょう。

自分が他の異性と話しをしているだけで、交際相手に責められてしまうということが起きてしまうと、それが怖いと感じてしまうことになるかもしれません。

相手と自分の嫉妬心の違いというのが、交際関係が拗れてしまう原因になってしまうということもあります。

特に自分よりも相手の方が嫉妬心が強いと、その嫉妬心を恐れるようになってしまうでしょう。

3.振られた時のショックが大きい

恋愛をするにおいて、相手に振られてしまうということはできれば避けたいことではありますよね。

好きな人に好きだという思いを伝えるということは、とても勇気のいることです。

勇気を出して相手に好きという思いを伝えたのに振られてしまうと、そのショックはとても大きいでしょう。

交際関係においても、自分はとても相手のことが大好きで、関係もうまくいっていると思っていたのにも関わらず、振られてしまうということが起きてしまうと、大切な人を失うということになります。

そうなるとショックはとても大きいことでしょう。

恋愛において、相手に振られる場面は人によって様々ではあります。

しかし、相手のことが好きであれば好きであるほど、相手に振られてしまったという経験は、心に大きく傷がついてしまうことでしょう。

そうなってしまうと、次の恋愛をすることも怖いと感じてしまうことになってしまいます。

恋愛そのものを敬遠してしまう

好きな人に振られたショックが大きければ大きいほど、次の恋愛でも振られてしまうのではないかという不安が大きく出てきてしまうでしょう。

確かに、好きな人に振られるということはとてもショックなことです。

そうなると恋愛そのものを敬遠してしまうということにもなりかねません。

また好きな人ができたとしても、振られた過去のショックを引きずってしまって、なかなか相手に自分の思いを伝えることができないということになってしまうかもしれません。

恋愛をしてもまた振られたらどうしようという不安が、恋愛は怖いと感じてしままい、恋愛を敬遠してしまうということになってしまう可能性があるのです。

ですが、振られるという経験は悪いことばかりでは決してないのです。

相手に好きだと伝えることができる勇気はとても素晴らしいことなのです。

自分の気持ちを相手に伝えることができたのは、自信を持って良いことなのです。

振られたという気持ちのショックは大きいかもしれませんが、その経験を次の恋愛に活かすことはきっとできるでしょう。

4.異性に苦手意識がある

次に、異性に対して苦手意識があるという人もいるでしょう。

例えば、今まで異性と接する機会があまりなかったという人は、異性とどのように接していけば良いのかわからないと感じてしまうことでしょう。

異性とのコミュニケーションの取り方がわからなくて、なかなか積極的に異性と接することができないという場合もあります。

そういった異性に対する苦手意識が、恋愛が怖いと思う原因の1つになってしまうのです。

ですが、異性に対する苦手意識を払拭していかなければ、なかなか恋愛をすることはできないです。

異性に対する苦手意識を払拭するためには、異性との交流を沢山持ってみるということが良い方法になるでしょう。

そうすることによって、異性との交流の仕方や接し方を勉強することが、恋愛に繋がるポイントになります。

異性との交流が怖いと感じてしまう

異性との交流をすることによって、異性に対する苦手意識を徐々にでも払拭することができる方法でしょう。

しかし異性との交流をすること事態を、怖いと感じてしまう人もいるでしょう。

確かに今まで同性とばかりしか交流しかなかった人にとっては、特に異性との交流は難しいと思ってしまいがちです。

難しいという気持ちの中の1つに、異性と話す話題が思い付かないということもありますよね。

うまく会話を続けることができるか自信がないと感じてしまうこともあるでしょう。