チーマーってどういう人?その特徴や付き合う上での1個の注意点のイメージ写真

今はあまり聞かなくなったチーマーと呼ばれる人達についてご紹介していきたいと思います。

チーマーを知らない人も、身の回りにチーマーのような人がいる人も、是非この機会に特徴や接し方などを知って頂けたらと思います。

チーマー=不良の一種

チーマーは不良の一種

チーマーと聞いて、あなたはどんな人を思い浮かべますか?

チーマーは不良の一種であり、ヤンキーなどと同じような感じがしますが、、細かい区分などで他の不良とは少し違う部分があります。

この機会にチーマーの特徴など知っていただけたらと思いますので、参考にしてみてくださいね。

チームを組んだ不良のこと

チーマーとは、集団でチームを組んだ不良という意味合いで、渋谷を拠点として活動していました。

チーマーは1980年代から1990年代にかけて有名になった存在であり、2000年以降はあまり聞かなくなってきました。

そのため、現代においては、もう言葉自体そこまで使われる事がなくなってしまったかのように思われます。

もともとは、東京の都心の裕福な子息の集まりがチーマーだったという説も

現在でのイメージでは「チーマー=不良」というのが定着しているかと思いますが、最初は裕福な子息の集まりがチーマーだったという説もあります。

名門高校の遊びチームで、遊ぶお金を稼ぐためにパーティー開催をしたり服・ジュエリー販売をする活動をしていたようです。

それが時代とともに、地方や不良の人たちの活動が目立つようになってきたため、「チーマー=不良」という印象が広がったのではないでしょうか。

チーマーの名前の由来

チーマーの名前の由来

チーマーの名前の由来を知らない人も多いと思います。

そもそも、チーマーという言葉自体、現在ではそこまで使われる事がなくなってしまったので知らないという人も存在するのではないでしょうか。

そこで、チーマーという言葉の由来に関してもご紹介していきたいと思いますので、是非興味がある人はこの機会に知っていただけると幸いです。

team+er

仲間、集団、組織、チームなどを意味する「team」に「er」をつけてチーマーという言葉が生まれました。

集団でたむろしたり、集団で不良行為などを行ったりする人のことを言います。

集団で街中でたむろしていたり、ちょっと悪そうな感じのお兄さん方を見かけたことがある人もいるのではないでしょうか。

その他の不良の特徴

おそらく、現在は不良と聞くとチーマーよりも、ヤンキーという言葉を連想されるのではないでしょうか?

チーマーと聞くと昔の人のような感覚がしてしまいますが、実はちょっとした違いがあります。

昔の不良=チーマー、現代の不良=ヤンキーと誤解している人も中にはいると思います。

なので、ここからは細かい区分や、それぞれの特徴などをご紹介していきたいと思います。

暴走族

まず、ご紹介するのが暴走族についてです。

これは、名前の通りですが、オートバイや、車などで騒音を伴う迷惑な暴走行為をする集団の総称になります。

エンジンをふかしながら大きな音を立てたり、危ない走行をするような集団を見た事がある方もいるのではないでしょうか。
女性だけの暴走族は、レディースとも呼ばれています。

また、暴走族は、道路を占拠して蛇行走行する共同危険型暴走族と、速度を競うように走行する違法競走型暴走族の2つに分類されます。

大人数の場合もあれば、少人数の場合もあります。

一般市民を威嚇したり、激しい走行などをしている事も含めて、ストリートギャングのような一面もあり非常に危険な存在です。

ヤンキー

次にご紹介するのは、ヤンキーです。

これは、1980年代から1990年代にかけて不良少年や不良少女のことを表現するために使われていた言葉になります。

これは現代でも使われている言葉ではないでしょうか。

ヤンキーといえば、リーゼントヘアに昔はボンタンや短ランなどを着飾った人が多かったように感じます。

スケバンと呼ばれる不良行為を行う女子生徒も存在していました。

その後1990年代後半にヤンキースタイルは衰退し、その後ヒップホップ系のファッションをするヒップホップヤンキーという言葉が生まれました。

ギャング

暴力的な犯罪集団でアメリカの犯罪組織を指すことが多い言葉で、強盗という意味もあります。

街の路地などで犯罪を起こすような集団はストリートギャングと呼ばれ問題になっています。

ギャングとストリートギャングは若者の不良を示す言葉でほとんど同じような意味で使われています。

これが成熟し組織化された大人の犯罪を犯すような集団になると「モッブ」や「マフィア」と呼ばれることが多いそうです。

チーマーの特徴

ここまではチーマーとは区別される不良グループの特徴をご紹介しました。

それでは、ここからチーマーの特徴についてご紹介していきたいと思います。

アメカジファッション

まずは、チーマーの特徴としてアメカジファッションが挙げられます。アメカジとはアメリカンカジュアルの略になります。

チーマーはアメカジファッションで身を固めている人が多く、アメカジでなければチーマーとは呼ばれないという程だったそうです。

アメカジという言葉はよく聞くと思いますが、デニム、革ジャン、ブーツ、古着などラフなカジュアルファッションの着こなしになります。

渋カジとも呼ばれていた

渋カジとは渋谷カジュアルの略で渋いカジュアルの略とも言われます。

渋谷の若者が独自のアメカジファッションを広めていったことから渋カジと呼ばれるようになりました。

デニム、フライトジャケット、ブーツ、Tシャツなどアメリカのミリタリー系の古着の着こなしの他に、チノパン、シャツ、紺ブレ、ローファーなどのきれいめな着こなしも流行り始め、渋カジのブームとしては終わってもそのスタイルはその後のファッションにも影響を与えたと言われています。

革ジャン

革ジャンはチーマーの多くが愛用していたアイテムです。

当時流行っていた漫画で革ジャンを着た不良が描かれていたことからも、革ジャンに憧れを持っていたチーマーは多いそうです。

革ジャンは渋い、男らしい印象になるアイテムなので、今でも好んで着ている人は多いと思います。

リーバイス501

そしてチーマーといえばデニムです。

特に好んで履かれていたのがリーバイスのデニムです。

リーバイスは非常に人気があるデニムのブランドであり、今でも多くの方に支持されているブランドになります。

デニム好きの有名人や芸能人などからの支持も厚く、有名なシリーズなども数多く存在しています。

その中でも、リーバイス501が非常に人気があり、多くの人に愛用されています。

デニムに革ジャンを着れば、今でいうバイカーファッションと言われるようなスタイルになり、アメリカンバイクが似合いそうなちょっといかつい、男らしい渋いスタイルを想像できるのではないかと思います。

エンジニアブーツ

革ジャンを着こなすために、エンジニアブーツが多く愛用されています。

バイカーファッションをする時にも欠かせないアイテムであり、このエンジニアブーツが最終的にファッションをびしっと決めてくれるアイテムになります。

このスタイルは、周りでも見かけることがあるファッションではないかと思います。

バイクに乗らない人でもこのようなファッションを好んで着用されている人もいます。

チームのジャンパー

チーマーは、チームのシンボルとされるチームジャンパーを着用していました。

チームの名前が入っているようなジャンパーだったり、同じものを着てチームの証として認識していたようです。

古着系

チーマーはアメカジを好んでいたこともあり古着好きな人が多いです。

ヴィンテージデニムについてもとても詳しいという特徴もあり、元チーマーの人と一緒に古着屋に行くとその詳しさに驚くこともあるかもしれません。

バンダナ

トレードマークとして同じ色のバンダナを巻いて、チームの目印にしているグループもありました。

バンダナを頭に巻いてフードを被ったり、口元を覆い隠すような使い方がされていたようです。

ロン毛にヘアバンド

ロン毛の人が多かったこともあり、髪をまとめるためにヘアバンドをするというのがトレンドでした。

同じ色で統一感を出すグループもあったそうです。

アメリカ映画に影響された

チーマーが流行った事には理由があります。

アメリカ映画に影響を受けた若者たちの存在がきっかけでチーマーが誕生したと言われています。

どのような映画なのかご紹介します。

「アウトサイダー」

アウトサイダーは1983年に公開されたアメリカの映画になります。

青春映画であり、アメリカでベストセラーとなった小説をもとに作られた映画です。

出演しているのが、今ではかなり人気の俳優となっているトムクルーズや、ラルフマッチオ、ロブ・ロウやC・トーマスハウエルなどが出演しています。

あらすじとしては、貧困層の若者グループと富裕層の若者グループが争っている地域があり、そこで巻き起こる問題や様々な体験が主な内容となっています。

実際に見て頂くのが一番良いかとは思いますが、非常に素晴らしい映画となっています。

喧嘩のシーンなどもあり、熱くなれる映画となっています。

「ウォリアーズ」

次にご紹介するのは、1979年に制作されたアメリカ映画となっています。

アメリカ中を驚かされた名作となっており、なんでもその影響力はかなりのものを誇っているのだとか。

この作品が原因で殺人事件まで起きたような、激しい映画となっています。

この映画に出演した事で、有名になったスターがたくさん存在している事から、やはり非常に魅力的な映画であるともいえるのではないでしょうか。

あらすじとしては、真夏のニューヨークで、たくさんのギャングチームが公園に集結し、集会が行われていました。

その中でウォリアーズというギャングチームも参加していたのですが、その日、演説をしている最中にローグスというギャングチームのリーダーが殺害されてしまうというハプニングが起こってしまいます。

死体のそばにウォリアーズがいた事から濡れ衣を着せられてしまうという事から始まります。

各ギャングチームからの襲撃からの逃走を描いた作品で、疾走感のあるかっこいい映画となっています。

渋谷のセンター街でたむろしている

チーマーは渋谷のセンター街でたむろしていることが多く、チーム同士が激突するような事も多かったそうです。

今では考えられませんが、昔は日常茶飯事でした。

喧嘩を売ったり、パーティ券などを押し売りするような事も日常茶飯事で、このような事があったからこそ、悪いイメージを持たれています。

それから全国に広がり、チーマーという存在がだんだんと認識されるようになっていったとされています。

元チーマーの芸能人とは?

チーマーという存在を知った所で、本当にこういう人たちが存在するのかと疑問に感じる方もいるかと思います。

今の若い世代の方は、このようなチーマーという存在を知らない方も多いですが、芸能人でも元々チーマーだったという方も存在します。

今回はそんな元チーマーの芸能人についてもご紹介していきたいと思います。

東幹久

東幹久さんは元チーマーという事で知られています。

東幹久さんといえば、今ではCMなど、ドラマなどでも数多く活躍されている俳優さんですが、非常に優しい感じもしますし、落ち着いた大人の男性なので、東さんがチーマーだったという事は意外に感じるかもしれません。

元々有名なチーマーであり、ある時芸能界にスカウトされて、そのまま芸能界に入ったという経歴があります。

高谷裕之

スポーツ界でも、元チーマーの方は存在します。

格闘技をあまり見ないという方は知らないかもしれませんが、総合格闘家として知られています。

DREAMフェザー級王者の高谷さんですが、元々チーマーだったという事もあり、喧嘩に明け暮れていたというエピソードがあるそうです。

「喧嘩番長」という異名でも知られています。

格闘家として活躍しているあたりが、やはり昔から腕っぷしがかなり強かったのではないかと想像できます。

そのポテンシャルの高さから格闘家としてもかなりの実力を誇っているのだともいえるでしょう。

チーマーの現在

チーマーは、現代においてはもはや存在しないとまで言われているかもしれません。

元チーマーという方は多いかもしれませんが、現役でチーマーをやっているという方はあまりいないのではないでしょうか。

時代の流れによって激減していった傾向があります。

ひとたび存在すると、非常に目につきますし、警察の取り締まりなどもあってか、昔と比べて暴走族なども少なくなっています。

チーマーはもはや絶滅危惧種!?

絶滅危惧種と言ってしまえば、そうなるのかもしれません。

先ほどご紹介したチーマーのファッションに身を包んでいる方は多いかもしれませんが、実際にチーマーのような活動をしている人達はあまりいないかと思います。

実際にいれば犯罪ですし、警察の強化もあり、今ではそのような事を公にしている人はあまり見かけません。

ただ目立たないだけで、実際には存在しており、陰に身を潜めて活動しているグループもあるかもしれません。

今でも一定数は存在している

なかなか表立っては活躍している所を見ないかもしれませんが、ディープな世界ではまだ存在している可能性はあります。

半グレという言葉もあるように、事件を起こしたり、犯罪のような事をしている人も中には存在します。

なかなか関わる事もないかと思いますが、中には関わっているという人もいるかもしれません。

ただ、犯罪などを起こす集団と関わっても、得な事はありませんし、問題に巻き込まれる可能性もあるので、あまり密接な関わりをする事はやめておきましょう。

チーマーとのたった1つの関わり方

実際にチーマーと知り合いだという方はかなり少ないと思いますが、中にはそういう繋がりがあるという人もいるかと思います。

もちろん、一緒にいて気持ちがいい人もいるでしょうし、あまり関わりたくないと思っている人もいるでしょう。

実際に身の回りにそういう人がいる場合は、接し方などにも注意をする必要があります。

関わらないのが1番!

その人自体の人間性もあるかもしれませんが、基本的にチーマーの方は社会的に良い人だとは言いにくいため、関わることはあまりおすすめできません。

関わってしまうと、相手から誘いがあったり、自分自身が嫌な事でも、関わりがあるからと許容してしまう事にもなりかねません。

そうなった時に、自分自身が良くない事に巻き込まれる可能性も出てくるため、付き合い方に注意をする必要があります。

もちろん、自分自身がこの人と関わりたいと思えるような人であれば問題はないかと思いますが、相手次第では、交流の仕方を考える必要があるという事を覚えておきましょう。

昔懐かしチーマーのご紹介でした

いかがでしたでしょうか?
今回はチーマーという存在についてご紹介してきました。

今ではすっかり優しい人でも、昔は元チーマーだったという人が知り合いにも存在しているかもしれません。

そういった人に昔の話を聞いてみると、面白いかもしれませんね。

チーマーになりたいと思う人はあまりいないかもしれませんが、男性ではこのチーマーのようなバイカーファッションなどに憧れを持っている人も多いのではないでしょうか。

自分自身のファッションのきっかけだったり、そういう存在がいたという事を知って頂き、なにかしら自分の中でこの知識を活かせる時がくれば幸いです。