あなたの周りに、悪っぽい人っていませんか?

恐らく今まで悪っぽい人が身の回りにいた事がある人が多いかと思います。

それは学校でもそうですし、学校以外の場所でも、アルバイト先だとか、普段遊んでいる場所だとか、そういった所で悪っぽい人に会った事だったり、接した事などはあるかと思います。

自分自身がそうであったという人もいれば、一生関わることはないだろうと思っている人もいるかと思います。

今回はそんな、チーマーと呼ばれる人達についてご紹介していきたいと思います。

身の回りに、チーマーのような人がいるのであれば、是非この機会に接し方など、どういう特徴を持っているのかという事を知って頂けたらと思います。

チーマー=不良の一種

チーマーと聞いて、あなたはどんな人を思い浮かべますか?
チーマーは、ヤンキーの一種であり、悪っぽい人を思い浮かべるかと思います。

確かに合っていますが、細かい区分などを考えると似ているようでちょっと違うのです。

ヤンキー=チーマーだと思っている方は、この機会に似ているようで違うこの特徴などをしっかりと理解していただけたらと思いますので、参考にしてみてくださいね。

細かくご紹介していきましょう。

チームを組んだ不良のこと

まず、チーマーとは名前の通りですが、チームを組んだ不良という意味合いを持っています。

なので、単体ではなく、集団でチームを組んでいる不良という意味合いになります。

なので、チームに属しているような、悪っぽい人達になるのですが、このチーマーもそれ以外の部分でも特徴を持っています。

チームに所属しているという事であれば、悪い人達の大部分が当てはまってしまいますよね。

しっかりとチーマーの特徴に関してもご説明していきたいと思いますので、是非参考にしてみてくださいね。

80年代後半-90年代前半

チーマーは1980年代後半から、1990年代前半にかけて有名になった存在であり、2000
年以降はあまり使用される事がなくなってきました。

なので、現代においては、もう言葉自体そこまで使われる事がなくなってしまったかのように思われます。

周りにチーマーと呼ばれるような人って今はそこまでいないですよね?

昔はかなり多かったんですが、現在でチーマーと呼ばれるような恰好であったり、悪っぽい人はそこまでいないので、もしいると珍しいくらいの感覚になるのではないでしょうか?

チーマーの名前の由来

あなたはチーマーの名前の由来を知っていますか?

これがけっこう知らないという人も多かったりするかと思います。

そもそも、チーマーという言葉自体、現在ではそこまで使われる事がなくなってしまったので、言葉自体知らないという人も存在するのではないでしょうか。

なので、チーマーという言葉の由来に関してもご紹介していきたいと思いますので、是非興味がある人はこの機会に知っていただけると幸いです。

team+er

先ほどご紹介した通りですが、名前はチームという言葉から生まれた言葉であり、そこから派生してチーマーという言葉が生まれました。

元々グループで活動している事が多いという事とされており、そこから集団という事でチーマーという言葉が生まれました。

要は、集団でたむろしたり、集団で組んで不良行為などを行ったりする人という意味合いを持っています。

あなたも一度は見た事がありませんか?
集団で街中でたむろしていたり、ちょっと悪そうな感じのお兄さん方を見たことがあるかと思います。

こういう人はチーマーと呼ばれており、悪っぽい感じで暴走族っぽい感じの印象をもたれるかと思います。

その他の不良

おそらく、現在の人達は不良ときくとチーマーよりも、ヤンキーという言葉の方を連想されるのではないでしょうか?

なんだかチーマーと聞くと昔の人のような感覚がしてしまいますが、実はこれってちょっとした違いがあるんです。

昔の不良=チーマー、現代の不良=ヤンキーというわけではないので、そのあたりを誤解している人がかなり多いかと思います。

なので、ここからは細かいですが、区分だったり、それぞれの特徴などをご紹介していきたいと思います。

このあたりをしっかりと把握しておく事で、間違った知識を持つ事を防ぐ事が出来るので、是非覚えて頂きたいと思います。

実際にこういう特徴があったんだな、と理解できると面白いかと思いますので、是非参考にしてみてくださいね。

暴走族

まず、ご紹介するのが暴走族という言葉です。

これは、名前の通りですが、オートバイや、車などで暴走行為を働く者たちの総称になります。

騒音で、うるさいバイクだったり、危ない走行をするような集団を見た事がありませんか?
女性だけのグループはレディースと表現されており、聞いたことがある人がいらっしゃるかと思います。

もちろん、大人数の場合もあれば、少人数で行っている人もいるため、その点は様々であります。

また、暴走族の中でも二つの種類に分かれており、共同危険型暴走族というカテゴリだったり、違法競争型暴走族という言葉に分かれています。

一般市民を威嚇したり、激しい走行などをしている事も含めて、非常に危険な存在になります。

ストリートギャングのような一面も持っており、旗を掲げながら走行したり、特攻服に身をまとったりして走行するなど、非常に特徴を持っているといえるのではないでしょうか。

ヤンキー

次にご紹介するのは、ヤンキーです。

これは、1980年代後半から1990年代初頭にかけて不良少年や不良処女などを表現するような、総称されるような言葉になります。

けっこうこれは現代でも使われている言葉になるのではないでしょうか。

あなたの周りにも、おそらくヤンキーと呼ばれるような人が周りにいたケースもあるのではないでしょうか?
ヤンキーといえば、リーゼントヘアに昔はボンタンや短ランなどを着飾った人がかなり多かったようにも感じます。

今でも一部地域では、このような変形の学生服を着こなしている人もいるのではないでしょうか。

これが列記としてヤンキーであり、昔はスケバンという女性のヤンキーなども存在していました。

派生している言葉として、ヒップホップヤンキーという言葉もあり、最近の腰までウエストを下げてデニムを履いたりする腰パンなどが有名になるのではないでしょうか。

また、最近ではオラオラ系なども派生しており、一種のジャンルとしてファッション業界でも確立されているスタイルになるのではないでしょうか。

ギャング

これは非常に区分が難しいのですが、もともとは暴力的な犯罪集団という言葉で表現されている言葉でした。

集団や群れという言葉も兼ねており、複数で活動しているものに対してギャングと呼ばれるような事もあったそうです。

犯罪集団や暴力一味など、そういった集団をギャングと表現されていた時代もありました。

この言葉から派生して、ストリートギャングという言葉も生まれており、ストリートギャングは若者を示すような言葉になりつつあります。

これが大人になって、成熟されて犯罪をおかすような集団の場合はマフィアと呼ばれるような場合もあり、暴力団ややくざに繋がるような可能性も持っています。

区分自体が非常に難しいですが、似ているようで異なる言葉という事を知って頂けたらと思います。

チーマーの特徴

ここまではチーマーと似ているようで、違う特徴を持つ言葉をご紹介していきました。

それでは、ここからはチーマーの特徴についてしっかりとご紹介していきたいと思います。

ここまでの紹介では、確かに違うなと感じられる言葉もあれば、やはり似ていると感じられる言葉もあったかと思います。

なので、理解していただくためにも、チーマーの特徴についてしっかりと理解していただければと思います。

アメカジファッション

まずは、チーマーの特徴としてアメカジファッションという存在があります。

アメカジと聞けば、誰しもがある程度想像できるかと思いますが、チーマーはアメカジファッションで身を固めている特徴がありました。

なので、ファッションに関していえば、アメカジではないとチーマーとは呼ばれないような区分になっています。

そう考えると、ある程度分類しやすいのではないでしょうか。

アメカジファッションがあまりわからないという方も中にはいらっしゃるかもしれませんが、アメカジはラッパーな感じなどを想像される方もいらっしゃるかもしれませんが、
冷静に考えてみるとあなたが良く履いているデニムなども元々アメリカ発祥ですよね。

これ自体もアメカジの要素を秘めているといえるでしょう。

なので、思っているよりももっとカジュアルな感じを想像していただければ、わかりやすいのではないでしょうか。

渋カジとも呼ばれていた

その人気ぶりから、渋カジとも呼ばれるような事もあったそうです。

渋カジと聞けば、チーマーを連想させるような特徴も持っており、非常にチーマーから憧れるようなファッションとして確立されていました。

ファッションとしてもかっこいいので、チーマーではないにしても、このアメカジスタイルを好んできている人もかなり多かったのではないでしょうか。

ファッションでいえば、今でもアメカジを気に入ってきている人はかなりいますし、芸能人でもこういったファッションを好んで着ているような人もかなり多く存在するかと思います。

なので、今でも人気のスタイルといえますし、そういう意味ではこういう事を知っておけば、何かしらチーマーという言葉についても連想出来るようになるのではないでしょうか。

革ジャン

チーマーの渋カジといえば、やはり有名のなのが革ジャンなのではないでしょうか。

男であれば、革ジャンに一度は憧れを持つようなアイテムになるのではないでしょうか。

今でも革ジャンを好んで着ている人はかなり多いですし、渋い、男らしいアイテムになるので、非常に好まれているアイテムになるのではないでしょうか。

男らしさを演出する事も出来ますし、機能性も高いので、多くの方が一枚は持っているアイテムになっているかと思います。

革ジャンを想像すれば、なんとなくある程度見えてくるのではないでしょうか。

よくヤンキー漫画などでも、革ジャンを着ている集団が描かれていたりもしますよね。

そのようなヤンキー漫画を読んだ事がある人はおそらくある程度想像が出来ているかと思います。

このようなファッションスタイルがチーマーを連想させるような恰好になっていました。

リーバイス501

そして、チーマーといえば、大事なのがデニムになります。

デニムといえば、人気なのがやはりリーバイスですね。

リーバイスは非常に人気があるデニムのブランドであり、今でも多くの方に支持されているブランドになります。

デニム好きの有名人や芸能人などからの支持も厚く、有名なシリーズなども数多く存在しているデニムになります。

その中でも、リーバイス501が非常に人気があり、今でも多くの方に愛用されているシリーズになるかといえるでしょう。

デニムに革ジャンと聞けば、ある程度想像できますよね?
今でいうバイカーファッションと言われるようなスタイルになるかと思います。

アメリカンバイクが非常に似合うようなスタイルであり、ちょっといかついような、男らしい渋いスタイルを想像できるのではないでしょうか。

エンジニアブーツ

バイカーファッションと聞いて、察しが良い人は気づいたのではないでしょうか。

今までにご紹介したファッションスタイルで、スニーカーなってしまうわけがないですよね。

足元には、やはりバイカーファッションのアイコンであるエンジニアブールがびしっと着用されている事がセオリーです。

バイカーファッションには欠かせないアイテムであり、このエンジニアブーツが最終的にファッションをびしっと決めてくれるようなアイテムになります。

このスタイルを想像してみると、周りでもけっこうこのようなファッションで身をまとっている人はかなり多いのではないでしょうか。

中にはバイクに乗らないような人でもこのようなファッションを好んで着用されているような人もかなり多いかと思います。

憧れを持っている人はチーマーのファッションの定番ともいわれる、このファッションをまねてみてはいかがでしょうか?

チームのジャンパー

チーマーは、チームに所属しているからこそチーマーと呼ばれているのですが、当時はチームのシンボルという事でジャンパーなどを共通のもので使用していたようです。

なので、チームの名前が入っているようなジャンパーだったり、同じものを着てチームの証という形で認識していたようです。

チームなので、仲間の絆という事でこのジャンパーがそれを証明していたという事もいえるのではないでしょうか。

仲間との絆で、同じものを着るというのはなんだかかっこい良いですよね。

お洒落なジャンパーなども着こなしている事も多かったようで、中にはあこがれの存在になっていたチームもあったそうです。

古着系

ここまではかなりバイカーファッションのような、いかしたクールな感じの着こなし方のファッションをご紹介していきました。

それでは、ここからは古着系のファッションについてもご紹介していきたいと思います。

古着系といえば、なかなか想像できないかもしれませんが、今では原宿ファッションといえばタレントのりゅうちぇるさんとか、ぺこなどが活躍していますよね。

さすがにあのようなかわいい感じの恰好ではないですが、やはり古着も着こなし方によって様々な表情が出てきます。

なので、今回はチーマーに人気があった格好などもご紹介していきたいと思います。

最近はなかなか存在しないかもしれませんが、昔はこういう恰好が流行っていたという事も知っていただければと思います。

バンダナ

バンダナもチーマーのトレードマークとなっていました。

バンダナといいますと、最近ではしている人はなかなか見かけなくなりましたは、昔は流行っていました。

バンダナを頭に巻いているいかつい男性達が昔はかなりいました。

バンダナも、今でこそしている人はなかなかいませんが、ファッションによっては今でもしている人もいます。

例えば、キャップの下にバンダナをまいて、その上からキャップを被るというスタイルだったり、結び方もちょっとおしゃれな巻き方にしてみれば、今でもかっこいいスタイルになります。

どちらかといえば、一般的な恰好よりも、音楽が好きなヒップホップ系のアーティストなどが着飾っている感じが多いのかもしれません。

ファッションの歴史も様々な特徴があるという事がいえるのではないでしょうか。

ロン毛にヘアバンド

昔はロン毛も流行っていました。

硬派な感じが多いイメージなので、ロン毛が想像できないかもしれませんが、今でもるーどな感じの黒髪のロン毛でいかつい男性ってけっこういますよね。

あのような感じで、ロン毛でクールでロックな感じも昔はかなり流行っていました。

ロン毛にヘアバンドというようなスタイルの方もかなり多かったように感じます。

今ではあまり見かけませんが、昔はこのようなスタイルの男性がかなり多かったので、一般的なスタイルとして存在していました。

時代によって、おしゃれって違いますし、ファッションの歴史を感じるようなきっかけになりますね。

アメリカ映画に影響された

チーマーが流行った事には理由があります。

急にチーマーという存在が現れたのにはきっかけがあり、それを理解する事でチーマーの事も理解できるのではないでしょうか。

元々チーマーというのは、映画の存在がきっかけで誕生したという風に言われています。

なかなかチーマーの歴史なんて知る事なんてないので、初めて知ったという方もかなり多いのではないでしょうか。

チーマーの事を理解するには、この映画を知っておくことが大事なので、是非知って頂きたいと思います。

「アウトサイダー」

アウトサイダーは1983年に公開されたアメリカの映画になります。

青春映画であり、アメリカでベストセラーとなった小説をもとに作られた映画です。

出演しているのが、今ではかなり人気の俳優となっているトムクルーズや、ラルフマッチオ、ロブ・ロウやC・トーマスハウエルなどが出演しています。

あらすじとしては、貧困層の若者グループと富裕層の若者グループが争っている地域があり、そこで巻き起こる問題や様々な体験が主な内容となっています。

実際に見て頂くのが一番良いかとは思いますが、非常に素晴らしい映画となっています。

喧嘩のシーンなどもあり、熱くなれる映画となっています。

興味がある方は一度見て頂ければと思います。

「ウォリアーズ」

次にご紹介するのは、1979年に制作されたアメリカ映画となっています。

アメリカ中を驚かされた名作となっており、なんでもその影響力はかなりのものを誇っているのだとか。

この作品が原因で殺人事件まで起きたような、激しい映画となっています。

この映画に出演した事で、有名になったスターがたくさん存在している事から、やはり非常に魅力的な映画であるともいえるのではないでしょうか。

あらすじとしては、真夏のニューヨークで、たくさんのギャングチームが公園に集結し、集会が行われていました。

その中でウォリアーズというギャングチームも参加していたのですが、その日、演説をしている最中にローグスというギャングチームのリーダーが殺害されてしまうというハプニングが起こってしまいます。

死体のそばにウォリアーズがいた事から濡れ衣を着せられてしまうという事から始まります。

各ギャングチームからの襲撃からの逃走を描いた作品となっています。

疾走感のあるかっこいい映画となっていますし、興味がある方は見て頂ければと思います。

渋谷のセンター街でたむろしている

チーマーといえば、渋谷のセンター街でたむろしているような姿が多かったです。

渋谷のセンター街でチーム同士が激突するような事も多かったそうです。

今では考えられないですよね、でも昔はこういう事が日常茶飯事のようなあったのです。

喧嘩を売ったり、パーティ券などを押し売りするような事も日常茶飯事で、このような事がったからこそ、悪いイメージもたくさん持っていたかと思います。

それから全国に広がり、チーマーという存在がだんだんと認識されるようになっていったとされています。

ある程度の年齢の方は、このチーマーが存在している中で生きていた方もかなり多いと思いますので、昔を知る人には懐かしいような感じがするのではないでしょうか。

元チーマーの芸能人とは?

チーマーという存在を知った所で、本当にこんな人たちが存在するのか、非常に不思議に感じる方もかなり多いかと思います。

今の若い世代の方は、このようなチーマーという存在があったという事を知らない方も多いので、是非知っていただきたいのが、芸能人でももともとチーマーだったという方も存在します。

知らない方からすると、えっ、本当に?と感じてしまう方も中にはいるかと思います。

今回はそんな元チーマーの芸能人についてもご紹介していきたいと思いますので、この機会に知っていただきたいと思います。

東幹久

東幹久さんは元チーマーという事で知られています。

これはけっこう以外なのではないでしょうか?
東幹久さんといえば、今ではCMなど、ドラマなどでも数多く活躍されている俳優さんですが、非常に優しい感じもしますし、落ち着いた大人の男性なので、東さんがチーマーだったという事はなかなか信じられない方も多いかと思います。

ただ、もともとかなり有名なチーマーであり、ある時芸能界にスカウトされて、そのまま芸能界に入ったという経歴があります。

昔はやんちゃだったという人ってけっこういますが、そういう人に限って今ではかなり優しいような感じの雰囲気の方って多いですよね。

普段そんなイメージがないだけ、やはり実際に怒ったところを見るとかなり怖そうですよね…。

高谷裕之

スポーツ界でも、元チーマーの方は存在します。

想像格闘技をあまり見ないという方は知らないかもしれませんが、総合格闘家として知られています。

DREAMフェザー級王者の高谷さんですが、見た目も怖いですが、もともとチーマーだったという事もあり、やはり喧嘩に明け暮れていたというエピソードがあるそうです。

異名としても、喧嘩番長として知られており、かなり怖そうな感じですよね。

格闘家として活躍しているあたり、やはり昔から腕っぷしがかなり強かったのではないでしょうか。

そのポテンシャルの高さから格闘家としてもかなりの実力を誇っているのだともいえるでしょう。

興味を持った方は一度高谷さんの試合をみてみてはいかがでしょうか?
一度見ると、魅力に引き込まれてしまうかもしれませんよ。

チーマーの現在

チーマーは、現代においてはもはや存在しないとまで言われているジャンルになるのかもしれません。

確かに元チーマーという方はかなり多いかと思いますが、現役でチーマーをやっていますという方はあまりいないのではないでしょうか。

あなたの周りでも、現役でチーマーやっていますという方は存在しないかと思います。

昔は流行っていましたが、時代の流れによってすたれていってしまっている傾向があります。

ひとたび存在すると、非常に目につきますし、警察の取り締まりなどもあってか、昔と比べて暴走族なども少なくなっている傾向にあるかと思います。

チーマーはもはや絶滅危惧種!?

絶滅危惧種といってしまえば、そうなってしまうのかもしれません。

先ほどご紹介したチーマーのファッションに身を包んでいる方はかなり多いかもしれませんが、実際にチーマーのような活動をしている人達はあまりいないかと思います。

実際にいれば、犯罪ですし、警察の強化もあり、今ではそのような事を公にしている人はあまりいないかと思います。

ただ、見ないだけで実際は存在しているという事もあります。

目立たないだけで、実際には存在しており、陰に身を潜めて活動しているグループもあるのではないでしょうか。

でも一定数は存在している

なかなか表立っては活躍している所を見ないかもしれませんが、ディープな世界ではまだまだ存在している可能性は高いといえるでしょう。

半グレという言葉もあるように、事件を起こしたり、犯罪のような事をしている人も中には存在します。

なかなかかかわる事もないかと思いますが、中には関わっているという人も探せばいるでしょう。

ただ、犯罪などを起こす集団と関わっても、得な事はありませんし、問題に巻き込まれる事もあるかと思いますので、あまり密接な関わりをする事はやめておきましょう。

チーマーとのたった1つの関わり方

実際に今私の知り合いにチーマーいますという方はかなり少ないでしょう。

存在自体、本当にあるのかどうかわからないレベルですから、身の回りにいる可能性が引くいともいえるでしょう。

ただ、中にはそういう繋がりがあるという人も存在するかと思います。

もちろん、一緒にいて気持ちがいい人もいるでしょうし、中にはあまり関わりたくないと思っている人もいるかもしれません。

実際に身の回りにそういう人がいる場合、しっかりと接し方などにも注意をする必要があるといえるでしょう。

関わらないのが1番!

チーマーである人自体の人間性もあるかもしれませんが、基本的にチーマーの方はあまり社会的に良い人だとは言えない可能性もあります。

特に、あまり良い事をしていない人の場合であると、そこまでかかわる事をお勧めできません。

関わってしまうと、たくさん相手からも誘いがあるでしょうし、自分自身がいやだと思うような事でも、関わりがあるからと許容してしまう事にもなりかねません。

そうなった時に、自分自身が良くない事に巻き込まれる可能性も出てくるため、付き合い方に注意をする必要があるという事は覚えておいた方がよいでしょう。

もちろん、自分自身がこの人と関わりたいと思えるような、素敵な人であれば問題はないかと思いますが、相手次第では、交流の仕方を考える事が大事であるという事を覚えておきましょう。

昔懐かしチーマーのご紹介でした

いかがでしたでしょうか?
今回はチーマーという存在についてご紹介していきました。

なかなか今では存在していないチーマーというジャンルですが、このような人達が存在していたという事を理解しておく事で、話のネタになる事もあるでしょうし、知っておいたら非常に面白い事ですよね。

今ではすっかり優しい人でも、昔は元チーマーでしたという人が先輩として存在している人もなかにはいるでしょう。

そういった人と、昔の話を聞いてみると、非常に面白いかもしれませんね。

チーマー自体になりたいと思う人はあまりいないかもしれませんが、男性ではこのチーマーのようなバイカーファッションなどに憧れを持っている人もかなり多いのではないでしょうか。

自分自身のファッションのきっかけだったり、そういう存在がいたという事を知って頂き、なにかしら自分の中でこの知識を活かせる時がくれば幸いです。