あなたは最近泣きましたか?
大人になって泣く機会って自然と減ってきますよね。

泣く機会がなくなってしまうと、どうしても泣く事がなくなってしまいがちになりますが、ふとした時に感動する事はありますよね。

例えば、映画などを見て感動したり、何かの競技や、みんなで力を合わせて頑張るような事があった時には自然と感動して涙を流すきっかけなどもあるかと思います。

泣く事って、あまり知られていないのですが、以外とメリットがあるんです。

普段泣く事による効果などを意識する事はないのであまり知られていないかもしれませんが、泣く事で得られるたくさんのメリットをご紹介していきたいと思いますので、ご紹介していきたいと思います。

泣くことで得られる7個のメリット

泣く事でたくさんのメリットが得られるという事がわかっていますが、具体的にどういう事を得られるのかという事についてご紹介していきたいと思います。

普段なかなか泣いていないという方にこそ見て頂きたい内容となっていますし、メリットを知る事で、定期的に実践していただきたい内容にもなっています。

泣く事で得られるメリットを知る機会もなかなかないかと思いますので、この機会にぜひ活用してみてくださいね。

それでは見ていきましょう。

1、リラックス出来る


泣く事で得られるメリットして、リラックスできるという事がわかっています。

普段なかなか泣く機会がない方にとっては、あまり理解できない部分になるかもしれませんが、泣く事ですっきりする気持ちになった経験はありませんか?
泣く事で、抑えられていた感情が出てきて、すっきりする事に繋がるようになっています。

そうなる事で、自然と体や気持ちがリラックスできるようになり、自然と感情が整理されるようになっています。

なので、泣く事で、体や気持ちを落ち着かせる事が出来るという事にも繋がっているんです。

悲しい時だったり、辛い時に泣いたりする事ってありますよね。

でも不思議とたくさん泣けば最終的には落ち着いて、冷静に振り返られるという事もあるかと思います。

身体が落ち着かせるために取っている行動なんだなと理解する事が出来れば、自然と泣く意味なども理解できるようになるのではないでしょうか。

普段から泣いていないという方は、感情が押さえつけられている部分もあるかと思いますので、自分自身が泣く事が出来る機会を用意してみてはいかがでしょうか?

泣く事で気持ちが落ち着く

たくさん泣けば、自然と気持ちが落ち着きますので、悲しい時だったり、辛い時にはなく事が一番です。

中にはかっこ悪いし、恥ずかしいと思って泣く事自体を我慢している事があるかもしれませんが、時には泣くという事も必要です。

泣く事で得られるメリットがあるんだなと理解する事で、自然となく事を理解し、受け入れられるようになるかもしれません。

悲しい時には、我慢せずに泣けるように意識してみてくださいね。

2、ストレスが軽減される


泣く事で、ストレスが軽減されるというメリットもあります。

ストレスが溜まった時というのは、基本的に辛い時、悲しい時が多いですよね。

先ほどの例で言っても似ているかもしれませんが、やはり悲しい時や辛い時には自然と涙が出てくるものです。

人間ですから、感情を持っている生き物です。

考えれば考えるほど辛い時もあり、そんな時に泣くとすっきりしストレスもなくなる事に繋がるかと思います。

ストレスが溜まって、普段から押さえつけれている感情があるのであれば、泣く事で自分を解放して、ストレスからも開放されるように意識してみてはいかがでしょうか?
きっとすっきりして、ストレスからも解放されるようになるかと思いますよ。

試した事がないという方はこの機会に試してみてくださいね。

笑うよりも効果が大きい

ストレスを感じた時に、どうすればストレスを吹き飛ばせるのか考えた時に、けっこう笑う事がストレスに良いという事を聞いた事がある方も多いかと思います。

確かに辛い時だったり、きつい時には笑う事で、自然と笑顔が出るようになり、気持ち的にもリラックスできるようになる事って多いかと思います。

ただ、笑うという事よりもなく方がストレスが解消される効果が大きいという事がわかっています。

泣く事がそれほどまでにストレスに強いという事がわかっているので、普段ストレスを感じる機会が多かったり、今まさにストレスを抱えているという方は、笑う事も大事ですが、時には泣く事も大事だという事を理解しておく事が大事になるのではないでしょうか。

3、安眠効果を得られる

また、泣く事により安眠効果を得られるという事もわかっています。

普段ストレスなどを感じた時に眠気を感じる事ってありませんか?
辛い時などに眠気を感じるのは、体が睡眠を取る事で、ストレスを取ろうとしてくれたり、眠る事で体をリラックスさせてくれようとしている事に繋がります。

なので、しっかりと安眠効果も感じる事ができるようになるので、普段なかなか寝付きにくいという方にもメリットがあるという事を知っておいてください。

なかなか寝付きにくく、普段から睡眠不足を感じているという方には是非ともおすすめの方法になりますので、実践してみてはいかがでしょうか。

泣ける映画を観て寝ると◎

泣ける映画を見るという事も非常に良い方法だといえるでしょう。

夜寝る前に、映画を見て、感動する内容の映画を見る事で、自然と涙があふれるようになるかと思います。

しっかりと眠る前に泣く事で、自然と安眠効果を得られる事にも繋がりますし、泣く事で、眠気を感じる状態を作る事が出来ます。

そうしますと、自然に体が寝付きやすい状態になり、寝付いた時にしっかりと深い睡眠をとりやすくなります。

泣き疲れて、ぐっすり眠ってしまった経験って誰しもがあるのではないでしょうか。

これと同じように、しっかりと眠りにつく事ができるようになりますので、睡眠効果を得たいのであれば、泣くという行為を第一に考えてみてはいかがでしょうか?

4、美容効果が期待出来る

泣くという事で、得られるのは何もストレス耐性や睡眠だけではありません。

そのほかにも、美容効果としても期待されているんです。

これは女性の方には必見の内容となっているのではないでしょうか。

泣く事が美容にどういう効果をもたらしてくれるのか非常に不思議に感じる方も多いかと思います。

これに関しては、泣く事で自然とストレスや緊張を取り除いてくれるので、当然体にも良い効果になるのです。

このおかげで、普段ストレスを感じている身体が解放されて、体全体の調子が良くなるという事に繋がります。

ストレスを抱えた身体とストレスフリーな体だと健康的にも美容的にも後者の方が圧倒的に良い状態ですよね。

泣く事が、結果的に体にも良く、美容にも良いという事を知っておいてください。

むくみを取り、小顔になれる

身体があまりにもストレスを感じていたり、緊張していると当然体はこわばり、血流の流れが悪くなったりとか、むくんだりしてしまう事にも繋がります。

ただ、しっかりとストレスフリーになり、体の血流やストレスをなくし、良くする事で、自然と体全体が健康になります。

むくみも取れやすくなりますし、そうなれば身体が締まるようになります。

当然、顔のむくみなども取れ、小顔効果を得られるという事にも繋がりますので、体全体の健康にも良いという事に繋がるようになります。

心だけではなく、体全体の見える部分にまで良い効果をもたらしてくれるという事は非常に魅力的な事になるのではないでしょうか。

普段泣いていないという方はそれだけ損をしているという事になりますので、感動して泣く機会などがあれば積極的に泣いてみてはいかがでしょうか?

5、ダイエット効果も期待できる

泣く事で得られるメリットの中にはなんとダイエット効果まで得られる事がわかっています。

泣く事でこれだけのメリットを感じられるってすごい事だと思いませんか?
普段あまり意識していない人はこれだけの効果を感じる事を逃しているという事になります。

しかし、ダイエット効果と泣く事の因果関係が理解できないという方も多いかと思います。

これはなぜかといいますと、泣く事で、デトックス効果を発揮してくれるという事に繋がっているんです。

デトックス効果という事は聞いた事がある人も多いかもしれませんが、デトックス効果は体内にたまっている毒素などを排出してくれるという効果になっています。

泣く事でこのデトックス効果を発揮してくれるので、体内にたまった悪い物が流されていく効果に繋がっているんです。

心のデトックスとも呼ばれており、非常に効果的で魅力的な方法になります。

普段あまり意識していなくても、泣くだけでこのような効果を得ることができるようになるんです。

脳の働きをリセットしてくれる

泣く事で、デトックス効果を発揮してくれ、自然と脳の働きなどをリセットしてくれるようになるんです。

だからこそ、泣いた後って非常にすっきりするような気持ちになる事が多いかと思います。

これは泣く事でデトックス効果を発揮してくれるからこそ、このような効果を得る事が出来るという事に繋がっているんです。

知らないうちにどんどんとストレスなどが体の中にはため込まれて行ってしまっています。

そのたまったストレスは、自然となくなればいいんですが、中にはずっとため込んでしまっている方も多いかと思います。

そんな方には、泣いてしまう事でこの体の中に溜まったストレスを排出してくれる効果を期待できるので、普段から定期的に泣く事で体の中にたまった毒を抜いてくれるんだという事を理解して実践してみてください。

定期的に行っている人と、行わない人とではストレスの大きさが非常に変わってくるかと思いますよ。

6、うつ病の予防

泣く事で、うつ病の予防にも繋がるという事がわかっています。

うつ病の人って、自分自身の中にため込んだストレスに負けてしまい、何をするにしてもやる気がでなくなってしまったり、自分自身に自信をもてなくなってしまっているという事があるかと思います。

なかなか簡単にはいかない病気ですが、こうなってしまう前に、しっかりと泣いておく事でストレスなどを解消して、うつ病になる前に予防する事が出来るという事を理解してください。

定期的に泣いたり、感情を表に出したりしている人ほど、ストレスなどから解放されている事が多いですし、泣く事で先ほどご紹介した通り、自分の体の中にたまっている毒素などを抜く事ができます。

こういった方法や、ストレスを解消する事などを普段から実践していない方が、そのままたまったストレスに心を病んでしまったという事も多いかと思いますので、普段から注意していただきたい内容となっています。

泣く事で心が安定する

泣く事で、ストレスから解放されたり、リラックスできるという事は何度もご紹介していきました。

泣く事で、この効果感じ、結果的に心が安定するようになるんです。

心が安定するようになれば、自然と不安に感じていた事も受け止める事が出来ますし、冷静になって考えるようになれます。

また、今まで受け止められなかった事も受け止められるようになりますので、結果的に心が安定するという事に繋がります。

ストレスが溜まって、冷静な判断が出来なくなってしまった時には自然と涙があふれてしまう事ってあるかと思います。

これは溜まったストレスを排出しようと体が動いている証拠にもなるかと思いますので、自分の体が望んでる事は、拒まずに自然と受け入れられるようにしましょう。

そうする事で、自然と体の健康にも繋がってくるかと思いますよ。

7、やる気が出てくる

泣く事で、自然とやる気が出るようにもなります。

泣く事で、気持ちがすっきりするようになるという事をお伝えしましたが、すっきりすると自然とやる気も出てくるようになりませんか?
心の中にもやもやが溜まってしまっている状況だと、なかなかやる気も出せない状況になってしまうかと思いますが、リラックスして心の中を整理すると自然とやる気が出てきます。

身体がストレスを感じて、何もしたくなくなってしまった時にはしっかりと涙を流して、いったんリセットをしてください。

気持ちのリセットをする事で、抱えた不安や悩みから解放されて、冷静に考えられるようになり、何を行動すべきなのかという事を考えられるようになります。

いってみれば、体の定期的なメンテナンスにもなるかと思います。

普段使っている道具なども定期的にメンテナンスしますよね?
それは心も同じで、いつも稼働させている大事な体になりますので、メンテナンスに時々時間を使ってあげてはいかがでしょうか?

気持ちも元気になる

自然と体のストレスを解消してあげると、気持ちも元気になる事がわかっています。

泣く事で、気持ちがリラックスした後って、すっきりすると同時になんだか気持ち良い気分になったりしませんか?
これは泣く事で自律神経を整えてくれる効果もあり、交感神経から副交感神経へとスイッチされるという効果なども持っています。

交感神経はどちらかといえば、緊張している状態などで使われる神経であり、副交感神経はリラックスしている時に使われる神経になります。

この神経が切り替えられる事で、リラックスなども出来ますし、気持ちも体も元気になれるという効果に繋がっているんです。

泣く事でこんなにたくさんの効果があるって知らなかったですよね?
普段から泣いていない人は、このチャンスを生かして、次回はたくさん泣いてみてはいかがでしょうか?

最近、泣いた事ありますか?

あなたは最近泣いてますか?
感動する場面って人それぞれだと思いますが、なかなか普段生活していると泣く機会ってないかと思います。

普段から映画が大好きで、感動する映画などを見る習慣があれば泣ける機会は多いかと思いますし、チームで何かを成し遂げたりする機会が定期的にあれば感動する機会にも恵まれているかと思いますが、それ以外ではなかなか感動する機会って少ないかと思います。

だからこそ、定期的に泣ける機会をあなた自身が用意する事が大事になりますし、普段から気を付けて頂きたい内容にもなっています。

感動する場面を工夫して作っておく事で、定期的に泣けるようになりますし、そういった努力をする事でなく頻度なども多くする事でストレスフリーへとつながるようになっていきます。

泣く理由は様々

泣く理由を考えた時に、実際に考えると様々な場面が想像されますよね。

先ほどからご紹介している通り、感動する何かきっかけが必要な場合もあります。

例えば映画だったり、スポーツや発表、力を合わせて何かを成し遂げる等の機会だったり、悲しい事があった時や辛い事があった時など、考えられるのはこのような事がメインになったりすることが多いかと思います。

泣く理由は様々ですし、どういう状況で泣きたいと思うかは人によってまったく違います。

どの場面で泣けばいいのか、どういう時に泣くのが一番いいのか不思議なる方も多くいらっしゃるでしょう。

泣きたくなったら泣くのが一番!

どういう場面で泣くのが一番いいのか、どういう状況で泣くのが効果があるのかという事が気になるかもしれませんが、言えるのは泣きたいと思った時に泣くのが一番です。

頭で考えようとしていても、心の方が先に感じ取っている事も少なくないかと思います。

普段泣きたいと思ってなくよりかは、自然と心で感じて、自然と気づいたら涙があふれていたというような事の方が多いかと思います。

これはやはり頭で考えているものではなく、しっかりと心で感じている場面の方が多いかと思います。

感動する場面では心で感じている事も少なくないかとは思いますが、辛い時などには自然と涙があふれ出る場面が多いかと思います。

なので、このタイミングで泣こう!という考えではなく、泣きたい、と感じた時に自然と涙を流すのが一番良いタイミングだという事を理解しておく事が大事になるのではないでしょうか。

泣くのはみっともなくない

泣くのはみっともないと考えている方も中にはいらっしゃるでしょう。

どちらかといえば、男性の方がこの考えを持っている方は多いのではないでしょうか。

確かにちょっとした事ですぐに泣いていては、周りから見て何か思われてしまうのでは、と考える気持ちもあるかと思います。

ただ、辛い時に泣きたくなったり、感動して泣いてしまうのは人間であれば当然です。

なので、我慢する必要はないですし、どうしても見られたくないのであればひとりになれる状況でしっかりと泣く事が大事になります。

無理に我慢する必要もないですし、泣く事で、先ほどお伝えした様々なメリットもあります。

泣いてすっきりしてやる気を出して物事に向かえばそれが一番良いのではないでしょうか。

泣くと気になるのが目の腫れ

泣く事で得られるメリットは理解していただけたかもしれませんが、泣く事で次の日が目が晴れてしまったりとか、あまり良いとは言えない事もあるのも事実です。

それが気になってしまって、泣きたいのに泣けないという方も中にはいらっしゃるかもしれません。

女性の場合はどうしても我慢してしまいやすいですよね。

なので、目の腫れについての対策方法についても併せてご紹介していきたいと思います。

けっこう対処方法はたくさんありますので、今までそれが原因で我慢してきたという方には非常に朗報となっています。

泣いてしまったという日には、翌日に向けて出来る事を実践してみてはいかがでしょうか?
それでは見ていきましょう。

腫れを引かす方法が知りたい

実際に腫れを引かす方法はけっこうあり、どれも難しい方法ではなく、簡単に実践できる方法がたくさんそろっています。

次の日がどうしても仕事だったり、どうしても外せない予定があったり、周りには絶対にばれたくないという状況が生まれる事もあるかと思います。

周りから目の腫れについて突っ込まれた時に、外見がひどいだけでもいやなのに、前の日にあった嫌な事までも思い出してしまうので余計辛い状況になってしまいますよね。

なので、ともこれからご紹介する内容を実践して次の日に支障が内容にしてみてください。

こういった方法を知っておく事で、いざという時に全く違ってくるので、勉強しておいてくださいね。

それでは参考にしてみてください。

カレースプーンをあてる

カレースプーンがあれば、目の腫れを抑える事が出来る事にも繋がります。

どういう風に使うのかピンと来ないかもしれませんが、大き目のカレースプーンを使って目の部分を冷やしたり、マッサージをしたりする事で自然と目のケアが出来るようになります。

目の腫れを防ぐにはしっかりと目を冷やしたり、マッサージなどをしてケアをする事が大事になってきます。

なので、事前にカレースプーンを冷蔵庫などで冷やしていたりとか、工夫して冷たくしておき、それを使って盛り上がっている裏側などでマッサージをしていただく事で効果を実感できるようになります。

今まで困っていた方はこれを使って実践してみてはいかがでしょうか?

保冷剤で冷やす

保冷剤など、冷たい物を使って使用する事で目の腫れを引かす事ができるようになります。

使い方としては、そのまま保冷剤を使ってそのまま冷やす事でOKです。

冷やす事で、しっかりと腫れを引かす事ができるようになりますので、困っている方は、実践してみてください。

冷たい物であれば、代用できるものであれば問題なく使用する事ができますので、他にも冷たい物であれば実行する事が出来ますので、困った時いはすぐにじっこうしてみてください。

きっと効果があるかと思いますよ。

コットンアイパックをする

コットンアイパックをするという事も効果的な方法になるかと思います。

まずはコットンを用意して、コットンにしっかりと冷たく冷やした水をしみこませてください。

しっかりとコットンに冷水をしみこませた後には、そのまま冷たい化粧水もしみこませてください。

そうして、そのまま体をベッドやソファなどに倒して、目の上にコットンをそのまま置いてしまう事でそれだけで効果的な方法になります。

非常に簡単ですし、すぐに実行できる方法なので、非常におすすめです。

時間的にはあまり長い時間しなくても、数十分程度の時間があれば問題はありませんし、効果的です。

女性の場合は化粧などや普段から使っている化粧水などがあれば、コットンなども持っている事が多いかと思いますので、道具などもわざわざ購入する必要もないので、手軽に出来る方法になるのではないでしょうか?
困った時には実践してみてくださいね。

翌朝、腫れ難くする方法

ここまでは目の腫れを引かす方法をご紹介していきましたが、ここからは次に日の朝に目を腫れづらくする方法をご紹介していきたいと思います。

一番良いのはご紹介する方法を合わせて使用していただくのが良いかと思いますが、なかなか時間がないという方にはそれぞれ1項目ずつ実践していただくのは一番良いかと思います。

ちょっと手間に感じたり、面倒だと感じてしまう部分もあるかと思いますが、それでも実行していただきたい内容となっていますんので、ためしてみてください。

それではご紹介していきましょう。

目をなるべく擦らない

あまり目を擦りすぎるという事は腫れを引かす事に対して、適していない行為になります。

擦ってしまう事で、逆に目の部分に刺激になってしまい、逆に腫れをひどくしてしまう事に繋がってしまいます。

なので、もしも目がかゆくなったり、目の腫れが胃になったとしてもこすったりする事はしにようにしましょう。

擦ったりしないようにする事でそれ以上目に負担をかけないようにする事が出来ますので、気を付けてみてくださいね。

どうしても気になる時いは目薬をつかったりとか、手の腹で軽く押すなど、ちょっとした工夫をしてまぎらわすようにするのが一番良い方法だといえるでしょう。

うつ伏せにならない・うつむかない

うつ伏せになったり、うつむいたりはしないようにしましょう。

寝ている時にはうつ伏せにならないようにする事で、自然と体の血流などが良くなるようになります。

うつ伏せになったり、うつむいたままだと、血流なども悪くなってしまい、逆に目の部分はひどくなったり、目の腫れがひどくなってしまうように見えます。

なので、気を付けて頂きたいと思います。

周りの目線が気になる事は理解できますが、だからといってそのような行動を取ってしまっては逆効果になってしまいますので、注意しておいてくださいね。

泣いた後、目薬で洗い流す

泣いた後にはしっかりと目薬を使って洗い流すという事も大事な方法になるでしょう。

目薬は目にも良い成分を使っている事も多いので、そういった意味では目のケアをしてあげることが大事になるといえるでしょう。

また、目薬を使った後に注意していただきたい方法でもあるのですが、泣いた時も同様で流れた涙や目薬をそのまま擦るようにして拭いたりはしないようにしてください。

しっかりとティッシュやタオルなどで押し当てるようにして優しくふき取るか、涙の場合はほほまで流れてきた状態でふき取るなどして目の負担をとにかく優しくすることが大事だという事を理解しておきましょう。

軽く冷やす

軽く目を冷やすという事も大事な方法になってくるかと思います。

目を冷やす事で、自然と腫れを引かすことが出来るようになります。

これは目の腫れを引かすという事でもそうですし、目の腫れを防止する効果としても有効です。

しっかりと目のケアを行う事で、しっかりと効果も表れ、次の日にまで持ち込ませないようにすることが出来ます。

面倒だと思っても、すぐに実行する事で、効果を発揮することが出来ます。

次の日に持ち越したくない方は行ってみてくださいね。

メリットが多い泣く行為。

しかし、無理に泣いたりするのは意味がない!

いかがでしたでしょうか?
たくさんの泣く事によるメリットをご紹介していきました。

もちろん次の日に腫れたりなどの考えてしまうような事もありますが、それでも得られるメリットの大きさを考えると、定期的に泣く事が大事であるという事は理解していただけたのではないでしょうか。

そこで最後に気を付けて頂きたいのが、泣く事は大事ですが無理に泣く事は違います。

泣く事でたくさんのメリットがあるからといって、無理に泣いたりしても意味がありません。

しっかりと心の中で何かを強く感じ、それが原因で涙を流すなどの自然の流れの中で涙を流す事が大事であるという事は理解しておいてください。

そうする事で、本当に意味で今回ご紹介した内容を実感していただけるかと思いますので、泣ければ何でも良いという考え方はしないように注意してくださいね。

あなたの快適な涙活を実践してみてくださいね。

すっきりして、やる気を出して、これからの生活を充実したものに変えてみてはいかがでしょうか?