家族でも、友達同士、恋人同士、そして一人でも絶対に楽しめるファミリーレストラン「ロイヤルホスト」!

みなさんの街にもありますか?

おいしいのはもちろん、サービスも文句なしで、行くとやっぱりホッとする安心感がありますよね。

あの、タカアンドトシさんが司会を務めている人気番組「帰れま10」にも登場しました。

そんなロイヤルホストで人気のメニューをご紹介しちゃいます!

ファミリーレストランでもいろいろなお店がありますけど、ロイヤルホストがどうして長年愛されているのかひも解いてみましょう♪

みんな大好き!ロイホに行こう

みなさんにとって、ファミレスといえばどこですか?

いっぱい人気のファミリーレストランがありますけど、忘れてはならないのが「ロイヤルホスト」の存在です。

よく「ロイホ」って言われています。

ロイヤルホストといえば、パンケーキやオニオングラタンスープが有名ですよね!
パンケーキが大きなブームになる前から話題になっていました。

そして、今や北は北海道、そして南は沖縄にも店舗を持っています。

仲間といっても、家族と行っても、そして一人で行っても心地よくって、絶対にハズレないファミレスです。

皆さんにとっても、ロイヤルホストでの思い出がいろいろとあるかもしれませんね。

恋人と一緒に行って、シェアして食べたデザートとか、友達と一緒にいつまでもおしゃべりをしたりとか、そして家族で外食といえばロイホだった、という方もいるでしょう。

そんな、世代を問わず大好きになっちゃうロイホの魅力を発掘していきましょう♪

1. ロイホの歴史をひも解こう

ロイホではどんなメニューが人気なのかを調べる前に、まず、ロイホの歴史について考えてみましょう。

みなさん、ロイヤルホストはいつ頃、どこで第一号店が開店したのか知っていますか?
いつも通っていてお気に入りのファミレスだとしても、じつはその歴史なんて全然知らなかったりしますよね。

食べることやゆっくりとすることに必死で、全然お店としての歴史や過去については考えたことがなかったかもしれません。

ではこの機会に、ロイヤルホストがもともとどんなお店だったのか、どのようにして人気店として知名度が高くなったのか、いつごろから全国に展開するようになったのか、そんな点を少し探ってみましょう!

創業者

ロイヤルホストは、日本の実業家である江頭匡一さんがロイヤル株式会社(現在はロイヤルホールディングス株式会社)を設立し、展開していったお店です。

江頭匡一さんは、ファミリーレストランの草分け的存在としてその世界では有名な方です。

江頭匡一さんは1923年3月25日、福岡県の現在の久留米市に生まれました。

現在の福岡県立嘉穂高等学校を卒業し、その後、米子地方航空機乗員養成所に入所します。

もともと見習いのパイロット、そして見習いのコックなどをされていたようですが、その後、福岡にあった米軍基地で理髪店やタクシーなどの多くのサービスを行う便利屋さんとしての商売をされていたようです。

それが儲かるようになりきっかけとなって、1950年にロイヤルの全身会社・キルロイ特殊貿易株式会社を設立されました。

先見の明があった江頭さんは戦争が終わると米軍相手の商売の需要がなくなることを見越して、コネを使って日本では作れないようなおいしい粉を入手し、日本人相手にパンやケーキを作ってそれが人気となりました。

そして、1951年には質の高い商品を提供する会社として、「ロイヤル」と新たに会社をスタートさせます。

その年には、福岡空港の国内線運航開始という出来事がありました。

その時に同空港内に食堂運営を始め、機内食の納入もスタートさせます。

さらに1953年には福島市の中州にフランス料理のお店「ロイヤル中州本店(現在は花の木)」を開業しました。

なんとそのお店には、あのマリリン・モンローがジョー・ディマジオとの新婚旅行で日本に来日していた時に3日間も通っていたそうです。

それも、お店はオープンしてまだ3か月の時でした。

あのマリリン・モンローとジョー・ディマジオの舌もうならせたわけですね!

そのエピソードはロイヤルホストのメニューにも載っているそうですが、マリリン・モンローがお気に入りとして連日通い詰めたのは、オニオンスープが目当てだったようですよ。

ちなみに、江頭匡一さんのお父さんである佳造さんは、剣道の九段で、範士の資格も持ち、居合も教士の資格を持つほどの武道家だったそうです。

江頭家には婿養子として入ったようですが、その妻、つまり匡一さんのお母さんは福島県城島町で400年も続いた酒屋、江頭酒造の一人娘だったようです。

江頭匡一さんは、そこに生まれた長男であったので、食に関しては小さいころからこだわりを持っていたのかもしれませんね。

江頭匡一さんは、お店で出される予定の料理をすべて、自分自身の舌で味わい試食し、ダメだしをしていたそうです。

それも、すべての料理を完食していたので、一日に10回以上の試食をこなしていたこともあったようで、大量の消化剤と下剤を飲み、浣腸まで打ちながらそのようなことをこなしていたと伝えられています。

そのようなことから、体調を壊すことも多く、何度も開腹手術を受けてもいたようです。

ものすごく、ストイックでこだわりと信念をもった方だったんですね!
それまでの食へのこだわりと情熱が、多くの人から今も愛されるお店を作り上げたことがわかります。

1956年にはロイヤル株式会社を福岡市東中州に設立し、1962年にはセントラルキッチンシステムを採用したり、業務用冷凍料理の製造に着手するなど、ファミリーレストランの歴史を変えるような取り組みを行ってきました。

創業の地

ロイヤルグループがファミリーレストランとしての業態の第一号店としてオープンさせたのが、1959年。

福島市の現在の中央区にある新天町内にある「ロイヤル新天町店」でした。

プレステージの高い商店街の中に、現在でも通用するようなおしゃれなデザインの店舗を出し、一階から三階までは別の店舗が入っていた多業態レストランになっていたそうです。

ハンバーグなどのファミレスらしいメニューがあり、価格も抑えられていたものでした。

しかし、仕込みは全部自分たちのお店でやっていました。

その後、何軒か店舗があったにも関わらず、何から何まで各お店で仕込みをしていたようです。

しかし、それでは効率があまりにも悪いため、セントラルキッチン、つまり集中調理方式を1962円に採用しています。

そのような経緯を経て、フランチャイズ店としての「ロイヤルホスト」としての第一号店は1971年にオープンします。

それは、北九州市八幡西区青山のお店でした。

つまり、「ロイヤルホスト」としては北九州からスタートしているんですね!

その後関西に進出したのが1975年で、「ロイヤルホスト東神戸店」です。

その後に東京にも進出することとなり、1977年に東京進出第一号店として「ロイヤルホスト三鷹店」がオープンしました。

全国に何店舗あるの?

福岡で1951年に創業されたロイヤルグループは、長い歴史の中でずっと「質の追求」を事業活動の中心として、多くの人を魅了するレストランをオープンしてきました。

「ロイヤルホスト」としてのフランチャイズ店は北九州から始まりましたが、今では全国に店舗が展開されています。

きっと、あなたの街でも人気のファミレスとなっていることでしょう。

現在全国に何店舗あるのかというと、223店舗です。

東京には51件あり、北海道にも7件ありますし、沖縄には1店舗あります。

あなたの街にもあるでしょうか??

ロイホが無い県は?

しかし、残念ながらロイヤルホストがまだない県もあります・・・。

北九州からスタートしたということで、九州地方には多くありますが、佐賀県だけないんですよね。

そして、中国地方では鳥取と島根にはありませんし、四国地方には1店舗もありません。

なので、四国地方の方はもしかしたら知らない方も多いかもしれませんね。

関西地方では、全県に店舗があります!

しかし、東海地方になると岐阜県と三重県にはありませんし、関東地方でいえば、栃木県だけありません。

甲信越・北陸地方では、富山・石川、福井県、東北地方では青森県、岩手県、秋田県、山形県にはありません。

ということで、47都道府県中17の県にはないということになります。

2. 店の特徴

皆さんの中でロイホって、どんなファミレスのイメージですか?
ちょっと高級なファミレスって感じ?

メニューがいっぱいあるし、最新のサービスを提供しているイメージですか?
それとも、他のファミレスと違わない??

いえいえ、ロイホにはロイホの魅力と、お店の特徴というものがあります。

では、ロイヤルホストの目立った特徴というものをチェックしていきましょう。

夜遅くまで開いている

ロイヤルホストが多くの人から指示されている理由の一つとして、夜遅くまで営業していることが挙げられます。

夜になっても明るくて、そしていつも変わらずに営業してくれているお店って、なんだか安心しますよね。

仕事で遅くなっちゃってお店がほとんど開いていないという時にも、近くにロイホがあれば安心。

それに、友達と出かけて夜遅くにお腹がすいちゃったという時や、夜になったけどもっともっとおしゃべりがしたいという時にも寄れるお店です。

デザートが充実しているから、食事をした後にちょっとデザートだけ食べに行くことだってできますよね。

夜遅くまで開いているのって、ファミレスのいいところですよね。

そして、何かゆっくりとお話ししたいという時にも、夜遅くまで営業しているお店は選びやすいです。

しかし、残念ながら24時間営業のお店が2017年になって減ってしまいました。

ロイヤルホストは2017年の1月までに24時間営業を廃止し、全国で現在24時間営業を行っているのは東京と大阪の2店舗のみとなっています。

それで、店舗によって多少営業時間が異なります。

しかし、最低でもだいたい23:00まではやっているようです。

24:00までとか、25:00までというところも多く、朝は6:00または7:00からが多いですね。

店舗によって異なるので、お出かけする際は営業時間の確認をしてみてくださいね。

メニューが非常に豊富

ロイヤルホストは、メニューがとても多いです!

通常のグランドメニューでは、ロイヤルホストが自信をもってお届けするクラシックメニューがあって、特に黒×黒ハンバーグなどが人気ですね。

米国農務省(USDA)認定のアンガスビーフステーキも目玉でしょう。

そして、国産フレッシュ野菜を楽しめるサラダ系、アルコールと一緒に食べたい1品料理などもあります。

この一品料理がまたメニューが豊富なんです。

キノコのマリネとか、カタクチイワシのエスカベッシュなどの、お酒がすすむ気の利いたサイドメニューがあります。

さらに、ヤリイカのフリットとか手作りフライドチキンとかビールに合うスナック系もありますよ。

お酒はワイン、スパークリングワイン、冷酒、ハイボール、そしてビールがあります。

定番のハンバーグやステーキなどの種類も豊富で、国産銘柄豚を使用したお料理とか、北海道で水揚げされたうまみたっぷりのホタテや、メカジキのグリルなどシーフード料理もあります。

そして、パスタはイタリアの高品質デュラム小麦セモリナ粉と自然の湧水を使って作ったパスタで、太麺のモチモチとした食感になっています。

これならお肉が苦手な人も、ロイヤルホストならおいしいメニューがいっぱいあるので安心です。

こだわりのカレーとか、グラタンもあります。

和定食もあるので、和食好きな人、洋食が食べたい人、そしてお酒が飲みたい人、みんなが満足できるメニューがそろっているのがうれしいところです。

家族みんなで来ても、誰もが自分の食べたいメニューをきっと見つけられるでしょう。

そして、忘れてはならないのが伝統のパンケーキでしょう。

そして、クラブハウスサンドとか、ブランチメニューもあって、軽食を取りたいときにもおすすのメニューがあります。

さらに、デザートの種類も豊富!
とにかく、迷ったらロイホに来れば食べたいものが見つかるでしょう。

電子マネーが使える

ロイヤルホストでは、現金でのお会計だけでなく、クレジットカード、ギフトカード、電子マネーが使えます。

クレジットも、VISAやJCBだけでないので安心。

それに、各種の電子マネーが使えるから、もし現金の持ち合わせが足りない時でも、安心して食事ができます。

たまに、お腹が空いたけど手持ちの現金やカードがなくて、携帯しかなかった!という時ありますよね。

そうすると、泣く泣くあきらめて家まで断食しなくてはいけないかもしれません。

しかし、電子マネーがあればスマホがあれば大丈夫です。

ちょっとお腹が空いた、ちょっと一休みしたいと思ったときに安心して入れるお店なんです。

ちなみに、JCBプレモのプリペイドカードやチケットレストラン、ジェフグルメカードの食事券も使えますよ。

バイキング形式の導入

ロイヤルホストの一部の店舗では、バイキング形式、つまりビュッフェ形式のメニューがあります。

その店舗はホテルとの併設店なのですが、ホテルの朝食用として提供しているものです。

飲食店を持っていないホテルに併設されているお店がビュフェを提供しているようですね。

しかし、ホテル利用者以外の一般のお客さんも利用できるので、ちょっといつもよりリッチな朝食として楽しむことができます。

ホテル利用者は、だいたい大人1000円ほどで食事とドリンクのビュッフェを楽しむことができるようです。

安いですよね!?

それも、一般客でも1200円ほどだそうです。

しかし、値段や内容、そして時間帯などはそれぞれの店舗で違っているようなので、確認してみてください。

口コミによりますと、さすがロイヤルホスト。

評価は低くはないです。

下手な朝食バイキングよりもずっといい、というコメントがありました。

ロイヤルホスト自慢のパンケーキだって食べれるし、カリカリベーコン、サラダ、フルーティーなカレーなどがおすすめだそうですよ。

パンも種類があるし、バイキング形式で好きなものを好きなだけロイホのメニューが食べられるなんて、素敵すぎかもしれませんね!

ファミレスなのに、ビュッフェ形式があるなんてなかなかサラダバー以外では見かけませんから、ぜひ挑戦してみたいです!

地域限定メニューもある

ロイヤルホストには、じつは地域や店舗で限定のメニューもあるんです!

例えば、仙台花京院店には限定メニューとして牛タン定食があるんです。

仙台と言ったらやっぱり牛タン食べたいですもんね!

ご当地の抑えておきたいメニューもあるから、旅行に行ってもロイヤルホストに行ってご当地の名物が食べれるなんてうれしいかも。

地域によって限定メニューがあると思うと、ロイホファンにとったら、各地の限定メニューを制覇したくなるかもしれませんね。

3. 帰れま10にも出た

テレビ朝日の人気番組「もしものシミレーションバラエティーお試しかっ!」という番組の中の大人気企画「帰れま10」にも数回登場しましたね!

「帰れま10」は、タカアンドトシの二人と、タレントや芸人さんたちが一つのお店で全メニューの中から1位から10位までを当てるという企画です。

ノーミスでベスト10を当てることができれ芭蕉金100万円がもらえるのですが、途中で間違えると賞金はなし、それもベスト10をすべて当てるまで家に帰れないのです。

そして、注文したものはみんなですべて完食しなければいけません。

あれを見た限りでも、ロイホはメニューがかなり豊富であることがわかりますよね。

あと、メニューの一つ一つがやっぱりこだわりを感じますよね。

メンバーはかなり苦戦していましたけど、ロイホファンとしては一位を当てるの、かなり楽しかったです。

まあ、一位を当てるのはそんなに難しくないとしても意外なメニューがトップ10に入っていたりして、「あれってそんなに人気なんだ!?」って新しいメニューを開拓したくなったりもしたかも。

普段はあんまりロイホに行かない人も、あの番組を見てちょっと食べたくなって次の日にロイホデビューしたという方もいるかもしれませんね。

ロイホで食べられるおすすめメニュー10選

ここからは、ロイホに行ったら絶対に食べたいおすすめのメニューをご紹介したいと思います!

どれも、ファミレスの草分け的存在として、長年愛され続けるロイホが、自信をもって提供しているプロの味です。

まだ、ロイホにあまり行ったことのない方も、最近ちょっとご無沙汰していた方も、これから向かおうとしている方も、これをチェックしてロイホに出かけちゃってください♪

1. オニオングラタンスープ

ロイホで絶対に欠かすことができないのが、このオニオングラタンスープです。

マリリン・モンローが来日した際に、ロイヤルグループのフレンチレストランに通い詰めたのも、このオニオングラタンスープのためだったといわれています。

そのくらい、こちらの一品はロイホの看板メニューなんです。

じっくり炒めた玉ねぎとコクのある自社製コンソメスープが、一度食べたらハマってしまうおいしさ。

ロイヤル伝統の一品です。

税抜き450円です。

2. ロイヤルオムライス

ふわふわの卵と、濃厚なドミグラスソースのコラボって間違いないですよね!

ロイヤルホストのロイヤルオムライスは、自宅ではなかなか再現できない、ふんわりとした卵とそして、上からかけたハッシュドビーフソースが最高なんです。

ハッシュドビーフは、こくのあるドミグラスソースを特徴とした王道な味わいになっていて、「これこれ!」と言いたくなる、お店での特別な味です。

最近では半熟の卵がかかったオムライスが人気ですけど、ロイホはどちらかというとしっかり焼いたタイプのオムライス。

でも、ちゃんとふわっトロッとしているんですよね。

昔ながらの、どこか懐かしい味を楽しめます。

オムライスって自宅で作ればいいじゃん、って思う方もいるかもしれませんが、実はけっこう作るのが難しいんですよね。

卵が固くなりすぎたり、ソースもこだわって作るとなると手間暇がかかります。

だから、お店で食べるオムライスってちょっと贅沢な感じ。

ロイホのロイヤルオムライスは絶品で、何度食べても飽きないおいしさと口コミでも評判がいいですよ!

価格は、税抜き980円となっています。

3. パンケーキ

ロイホといえば、忘れてはいけないのがパンケーキ!

多くのチェーン店ではパンケーキはレンジでチンっとした簡単なもので、ちょっとがっかりすることが多いかもしれませんが、ロイホは違います。

各店にシェフがいるロイホでは、パンケーキだってちゃんと調理して提供してくれています。

ロイヤルホストのパンケーキには歴史があり、創業者がおいしさにびっくりして惚れ込んだレシピをMr.ディモズ氏から教えてもらった一品なんだそうです。

そして、1978年に発売されてから、現代にいたるまでずっと多くの人に愛され続けたロングセラーのメニューです。

見た目がすっごく豪華で、最近のパンケーキブームに乗っとる感じではないのですが、味は本物。

ちょっと塩気のあるふんわり黄金色に輝く生地と、バターとシロップの味わいが最高なんですよね。

生地自体には甘さはないのですが、しっかりとした食感です。

シンプルなのに、とにかくおいしいので何度でも食べに来たくなるロイヤルホストさんの自信作でもあります。

ゆっくりと味わって食べ、最後には冷めてしまっていてもおいしさが変わらないのもすごいところ。

数年前には食べ放題メニューなんていうのも開催していました。

それくらいファンは多いんですよね。

飽きないおいしさだし、朝食にもおすすめですね!
3枚が重なったパンケーキは、税抜き450円で食べられます。

ちなみに、ロイヤルホストの親会社であるロイヤルホールディングス株式会社には、パンケーキを出しているロイヤルガーデンカフェとか、ローズベーカリーなどもあるんですよね。

じつは、夏になると楽しみにしている人も多い、神宮外苑の森のビアガーデンもロイヤルグループがやっているんですよ。

4. コスモドリア

ホワイトソースとチーズの香りが広がるドリアって、時々むしょうに食べたくなりませんか!?

優しい味わいなんだけど、しっかりと濃厚で心もお腹も満足感が感じられるドリアが食べたいなら、ロイホのコスモドリアで決まりですね!

こちらのメニューは、クラシックメニューの中でも一番古いメニューで、ロイヤルホスト1号店の時からあったメニューなんです。

創業当時は「シュリンプコスモドリア」という名称で出ていたそうですよ。

コスモドリアはチキンのうまみ、そしてエビ、さらにマロンが入った絶妙な味わいなんです。

ほんのり甘いのがロイヤル伝統の味だそうです。

ホワイトソースと、ベシャメルソースの2種類のソースを使っています。

ベシャメルソースとは、チーズが香るソースのことで、チーズの濃厚な香りも楽しめるので、満足感があります。

定番のメニューで、安定したおいしさ。

ロイホに来たら必ずコスモドリア、という人は多いようで、それしか頼まないという人もいるくらいの、”結局食べたいもの第一位!”な一品です。

税抜き880円です。

5. 熟成アンガスリブロースステーキ

熟成アンガスリブロースステーキは、お肉を愛する人にぜひ食べていただきたい一品です。

こちらはロイヤルホストが独自に現地に行って買い付けしたアンガスビーフを使用しています。

CAB認定ということですが、つまり、米国農務省が審査し認定したアンガス牛であることを意味していて、それは通常の牛肉の審査基準よりも厳しい品質基準をクリアした物だけが選ばれています。

それで、上質の牛肉であることが世界的に認められているということなんですね。

アンガス牛は赤身とさしの部分がバランスが取れているといわrています。

その中でも高品質として認められたアンガス牛をなんと40日間も熟成させて、さらに旨味を凝縮させたのが、熟成アンガスリブロースステーキということになります。

肉はブロックのまま店舗に届き、店舗でカットすることにより肉本来の旨味を逃がさないようにしていて、調理方法も、焼いた肉を休ませて肉汁が流れ出てしまうことを防ぎ、ジューシーで柔らかいステーキを提供する、という徹底したこだわりぶりを見せています。

とにかく、ロイヤルホストが肉の品質、そして調理方法共にこだわり抜いて提供しているステーキなので、ぜひとも一度味わってみてください。

7. ハムとチキンのクラブハウスサンド

みなさん、ロイヤルホストのクラブハウスサンド食べたことありますか?

もしかしたら、「これ、気になっていたけどついつい違うメニューを選んじゃう!」という人は多いかもしれません。

しかし、これを一度食べると朝食に、軽食にハマる人が多いみたいです。

レタス、トマト、ハム、ベーコン、チキンをトーストしたパンで挟んでピックで止めた、アメリカンなサンドイッチなんですけど、トーストの香ばしさ、そしてベーコンのジューシーでカリカリの食感、そこにチキンとハムが安定感を加えて、レタスとトマトでさっぱりと仕上げる、という最高のハーモニーを奏でてくれます。

軽食と言いつつも、ポテトもついてくるから結構なボリュームです。

税抜き830円。

8. ホットファッジサンデー

続いて、デザートもご紹介しておきましょう♪

ファミレスと言ったら、パフェですよね!

ファミレスで食べるパフェってなんであんなにおいしいんでしょう?

そしてロイホでおすすめなのは、ホットファッジサンデーです!

こちら、普通のパフェとは一味違います。

大きなグラスにはバニラとチョコレートのアイスが入っています。

上にはバナナとクリームがトッピングされています。

見た目はまさにパフェの王道といったところでしょうか。

しかし、ここからが本番。

決め手は温かいチョコレートソース!

冷たいアイスクリームの上に、温かいチョコレートソースをかける幸せ。

クリームにもバナナにも、そしてアイスにもチョコレートをタラ~っとかけると、もう一気においしさが何倍にも増します。

税抜き600円です。

600円は安いな、と感じられる一品です。

9. 黒×黒ハンバーグ

ハンバーグを食べるなら、目玉はこちら!黒×黒ハンバーグ!

人気メニューの中でも上位に君臨する、ロイホでは欠かせないメニューなんです。

国産の黒毛和牛と国産黒豚を、7.5:2.5の黄金比で作った絶品のおいしさのハンバーグです。

というか、国産の黒毛和牛と国産の黒豚なんて贅沢すぎますよね。

子のハンバーグはブラウンバターソースとガーリッククリームソースがあります。

ブラウンバターソースは、ドミグラスソースをベースにバターと生クリーム、そしてアクセントに醤油が加えられたご飯がすすむソースです。

ガーリッククリームソースは、滑らかなクリームソースにガーリックが香り、食欲が増すソースとなっています。

190gのレギュラーサイズで、税抜き1180円ですよ。

10. エッグベネディクト

ロイホのモーニングメニューにあのエッグベネディクトが登場していました!

トロ~っとした半熟卵に、オランデーズソースがかかっているあの幸せの一品がロイホでも楽しめるなんてびっくり。

黄身はもちろんトロトロ、ポーチドエッグはふんわりとしていて、ソースもしつこくないおいしさ。

少し酸味がある、でもあのまったりとしたソースが幸せですよね。

ハムとほうれん草が入ったオーソドックスなベネディクトです。

見た目もとてもきれいでオシャレなので、朝にこちらを食べたら一日気分よく過ごせそうです♪