CoCoSiA(ココシア)

リピート客が多いお店の10個の特徴


こじんまりとした喫茶店や、アパレル店などには様々なお客さんがくると思います。

仕事の休憩中や休みの日に思い切って買い物に来ている人。

様々です。

チェーン店にも関わらず何度も来てくれる人や、お気に入りだからと言って来てくれる人もいるのではないでしょうか?では何故そのお客さんは何度も来てくれるのでしょうか?それはそのお店にしかない特徴があるからなのです。

その様なお客様のことをリピート客と言います。

どのお店にも必ずいると思います。

常連さんとよく聞きませんか?リピート客というのはその様な人達のことを言う言葉なのです。

リピート客が多いお店の10個の特徴についてお話したいと思います。

この記事の目次

リピート客って?

リピート客はという人達のことをご存知でしょうか?例えばお気に入りの喫茶店とかを見つけますよね?その時に何かしら時間がある時に立ち寄ってはコーヒーを飲んだりして休憩などの場所に使ったりすると思います。

お店の雰囲気や静かさを重視する人もいれば、お店のマスターと話をしてゆっくりくつろぐという人もいるでしょう。

何度も来たくなるという思いから何回も来てしまう、その様な人達のことや、何回も来て特典などが当たるという人が来るというのをリピート客と言うのです。

様々な工夫でお店はリピート客を増やしつつあります。

何回か来ると無料で何かが貰える!といった特典が良い例でしょう。

他にも様々な工夫というものが見られ、そのお店の特色などが解るのではないでしょうか。

リピート客とは


先ほども言ったようにリピート客というのは何回も来ている人達のことを言います。

例えばチェーン店などではAの地域にあるお店に行った後に、Bのお店に行くということがありますよね?それもリピート客として繋がることになります。

地域は違うかもしれませんが、お店の内容はほとんど全てが同じという状態です。

在庫のある無しが響いてくるかもしれませんが、違いはそれだけと言っても良いでしょう。

同じお店の系列でもその地域のお店が好きだといって来るリピート客も中にはいます。

店員さんと仲良く話しをしている人もマレに見るのではないでしょうか?その様な人達は常連さん、いわゆるリピート客ということになるのです。

何度も商品やサービスを購入してくれるお客様

何度も来ている人というのは商品やサービスを購入するということになります。

新商品から昔のものまで、目的があって購入をしにくるのがお客様です。

リピート客というのはそのお店が好きだから何か出るたびに購入をするということも多いという人も中にはいるでしょう。

サービスなどに関しては「新しく導入をしたけれどどうですか?」とお店の人、店員さんからお客様に聞いた時に直ぐに「導入しよう!」と思うのもリピート客の特徴です。

また来ることが解っているのでサービスに入らないなんてという思考になるため、サービスを購入したりもします。

新規客とリピート客はどちらが大事?


新規客とリピート客はどちらが大事になると思いますか?仮に自分自身がお店を開く時の立場になって考えてみましょう。

新規客というのは新たにそのお店の新しいお客様が来るということです。

リピート客というのは何度もお店に来てくれる人です。

どちらをあなたは重視するでしょうか?お店のことを考えると新規客が重要だと思う人もいるかもしれませんが、リピート客の方が大事になるのです。

これはまた商品を買いたいと思ってお客様が来るので、そちらの方が新規のお客様よりお店の商品やサービスを購入してくれる可能性が高くなります。

最初は誰でも新規なのですが、そこからリピート客へと変わるので新規が大事と思うかもしれませんが、仮に来ない場合はと考えるとそれなりの労力が必要になります。

なので新規客よりリピート客の方が大事になってくるのです。

新規客を獲得するにはコストと労力が必要

新規客を獲得するのにはそれなりのコストと労力が必要になります。

お店側から言うといかに新しい人が来て興味を持ってくれるのかという所が重要になります。

仮にフラッとお店に立ち寄りお気に入りの物を見つけて購入するとします。

その時にまた来たいと思うかどうかはお客様次第になると思うのです。

これは労力も少なからず必要になり、コストも多くかかるのではないでしょうか?何度も来てくれるように促したりすることも大事かもしれませんね。

新規客を獲得しても流出してしまう可能性も!?

新規客を獲得してリピート客になると思いきや流出してしまう可能性もあります。

これは新規客を獲得した後に何度か来るのですが、途中で他のお店へ行ってしまうという人です。

気になるお店が何個もあり、そちらの商品の方がこちらの商品より勝っているところがあるということになり、新規客を獲得しても流れてしまう可能性があります。

これにも十分注意が必要になりますが、何よりリピート客だと思っていた人が他の店舗などに行くというのは少し悔しいですよね。

そのために様々なお店はいろいろな工夫、接客の方法などを研究してそれを実行しているのです。

新規客の獲得を目指すのは後の方が良い!?