よく高級料理店や広告を出していないお店では、「一見さんお断り」をしていると言われています。

時々「一見さんお断り」のお店がテレビや雑誌などの特集で挙げられますが、「選ばれた人しか入ることのできないお店」というのは、お客の立場からすればとても魅力的で、一度は行ってみたい!と思う人も多いでしょう。

そんな「一見さんお断り」のお店の特徴や、どうすれば自分もお店に入ることができるのか、その方法をご紹介します!

『一見さんお断り』の意図

京都の花街のお茶屋や、あちこちにある高級料理店、または人気の少ない裏路地にひっそりと佇む小さなお店など、「一見さんお断り」のお店は私たちの身近にいくつも存在しています。

けれどもそうしたお店は、知る人ぞ知るお店ですので、すぐ近くにありながらもその存在を知らないという人は多いでしょう。

一般的な飲食店といえば、誰もが自由に、そして気軽に入ることができます。

また、高級料理店のように敷居の高いお店であっても、予約さえ取れば誰でも食事をすることは可能です。

しかし、そうした私たちのイメージとは異なり、誰もが気軽に入ることができないお店もあります。

そのほとんどは「一見さんお断り」の営業スタイルをとっています。

「一見さんお断り」とは、その店へ初めて訪れるお客さんは来店をお断りするというスタイルです。

普通は最初に来店してこそ、そのお店の常連になることができますので、「一見さんお断り」のスタイルでは誰もお店へ入れないと思うでしょう。

しかし、そうした「一見さんお断り」のお店では、基本的に関係者や来店経験のある人からの紹介をもらった人だけが来店できますので、まさに「知る人ぞ知る特別なお店」と言ってもいいでしょう。

では、なぜそうした「一見さんお断り」のお店があるのでしょうか?「一見さんお断り」のお店の意図を以下に挙げていきます。

居心地の良い空間が作れる

一見さん、すなわち初めてのお客を受け入れないことで、お店の中はいつでも常連客だけになります。

いつもお店に来るお客同士であれば、自然と店主や常連客同士で顔見知りの関係になりますので、みんなが安心できる、居心地の良い空間を作ることができます。

また、常連客の紹介で初めてお店に来店するお客も、紹介者からの信用がある人だけがお店へと訪れますので、マナー違反をするような厄介なお客が来ることはないでしょう。

もしも紹介されて初めてお店に来た人が何かトラブルを起こせば、お店によってはそのお客のみならず、紹介者に対しても出禁を言い渡すことがあります。

紹介する側の人もしっかりと連れて行く人を選別するでしょう。

多くのお店はお客を選ぶことは出来ません。

しかし、「一見さんお断り」のように、元々来店者に厳しいルールを課しているお店の場合には、お客がトラブルを起こせばすぐにでもそのお客を出禁扱いにします。

結果としてルールやマナーを守る良客ばかりになり、お客の質は自然と良くなるでしょう。

理不尽なクレームがない

「一見さんお断り」のお店では常連客が多く、また初来店の人でもそれなりに信用のある人だけが来店しますので、理不尽なクレームはまずありません。

例えお店で出される食事の値段が高くても、予め来店する前にその旨は知らされることが多いですし、実際に値段に見合った選び抜かれた素材だけを使った料理が出てくることも多いです。

そのため、味や料理に関してのクレームが出ることはまずありませんし、店内の作りや雰囲気に関しても、いかにも隠れ家的なお店が多いためお客は満足することの方が多いでしょう。

さらには、お店に来店する人は自分が「特別に招待してもらった立場」だということをよく自覚しています。

「お店に来てやった」ではなく、「お店に呼んでもらえた」という考えを持っているため、偉そうに理不尽なクレームを付けるような真似はしないでしょう。

従業員の士気も高まる

「一見さんお断り」のお店では、お客だけでなく従業員の士気も高まりやすいです。

例えば大衆の居酒屋で働く従業員の場合、たくさんのお客と出会う機会が多い分、楽しいことだけでなく時には嫌な思いをすることもあるでしょう。

酔っ払いの客に絡まれたり、理不尽なクレームを受けたり、予約をドタキャンして食材を無駄にされたりと、働いているとストレスが溜まることもたくさんあります。

しかし一方で、「一見さんお断り」のお店の場合には、来店客はマナーを守る人ばかりですので、接客で嫌な思いをすることはかなり減ります。

また、来店するお客は常連客ばかりですので、自然と顔見知りになって楽しくおしゃべりをしながら仕事をすることも多いでしょう。

仕事が楽しければ当然士気も高まりますので、「一見さんお断り」のお店では、従業員も長く勤める人が多いです。

『一見さんお断り』のお店の4個の特徴

「一見さんお断り」のお店と聞くと、いかにも人気のない場所に建っていたり、こぢんまりとした隠れ家的なつくりになっていたり、また店主はこだわりの強い人だったりと、ちょっとマニアックなお店を思い浮かべる人は多いでしょう。

その想像通りに看板のないお店もあれば、一見するとどこにお店があるのか分からないところに建っているお店もあるでしょう。

他にも「一見さんお断り」のお店にはいくつかの特徴が見られますので、それを以下にご紹介していきます。

もしもあなたの家の近くに特徴に当てはまるお店があれば、そのお店は「一見さんお断り」なのかもしれません。

1.HPがない

「一見さんお断り」のお店の多くは、HPがありません。

そのお店のファンの人が、個人的なレポートを書いたり、ブログなどで紹介をしたりすることはあっても、お店が公式でHPを出すことはあまりないでしょう。

「一見さんお断り」のお店は、いわば隠れ家のような場所です。

隠れ家は、一般に広く公開されていないからこそ、隠れ家なのです。

そんな特別な場所を、わざわざHPでお店が宣伝することはないでしょう。

「一見さんお断り」のお店が一般にも広く知られているのは、時々テレビや雑誌の取材に応じたり、ファンがネットに書き込みをしたりしているからでしょう。

お店としても、マスコミやファンが勝手に宣伝する分には構わないというスタイルのところが多いです。

例えそれでお店の存在が広く世に知られるようになったとしても、来店する客をお店が選ぶことには変わりありませんので、お店がどれだけ知られようが店内の様子は普段と変わらないでしょう。

常連客からしても、お店が有名になっても店内が変わらなければ、安心して通い続けることができるというものです。

情報発信をしていない

「一見さんお断り」のお店では、基本的に情報発信をしていません。

HPも出さず、口コミサイトなどにも情報を載せず、電話番号ですらも記載していないお店は少なくないでしょう。

お店によっては看板も出しておらず、お店に予約をする時には直接店長の携帯に連絡を取らなければならないこともあります。

もう少し開けたお店の場合でも、看板や電話には対応するものの、積極的にお店の情報を発信しているところは少ないでしょう。

飲食店が情報を発信する理由は、お客さんにお店に来て欲しいからです。

一般的なお店であれば、HPや口コミサイトなどでお店の情報を積極的に発信することで、たくさんの人にお店の存在を知ってもらおうとします。

そういったお店の場合には、来るもの拒まずというスタイルをとっていることが多いため、誰でも気軽にお店に通うことができるでしょう。

一方で情報を発信していないお店の場合には、「お店の存在を大衆に知ってもらわなくてもいい」「一部の常連客にだけ対応できればいい」という考え方をしていますので、自ら情報発信をすることはあまりないのです。

「一見さんお断り」のお店によっては、マスコミなどのメディアの取材を一切断るところも少なくはありません。

テレビや雑誌での紹介をよしとしているお店の場合には、もう少し客足を増やしてもいいと考えているか、または取材を頼んできたのがお店と親密な関わりのある人物かという場合が多いです。

2.露出がない


「一見さんお断り」のお店では、誰の紹介もなしに初めてお店に来た人の来店をお断りしています。

そのため大勢のお客さんにお店の存在を知られてしまうと、いちいち初来店の人を断って帰したり、電話対応に追われてしまったりして大変です。

とくに初めてのお客を断るというスタイルをとっているお店の場合には、お客の立場からすればとても珍しく、ぜひ自分も一度は行ってみたいと好奇心をそそられる人も多いです。

そして好奇心から「どうやったらお店に入れるのか」としつこく問い合わせをしてきたり、お店を出たお客を捕まえて、「自分も紹介しろ」と迫ったりする可能性もありますので、お店の常連客に迷惑をかけないためにも、メディアやネットへの露出を控えているお店は多いです。

そんな珍しいお店だからこそ、余計にお客の立場からすれば「行ってみたい」と思うことでしょう。

しかし、しつこく聞いて回ると、それがバレた時には例え紹介を受けてもお店に入店を断れられることもあるでしょう。

情報が少ない

露出が少ないお店は、テレビやネットにも情報を載せていないため、個人でお店について調べようと思ってもなかなか難しいでしょう。

「一見さんお断り」のお店の場合、入店する方法のほとんどは紹介制です。

あるお店では、系列店のお店の店長と親しくならなければ、隠れ家的なお店への入店を認めてもらえないこともあります。

またあるお店では、常連客からの紹介がなければ来店できないこともあります。

紹介する側も、自分が紹介した人がトラブルを起こせば自分も出禁になってしまうことがあるため、お店に連れて行く相手も自然と慎重に選ぶことになるでしょう。

そうなると、「自分も連れて行け!」とうるさい人はますます連れて行く気にはなりませんし、控えめで信頼できる人に対してだけ、自ら誘ってお店に連れて行くということが多いです。

どんなに「一見さんお断わり」のお店に入りたくても、実際にそのお店の馴染みの人が知り合いにいなければ、入店するのはなかなか大変でしょう。

3.メニュー表がない


「一見さんお断り」をしているお店では、こぢんまりとしたつくりのところが多いため、一度に対応する接客人数も限られていることが多いです。

また、完全予約制のところもありますので、その日に来店するお客の情報はお店の人もよく知っていることでしょう。

そのため大衆店のようなメニュー表を用意しておらず、その日の来客に合わせて予め料理の内容を決めていることが多いです。

お店によって決まった料理を出さないところもありますし、お店がその日に仕入れた材料を使って即席でメニューを用意することもあるでしょう。

また、お店によってはメインの食材だけを使って料理をつくるところもありますので、そうしたお店の場合には、いつも決まったメニューだけが出されることもあります。

お客がお店を選ぶ一般的なスタイルの場合には、お客がメインで食事をとるお店も、メニューも選びます。

しかし「一見さんお断り」のお店の場合には、お店側がお客もメニューも決めるのが基本です。

料金表もない

メニュー表がない「一見さんお断り」のお店では、料金表もない場合があります。

時々「時価」と書かれたメニューが置かれていることはありますが、そうした表記すらもないことがあるため、初めて「一見さんお断り」のお店に入った時には驚く人も多いでしょう。

とはいえ、料金表がないお店の場合には、予め常連客から大体の料金を聞いておくことができますので、そこまで心配することもないでしょう。

また、元々高級店という謳い文句のお店であれば、料金表がなければそれなりの金額を用意してから来店する人が多いため、料金でお店とお客同士がトラブルになることもほとんどないでしょう。

むしろ「一見さんお断り」のお店では、お店に招待してもらっておきながら、料理の値段でケチをつけるような人は今後二度と来店を許してはもらえないことも多いでしょう。

お店側も、一般レベルの食材に高値をつけてお客にふっかけているわけではなく、その料金に見合った料理を必ず出しますので、料金が高くとも満足して帰るお客さんが大半でしょう。