CoCoSiA(ココシア)

喜びを感じられる15個のこと。日々の感謝を忘れないために。


人は自分にとって嬉しい出来事があると、喜びの感情が沸き上がってきます。

喜びは心に高揚感を生み出し、良い気持ちにさせてくれます。

また、喜びの感情から、感謝の気持ちを覚えることもあるでしょう。

私たちはどんな時に喜びの感情が沸き上がるのでしょうか?

喜びを感じられる15個の出来事と、小さな喜びを逃さずに感じる方法をご紹介します。

喜びを感じられる15個のこと

あなたはどんな時に喜びを感じますか?

人間関係が円滑にいった時や仕事が上手くいった時など、人によってさまざまな理由で喜びを感じることと思います。

以下に、一般的に人が喜びを感じられる出来事についてまとめました。

1、ぐっすり眠った


日頃仕事が忙しい人や寝つきが悪い人にとっては、ぐっすりと眠れることが何よりの喜びであると感じる場合があります。

特に日頃からの疲労が溜まっている人ほどその喜びの感情は大きく、休日などに時間を気にすることなくふとんにもぐっていることに対して幸せを感じることも少なくはありません。

2、思い出し笑いをする

何か楽しいことや良いことがあった後で、思わずその時のことを一人で思い出し笑いしてしまうことってありますよね。

周りの人から見たらおかしな行動に映るかもしれませんが、思い出し笑いをしている本人にとっては、それが何だか無性に嬉しい瞬間でもあります。

思い出し笑いは、自分にとって楽しいことや嬉しいこと、面白いことなどがあった時にのみ起こる行動ですので、それだけ気持ちが高揚しているとも言えるでしょう。

3、趣味に没頭する

趣味とはそもそも、その人にとっては時間を忘れて夢中になれるような楽しいことです。

そのため、趣味に没頭することはその人にとっては間違いなく楽しくもあり、嬉しくもあるでしょう。

仕事が休みの日や、ゆっくりと時間をとれる時に自分の趣味に没頭していると、嫌なことも忘れられるので気持ちよく時間を過ごすことが出来ます。

4、美味しいものを食べた


美味しい食事は、身も心も幸せな気持ちにさせてくれます。

家で作ったご飯であれ、食べに行った先の食事であれ、美味しいと思えばそれは同時に喜びの感情にもなります。

特に、自分一人だけでの食事よりも、誰かと一緒に食べる食事はとても楽しい時間に感じます。

会話もなく、黙々と食べているとどんなに美味しい食事でも、何となく味気なく感じてしまうものです。

しかし、特別に美味しい食事や高級な食事でなくとも、誰かと一緒にワイワイと話しながら食べることで普段以上に美味しく感じられます。

美味しい食事というのは、このように食事内容だけには限らず、その時のシチュエーションによっても変わってきます。

5、恋人と一緒に居る

恋人と一緒に居る時間が何よりの幸せ、という人もいることでしょう。

一緒に居るとささいなことでも笑い合えますし、何をしていても楽しい時間を過ごせます。

幸せは2倍に増えますし、辛い時には側にいて、お互いに励まし合えます。

友人同士でももちろん苦楽は共に出来ますが、恋人同士はそこに愛情も加わるため、互いを特別に慈しみ合い、また大切に思い合うことが出来ます。

何をしているわけでもなく、ただ一緒に時間を過ごしているだけで喜びを感じられる相手というのはそうはいません。

恋人との時間は、家族とも友人ともまた違った、特別な時間なのです。

6、友達と笑い合う

嬉しいことや喜びを感じた時に、人は自然と笑顔になれます。

しかしその笑顔は、自分一人だけでは決して浮かべることの出来ないものでもあります。

笑顔は自分以外の何かや、誰かとの関係の結果浮かんでくるものです。

例えば友達同士ではしゃいだり遊んだりして楽しい時間を過ごすことで、互いに笑い合うことが出来ます。

笑顔でいることで余計に喜びの感情は増します。

日常のどんなにつまらない話でも、友達同士で笑い合うといつの間にか自然と楽しい気持ちになっているので不思議なものですよね。

7、なにもせずゆっくりする

毎日忙しい人にとっては、なにもせずにゆっくりと過ごす時間は何よりの贅沢であり、また心地よい喜びでもあります。

朝は時間を気にせずに目が覚めた時に起きて、ご飯を食べたらのんびりと過ごします。

テレビを見たり読書をしたり、ネットサーフィンなど好きなことをしてゆっくりと時間を過ごします。

外に出かけないのなら、家の中で一日中適当な格好で過ごしたところで誰も文句は言いません。

誰にも気兼ねすることなく、ゆっくりと過ごせればそれが何よりの喜びでもあります。

8、好きなバンドのライブに行った

自分の好きなバンドのライブに行くことで、日常を忘れて思い切りはしゃいで楽しむことが出来ます。