CoCoSiA(ココシア)

喜びを感じられる15個のこと。日々...(続き3)

毎日ささいなことで喜びを感じていると、それだけ生に対する満足感や充足感を覚えることが出来て、生きていることに対する張り合いや心の支えにもなります。

また、自分が輝いて生きていることで、周りの人も自然とその光にあやかろうとして寄ってきます。

自分自身が満足して毎日生きていることで、周りとの関係性もより良いものへと変化していくことが出来るのです。

心身の苦痛も和らぐ

喜びの感情は心に幸福感を感じさせてくれます。

幸福感が広がることで、その分心身の苦痛を和らげることが出来ます。

人は辛いことや苦しいことがあると、負の感情の方が大きくなってしまいがちです。

しかし、毎日小さな喜びを一つずつ重ねていくことで、辛いことがあってもそれに負けない幸福感を覚えることが出来ます。

小さな喜びを逃さず感じる方法

小さな喜びを重ねていくことで、心には常に幸福感を覚えることが出来ます。

しかし、その小さな喜びは日常の中に隠されていることが多いため、いかに逃さずに喜びを感じられるかによってその人の幸福度が変わってきます。

どうすれば、小さな喜びを逃さずに感じることが出来るのでしょうか。

自分の感情に敏感になる

自分の感情や心の動きに、常に敏感になるように意識しましょう。

今自分はどんな気持ちでいるのか、苦しいのか楽しいのかなどを細かく自覚するように心がけます。

そうすることで、小さな喜びが訪れた時にも敏感にそれを感じとることが出来ます。

ありのままの自分を好きになる

自分を否定していると、どうしても喜びや幸福感を感じることは出来なくなります。

自分を否定することで負の感情が増して、嬉しいことがあってもその感情がぼやけてしまいがちです。

そのため、ありのままの自分を好きになるように努力をしましょう。

その努力を重ねていくことで、次第にささいな喜びも感じられるようになります。

好きなことをする

小さな喜びを感じる手っ取り早い方法は、自分の好きなことをすることです。

好きなことをしていれば、嫌な気分にはならず直ぐに楽しい気持ちや、嬉しい気持ちになることが出来ます。

そうして小さなことから喜びを敏感に感じ取れるようになっていきましょう。

感謝日記を付ける

毎日感謝日記を付けることで、小さな喜びを実感することが出来ます。

例えば落ちたものを拾ってもらった、美味しいご飯を作ってもらえたなど、自分が少しでも他人からしてもらったことに対して一つひとつ感謝の気持ちをつけて日記を書きます。

そうすることで、いかに自分が幸せで、喜びをたくさん享受しているのかを実感することが出来ます。

失敗を受け入れる

例え失敗をしても、言い訳はせずその失敗を素直に自分の中に受け入れましょう。

そうすることで、「早い段階で失敗に気付けて良かった」と考えを切り替えて早く次の行動に移ることが出来ます。

行動が早ければ、それだけ喜びを感じるチャンスが増えます。

いつまでもくよくよすることなく、早めの気持ちの切り替えを心がけましょう。

どんなことで喜びを感じますか

あなたはどんなことで喜びを感じますか?

大きな成功を収めればもちろん嬉しいと感じるでしょうが、小さなことでも一つひとつ喜びを感じられる人の場合には、それだけ毎日を充実して幸福に過ごすことが出来ます。

自分が毎日を充実させたいと思ったら、それだけささいな喜びにもしっかりと目を向けるようにしましょう。

喜びを感じると幸せになれる

人は喜びを感じることで、同時に幸福感を覚えることが出来ます。

「これが出来て良かった」「こんな風に慣れて本当に嬉しい」そういった感情が、自然と自分の中で幸せな感情と繋がっていきます。

そのため、もしあなたが幸せになりたいと考えているのなら、まずは小さな喜びから見つけていくように行動してみましょう。

日常には小さな喜びが転がっている

毎日を当たり前に送っていると、足元に小さな喜びが落ちていても中々それに気づくことは出来ません。

しかし喜びを意識して生活を送ることで、たくさんの喜びを享受することが出来ます。

今朝も元気に目が覚めた、ご飯が美味しかった、問題なく出勤出来たなど、小さなことを一つひとつ喜びとして捉えることで、それだけ毎日も充実していきます。