「情けをかける」という日本語を聞いたことがある人は多いと思います。

あまり日常的には使用されない言葉ですが、言葉通りに相手に対して同情したり、親切にしたり、相手の立場に立って考えてあげることを意味します。

情の感情は日本人にとってそれだけ馴染み深くもありますが、情で物事を判断するのは止めた方がいいこともあります。

情で物事を決めない方が良い5個の理由を解説していきます。

情で物事を決めないほうが良い5個の理由

情というものは、いわば相手に対する同情や肩入れを意味します。

つまり、情をかける相手に対して自分の感情を強く入れてしまうあまり、判断基準がそちらへと偏ってしまいがちです。

物事を公平に判断しようと思うなら、常に冷静に、そして客観的な立場で相手を見る必要がありますが、情が入ってしまうとなかなかそれが上手くはいかなくなってしまいます。

1、バランスよく検討されない

例えばある犯罪について、二人の人物を裁判にかけたとします。

片方は無罪で、もう片方は有罪です。

普通ならば有罪の人物の方が裁かれなくてはなりません。

しかし、もし有罪の人物と裁判官が親しい間柄であったとしたら?

裁判官が有罪人に情を抱いていた場合に、もしかしたら有罪判決を間違ったもので下すかもしれません。

このように、情は時に正義や法律を捻じ曲げてしまう恐れもあります。

それだけ情で物事を判断することは、バランスよく検討されない可能性が高いのです。

合理的な中身にならない

情で物事を判断すると、客観的な視点で捉えることが出来なくなってしまいます。

物事を判断する際には当人の主観的な判断になってしまうことが多いため、まったく合理的な中身にはならないことも多いです。

とりわけ物事の判断を下す立場にある人間は、仕事であればそれなりの役職や地位を持っていることが多いです。

上に立つ人間が合理的な中身にすることが出来なければ、下の人間が不満を抱くのも仕方がないと言えるでしょう。

2、心から結論を信用できない

情で物事の判断を下す人間の決断は、あまり信用することが出来ません。

何故ならばその判断は一時の感情に依って下されたものであるため、それが翌日以降も同じように続くかというと、必ずしもそうではないからです。

もし今日出た結論が、明日や明後日になってころころと変わったとしたら?

言うまでもなく、周りの人間はその下された判断の結論を心から信用することは出来ず、またその判断を下す人間のことも信用することは難しいでしょう。

常に疑心感が付きまとう

下した判断に一貫性のない人や、ころころと結論を変える人のことは、誰しも心から信用することは出来ません。

そうなると、常にその人に対しては疑心感が付きまとうことになります。

「あんなこと言っているけど、どうせ明日には意見がまた変わるだろう」と思われてしまい、一つ一つの結論を軽んじる人が増えてしまいます。

そうなると、皆が心を一つにして集中することは不可能でしょう。

3、冷静な判断をし損なう

情で物事の判断を決める人は、常に主観的な判断をしています。

すなわち、その時の自分の感情によって判断を下すため、公平で客観的な判断をすることが出来ません。

そうなると、冷静ではない状態で下された判断は正しいものとは言えず、正しい判断をし損なった結果時間が経ってから後悔することも少なくはありません。

特に自分がカッと頭に血が昇っている状態で下した判断はむちゃくちゃで、何の理論も根拠もないものがほとんどです。

そんな判断に対して周りの人間も付いていくことには当然抵抗を持つことでしょう。

大きな間違いが生じる

その場の感情によって下された判断は、後に大きな間違いを生じさせる原因にもなります。

例えば会社にとってとても有益な人材がいたとします。

しかしその人物から、正当な間違いの指摘を受けた上司がプライドを刺激されて、怒りの感情に任せてその人物を解雇してしまいます。

すると後になって解雇された人間が別の会社で上役まで昇りつめ、ライバル社であった自分をクビにした会社をあっという間に業績で追い抜かしてしまいます。

こうなってからでは、優秀な人材をクビにしてしまった会社は後悔しても遅いのです。

このように、一時の主観的な判断は、後になって「やらなければ良かった」と後悔するような結果を引き起こす恐れがあるのです。

4、自分の考えを言い辛くなる

下手に情を持ってしまうと、相手に対して時に自分の考えを言い辛くなってしまうことがあります。

例えば相手が間違った行動を取っていても、自分が嫌われたくはない、または相手を傷つけたくないからその間違いを指摘せず、結局は相手が自滅してしまうという流れは現代社会においても特に珍しいことではありません。

一見日本人の優しさ故の悲劇とも思えますが、実際には相手のためにならないと分かっていてもそれを口には出さないということは、相手にとっては残酷で冷たい仕打ちとなるのです。

自分の中で納得ができない

例え相手の意見が間違っていると思っても、情がある相手に対しては中々それを指摘することが出来ません。

そうなると、表面上は相手に同調しているように見せても、心の中では相手の意見に納得できず、いつまでももやもやとしてしまいます。

そのもやもやは疑心感ともなって、相手を心から信用することも出来なくなってしまいます。

相手のための行動は、結果的に相手に対する不信感を生んでしまうのです。

5、様々な意見に流されやすい

情をかける相手が多いほど、様々な意見に流されてしまいやすいです。

例えば友達3人組で話していた時に、一人が自分の意見を言います。

それに対して自分は、本心はどうであれ同調してみせますが、もう一人が「それは違う」と反論します。

そうなると、反論したもう一人に対しても同調しなければならないため、二人から「どちらの意見が正しいと思う?」と聞かれた時に曖昧な返答しか出来ずに、結局は二人から「八方美人でどっちつかず」という人物評価をされてしまいます。

自分の意見がもっと言えなくなる

情に流されやすい人は、元々自分の意見よりも相手の意見を優先させる傾向があります。

その上で、様々な意見が飛び交う場面においては、特別一人の意見に同調することなく、その場の雰囲気や流れに身を任せてしまいやすいです。

そうなると自分の意見をさらに言う機会もなくなるため、仕事上では「地味で流されやすく、ハッキリと自分の意見を言えない人」という評価を下されてしまいがちです。

なにで決めたら良いの?

物事の判断は、情に任せて決めるとろくな結果を招くことはありません。

その場の感情に任せて下された判断は、後に大きな失敗を引き起こす原因ともなります。

賢く人生を送っていこうと思ったら、情任せの判断はしないに限ります。

では、物事の判断は一体なにを基準にして決めたらいいのでしょうか。

理性で決める

何をするにも、何を決めるにも常に理性的な判断が求められます。

理性とはすなわち客観的なものの見方です。

自分のその場の感情や相手に対する気持ちに囚われることなく、冷静な判断を下すことは必ず自分のためになり、さらには良い結果をも引き寄せます。

あらゆる角度からの検討が大事

理性で物事を判断しようと思ったなら、まずは一つの物事に対して正面からだけではなく、あらゆる角度から検討し、判断を下す必要があります。

物事は常に多面性を持ちますので、一方から見ただけではそれに対してハッキリと判断を下すことは出来ません。

例えばリンゴ一つとっても、正面から見ただけでは赤くて丸に近い形をしていることしか分かりません。

あらゆる角度からリンゴを見た時に、初めてそれが立体的な丸い形をしていることや、ある部分は傷んでいることなどが分かるのです。

重要なことを見落とさない

物事を主観的に判断してしまう人は、重要なことを常に見落としがちです。

例えば身内だからと贔屓で自分の会社に引き入れた人物が、実は手癖が悪くてやる気もない人物だった場合に、会社に入れてしまってから後悔する結果となるでしょう。

しかし、最初から身内だからという考えを捨ててその人物を「一人の人間」として判断していれば、手癖が悪くて仕事にやる気を出せない人物だということが分かり、会社に入れるまでもなく採用を取りやめることが出来たでしょう。

このように、主観的な判断では見落とすことも、客観的に判断することが出来れば重要な部分も見えてきます。

自分の意見を言える

冷静な判断が出来るようになると、間違っているものに対して「間違っている」と堂々と口に出せるようになります。

相手が可哀想だからだとか、身内だからだとか主観的な事情を一切省いて、自分の意見を正しいタイミングで言えるようになります。

それはその時には人間関係に多少の問題を起こしてしまうかもしれませんが、結果としては必ず自分のためになります。

多面的な角度から考えられる

冷静な判断が出来るようになると、多面的な角度から物事を考えることが出来るようになります。

主観的な判断をしていた時には物事の一面しか見えなかったものが、「もしかしたらこうなるかもしれない」「こういうケースもあるかもしれない」と、あらゆる可能性を考慮して判断を下すことが出来るようになります。

情に流されない様にするには

冷静な判断をすることは大切ですが、誰もが理想通りに行動出来るわけではありません。

情とはそれほどまでに強くしつこく、自分の中にいつまでも付きまとってきて離れがたい存在でもあるのです。

その情に自分が流されてしまわないようにするには、一体どうすれば良いのでしょうか。

自信を持つ

自分に自信がない人ほど、自分の意見にも自信がないため周りの意見や情に流されてしまいやすいです。

そのため、まずは自分で自信を持てるように努力することから始めましょう。

自分に自信が付けば、堂々と人前でも自分の意見を口に出すことが出来るようになります。

小さなことでもOK

自信は、小さなことからコツコツと付けていく努力をしましょう。

例えば今朝は寝坊せずに起きられた、ご飯を残さず食べられた、人に善意を施して感謝をしてもらえたなど、どんな小さなことでもOKです。

小さな自信が積み重なることで、次第に自分に自信が付いていきます。

人任せにしない

自信は、人任せにしているといつまで経っても身につきません。

自分で行動して得た結果であれば、どんなささいなことでも確実に積み重なって自信に繋がっていきます。

自信を付けたいと思ったら、恐れずに自ら行動を起こしていきましょう。

決定権を持つ

どんなに小さなことでもいいので、自分で決定権を持ちましょう。

最初は今日の食事内容や、人との待ち合わせ場所や時間などを決定することから始めます。

小さなことで積極的に自分から決定権を持つようにすると、大きな決定権を任された時にもいちいち情やその場の感情に流されることが少なくなります。

日々の積み重ねでいざという時の正しい判断力を養っておきましょう。

他人に合わせ過ぎない

協調性を持つことは大切ですが、あまり他人に合わせ過ぎていると、大事な時の判断も人任せになってしまいます。

そのため、他人に合わせる際には客観的に自分も物事を判断した上で、相手に合わせても問題がなければ合わせます。

そして、一度相手の意見に合わせたなら、その後はきちんと協調性を保つように心がけましょう。

そうすることで、いざという時には相手からも合わせてもらえるようになります。

自分の価値観を知ってもらう

他人に合わせてもらうには、自分の価値観を知ってもらう必要があります。

とはいえ、あまりに偏った価値観では例え知ってもらったとしても、それに合わせてもらうことは出来ません。

だからこそ、日頃から冷静で客観的な判断力を身につけることが大事なのです。

流されない耐性を身に付ける

自分がどうでも良いと感じていることに対しては、適当に流されることもあるでしょう。

しかし、自分が本心では納得していないことにも流されてしまうようでは、いつまでも心にはもやもやが残りますし、後のトラブルの原因にもなります。

元々流されやすい人は、物事をしっかりと判断するのが苦手でもあるので、まずは一つひとつの判断をしっかりと下せるようになりましょう。

そうすることで、流されない耐性を身につけることが出来るようになります。

罪悪感を感じなくて良い

人の意見に流されないということは、時には自分の意見をぶつけて相手の意見を否定することにもなります。

しかしそれは、あくまでも冷静に物事を考えた上での自分の意見ですので、相手の意見に反論することに自分が罪悪感を感じる必要は一切ありません。

もし相手の意見が間違っていてこちらの意見が正しかった場合には、結果として相手の立場を救うことにもなります。

そのため、怖がらずに自分の意見を出すべき時にはしっかりと出すようにしましょう。

物事を決める時、何で判断しますか?

あなたは物事を決める時、何で判断しますか?

大抵は自分にとっての損得勘定で決めることが多いですが、そこに他人という存在が加わることによって、時には情に流されての判断になることもあるでしょう。

しかし、情に流されて決めたことほど、後になってから後悔することが多いのです。

情で決めちゃうことありませんか

例えば物を購入する時に、通常ならば自分にとっての必要性や費用などを考慮した上で購入すると思います。

しかしその販売されているものがもし、あなたの友達の作ったものであった場合にはどうでしょうか。

特に自分に必要性を感じなくとも、付き合いで買ってしまうことってあると思います。

それこそがまさに、情によって物事を決めてしまっている瞬間でもあるのです。

情で決めるのは止めて欲しい

情で物事を決めると、結果的に良くないことになる場合が多いです。

自分が相手に嫌われたくないから、相手が可哀想だからなどという情で判断して行動した結果、自分自身が損をすることが多いのです。

相手に気を遣って意見を合わせたのに、後になって相手から「どうしてあの時反論してくれなかったのか」と責められることになった経験のある人もいるでしょう。

情で決めたことは、大抵は自分のためにはなりません。

だからこそ、情で決めるのは止めた方が良いのです。

理性で決定出来れば情に流されることも減ってくる

人間は感情豊かな生き物ですので、どうしても物事を主観的に判断してしまいがちです。

しかし一つひとつの物事を、常に理性的に決定するように心がけて行動していれば、その内自然とどんな場面においても客観的な判断を下せるようになります。

そして理性によって下された決断こそ、後になってあなたを救う結果にもなります。

そのため、日々生活していく中で、ささいなことから常に冷静に物事を判断するように心がけていきましょう。