CoCoSiA(ココシア)

タレコミをするメリットとデメリット!

タレコミをするメリットとデメリット!のイメージ写真
毎日テレビや雑誌などのニュースを見ていると、「タレコミ」という言葉を耳にする機会があると思います。

このタレコミとは、事件に関する情報を警察に提供したり、または有名人に関する情報を報道機関に提供したりすることを言います。

時に重要な情報源となるタレコミですが、このタレコミに関するメリットとデメリットをご紹介します。

この記事の目次

タレコミっていいの?悪いの?

タレコミという言葉を聞いて、あなたはどのような印象を受けますか?

一般的にはコソコソと裏で隠れて行動をして、手に入れた情報をどこかへ横流しするというイメージがあります。

タレコミが悪いもののように思えてしまっている人もいることでしょう。

しかし、タレコミの情報が新鮮で正確なものであればあるほどに、その情報提供を受ける警察や報道機関にとっては、タレコミの存在は貴重で有り難いものでもあります。

そのため、「いい」「悪い」と一括りにして語ることは難しいのかもしれません。

タレコミを嫌う存在も多いですが、一方でそのタレコミを求める存在も確かに存在しているのです。

タレコミって何?

タレコミをする女性
タレコミとはそもそも、どのようなものを指すのでしょうか。

一般的には犯罪者や有名人などの情報を陰で仕入れて警察や報道機関に情報提供をするというイメージが強いと思います。

そしてタレコミをした側は、その情報が新鮮で正確なものであればそれにふさわしい対価を、報酬をして得るといった流れが多いです。

では、そのタレコミについて詳しく意味や使い方を解説していきます。

意味

タレコミとは、元々は「密告」を意味する名詞です。

何者かが警察や報道機関に対し、犯罪情報や手がかりを密告することを指します。

また、タレコミを利用するのは主に犯罪者グループや警察関係者、報道記者、探偵などの犯罪に関わる人や職に就いている人たちです。

使い方

タレコミは本来、犯罪者や犯罪に関わる仕事に就いている人たちが利用するものでした。

しかしいつしか、犯罪関係者だけでなく、有名人や芸能人に関する情報を報道機関へ提供する存在のこともタレコミと称するようになりました。

そのため、現代では犯罪に関わる事柄や有名人の動向などを含めて、警察や報道機関へ情報提供することを一般的に「タレコミ」と言っています。

タレコミは探偵などの情報を探るプロが行うこともあれば、まったくの素人が自分のつてや足を使って情報を集める場合もあります。

ただし、素人がいきなりタレコミを行おうとしても、偽情報に踊らされることも多く、プロほどの腕前には到底至らないことがほとんどです。

そのため、より正確な情報を入手したいと思っている人たちは、まず素人には頼まず情報を探るプロに頼むことが多いです。

タレコミ掲示板

タレコミ掲示板
タレコミ掲示板とは、かつて存在していた電子掲示板をいいます。

管理人はkrn(HN)で、主に携帯利用者を対象として情報を提供していました。

初期は芸能分野を専門として扱っていましたが、後にさまざまなカテゴリが追加され、総合掲示板サイトへと変わっていきました。

芸能やアダルト、画像などの大きな6つの分野に別れており、そこからさらに小さなカテゴリへと別れていました。

現在でいうところの「2ちゃんねる」と同じようなつくりになっていて、掲示板の情報を読むだけのいわゆる「ロム専」になることも可能です。

また自分でHNを作る、もしくは匿名で情報を書き込むことも出来ました。

タレコミ掲示板の利用者は実年齢及び精神年齢が全体的に低く、また掲示板荒らしなども頻発していました。

またアダルト画像なども横行したため、タレコミ掲示板は2009年に閉鎖されました。

現在ではタレコミ掲示板の派生のようなサイトもいくつか見られますが、情報を見たり書いたりするにはパスワードが必要なサイトも少なくはないようです。

タレコミをするメリットは2つしかない

タレコミをすることで、場合によっては自分にメリットがあります。

特に日頃から情報収集を生業としていたり、または調べものをするのが得意だったりする人にとってはとても向いている内容なのです。

タレコミをすることで生活をしているという人も中にはいます。

しかし、タレコミのメリットは多いかというと、そういうわけではありません。

例を挙げれば、たったの2つになります。

お金が貰える

タレコミをすることで、お金を貰うことが出来ます。

例えば探偵の場合は依頼主から頼まれた人物について一通りの調査を行います。

その結果と調査にかかった費用などを依頼主に請求することで仕事が成り立っています。

タレコミをする人は堂々と「探偵業」と称して行動しているわけではありませんが、その行動自体は探偵の仕事と似通っている部分があります。

個人で今話題になっていたり、特定の人物の情報を探ったりして、それを自ら警察や報道関係者へ売り込むタイプのタレコミ。

誰に頼まれたわけではなく、自分でお金を貰うために自分で目星をつけた犯罪者や有名人を追って随時新鮮で正確な情報を手に入れます。