今回の記事はズバリ「欲求不満」についてです。

現代人何かとストレスを溜めるだけ溜めて発散ができないという人は少なくないはずです。

そのストレスもいろいろな発散方法はありますが、厄介なのは「その発散方法ありき」の時ですね。

「○○ができないからストレスが溜まる」というのは状況を打開するのにとても難しいとしか言いようがありません。

だって出来ないからストレス溜まっているんですもんね?

そんな「欲求不満」の方々の特徴を順番にまとめていき、その「言い出せない無言のサイン」を汲んで「忖度」してあげたいものです。

欲求不満とは

今回の記事で言う欲求不満とはズバリ「性欲」についての欲求不満です。

男も女もしたいときにはしたいものです。

それは何も恥ずかしがるような事ではありません。

みんなそうなのですから…。

しかし現状考えてもなかなか相談できなかったり、言い出せなかったりすることは致し方ない部分もあります。

そんな「したいけどしたい」と言い出せない、一人じゃ解決できない問題を皆さんで一緒に考えていこうではありませんか?

あなたももしかすると「欲求不満」に成っているかも知れませんよ?

欲求不満の人が出す14個のサイン

ではここからは「欲求不満」の方が発信しやすい「14のサイン」について順番にまとめていきたいと思います。

欲求不満の方は一体何をサインとして出しているのでしょうか?気になるところですね。

1.口元や唇を触る

まずは「口元を触る」です。

口元や唇というのはとても多くの神経が通う部位です。

手元や顔などに髪の毛が一本触れてもあまり気にならないかもしれませんが、口の中は別です。

髪の毛であろうが、魚の骨だろうが、口に入った瞬間に「異物が入ってきた」という違和感はすぐに分かります。

また通常、口は食べ物や飲み物を摂取するための入り口です。

そこから体内へといろいろな物が入っていく時にカラダに害のあるような「異物」をシャットダウンすることも口が敏感であることの理由でもあります。

つまり「口」というのは神経が密集した「感じやすい部位」ということなんです。

またその事が「好きな人とキスをする」ことへの欲求にも繋がっているんです。

つまり「口」は食べ物もそうですが、もう1つ重要なのは「性への連想」です。

男性が女性を見る時に、唇に目が行き、変な気持になってしまうことってあると思うのですが、「口」はそれだけセクシーな事を連想するところだという事です。

ではその大事な大事な「唇」を手で触るという行為には一体どんな意味があるのでしょうか?

口元を隠すことで本音を隠そうとしている

人は唇に手をかけたり、隠したりするときには「本音を悟られたくない」という思いがある可能性があります。

とかく女性にしてみれば、「口元は人に見られるのは恥ずかしい」と思っている方は少なくないと思います。

逆に言えば、「口元をおおっぴらに見せるのはハシタナイ」とも思ってらっしゃるかも知れません。

というのも、特に女性は食事の時にも口元を隠しながら食べたりしますよね?後はびっくりした時にわざとらしくはありますが、口元に手を添えることもあります。

後は笑う時ですね?

この時もバカ笑いするのはハシタナイのか、口元を手で隠します。

この隠すという行為は何か「バレたくない」という心理が働いているもので、びっくりした時、笑う時の事を考えてみても、「本性がバレたくない」時に咄嗟に出る、隠したい事がある時に咄嗟に手が出て「口元」をとりあえず隠す、それがその人の精神状態だと言います。

イメージを連想させる「口元」をわざわざ隠すだけの理由はズバリ~~なのかも知れません。

 

2.髪の毛を触る

つづいて「髪の毛」を触るという行為を考えていきましょう。

髪の毛は度々、「美の象徴」として扱われます。

男も女も髪の毛を大事にしている人って多いですよね?それはなぜですか?

自分の見た目の中で、ルックス、容姿の中で「髪の毛」という部分がそのバランスや良さを、追求または保持するのに髪の毛が非常に重要な役割を担っているからではないでしょうか?

どんなに着飾っていても髪型が変だと決まらない、どんなにカッコ良くても禿げあがっていたら興ざめ、髪の毛はその人の容姿を評価するときに「絶対ではありません」が、「かなり大きな配点」を持っていることはお分かり頂けるでしょう。

その美の象徴も髪の毛を触ることで、自分の綺麗さを無意識にアピールする目的があるのではないでしょうか?

また、髪の毛を頻繁にさわる人は「周りの目を気にしていて緊張していること」が多いようです。

ということは自分の事を見られていて緊張している、「ブサイクだとか、かわいくないと思われたら嫌だな…。実際この人私の事、どう思ってるんだろ、イヤイヤァ」という感じで緊張でもされているんですかね?

ではなぜ嫌われたくないか?

もうお分かりですよね?

自分を綺麗に見せたいという気持ちの表れである

「自分の髪の毛を触るのは緊張しているから」という心理の他に、自分をキレイに見せたい願望があることをもう少し入りこんでみていきましょう。

髪の毛というのは「顔」の付近に位置するものですが、髪の毛を伸ばし顔を隠す時、あなたは何が目的ですか?

例えばおでこに大敵、「ニキビ」が出来た時、あなたはどう対処するでしょうか?

もしかしたら、「よし、髪の毛で隠してしまえ、ホトトギスゥ」的に髪の毛を患部にかけて隠してしまう行動には出ないでしょうか?

それをする事で、ニキビを無かった事にする。

顔の中で自信がなくコンプレックスを抱えているような部位は「髪の毛」で隠してしまってはいないでしょうか?

「ドキッ!」、「はぁっ!」、そうですよね?

あとお顔のサイズが大きい方は男も女もよく、髪の毛を伸ばして顔の大きさをカモフラージュすることってあるんじゃないかと思います。

つまりはそれもこれも、「自身のない部分はとにかく髪で隠して、少しでも自分をキレイに見せたい」という気持ちの表れではないでしょうか?そこまでキレイに自分を見せて一体何が目的なんでしょうかね?ん?なんだろう…。

好きな人に髪の毛を触ってもらいたいという思いがある

髪の毛を触られることに抵抗がある方は多いと思います。

わたしも子どもの頃に親に頭を触られるのがとても嫌でした。

「もっとあんた髪の毛こう、こう、こうってならんのかいやっさぁ?」と強引に髪の毛を触りにくる母の顔面にエルボーを何度も入れそうになったのは今ではいい思い出です。

髪の毛は顔に近い部位にあります。

顔は神経が比較的多く密集していますから、そこを好きでもない人に触られると、幾分かの「抵抗感」を感じる事でしょう。

しかしその触ってくる人が「好きな人」だったら?

そんなの金払ってでもお願いしたいですよ本当。

とにかく頭は顔の近くだからそこ、普段から他人に触らせる機会の少ない部分です。

ですからそれだけ、人様の温もりや感覚は「ご無沙汰」ということです。

久しぶりであればある程、感覚は研ぎ澄まされるでしょう。

だからこそ、髪の毛を触ってよアピールは「誰にも触らせない髪をあなただけに…」という事で、この緊急会議はお開きで良いですね?誰も異論はないな?よし次。

3.何度も足を組み替える

ではつづいて「足を何度も組み替える」についてみていきましょう。

こちらも心理的には「緊張している」、「焦っている」ときに行う動作の代表例です。

人は通常、自分の無駄な動きを制御しようとします。

無駄な動きはそれだけ無為にエネルギーを消費し、落ち着きのない行動はそれだけ注意力が散漫になって自然界では身の危険が伴います。

では何のために足を組み替えるのでしょうか?

それは緊張していて、焦っていることがあるから、脳に比較的近い部分は冷静を装って静止できていても脳から遠い末端の部位、つまりは足などの場合、集中力や制御しようとする意識が及ばず、無意識にバタバタと落ち着きなく動かしてしまうのです。

挑発しているのかもしれない

あと、足を組み替えることで連想されるのは、挑発です。

少しバカな考えだと自覚はありますが、足の付け根には、いわゆる「股間」があります。

股間は生殖器がある場所です。

人は欲求から興奮すると、股間に血液が充血していきます。

そうなると局所的に過剰な血流が起こり、「ムズムズ痒くなってくる」んです。

これは例えると、痒いところを掻くともっと痒くなるのと同じです。

血流はムズ痒さを呼び起こし、かけばかく程皮膚表面から血管がマッサージされさらに痒くなります。

お風呂に入ったり、お酒を飲んだりした時にカラダが痒くなるのもこの「血流が良くなるせい」です。

話を戻すと、興奮により過剰な血流が起こると、その部位が局所的に「ムズ痒く」なります。

そのため足を頻繁に組み替え、ムズ痒さから無意識の内に解放されたいとそうしているのではないでしょうか?

4.チョコレートをよく食べる

つづいては「チョコレート」に纏わる欲求不満のお話です。

みなさんは「チョコレート」はお好きですか?

私は個人的に甘いものが苦手なので好んで食べる事はないのですが、チョコと言えば女性はもちろん、最近は男性の方もお召し上がりになる「みんなを幸せにするお菓子」です。

そんなみんな大好きチョコレートも「欲求不満話」と絡んでくる「ある説」があります。

それは「チョコレートを食べるとキスの時の興奮よりも心拍数が上がる」というものです。

コレは一体?下記で詳しく説明いたします。

食べるとキスの2倍心拍数が高くなる

去る2007年、イギリスでカップルを対象に面白い実験が行われました。

それは「チョコレートを口の中で溶かす時」と、「キスをした時」と、どちらがより心拍数が上がり興奮するか?というものです。

この実験結果では、「チョコレート口どけ心拍数」が「キス心拍数」よりも約2倍も大きくなりました。

人間がチョコレートを食べているときに感じる脳の興奮度は「キス」をした時よりもはるかに激しく反応し、その効果は「キス」のときよりも「4倍長く」効果が続いたそうです。

このように「愛」に飢えた人間はその興奮を代用するために「チョコレート」を求め、今日も無意識の内に口へと運んでいるのかも知れません。

ですがこの実験結果、情熱的なヨーロッパ人を対象にしているので、きっと欧州人よりもキスをし慣れてしないであろう「日本人」の場合は、チョコの興奮度と「キスの興奮度」は同じくらいになるかも知れませんね?

5.ボディタッチが多い

では次に「ボディタッチ」についてです。

これについては「あからさま」なので、余り語る事はありませんが。

まぁとにかくボディタッチとは「別にそんな気が無くても触る事あるよ?」と言うかも知れませんが、人の「深層心理」は顕在的な意識とはかけ離れたものです。

どうあるかは分かりませんね?

ですから、欲求不満と直接的に結び付けることがどんなに乱暴かと逆に考えても、良い答えは出てこないと思います。

手や腕を触ってくるのは好意を持っているから

手や腕というのは、人にとって「意識」や、「一番単純な行動の一つ」を連想するものです。

というのはどういうことかと申しますと、人は目の前にあるものに「興味があった」場合、それをどうするでしょうか?

そう、手で触ろうとしますよね?

歯で噛みついたりしますか?

足で蹴ります?

いいや、手で触るでしょうね?

さらに何かをしようとする時、人は必ず「手を使い」ます。

何かを掴もうとするとき、何かからカラダを守ろうとするとき、いつも「手を使う」んです。

この2つの事から考えられるに、人は無意識の内にも手を使って作業をし、作業が開始されれば段々いしきがその事に集中していきます。

そこに欲求不満の人間がきました。

その人物は当然その作業中の人間の意識を自分へと逸らしたいので、「自分の手で、相手の作業をしている腕を捕まえに行きます」。

これで強制的にその人の意識を作業に集中している腕ごと強引に持っていっているのです。

腕や手を強引に引かれた時は、「もう。そっちじゃなくって、こっちを見て?」という欲求不満の爆発しそうな声なき何かを聞かされているのかも知れません。

6.爪を噛む

 
みなさんは「癖」というものを持っていますか?

私は小学生の頃によく「爪を噛んで親に袋叩きにあってました」。

この「爪を噛む」という癖、みなさんは「その人がどんな心理状態」であると思いますか?
 
心理学的に言われている事は、人が爪を噛む時、そのほとんどの場合が「焦っていたり」、「悪い状況を打破する為に自傷行為をし周囲に助けを求めている」というものだそうです。

 
自分の思い通りにいかなかったり、何か危機的な状況の時に「爪を噛むこと」で、落ち着いたり、「私は今自分を傷つけるくらい困っているよ?」という状況を周囲に伝達して助けを求めているんですね?
 
爪を噛むとどうして落ち着くのでしょうか?それは口に神経が集中している話をしました。

そのことから考えるに「お母さんのおっぱいを吸う擬似的感覚」を作ることで、赤子のときの母に守られている安心感を擬似的に再現しているのではないでしょうか?

 
よく小さい赤ちゃんがおっぱいが無いのに「ちゅちゅ、ちゅちゅ」と口を動かしたり、タオルなどを吸ったりして、大きくなってもその「癖」が抜けない方もいらっしゃると聞きます。

それもこれも母の乳首、それがある時には近くに母親が居てくれている訳で、生物として絶対的に安心できる状況です。

そういったことが遺伝子的に組み込まれているのだとしたら、乳首に似ている指先を吸ったり、イライラ感を抑える為に「噛む行為」で力みたかったりする時に、噛んでもそう簡単に壊れない「爪」を噛んで緊張状態を和らげようとしているのではないでしょうか?

相手への警戒心がないという気持ちの表れである

 さらに「爪を噛むこと」に付け加えると、爪を噛むことは「親にも怒られるようなやってはいけないこと」です。

そんなことを人前でやるという事は、その人に対して親に対する気持ちと同じ様なある種の「信頼感」を寄せているのではないでしょうか?
 あとは、せっかく自傷行為をしても周囲に「助けてくれるような人」が居ないと意味がありません。

そういった意味では「爪を噛むという行動をする」ということは、近くに信頼できるような人間が居るという気持ちの表れなのかも知れません。

7.動きが落ち着かない

 さて次は「落ち着きのなさ」です。

落ち着きのない人間は前述のところでも書いた通り、「何かやましい事があるから」です。

何かが危機的状況にあるから、「焦ったり」、「悲しかったり」、「怒ったり」して「そわそわ」している訳です。

 パッと見た目には、顔は平静を装っていても、気持ちが極度に興奮していれば「カラダ全体をその装いでカバーしきる事はできないはず」であるのです。

 動きに落ち着きがない人が近くにいれば、何か危機的状況がその人を襲っているのかも知れません。

気持ちを隠そうとしている

 さらに言えば「何かを隠したい願望」があるときにも人は焦り、落ち着きがなくなるでしょう。

しきりに時計を気にしたり、席を立ってお手洗いに行ったり、携帯電話を何度も手にしたり、きょろきょろ外を見まわしたり、こんなことをしている人は絶対何かを隠しています。

隠していなくても焦っています。

なんでって?それはあなた、決まっているでしょう。

ねぇえ?

8.2人きりのときに甘える

欲求不満な人といえば「甘える人」もそれに当たるでしょう。

人に甘えるのは「その人を困らせたい?」、「その人に叱られたい?」、「その人に大切にされたい?」、まぁ全部でしょうね?

しかもそれが2人きりだったら、もうそれはぁ、考えるまでもない様な気さえしてきます。

それでむしろ「どこ見てんのよ?もう、踏んずけてやる」って言われたら、「は?おすぎですか?」ってなっちゃいますよね?

 人が甘えるのは甘えるだけの理由があります。

それは無意識の内に表に出てしまう事もあるんです。

それは何か?次でお話ししましょう。

無防備になっている

人が誰かに「甘える」のは一定の信頼関係に基づいて行われている事に非定の余地はないでしょう。

ある種、相手を信頼しきって「無防備」になっている状態ですね?

甘えるという事は「頼っている」、「自分一人では何にも出来ない…」、「代わりにやってよ」というような気持ちがあるから自分でできるのに「他人に委ね、せがむ」のです。

それは頼む人に対して、「裏切られない自信と信頼」があるのではないでしょうか?

相手に断られることだってあるし、普段はそのことで頭がいっぱいで奥手なクセに、2人になったら急に大胆にって…、取敢えずこの人は「欲求不満」で普段絶対やらないような可笑しい事をしています、ってなりますよね?

あとはこの人に頼っておけば絶対目的を達成してくれるというような信頼がある、「頼りがいがある人」は周囲から甘えられやすいかもしれません。

9.ソファや椅子に体を預けもたれている

ではつづいての欲求不満は「ソファにもたれかかる」です。

こちらは少し今までと毛色が違います。

こちらの欲求不満は「マジ」の方のヤツです。

というのは椅子の腰掛ける位置で人の深層心理がわかるって知っていましたか?

まず椅子に「浅く腰かけており、さらに前のめり」の時は、相手の話しに興味のあるまさに「前のめりでやる気のある様子」を示しております。

では、今回の「カラダを背もたれに預けている」場合はどんな意味があるのでしょうか?見ていきましょう。

不安や不満を感じている

ソファや椅子の「背もたれにカラダを預けている時」は、ズバリ「つまらない」時です。

何かしら興味があったり、意識を集中させている時は基本的にその対象に向かって体重移動があります。

正面に座っているあなたに対して、その人が背もたれに倒れこんでいるようでは、あなたに対して「興味がない」と言っているようなものです。

このことは今までと少し違った意味での「不満」になりますが、それは正に「あなた自身への不満」なのであります。

10.露出の多い服装をしている

ではでは本題に戻りましょう。

次は「露出の多い服を着ている」です。

服装とは「身だしなみ」、それは心の表現とも取れるのです。

皆さんはどうでも良い人の前でオシャレに時間をかけたいと思いますか?好きでも無い様な人の前で着飾りたいですか?

確かに好きでも嫌いでもないような人にも「容姿を否定される」のは癪ですが、お金や時間をかけてわざわざやるものでも無いですよね?

ということは、服装にこだわりを持っているということに対しては「あなたに興味がある」、「どうでも良い存在ではない」ということに繋がるのでは?

誘惑している

さらにその服装の「面積が少ない」つまり露出が多い服装の場合、明らかにそれは「誘惑している」と取られても不思議ではないと、相手にも思ってもらわないと困るレベルですよね?

逆にその気がないならどうしてそんな服装を?

私は分かりません。

皆さんはどう思いますか?

11.食欲が旺盛である

 みなさんは欲望についてどうお考えですか?

生物の「使命とそれに対する欲望」を考えた時に、生物の使命はズバリ「子孫繁栄」ってとこでしょう。

そしてそれに対応する欲望はというと、生まれてから「生殖」が出来る年齢までカラダを健康的に成長させなければなりません。

そのためには「良く食べ」、「良く寝る」ことが重要です。

そしてある程度成長しその時がやってきたら、きちんと異性を意識し興奮できるか?それを「性欲」と言うのでしょう。

 これから考えると、食欲・睡眠欲・性欲は生物が健全に生き、健全に子孫を残す為にはどれもかけてはならない重要なことに思えますね?

 ではでは、世間でよく言われる「三大欲求の比例関係」について考えていきたいです。

これは先に挙げた三大欲求は全てバランスよく機能しないと、生物の使命である「子孫繁栄」を全うできなくなりますので、3つが常に「比例関係」にあるだろうという説です。

実際はどうなんでしょうか?

三大欲求は比例している

 みなさんは感覚的に「三大欲求は比例する」と思いますか?わたしは状況によりけりかな?と思ってしまいます。

確かに食欲が満たされてお腹がある程度いっぱいになると、「ちょっと…」とそういう気に成り易い様な気がします。

でもみなさん、考えてほしいんですけど、「カラダに疲労感があり眠い時にしたい」と思ってしまうことってないですか?カラダに程良い疲労感があるからこそ、更なる快感を求めてしまうっていう感覚。

分かりませんかね?

12.腕組みをしている

 腕組みの深層心理はズバリ「相手への警戒・威圧」のような意味合いが強いそうです。

正確には腕を組む位置で若干意味が異なるようです。

腕を「腹くらいで組むとき」、それは相手への警戒心が強いときです。

カラダの近くに腕を持ってきて「相手をブロックしたい」という感じでしょうか。

 また、腕を胸あたりで組む場合は相手に対する強い警戒心つまり「威圧」です。

相手を倒して自分が優位な立場に立つそんな気持ちの表れが「腕組みポーズ」なんです。

イライラしているときと欲求不満のときに組みやすい

 また「イライラ」しているときに腕組みをしやすい傾向もあるそうです。

これはイライラして末端の運動神経が荒ぶってしまうのを強引につなぎ止めようとする防衛本能です。

イライラして相手に手が出てしまうという暴走を必死にとどめているんですね?

【腕組みについては、こちらの記事もチェック!】

13.頬杖をついている

 では次に「頬杖」です。

通常、人が頬杖をつく時はそれが例えば「会社の会議や、学校の授業」の時だった場合、おそらく「つまらない」、「退屈」、「眠い」のどれかでしょう。

会議や授業は自分に関係のあるむしろ集中していなければならない重大な時です。

その時に限って頬杖をつくのは余ほどに「油断」しているのでしょう。

危機感がないくらい、「どうでもいいと思うことを優先」しているんです。

自己親密行動と言われている

 頬杖をつくことは顔の部位を触ることと同じく「自己親密行動」と言って、「安心しようとしている行動」なのです。

つまり相手が居る時に頬杖をつくのは「安心しようとしている」ので、退屈でどうでもいい、「つまんねぇから、もう寝よう体勢」なんです。

これをされたら違った意味で「欲求不満」なので、「脈なし」と考えた方が良さそうです。

14.貧乏ゆすりをしている

 貧乏ゆすりもそういった意味で言うと「神経の末端」の抑えきれない荒ぶりと取れます。

無意識に貧乏ゆすりをしてしまう人も多いと思いますが、「癖として多い」のもそれだけ現代人が「潜在的に我慢している人が多い」という事なのかも知れません。

 その時代の貧乏ゆすり人口を調べれば、どれだけのレベルのストレス社会なのかを評価できそうですね?

落ち着かず、気持ちを隠そうとしている

 ですからこの「貧乏ゆすり」も心理的には「落ち着かない」、「焦っている」という類の気持ちの荒ぶりを示しております。

【貧乏ゆすりについては、こちらの記事もチェック!】

女性も欲求不満になる

 さてさて最後に女性が欲求不満になるときの条件を見て、この記事を終わりたいと思います。

一体世の女性はどんなことで「欲求不満」を感じてしまうのでしょうか?気になるところです。

ホルモン分泌の影響がある

 女性はホルモンバランスによって性格が変動します。

生理にも関係ありますね?

生理のある1カ月の間にはやる気の出ない「曇天期」、何があってもハッピーな「ピーカン照り期」、あぁ落ち着いた「晴天期」、何かムシャクシャして怒り易い時期「カミナリ期」の4つです。

生理の時はこのように「複数種類の女性ホルモンの分泌量によって」性格が変動してしまうんです。

 こういったことからも、「満たされている時」、「満たされなく欲求不満な時」といったように時期の違いで、また優位ホルモンの違いでこのような現象が起こってしまうんです。

肉体的に優れた男性を本能で選ぶ

 生物には「ハンディキャップ仮説」というものがあります。

これは例えば「クジャク」を例に出すと、クジャクのオスはとても大きな「羽」を持っています。

これを求愛時に大きく広げメスに披露するのですが、ここでメスが求めるのは「どれだけ大きく立派な羽か?」という点です。

 これには訳があり、不必要に大きな羽は生活にも不便だし、何かしらの支障があるでしょう。

特に野生の動物は目立つと「天敵に襲われる危険性」もあります。

また羽が邪魔になって逃げられない事があるかも知れません。

しかしそんな「ハンディキャップがある状況でも、こいつは生き抜いて来れた」と思い、そういったオスを求めるのです。

これは「大きな羽を持つという事はそれだけ体が屈強だった」、「それだけ頭が良くハンデを上手く切り抜けられた」ということで他の個体よりも「圧倒的に優れている」と考えた結果なのです。

 もちろん人間にとっても同じ事で、屈強な身体を求めるのは元気な子孫や遺伝子を残す為には重要な物の見方なのです。

気持ちを理解することが必要である

 ですから何も興奮するのは「男性だけ」ではないので、そういう気持ちになってしまう女性も「認めてあげなければ」いけません。

それに自分では恥ずかしくて「言い出せない女性」もいるでしょう。

その辺は今はやりの「忖度」で何とか切り抜けてほしいですね?

まとめ

 さて、いかがでしたか?

欲求不満について記事を書いていきましたが、社会で「男女平等」を謳いたいなら、本当の意味での「対等」を考えたいです。