清楚な女性は男性にとって永遠の存在です。

初恋の芳香付きの記憶や、近所で評判だったきれいなお姉さん、あこがれの女優、と思い出す対象は、人によってまた年代によってさまざまでしょう。

しかしそれは、本命か、またはそうでない、といった俗な分類の範疇に入らないことでは共通しています。

遠いあこがれであり、いつまでも清潔であってほしい存在です。

手に入れたいなどという安易な欲望の対象であってはならず、また世間の手垢にまみれてしまってもだめなのです。

あくまでも高値の花として、または永遠のアイドルとしてとっておきたい、不可侵のイメージとともにある人のことを指しています。

️清楚な女性ってなんかイイ

清楚という言葉は男性に対しては用いられません。

ほぼ女性専用語といってもよいでしょう。

具体的に存在している、某女性の属性を表す言葉です。

国語辞典には、飾り気がなく清らかなこと。

またはそのさま、とあります。

また日本のしきたりを扱った本には、外見上は控えめで清潔感のある容貌に、謙虚な振舞いをし、慎ましい美しい身のこなし、保守的な女性が多い。

となっています。

いずれも言葉の解釈としてはうやむやで、はっきりしていません。

雰囲気を説明しているに過ぎず、完全にイメージ先行の言葉であるといえます。

男性にとってはイメージとして蓄えておけばいいでしょう。

こういう女性がいたら、という願望なのか、現実の誰かを指すのか、はっきりさせる必要はないと思います。

とにかく清楚な女性のイメージは、広く受け入れられるプラスのイメージです。

例えばセクシーな女性ならプラス、マイナスの両面があります。

好き嫌いの好みは、はっきりと分かれます。

しかし清楚な女性にはプラス要素しか見当たりません。

️清楚な女性の18個の特徴


完璧に清楚な女性とは、ほとんどイメージで成り立っているといってもかまわないでしょう。

それを言葉で表していくには、ひとつひとつイメージに当てはめていくことで、清楚指数?を測っていくしかなさそうです。

以下、それにチャレンジしてみましょう。

暗めの髪色

いつの間にか真っ黒な黒髪を維持している大人の女性は、あまり見かけなくなりました。

エレベーターの中などで髪を束ねている女性の生え際に偶然目が行き、あ、この人本当はこんなに黒いんだとわかります。

ブラウンまたはダークブラウンの茶髪の印象がごく普通になっているようです。

カラーリングは女性にとって、顔のコンプレックスを和らげる効果があるそうです。

それこそ7割を超える女性が髪を染める理由といいます。

一方男性の8割は、黒髪の女性を望んでいるといわれています。

清楚なイメージには黒髪が似合う、と思っている人は特に男性には多いでしょう。

最近はそのギャップを意識しているのでしょうか、黒髪回帰を始めナチュラルな流れに回帰しつつあるようです。

落ち着いた服装

清楚な人には落ち着いた大人の女性イメージがあります。

しかしその清楚な人があまり落ち着いた服装ばかりしていると、年齢より老けて見られてしまいます。

落ち着きのある顔つきには、少し華やかな服装の方が似合います。

派手めな顔のつくりなら、落ち着いた服装がマッチします。

男性にとっての理想とは、清楚な中にも華がある、という微妙なバランスにあります。

男性に媚びる必要はありませんが、意識の中には入れておいてほしい感覚です。

小ぶりのアクセサリー

派手な女性の派手なアクセサリーは、多くの一般男性をドン引きさせています。

顔のパーツを際立たさせる化粧とアクセサリーが目立つキラキラ女性は、男性の思い描く清楚なイメージとは対極の姿です。

男性の思い起こすイメージは歓楽街に飛んでしまい、まったく別のモードに入ってしまいます。

最近の女性は、こうした男性のモード切替えに対し、少し無警戒にすぎるようです。

とにかくアクセサリーそのものが目立つようでは、オシャレ以前の段階です。

いい匂いがする

かつて江角マキコ主演の「ショムニ」というテレビドラマがありました。

かなり話題となったので、覚えている人も多いと思います。

筆者はさらにテレビドラマになるずっと以前から原作の漫画で見ていました。

そのときの主人公の印象的なセリフを今でも覚えています。

それは「フェロモンは女の命だぞ。」という非常にストレートな表現です。

しかしとてもしっくりくる言葉でした。

多すぎず少なすぎない適度なフェロモンを醸し出していて、すれちがってハッと振り返ったときほのかにふりかかる。

それこそ男性の描く、女性の理想的なたたずまいです。

身だしなみが清潔

清楚な女性はいつの時代でも清潔な身だしなみを保っています。

昭和の古い日本映画を見ていると、ヒロインはたいてい白い布帛のブラウスにスカート姿です。

余計な装飾がないだけに、ナチュラルな清潔感が際立っています。

見ているだけで夏は涼し気に感じます。

冬は地味なカーディガンをはおっていますが、それ一枚がまたとても暖かみを感じさせます。

現代から見れば舞台装置は貧弱でしょうが、ただよう気品はむしろ上回っているのではないでしょうか。

見習うべき点はたくさんあると思います。

ナチュラルメイク

2017年のメイクトレンドは、多少濃いめだった2016年的な傾向から、よりナチュラルな方向へチェンジするそうです。

目指すところは、すっぴん風の正統派ナチュラル美人顔ということです。

ナチュラルメイクだけをとってもネット情報はたくさんあり過ぎて、男性にはよく理解できません。

端的に言えば目を大きく見せようとしたり、色を強調するようなことは控えめにしよう、ということのようです。

テクニックには頼らないということでしょうか。

清楚な美人にはピッタリのトレンドになってきました。

ハンカチやティッシュを常備

先日、朝の地下鉄車内でスーツ姿で座っている若い女性の2人組を見かけました。

会話の内容から就活学生ではなく、営業マンのようでした。

一人が先に下車すると、もう一人にも変化が表れました。

ひざの上に載せていたカバンと紙袋を床におき両足の間にはさむと、おもむろに日本経済新聞を読み始めたのです。

これがおっさん女子というやつか、と納得しました。

二昔前にオヤジギャルという言葉が流行ったころは、スポーツ新聞を広げるのが定番でした。

日経新聞というのが妙に今風でいたく感動させらてしまいました。

しかしその姿には、モテ女のたたずまいはどこにも感じられません。

筆者は、このとき中国でたくましく生活していた某日本人女性のことを思い出しました。

彼女はハンカチ、ティッシュはおろか、バッグさえ持ち歩いていませんでした。

上司である日本人男性の靴下を間違えて履いてきても平気な顔をしていました。

やはり男社会や中国駐在など、厳しい環境下に置かれている若い女性は、おっさん化しやすいようです。

清楚な女性はますます希少価値を増しているのでしょうか。

言葉遣いがきれい

日本語は、一人称、二人称が複数あるほか、謙譲語やら尊敬語、男言葉、女言葉などまであり、うまく使いこなすのは、なかなか大変です。

さらにビジネスにはビジネスの使い方があります。

きれいなな言葉遣いとは、まずていねいに話すのが基本でしょう。

先日、通販のコールセンター勤務の女性が、プライベートで自分から電話をかけた相手でも最後に「お電話ありがとうございました。」と言ってしまうのが悩み、と話していました。

あまりていねいすぎても気持ち悪くみられてしまいます。

言葉遣いにすぐれた人のまねから入るとよいでしょう。

きれいな言葉遣いは、大幅に好感度アップが狙えます。

優しい

かなり昔に放送された、印象の深い番組がありました。

一般主婦の方がインタビューを受けていただけのもので、それも以下のようなたわいのない内容です。

その人は、女の子が欲しかったのそうです。

しかし最初に授かった子は男の子でした。

彼女はそのときはひどくショックを受けたそうです。

インタビュアーがどうしてですか?と尋ねると、女の子はやさしいから、と答えていました。

それは筆者にとって驚きのコメントでした。

そのとき、ああ女性も、女性のやさしさを求めることがあるのだ、ととても意外に感じたのものです。

男性はやさしい母が人生の基盤となっており、そのイメージをかぶせるように、身近な女性に優しさを求めます。

女性にもそういう傾向があることはわかりませんでした。

つまり女性の優しさとは、全人類の希求してやまない普遍的価値と言っていいのではないでしょうか。

さりげなく気遣いができる

さりげなく気遣いができる、というのはきわめて日本的な価値観です。

大陸の女性たちは、奉仕に対しては、しっかり見返りを要求してきます。

はっきりと評価してあげなければ、後々長く尾を引くことになります。

それに比べて、さりげなさを重んじる日本との美意識の差は明白で、これは世界に誇りたいところです。

そうした意味からも日本の清楚な女性たちを絶滅に追いやるわけにはいきません。

何しろ地球でも他文明の女性にはほとんど見られないないのですから。

マナーを守る

筆者は長く中国でくらしていたため、中国人女性たちの恐ろしいふるまいを幾度も目にしています。

人目を引く美女が、レジや行列に割り込んできたり、つばを吐いたり、ミニバイクで急に止まったと思ったら、そこにゴミをぶちまけたり、エピソードは数限りありません。

バナナを食べながら出勤してきた強者さえいました。

第三者の目にどう映るか、と考えることで、行動が制約されることはないのです。

日本人女性がモテる理由は、こういうしつけが行き届いているところにもあります。

マナーを守る女性には、隠れファンが多くついているものです。

姿勢正しい

清楚な女子の姿勢の良さ、とくにピンと伸びた背筋は、周囲の空気を引き締めます。

将棋の女流棋士に、清水市代女流六段という人がいます。

かつての女流棋界の第一人者で、今でもタイトル獲得数はナンバーワンです。

彼女はその対局姿勢のしさで有名でした。

背筋はまっすぐに伸び、凛とした雰囲気があり、辺りには気品が漂いました。

失礼ながら人目を引くような美人ではありませんが、その姿勢の良さと気品は多くの人を引き付けました。

あるインタビューで、なぜそんなに姿勢がよいのですか、と聞かれたとき、両親のしつけのおかげで、とても感謝している、というように答えていました。

褒められたことが多かったのは、間違いありません。

ふとした動きがキレイ

清楚な女性はふとした動きでも、周囲を魅了することができます。

ピンと通った背筋は、他の動作へも大きな影響を及ぼします。

動きにキレが出るからです。

その姿は若々しく弾んでいます。

そして周囲に心地よい緊張感をもたらします。

周囲の人たちの視線を一身に集めてしまうからです。

逆に猫背の人は、手足がバラバラに動くようなイメージになり、キビキビ感やリズム感がありません。

動きにキレがなく、年より老けて見えます。

ものを落としたとき

清楚な女性は、ものを落として拾うときの所作でも、周囲を魅了します。

少し恥ずかし気な表情と、足をそろえた優雅な動作のコラボレーションは、何度でも繰り返し見たいと思わせます。

清楚な女性は、こうした日常でも十分勝負ができるのです。

何ら肌を露出することなく勝負の形に持ち込める、これこそ理想的な女性の姿と言えるでしょう。

座り方

先に紹介した清水市代女流六段の話にまた関連しますが、女流棋士は大変です。

男性の棋士は、対局が始まってある程度時間が経つとあぐらになります。

これは決して行儀の悪いことではありません。

逆に腰を入れて読みふけっている、などと好意的に表現されます。

しかし女流棋士はあぐらになるわけはいきません。

せいぜい横に足をくずす程度です。

この姿勢でも品よく、形の決まっている必要があります。

雑な動作はすぐに不快感を与えてしまいます。

男性棋士は靴下に穴さえ開いてなければいいそうです。

やはり男と女では、注目度がまったく違うことがわかります。

清水女流六段は両親のおかげで、これを難なくこなし、敬意を集めることができました。

食事の仕方

先日あるバラエティー番組で、女性大食いタレントついて分析を行っていました。

それはなぜギャル曾根だけが10年以上も命脈を保っているのか、その原因についてです。

その結果を見ると、彼女だけは、確かに他の大食い女子たちとは違っていました。

皿やテーブルを汚さないよう、細心の注意を払って食べていたのです。

VTRで比較すれば一目瞭然でした。

このこと一つで視聴者の好感度がまったく違うということが、明らかになったのです。

食事の仕方はトータルの印象形成に大きく関わり、タレント生命までも左右していました。

笑うとき口に手を当てる

笑うときに口に手を当てるしぐさは、これも極めて日本的なものです。

他の国や地域の女性は、思い切り口を大きく開き歯を見せて笑います。

おしとやかな動作はプラスになる、という美的感覚はあまりありません。

日本人女性は海外で圧倒的な人気を誇りますが、その理由は自己主張が激しくないところにあります。

さらにこうした日本流の美しい所作も、人気の秘密になっているのではないかと思います。

その反面、日本人は歯並びが悪いから、それを隠しているのでは、と思っている外国人もいます。

国際的なシーンでは、あまり大げさにならないようにした方がいいかも知れません。

悪口を言わない

男性から見ると、女性は秘密を守ることができないと映ることが多いものです。

世間話の中で簡単にもらしてしまうイメージが強くあります。

たいていの男性はそれでひどい目にあった経験があるからです。

男性は、ついうっかりではなく、公私の範囲の違い、考え方の違いによる本質的な差ではないか、との疑念を抱えています。

逆にそういう疑念を感じさせない女性は、簡単に信頼を得られるのは間違いありません。

人の悪口を言わず、口が固いことは素晴らしい長所です。

ワガママを言わない

美人と話をしていて、見てるだけの方が良かった、と後悔するのは、無知とワガママに思い切り接したときです。

以下はワガママの思い出です。

かつて同僚に、婚約者のマリッジブルーによる被害を聞かされました。

そのカップルは社内恋愛で、積極的にアタックをかけていたは女性の方と見られていました。

首尾よく婚約にこぎつけ、彼女にとっては万々歳のはずでした。

それが結婚間際になってマリッジブルーとかで、彼にしばしば暴力をふるっていたというのです。

もともと人気のなかった彼女の評判は最悪レベルに堕ちました。

結婚退社するつもりだったとはいえ、仕事を続ける男の方はかわいそうです。

彼は女を見る目のない男の評判をとってしまったのです。

そして2年も経たないうちに、同業他社へ転職していきました。

笑顔が素敵

清楚な女性は、待ち望まれている存在です。

日本中に拠点をもつ大企業でも、清楚な美人が入社したという噂は、たちまち全事業所に拡がります。

彼女はまず看板となる笑顔を持っていることでしょう。

ほとんどの人が魅了される高いレベルのものです。

こびへつらいにない、つくりものを感じさせない、パーフェクトな笑顔です。

営業スマイルや、怒り、うそにまみれた企業戦士にとっては、一服の清涼剤の作用をもたらします。

大人しい

日本人は、何を考えているかわからない、と外国人はよく言いいます。

表情に乏しく、感情を押さえているように見えるからです。

女性の場合、これは神秘的なものとしてとらえられることも、まれでは
ありません。

自己主張が激しくない大人しい印象、これは気品を感じさせ、日本女性の世界的人気の源泉となっています。

日本社会においても人気の本質に変わりはありません。

️清楚な女性の魅力とは?

清楚な女性には、すがすがしい、それでいて周囲の空気を引き締める作用をもたらします。

清涼感と心地よさが両立しています。

男子にモテる

清楚な女性は、男性人気ナンバーワンです。

具体的な生々しい存在というより、個々の好みを超越した先にあるイメージに近いものです。

男性たちの間では、高値の花のままでいてもらいたい、という気持ちで覆われています。

へたな恋愛にまみれていてほしくないのです。

おのずと落ち着くところに落ち着くのはかまいませんが、愛憎劇には出てきてもらってはイメージが崩れ、心理的に困るのです。

彼の親ウケがいい

清楚な女性は、彼氏の親ウケも抜群です。

人はみな平等、職業に貴賤なしなどとは建前にすぎません。

誰でも息子の嫁は、水商売より一流企業のOLの方がいいに決まっています。

そして色気たっぷりのセクシー系よりも、清楚な女性の方が好ましいのもまた明白です。

適度な「いいとこのお嬢さん風」こそ、お嫁さんの永遠の理想です。

純粋そう

女性が純粋な心を失うのは何歳ころなのでしょうか。

もちろん人により、恋愛経験、社会体験の多寡によりさまざまでしょう。

可憐と思える涙も、年齢を重ねるとともに、すべて意図をもった戦略に変わっています。

たとえ中身は大人の打算ばかりになってしまっても、純粋そうなたたずまいは保っていてほしい、というのは男性の願いです。

清楚な女性は、そうした期待を裏切らないでいる女優とも言えます。

【純粋な人については、こちらの記事もチェック!】

努力できる

清楚な女性には、力みはありません。

何事にもさりげないすがすがしさが売りです。

不幸や苦労などあまり背負っていてほしくない存在です。

純粋に仕事に打ち込んでいる方が望ましいのです 。

人気ドラマ「科捜研の女」はすでに第15シリーズまで続いていますが、初期の第1シリーズから第4シリーズまでは、主人公・榊マリコ(沢口靖子)の肉親がよく登場していました。

独身のマリコに対して結婚を勧める定番のパターンも普通にありました。

しかしその後は、ひたむきに犯人を追及する姿一本に絞られます。

沢口靖子の男性ファンは、彼女が恋愛で悩む姿など見たくなかったのです。

けなげに仕事に打ち込み、努力する姿だけで良かったのです。

これは現代の清楚な女性に付け加えられたイメージなのかも知れません。

真面目さがある

清楚な女性が、あまりぶっ飛んでいてもらっては、周囲が混乱してしまいます。

コメントができなくなるような行為は困りものです。

できれば適度なひたむきさを感じさせ続けてほしいものです。

それには真面目な努力家であるイメージが、望ましいところです。

実際にそういう人は少なくないのではないでしょうか。

信用される

清楚な女性は、何かにつけ高い信用度をもっています。

それはこんな奇麗な人がそんなことをするはずはない、という周囲の思い込みから発しています。

女のウソなどという艶っぽさからは、遠く離れた地点にいてほしいものです。

そうしたイメージを傷つけない限り、信用力の落ちることはないはずです。

大人っぽい

清楚な女性は、落ち着いた大人の印象を与えます。

軽薄なところが挙措にも言動にも、どこにもないからです。

それにくわえて豊かな感受性を保持しつつ、みずみずしい印象を与えてくれなければなりません。

文字にすると難しい要求のようにも見えますが、清楚な女性は、これがさりげなくできているものです。

️男子ウケNo.1の清潔系女子!

清楚な女性は、男性パートナーを選びたい放題に選べるでしょう。

疑いの余地はなく、男子ウケNo.1です。

嫌われることもまずあり得ません。

何しろ男性にとって永遠にそのままの姿で置いておきたいイメージなのです。

一般の女性の誰もがなれるわけではありませんが、そのイメージに近づくことは可能です。

身のこなしや言葉遣いは後天的なものですから、身に付けることは十分できです。

今の女性たちは、簡単におっさん化してしまうなど、自由になったとはいっても、周囲の影響を無防備に受けすぎてしまうきらいがあるようです。

強い意志を持って清潔系No.1女子を目指してみてはどうでしょう。

きっと投資に見合ったリターンが得られると思います。