自尊心という言葉は、心理学的に言うと、自己に対して一般化された肯定的な態度のことを指すそうです。

これでは日常使われている言葉の解説としては少しとっつきにくい感じがします。

もっと特徴をとらえた言い方では、自尊心とは、他人からの評価ではなく、自分が自分をどう思うか、感じるかである、というものがあります。

こちらの方がしっくりきます。

そして自尊心は、自分で育むもので、自分や他人と戦うものではない、ということです。

自尊心が高じすぎた人という評判は他人からのものですが、自尊心そのものは基本的に自分のものです。

また傲慢とも似て非なるものです。

自尊心は、生きていく上で必要欠くべからざるものです。

しかし傲慢はその限りではありません。

ただし自尊心が高くなりすぎると、さまざまな障害があらわれます。

ここでは主にそういうケースについて考察していくことにします。

️自尊心が高い人ってどんな人だろう

あの人は自尊心が高い、とは日常会話でも普通に出てきます。

それでは自尊心の高い人とは、どのようにしてそう判断されているのでしょうか。

自尊心そのものは、自分の持ちもの以外の何ものでもありません。

しかしその表れ方の評価基準は社会にあるということは言えるでしょう。

もっと具体的に言えば、それは周囲にいる知人、友人などごく近い人間たちによる見方のことです。

そしてあの人は自尊心が高いという場合、その評価は人によってあまりブレていることはなく、意見は一致をみることの方が多いようです。

それはこれから見る特徴で明らかなように、自尊心の高い人とは、比較的分かりやすい存在だからではないでしょうか。

️そもそも自尊心とは?


そもそも自尊心とは何でしょう。

自尊心という名詞で表されることの多い自己肯定の感覚は、人格形成や情緒の安定のため非常に大切なものと考えられています。

自尊心の高い人の分析はこの後詳しく考察しますので、ここでは自尊心の低い場合についてふれておきましょう。

自尊心の低い人は、自分の価値を見出せず、自分を好きになれないでいて、精神的にふらついています。

そして何事においてもネガティブな反応が多くなっていきます。

自分にはできない、と決めつけたり、すぐに自己否定、自己嫌悪に陥ってしまいます。

他人を嫉妬し、嫉妬に疲れ、無気力に至ることもしばしばあります。

これらはさまざまな依存症や摂食障害などの原因ともなっていきます。

こうした災厄までいたる可能性まで考えれば、自尊心を保つことがいかに大切なことか、よくわかります。

自分を大切にする心

自尊心とはまず自己肯定の感覚であるということです。

それは何かといえば、自分を大切にする心に由来するものです。

これは2つの要素からなっているそうです。

一つめは、自分が有能であるとするいわゆる自信です。

二つめは、自分に価値があるとする自尊です。

これらは相互に関連し影響し合っています。

そしてそのどちらにも大切な意味が含まれているのです。

自分の言動に自信を持つ心

自分の能力に自信があれば、それはおのずと言動にも表れてくるようになります。

しかしこれは言行一致していることが前提です。

こうあってほしい、またはこうありたいという理想をかかげてスタートすることは必要でしょう。

しかしそこから発展せず、あまり仮想現実のままで留まったままでいると、それは危険です。

出発点から間違って、根拠のない幻の自信になってしまうでしょう。

周囲と目線を合わせながら、現実的に修正を加えていくことが大切です。

他人の干渉を受け付けない

自尊心は、一定のレベルで維持されるべきものです。

地球が太陽から適度な距離、いわゆるハビタブルゾーンに入ってければ、多彩な生命を育む”命の星”を維持できないのと同じです。

自尊心があまり高くなりすぎてしまうと、他人の干渉は一切受け付けない、といった帝王の雰囲気をまとうようになります。

そうなると人は寄って来なくなってしまうでしょう。

やがて情報過疎地に追いやられ、裸の王様化が一気に進んでいくことになります。

つまりプライドのこと

プライドの意味はたいていの辞書に、自尊心、自負心、誇り、と出ています。

多少誇りという面が強くあらわれますが、日本語の理解では、概ね重なっているといってよいでしょう。

また自分に価値があると考える自尊を、前面に押し出している状態とも言えます。

これに対して英語では自尊心はSelf-esteemといい、Prideとは区別されています。

最大の違いは自尊心は自信に由来していますが、プライドは劣等感に由来しているというところです。

自尊心は自分の存在そのもに価値を置いているのに対し、プライドは他者との比較において自分を上または下に感じるところから始まります。

そのためプライドの高い人は、自信のなさがばれないよう、強くふるまったりすることが多くなるそうです。

そして傲慢にまでつながるのは自尊心ではなく、プライドということです。

かなり両者の融合してしまっている日本語のニュアンスとはかなり違っています。

ここでは参考程度にとどめておくことにましょう。

️自尊心が高い人の特徴22選

自尊心を育むのに一番効果のあるのは、達成感を得ることだと言われています。

親からほめられてうれしかった、そのことによって自信を得た。

さらに自ら企図したことが成功し、達成感を得た。

これは、自尊心が次のステージに進んだということでいいのでしょう。

さらに自分を肯定的に受け入れ、他人を尊重するようなところまで達すれば、自尊心の役割としてはほぼ完成です。

しかしあまり高すぎてしまうと、いろいろと弊害が出てきます。

以下自尊心の高い人の特徴についてみていきながら、弊害について考えていきましょう。

自分が好き

自尊心の高い人は、自分を愛でる気持ちが強くなりがちです。

こうした自己愛の強い人は最近とみに増えているそうです。

日本社会では次第にハラスメント行為がカットされつつあります。

無理強いされるようなことは減り、多様性が認められやすくなったのは確かなように思います。

その分お節介な人や行為は減少してしまいました。

その結果、かえって一人でいる時間が長くなってしまった人もいることでしょう。

その状態にどっぷりとつかり、さらに自己愛に浸っていると、ナルシシズムやパーソナリティ障害などへと進む可能性も十分考えられます。

度を超えた自分好きは戒めるべきでしょう。

負けず嫌い

自尊心は負けず嫌いの心を引き出します。

これはトップレベルのスポーツマンなど勝負を競う人たちにとっては、大変重要な要素です。

特に一流と呼ばれる人たちは、過剰なくらいこれを持っています。

少し辟易させられることさえあります。

しかしスポーツマンたちには、目標があり努力もしています。

それに対して何の裏付けもなく、ただ負けず嫌い発言が続くだけでは、周囲の人にとってはただ耳障りなだけです。

何も達成できないうちに終わってしまうでしょう。

こだわりを持つ

自尊心の高い人は、何かにつけ強いこだわりを持っているようです。

その分ちゃらんぽらんなイメージはなく、筋はしっかり通っているように見えます。

こだわりは、むしろ職人気質や、ストイックな傾向につながりやすいところでしょう。

しかしこれは、融通の利かないマイナスイメージとも紙一重です。

うまく自負心との折り合いをつけたいところです。

頑固者

自尊心の高い人は、柔軟性に欠け、頭の固いイメージが強いものです。

メンタルの鍛錬も十分できていないように見えます。

議論を戦わせるブレインストーミングなどは苦手としていて、できれば避けるようにしているのかも知れません。

その結果、固定観念からはなかなか脱却できないことが多いようです。

こうした頑固者の特性には老いも若きも関係なく、世代間のギャップはありません。

いつもどこかにいるものです。

とにかく頭の柔軟性を維持するように注意を欠かさないようにしましょう。

保守的

自尊心の強い人には、何事にもとらわれず自由な生き方をするタイプは少ないようです。

自由奔放な生き方は受け入れられず、世の中の権威は概ね承認しています。

こうしたどちらかと言えば保守的な人が多いのは間違いなさそうです。

彼らは世の権威と自分との距離には敏感に反応します。

しかし同じ保守的な価値観を持つ人以外とは、うまく交流することができません。

世の中の基準から逸脱した人は、どう扱っていいかわからずとまどってしまうようです。

自由な発想の人とは根本的に、相容れないのでしょう。

傷つきやすい

自尊心の高い人は、困難をはね返す精神的タフさを備えているように見えていても、実はそれほどでもないことが多いようです。

つまり見かけによらず情けないわけです。

意外と傷ついて落ち込んでいる時間も多いように見受けられます。

こういうときは、へたになぐさめたり、関わりを持たないない方がよいでしょう。

あちこちに張られているプライドの網、心の立ち入り禁止区域に踏み込み、地雷を踏んでしまいかねません。

臆病

自尊心を高く掲げすぎた結果、傷つきやすくなっている人はたくさんいるようです。

彼らはむずがった子どもに近いところがあります。

臆病で何事に対しても踏み込み欠いています。

サラリーマン社会では、臆病にしていた方が失敗をするリスクを犯さないで済みます。

それを処世術としている人はあちこちにいます。

積極的に手を上げたばかりに、新しい仕事を任され、それに失敗して主流から傍流へということはよくあるケースだからです。

臆病こそ生き残る秘訣だ、とはゴルゴ13が何度も強調しています。