CoCoSiA(ココシア)

薄い顔の4個の特徴

薄い顔の4個の特徴のイメージ写真
ここのところ流行りの顔といえば「塩顔」と呼ばれる薄い顔の人達です。

かつては濃い顔の人が人気の時代もありましたが、2013年あたりからはディーンフジオカさんに坂口健太郎さんが突如として現れ、世の女性陣のハートを鷲掴みにしています。

そんな今を彩る薄い顔の人たちにはどんな特徴が隠されているのか、薄い顔の男性・女性それぞれにはどんなメリットがあるのか、彼らの共通点に迫ります!

この記事の目次

薄い顔の4個の特徴

薄い顔の人もそれぞれ違いがあるのですが、共通しているところもたくさんあるんです。

一体どんなところが共通点・特徴なのでしょうか。

1、透明感

透明感がある薄い顔の人
薄い顔の人の特徴といえば「透明感」です。

顔の作りがただ単に薄いだけでなく、透き通るような清潔感が感じられます。

芸能人の中でも透明感が最もあるといわれているのは「綾瀬はるかさん」、業界で働くヘアメイクさんや、現場で実際に会ったことのある人たちがこぞって「綾瀬はるかの肌は凄い」と絶賛しています。

清潔感を感じられる顔

透明感もそうですが、より彼らに共通しているのが「清潔感」です。

薄い顔の人は顔の作りが薄いというだけで、「汗をかかなそう」とか「臭くならなそう」と清潔なイメージを持たれるのが大変得です。

毛深い人や顔の作りが濃い人はちょっと汗をかくだけで、なんとなくべとべと感が漂ってしまいますが、薄い顔の人は少しくらい汗をかいても、まだまだ爽やかなイメージで通せてしまうのです。

2、一重か奥二重の目

一重か奥二重の目の薄い顔の人
薄い顔の人に多いのが一重か奥二重の目です。

特に多いのが一重、薄い顔で一重のイケメンに見つめられると、ついつい「自分が彼女だったけ?」と思いたくなるくらい幸せな気持ちになってしまいます。

クールさと優しさのギャップを感じる

なぜ一重か奥二重の目の薄い顔がかっこいいのか、それは彼らがクールさと優しさのギャップを兼ね備えているからです。

クールな薄い顔といえば、ディーンフジオカさんがいますが、ディーンさんの性格はというと、つんけんしていて怖いというよりも、物腰が穏やかで優しいイメージです。

クールな外見と優しい内面が合わさる時、これって女性が理想とする男性のタイプの一つになるんです。

事実彼は世界各地で頻繁にボランティア活動に参加しており、世界の恵まれない子供たちや貧困に喘ぐ日本の子供たちをサポートするというとても優しい心の持ち主なんですよ。

3、フェイスラインが綺麗

薄い顔の人はヘアスタイルを短めにカットしていることが多いからか、フェイスラインがはっきりと見えるケースが多く、フェイスラインがシャープで綺麗なイメージがあります。

坂口健太郎さんなんかは、薄い顔と骨格が良いバランスで生かされていて、一見「ひげとかも生えなさそう」なんて思ってしまうくらい爽やかです。

スッキリとした輪郭

「どうして薄い顔の人はフェイスラインが綺麗なのか?」それはスッキリとした輪郭が際立っているからです。

薄い顔の人にもぽっちゃりさんがいるはずですが、なんとなく薄い顔の人=スリムなイメージの方が先行してしまいます。

4、色白

薄い顔の人はほぼ全員が「色白」です。

透明感のある肌で、ニキビや傷は一つもない、眉毛は薄目で、鼻は普通もしくは小さめ、目や唇は小さい人もいれば、大きい人もいます。

印象が薄く感じる

薄い顔の人はほとんどの要素で得をするのですが、1点だけ得をしない箇所があるんです。

それは「印象が薄く感じられてしまう」というデメリットがです。

人気俳優の星野源さんは今や大人気俳優のお一人ですが、どこか影の薄さを感じてしまう人のひとりです。

星野源さんといえば、今や取り飛ぶを落とす勢いですが、彼は2012年12月22日にくも膜下出血で一時活動を休止していました。

復帰は約1年後の2013年2月28日。

J-WAVE「TOKYO HOT 100 CHART OF THE YEAR」授賞式で復帰を果たします。

その後星野源さんは大活躍することになるわけですが、その途中でこんな大変な目にあっていたとは、知らない方も多いのではないでしょうか。

星野源さんは「あまり苦労せずに人気者になった」と思っている人も多かったと思いますが、実は彼はこんな大病を乗り越えていたのです。

薄い顔が好まれるワケ

それにしても、なぜここ数年は薄い顔の人がこんなにも好まれるのでしょうか?