時代が変化し、女性の社会進出が進んでいるけれど、やはり結婚に憧れる女性が減ることはありません。

結婚をすれば名前が変わり、妊娠・出産で体型が変わるなど女性は数えきれないくらいの変化を経験しながら人生を送っていきます。

きっと男性が思っているより、女性の人生は複雑になっているのです。

結婚が決まった女性は、嬉しさや楽しさの満ち溢れ幸せいっぱいの時間を過ごるでしょう。

ただ、幸せだけではなく大きな不安も感じる時があるでしょう。

そんな不安な気持ちが込み上げてきてしまう事をマリッジブルーと呼びます。

比較的女性に多く見られるマリッジブルーとは一体どのようなものなのでしょうか。

今回は、マリッジブルーになる人の12個の特徴と、その解決策をアドバイスしていこうと思います。

女性が陥りやすいマリッジブルー

そもそも結婚できるからなれるマリッジブルーは独身女性からしてみたらそれすらも幸せの表れのように感じてしまうけれど、マリッジブルーって男性でも女性でもなる人はなるんですよ。

だた、比較的マリッジブルーの陥りやすいのが女性なんです。

ホルモンの影響ではなく、急激に自分の生活が変化する結婚は、女性の人生の中でも1大イベントと言えるでしょう。

自分の姓が変わり、ライフスタイルが変わり、今まで培ってきた事を覆されることもあるでしょう。

結婚すればそんな見えない不安ばかりの気がしてしまうのです。

ですから、結婚を控えた幸せの絶頂と思える女性でも、なんだか気持ちが沈んでしまう人がいるのです。

マリッジブルーとは?

マリッジブルーを調べると結婚を控えた人が間近に迫った結婚生活に突然不安や憂鬱を覚える、精神的な症状の総称である。和製英語。と出てきます。

自分を産み大事に育ててくれた家族と離れ、新しく自分で家族を築きあげていくことへの不安や寂しさが溢れ出てきてしまう結果、感情に波が出てしまい気分が明るくなったり、とても落ち込んでしまうことになったりと、周囲もどう扱えばいいのか困ってしまうような状態を指します。

男性でも結婚することへ不安を感じることがりますが、きっと女性の方が敏感にその変化を感じ取っているのかもしれません。

結婚前に出る症状

もし、結婚相手や友人がマリッジブルーの状態になってしまったら、その気持ちをより理解してあげたいと思いませんか?

マリッジブルーのマリッジはそのまま”結婚”という意味です。

結婚前になりブルーな気分になること、そのままなのですがある統計ではマリッジブルーを経験したことがある女性は70%以上にもなると言われています。

では、ブルーな気持ちとはどんなことなのでしょう。

マリッジブルーと一言で言ってもその様子は様々です。

マリッジブルーになってしまった女性が感じるブルーな気持ちを細かく上げてみましょう。

不安

結婚によってすべてのサイクルが変化します。

また生活スタイルが変化して、自分が好きなように行動していたことから2人で生活することで崩れてしまうことも増えるでしょう。

自分にそんなことが出来るのか、自分は結婚して誰かの為に何をすることが出来るのかなど不安が付き無くなってしまうことでマリッジブルーに陥ることがあります。

最近では、デキ婚も珍しくない時代になってきています。

そんな女性は自分は、出産の不安や自分が母親としてきちんと育児出来るのかなどの不安も出てきます。

そんな事も重なり、自分のキャパがオーバー気味になってしまうとマリッジブルーになってしまうのです!

落ち込み

結婚は人生でそう何度も経験することではありません。

自分の選択が間違っていなかったのか、もっと他のタイミングの方が幸せになれたのかもしれないと様々な想像をしてしまうと、幸せなはずなのに気持ちが落ち込んでしまうことがあります。

また、もしかしたら自分はこの人ではなかったのかも…と気持ちが滅入ってしまったりするとどんどんブルーになっていくのです。

結婚前には、式の段取りを決めたりと忙しくあまり幸せを実感している時間を持つことが出来ないからかもしれません。

バタバタと進んでいく話に気持ちが追いつかなくなってしまうのでしょう。

憂鬱感

憂鬱な気持ちは日常でも感じる時があるでしょう。

なんだかパッとしない毎日や楽しみを見出せないとき、人は憂鬱さを感じませんか?

結婚が決まったのに、その先の楽しいことが明確に見えていなかったり、相手に任さ身を委ねた結婚だとなんだかモヤモヤと煮え切らずに結婚前になり憂鬱さを感じることがあるのです。

もっとこうだったら…やっぱりこうしておけば…などいろいろ考える時間があるからこそマリッジブルーになってしまうと言えるでしょう。

憂鬱さは、自分の結婚への見方を変える事で解決に近づくのではないでしょうか?

絶望感

結婚が決まることで、それまで恋愛モードから一変、急に冷静になってしまうのも女性ならではの特徴ではないでしょうか?

恋愛しているころは、相手のすべてが素敵に感じダメな部分は気にしないように付き合うことが出来ます。

付き合っているときは会わない時間もあり自分の自由も確保でき適度な距離で相手を見ているので、魅力的な部分しか目に入ってこないのです。

いざ、結婚が決まったとたん冷静を取り戻し、一生を共にする相手がこの人で大丈夫だったのかと絶望感が溢れてきてしまうのでしょう。

私は、結婚は恋愛とは全く別モノだと感じます。

どんなにいい人でも一緒に一生暮らす人となると好きだけでは成り立たないことが山ほど出てきます。

絶望を感じるのは、恋愛に夢中になり冷静になることが出来なかった人が多いのではないでしょうか。

嫌悪感

結婚が決まった2人にはいきなり結婚式という大きなイベントを主催しなければなりません。

今まで何度も大きなイベントを自分で主催すると言った経験はあまりないはずです。

女性にとっては。

憧れのウエディングドレスを着れて、自分が一番お姫様になれる1日なので、気合の入り方も男性に比べかなり増している事でしょう。

ですが、自分ばかり結婚式の打ち合わせで忙しくパートナーはあまり協力的でなかったり、全てを任されてしまうことで、不安やストレスがピークになるとそれが嫌悪感に変わってしまうのです。

結婚式の準備をする事によって、相手の性格が見えてしまい2人が共に助け合うことが必要になる結婚生活にすら、不安を感じるのです。

もっと強力的になってほしいと感じたり、なんで私ばかりがこんなに頑張らなければならないのかと嫌気がさす気持ちは、女性の多くが感じることなのでしょう。

後悔

結婚が決まったとたん、親戚へのあいさつや式についてなど急激に忙しくなります。

結婚式が終わって色々落ち着いた後にやっと幸せを実感したなんて友人の話を聞いたことがあるくらい目まぐるしい生活がしばらく続きます。

そうなると改めてやりたい事が見つかってしまったり、もっとこうしておけば良かったなど後悔がどんどん浮かんでしまい、マリッジブルーに陥ってしまう人がいます。

けれど結局、どの道を選んでも人は後悔をすることでしょう。

結婚すると決まってからは、忙しくなることで心に余裕が無くなってしまう事があるせいで、後悔を感じやすくなってしまうのかもしれません。

恐怖

結婚までは自分のスタイルを確立し、それが基盤になる生活を送ることが出来ていたでしょう。

ですが結婚をすることで住居が変わったり、誰かの為に何かすることが増えるでしょう。

ライフスタイルの変化はまだ見ない未知の部分です。

まだ知らないことに不安や恐怖を感じるのは誰かれ少なからず経験することでしょう。

自分のことを優先してきた生活から一転し、別の人間をするというのは簡単そうに見えて案外大変なのかもしれません。

自分にはそんなことが出来ないと恐怖を感じることもあるのでしょう。

結婚は誰でも初心者ですからもっと気楽に構えることが出来ればいいのすが、それもなかなか難しいものなのでしょう。

マリッジブルーになりがちな人の特徴

女性の誰もがマリッジブルーになるわけではなく、実際70%以上の人と言うだけでマリッジブルーを経験しないまま幸せだけを味わっている人が30%近くはいるのも現実です。

では、マリッジブルーを経験しない人とマリッジブルーに陥ってしまう人では、どんな差があるのでしょうか。

ここからは、マリッジブルーになりやすい人や、マリッジブルーになりがちな人の特徴を紹介していきます。

マリッジブルーで悩んでいる人、またはパートナーがマリッジブルー気味な人はよくチェックして今後の対策に生かしていきましょう!

ネガティヴ思考

もともとネガティブで何をするにも、悪い方向に考えやすいタイプの人は他の人に比べると比較的マリッジブルーに陥りやすいでしょう。

いい方向に考えることが得意ではないので、心配性だったりいつも失敗した時のことを考える癖があるので、結婚してライフスタイルが変化することに対しても、プラスに考えることが出来なくなってしまうのです。

ネガティブ思考な人は、環境の変化に弱くストレスを感じやすいこともマリッジブルーになりがちな人の特徴なのかもしれません。

心配性

マリッジブルーかもと思っている人は心配性なのではないでしょうか?

ネガティブ同様、心配性な人は自分が結婚後どうなってしまうのか見えていないことが心配に感じやすいため、結婚が決まるとなんだか落ち着かずマリッジブルーになってしまう可能性が高いでしょう。

結婚したあとの生活や、子供が出来たら、出産後の働き方など心配なことが尽きない結婚生活は心配性な人からすればかなりストレスとプレッシャーが多いのではないでしょうか。

計画的に決められることは決め、生活の中でも家事炊事などの分担をきっちり決めるなど想像しやすいように工夫するだけでも、心配なことが減り少しは気持ちが落ち着くかもしれません。

責任感が強い

結婚を避ける人は責任を持つことを嫌がる人が多いのです。

結婚は独身時代とは違い責任が多くなるのが当然ですよね。

男性なら家族を支える収入の基盤となることや、女性なら家庭のことや育児を担いながら尚且つ、仕事をして旦那の負担を減らすなど。

自分が独身時代に、好きに遊び趣味に使うことが出来た時間やお金も結婚すれば自然と減っていくことでしょう。

だた、そう聞くと結婚することのメリットが見えずらくなってしまうのです。

責任感が強い事はとても良い事なのですが、かえって責任を負担に感じしまうことにもなります。

独りよがりにならないように気を付け、パートナーとも助け合う事を忘れないことが大切です。

あれこれ考え込む

マリッジブルーになりやすい人は物事を考えこんでしまう性質があります。

結婚したい人や、結婚願望がある人は相手のことを考えたり結婚後はどうなるか想像したりしますよね。

だた、それは妄想に過ぎないのも確かなのです。

恋は盲目と言いますが、正直相手の事でも見落としがちな部分はかなりあすはずです。

いざ、結婚が決まると元から考えやすいタイプの人はさらに深くいろいろと考えてしまうことがあります。

収入面のこと、家族構成のこと、歳を取れば住居のことなど、理想と現実のギャップなどが見えてきたりするとそこからマリッジブルーに陥ることがあるのです。

考えこみやすいタイプは真面目な人が多く、行動するより先にきちんと目的を見つけないと動けないといった特徴があります。

結婚生活は1人ではなく二人三脚でするものなので、1人で考えるより2人で考えるよになれるとマリッジブルーからも抜けやすいのではないでしょうか。

環境の変化に弱い

環境が変わると慣れるまでとても気を張ってしまうタイプは、結婚後の環境が変わる事に対してストレスを感じてしまうことがあり、マリッジブルーになりやすいと思われます。

慣れない所でも、気負いせずマイペースさを維持できる人なら環境が一変する結婚でもそのまま自分らしく生活をすることが出来るのですが、環境の変化を受け止め上手く順応出来ないとストレスが重なりケンカにもなりがちで全てが嫌になってしまうのです。

繊細な人は環境をなるべく変えないような新婚生活遅れる様にパートナーに相談してみるもの大事になってくるでしょう☆

プレッシャーを感じやすい

結婚に対してプレッシャーを感じていませんか?

結婚後の責任やこうなるべきと言った理想を持っている人は、それに近づこうと気持ちが先走ってしまうことがあります。

プレッシャーを一人で感じてしまい、それが重荷になるとマリッジブルーのような状態が続いてしまい結婚後の幸せを想像できなくなってしまうのです。

結婚について思い責任を感じるようなタイプだと、どんどんプレッシャーが大きくなり押しつぶされてしまいます。

結婚のことばかりを考え過ぎないほうが、プレッシャーも減らすことが出来るでしょう。

彼に不安がある

男性のタイプによっても、結婚前に感じることが変わってきてしまいます。

自分の価値観とパートナーの価値観の違いがはっきり分かってくるのが、結婚式の段取りを決めている時などです。

何度も足を運びスタッフと細かい打ち合わせをしたり、次回打ち合わせまでに決めなければいけないことなど…選択することが多いのに時間に限りがあるのが結婚式で、案外そこで相手と自分の好みが違ったり、なかなか話がまとまらずにイライラしてしまうなど問題が発生するものです。

そうなると、自分が選んだ相手なのにこれから先が不安になってしまったり、彼で大丈夫なのかわからなくなってしまったりします。

こんな状態がしばらく続けば、大抵の女性なら憂鬱になってしまのもしょうがないような気がします。

マリッジブルーに陥った理由は案外誰でも経験するようなことなのかもしれません!

プロポーズされた側

結婚が決まって嬉しさが爆発しているのは、どちらかと言えばプロポーズをした側なのではないでしょうか?

一世一代の告白に、万が一断られたらどれほどショックか計り知れませんよね。

相手の温度が上昇すればするほど、案外プロポーズされた側は冷静になってしまうことがあるのかもしれまんせん。

この人はなぜ自分を選んだのか、彼は私で本当に良いのだろうか?

など勝手にいろいろ考えてしまったりすることでマリッジブルーになってしまうのでしょう。

同じような熱量になることが結婚する2人には大切なことなのかもしれません。

マリッジブルーの解決策とは?

プロポーズの後に、もしあなたの大切なパートナーの様子が変だと感じたらそれはマリッジブルーになっている可能性が高いでしょう。

パートナーがマリッジブルーになりやすいタイプがどうかチェックしたうえで、マリッジブルーに近い様子ならしっかり解決するように頑張ってみましょう。

確かに、マリッジブルーが一生続くわけではないのですが、気持ちが落ち込みやすい状態では、幸せな結婚式も出来ないですし、なにより2人の関係にヒビが入ってしまうかもしれないのです。

自分がマリッジブルーだと感じている女性も、彼との幸せを100%実感しておかないと後々後悔するかもしれないですよ!

2度と来ない婚前の幸せな時間を無駄にしないように、ここからはマリッジブルーの解決策をアドバイスしましょう!!

自分の選択に自信を持つ

まず、自分に自信を持つことが大切です。

そして自分が選択した道を信じましょう。

どの道を選んでも後悔しない事はないのが人間です。

でも、その中でもっとも自分が幸せになれる道を選択出来たと思う気持ちがなければ、どんな相手でもどんなタイミングをでも幸せを実感することは難しいでしょう。

数ある出会いとよく言いますが、私は違うと思います。

人は決められた出会いの数が存在し、悲しい経験も楽しい経験も悔しい経験もどれも実は自分が選択して生きてきているのではないでしょうか?

それを積み重ねて生きてきたのだから、きっと今回の選択も間違っていなかったと信じてみてください^^

彼を心から信じる

パートナーを心の底から信じることもとても大切です。

お互い好き同士が結婚をするのだから信じるのは当たり前ですが、付き合うとは別格の結婚を選択することは、他人と一生を添い遂げるという覚悟が無いと出来ないはずです。

だた、最近ではデキ婚もあり勢いで結婚に至るカップルが急増しています。

また、しっかり付き合ってから結婚を決意するカップルでも、本当に何があっても信じることが出来るでしょうか?

案外、他人を信じるというのは、最初から成せることではないのかもしれません。

それなりに時を過ごすからこそ、家族のように信頼することが出来るのでしょう。

誰でも不安があるのは当然ですが、結婚を決めたらまず心から彼を信じてみることも大切でしょう☆

前向きに捉える

不安や心配なのはきっと誰でも一緒です。

結婚を何度も経験している人でもきっとその度新しい発見をしていることでしょう。

みんな最初は分からないことや、どうすれば上手くやれるかなど考えていることでしょう。

そんな中でも、物事を前向きに捉えられる人はマリッジブルーにならずに済みます。

どんなことでも、楽しめるような心の余裕を持つことや、距離感を大事にして相手を尊重出来るようになれれば、きっと結婚後も夫婦仲良く生活していくことが出来るでしょう。

やる前から何でも悲観的になっていては、幸せが遠のいてしまいますよ!!

楽しい結婚生活を想像する

結婚は墓場と男性が口にする場面を目撃しますが、それではあまりに本人も相手の方も可愛そうですよね。

結婚がどれほど素晴らしいか、大袈裟なくらい幸せなことを想像してみるもの良いのではないでしょうか。

独り暮らしの独身時代ではあり得ない、帰宅した家に待っている人がいることの温かさや、一緒に過ごす休日のまったり感など、今まで1人では体験できなかった楽しみや幸せが結婚をする事で体感できるのはとても素晴らしいことです。

結婚した人しかわからない幸せを、これからずっと味わえると思うときっとマリッジブルーになっている事が馬鹿らしく思えてくるでしょう。

友人に話す

もし、マリッジブルーになっているかもと自分自身が不安になってしまうなら、友人に話を聞いてもらう事も解決に繋がるかもしれません。

特に、既婚者に自分の思っていることを存分に吐き出し、先輩としてアドバイスや助言が貰えればきっと心強く感じることでしょう。

やはり人生の先輩は、自分が今まさに経験していることを数年前に経験している人もいるのです。

また、同性に聞いてもらえるだけで気持ちがラクになることもあるでしょう。

結婚は人生の大きな選択であり大イベントでもあります。

デリケートな時期だからこそ自分のキャパを越えてしまう事はよくあるはずです。

話せる人がいるのなら、どんどん甘えてもいいのではないでしょうか^^?

両親に相談する

人生の先輩でもあり、また夫婦生活の大先輩である両親を頼てみるのもいいのではないでしょうか?

自分が感じていることを正直に話せる相手であり、尚且つ愛情をもってあなたにアドバイスが出来る大人としては完璧な相手といえるはずです。

母親から結婚するときの話を聞いたりすれば自分が思っていたよりリアルな話を聞くことが出来るかもしれませんし、マリッジブルーになる気持ちをよく理解してくれるかもしれません。

夫婦とはどんなものなのか、きっと助言を与えてくれることでしょう。

夫婦のお手本が近くにいる事を忘れないで、どんどん頼ってみることで気持ちがラクになれるかもしれないですよ☆

彼とトコトン話し合う

やはり、結婚をするパートナーと最初から向き合うことが出来ずにいると、その後の関係にもひずみが生まれてしまう可能性が高いと思いませんか?

なんでこんな気持ちになっているのか、またどんなことが不安なのか彼とトコトン話をすることはとても大切です。

これから一生を一緒に過ごす相手ですから何でも言える関係を作る基盤として、マリッジブルーになっていることを正直に打ち明ける事で、彼もあなたの支えになろうとしてくれるはずです。

何でも最初が肝心と言いますが、結婚が決まった恋人はまた新しいスタートを切るのですから、改めて絆を確認するためにもお互い向き合うことをしてみましょう。

気持ちを書き出す

結婚が決まることで、嬉しさを感じつつ戸惑いも抱いてしまっているので、きっと自分の気持ちが迷子の様な状態になっているのかもしれません。

そんな時は頭で色々考えてもきっと答えを見つけるのはとても大変でしょう。

ですから分かりやすく自分が感じていることを紙に書き出してみることで、気持ちの整理が上手に出来るでしょう。

嬉しい気持ち、さみしい気持ち、感謝の気持ちなど、どんな些細な感情でも書き出してみましょう。

そして何か心に引っかかることがあるのなら、どうすれば納得できるのかなど考えてみると良いかもしれません☆

紙に書き出すことで、冷静になれ自分の気持ちを落ち着かせる効果があるでしょう!

考えすぎない

真面目なのはいいですが、いろいろ考えすぎてしまう事で返ってマリッジブルーになってしまう原因を作っているのかもしれません。

物事には慎重になるべき事と、考えてもしょうがない事がありますが、正直結婚につてい決心したのにもかかわらず、あれやこれやと考えていても話は終わりません。

結局何が正解か誰にも分からないのが結婚でしょうし、彼で良かった間違っていたのか、それを悟るのは自分が死ぬときではないでしょうか。

考えるのなら、楽しい新婚生活のことにしましょう☆

何もしない時間を作らない

最近暇な時間がありますか?

仕事と結婚式の準備ときっと今までにないくらいハードな時を過ごしていませんか?

身体と心がお疲れになっているせいでマリッジブルーのような状態に陥っている可能性もあるはずです。

何もしないで、ゆっくり寛げる時間を作る事も、結婚前の女性には必要でしょう。

自分が1番リラックス出来る時間を設けることで、新しくスタートを切るための心の準備も整っていくでしょう♪

またブライダルエステなどで、身体と心を癒す時間を取ると気持をリセット出来るかもしれません。

カウンセリングを受ける

カウンセリングと聞くと何だか、病んでいる人のような気もしますが、もう自分の手では負えないと感じるのなら、カウンセリングでプロの力を借りる事も大切です。

精神面で自分では気が付かなかったことを指摘されたり、どうやって気持ちを前向きに持っていけばいいのかなどプロのアドバイスはやはり的確ですし、きっと助けになってくれるでしょう。

誰にも打ち明けることが出来ずに悩んでいるのなら、時間を作ってカウンセリングを1度受けるだけでも心が晴れるかもしれません。

また、マリッジブルーは一時的なものなので通い続ける必要がないので、あまり神経質になる必要はないです!

一カ月我慢する

きっと結婚式が終わり、新婚旅行に出れば案外悩んでいたことが嘘のように気持ちが明るくなれるはずです。

結婚という新しい人生の1歩を踏み出すことにちょっとだけ戸惑っているだけで、その1歩を踏み出してしまえば楽しいがたくさん待っているのが新婚生活です☆

ですから、今はしんどいけれどとにかく1か月だけ我慢して過ごしてみるのも1つです。

ストレスがピークになる結婚式前は、もうヤダと放り出したくなるかもしれませんがそこでグッとこらえることで、その後彼と過ごす時間がさらに充実したものになるのです。

結婚式など招く方はとても大変ですが、後々素晴らしい思い出にもなってくれるはずです^^

マリッジブルーとうまく付き合っていこう

いかがでしたでしょうか?

友人がマリッジブルーになってしまった、または自分がマリッジブルーになっているかもしれないと思っても、1人で解消するのはなかなか難しいですよね。

でも、世の中の既婚女性の多くはマリッジブルーを経験しているのですから、自分だけが特別結婚に対して憂鬱になってしまっているという罪悪感を持つ必要はこれっぽちもないので安心しましょう。

それより、マリッジブルーに陥てしまっても上手にその気持ちを上げるような解決策を探してみることのほうが大切なのではないでしょうか^^♪

初めて登校する日、きっとドキドキやワクワクしつつも子供ならがらに緊張していたはずです。

結婚も同じように新しい事へのチャレンジですから、ドキドキやワクワク以外にも不安や心配があるのは当然です!

でも、結婚は1人でチャレンジするのではなく心強いパートナーが隣にいてくれます。

安心して大丈夫なのですよ☆

あなたがもしマリッジブルーになってしまっても、うまく付き合えることを願っています^^