CoCoSiA(ココシア)

別れたいと思ったら終わり!そんな時...(続き4)

11、身体を動かす

運動ってストレスを和らげるって知っていましたか?
運動をすると、脳内でストレスを軽減させて高揚感を与える物質が分泌されるんです。

それで、別れたことで辛い気持ちに押しつぶされそうになったり、思い出しては泣きたくなったりしたときに、ランニングなどをしにちょっと外の空気を吸いに行くのも効果的です。

運動をすることによって、気持ちがさわやかになって、考え方も積極的になれたりします。

失恋すると鬱っぽくなってしまいますが、軽い運動って鬱にも効果的なんですよ。

身体を動かすことで、別れたことばかりを考えずに済みますし、気持ちも切り換えられるので、落ち込んだ時にとてもいいんですね。

12、周囲にワザと言いふらす

恋人と別れたということはネガティブなことで、人には知られたくないと思うかもしれません。

でも、自分だけでその悲しみやストレスを抱えていると、どんどんと落ち込んでしまい、しまいには心と身体に悪影響を与えてしまうかもしれません。

それに、別れたことに気づいた周りの人が、こそこそとうわさしているようなことが耳に入ってくるのもとてもストレスになります。

それで、周囲の人にわざと「別れたんだ」ということを言うことによって、周りからストレスをかけられることを未然に防ぐこともできます。

それに、秘密にしていると自分にとってそのことがどんどんと重く重圧のようになってきますが、人に話すことで軽くなることもあります。

そして、話したことによって、自分が思っているよりもあなたへの理解者が多く、自分のことを気遣ってくれる人がいることに気づくかもしれません。

自分のことを理解してくれたり、味方になってくれる人がいるととても救われますよね。

それに、自分が打ち明けたことによって、いろいろな人の体験談などを聞く機会も増えたりして、自分の状況を客観的に見る助けになるかもしれません。

隠しているよりも、周囲の人に伝えて理解者と支えとなってくれる人を増やすほうが自分院とっても前に進むための助けになれることもあるんですね。

付き合う事より難しい別れる事


恋人を探しているときは、新しい出会意を見つけて、恋をして、両想いになって・・・と好きな人と付き合うこと自体難しいことだと感じますよね。

でも、実際付き合ってみるとそのあとにも、恋人との関係にはいろいろなことがあり、その関係をずっと続かせること自体も難しいことなのです。

もちろん、恋人がいると楽しくて幸せなことがいっぱいありますよね。

特に付き合う前にはそんな希望でいっぱいの気持ちで相手を見ていたことでしょう。

でも、現実問題、恋人と「別れたい」と思うこともあります。

でも、どうやったらあとくされなく別れられるのかわからなくて、グダグダと付き合っているということもあります。

でも、そんなグダグダな付き合いって、体も心も疲れるだけだったりしますよね。

付き合うこと自体より、恋人と別れることのほうが難しいし、気持ちの上でもストレスが大きいんです。

だから、一刻も早く決着をつけたいと思っているかもしれませんね。

別れ方によっては拗れる事も

別れる時って、以外とすんなりと終わることもありますが、場合によってはこじれにこじれて別れにくくなることもありますよね。

特に、自分と相手との間の気持ちのずれがあると、話し合いがうまく進まなかったりします。

もし、あなたが別れたいと強く思っていても、相手はあなたがいないとダメ!というように、絶対に別れたくない、と泣きつくこともあるかもしれません。

また、別れ話になったとたんに切り出したあなたが全面的に悪者のようにされることも。

そんなことも絶対のごめんですよね。

別れ話がこじれたり、長期化すると心身ともに大きなダメージを受けかねません。

出来れば傷付けず別れたい

さらに、こちらから別れ話を切り出すとしても、できるだけ相手を傷つけずに別れたいと思っているかもしれません。

もし、あなたのほうから猛アタックして付き合った相手だとしたら、こちらから別れ話を切り出すのはとても申し訳なく思うこともあります。

でも、このままズルズルと付き合い続けることにメリットがないのであれば、別れる選択をするのは間違いではありませんよね?
だから、できるならば相手も納得して、お互いに気持ちよく別れたいもの。

恋人のことを嫌いになったわけでもなく、でもお互いのことを思って別れを告げたいときにも、どうやったら相手を傷つけずにさよならができるかってかなり悩むところです。

良好な関係にも険悪な関係にもなる

恋人との別れを選択する、ということの理由にはカップルにしかわからない問題やそ人れぞれの理由というものがあることでしょう。

恋人関係を解消する、ということはやっぱりマイナスなイメージがありますが、別れてよかったということもたくさんあります。

恋人関係を解消したことによって、関係がちょうどいいバランスに戻ったり、お互いのこれからの人生のためになった、ということもあるのです。

だから、必ずしも別れるという選択をすることが二人の関係においてマイナスのことばかりではないはずです。

恋人としては解消して、それぞれがまた友人の一人として生きていく、という選択が二人の良好な関係にプラスになることだってあるのです。

でも、やっぱり恋人という特別な関係を解消することによって、後にはもう戻れないほど険悪な仲になってしまうこともあります。

特に、相手に依存しているような人は、その相手から拒絶されたことで、今までの愛情が一転し憎しみのような感情に変わってしまうこともあります。

自分がずっと悪者みたいにされるような、最悪の険悪ムードになるなんてかなりシンドイですが、相手によってはどうしてもそうなってしまい仕方ないない時もありますよね。

それで、恋人と別れるという選択をするということは、それぞれのカップルにとって、良好な関係になれることもあれば、険悪な仲になることもあるわけです。