あなたは今、恋人と別れたいと思っていますか?

付き合い始めのころは、楽しくて幸せでずっと一緒にいたいと思っていたかもしれませんが、だんだんと気持ちが変化してしまったかもしれません。

でも、そんなときにどうやって別れればいいのか、どうやって切り出せばいいのか、どうしたら自分も相手も一番傷つかずにさようならをすることができるのか、ということについてかなり悩むのではないでしょうか?
「別れたい」そう思ってはいても、実際にさようならをするのが難しいことって結構あることです。

そして、その後の気持ちの整理だって難しかったりしますよね。

では、今回は今の恋をどうやって終わらせることができるのか、恋人と別れたいときにするべきこと&その恋の忘れ方について12個のアドバイスを取り上げたいと思います。

12個の別れ方・忘れ方

別れ際というのは、その後の二人の関係、そして自分の心に残る思い出がどのようなものになるかに大きな影響を与えます。

だから、今回さよならを決意しているかもしれませんが、ただただ「さよなら」といえばすっきり二人の関係が終わるわけではありません。

ちゃんと、二人の関係が後々になってよい思い出として残るような終わり方をしましょう。

ということで、どうしたら一緒に過ごした時間をよい思い出にしつつ、お別れを告げることができるのでしょうか?
そして、恋人との別れという心も体もストレスを感じ、辛い時期にどうしたらそれを忘れて、また前向きに新たなスタートを切ることができるのでしょうか??

1、徐々に距離をおく

まず、「別れたい」と思ったらいっきに連絡を取らなくなるというのではなく、徐々に距離をとっていくという方法があります。

徐々に恋人との接触を減らしていくのです。

いきなり連絡を取らなくなると、相手にしてみれば突然のことなので心配して、もっと連絡をしてくることがあります。

それで、徐々に連絡の回数を減らしたり、自分からは連絡をやめることができます。

気持ちの距離をとるのです。

つまり、この徐々に距離を置くという方法は、フェードアウトしていくということです。

いつも彼・彼女の中には自分がいたかもしれませんし、自分にとっても恋人が中心にあったかもしれません。

でも、その恋人が生活の中で占める割合をこちらから少しづつ減らしていくことによって、相手は自分への気持ちがなくなっていることを察するのです。

この方法はよく相手を傷つけたくないと思う人が使う別れるときの手ですが、察しのいいお相手は恋人が徐々に距離を置き、二人の共有する時間が少なくなり始めるのがわかると、別れを意識し始めるわけですね。

事前にこちらの別れの兆しを察していると、恋人から別れ話をされた時も、突然に切り出された時より大きなショックやトラブルが少なくなるのです。

さらに徐々に二人の心の距離をとることで、自分も相手も、恋人がいない環境で冷静に自分を見つめる機会が生まれるわけです。

よく、離婚する夫婦がすぐに離婚をするのではなくて、別居をしてお互いに距離をとって冷静に考える期間をとることがありますよね。

そうすることで、「別れたい」とは思っていない相手も、「別れ」というイメージがわいてきて気持ちの整理を行いやすくなります。

突然に言われても、それを受け止める心の準備ができていないかもしれませんが、少しづつその兆候を感じていれば覚悟ができるんですね。

でも、この場合も注意が必要なのは、相手の性格のタイプによっては、このように徐々に距離をとっていることにすぐに気づいて、逆に執着心を燃やす人もいます。

つまり、冷静になるどころか、相手を絶対に自分から離れさせないようにもっとしつこくなったり、束縛しようとするわけです。

このような人が恋人の場合、こちらが少しでも連絡を取らなくなると、ものすごい量のメールや電話が入ることがあります。

この時に、自分の「別れたい」という意思が弱いと、相手のペースに流されて結局別れられなくなることもあるので、徐々に心の距離をとる場合にも、自分の中ではっきりとした「別れる」という意思を持っていることが必要です。

そして、この場合にははっきりと自分の今の気持ちを伝えることも必要でしょう。

2、別れたい意思をしっかり伝える

小賢しいことをしていると、関係がこじれると思う人は「別れたい」という意思をはっきりと伝えることがおすすめなんです。

これは、相手の性格や自分の性格にもよりますが、はっきりと伝えたほうがお互いにすっきりと別れられることもあります。

はっきりと、自分の今の気持ちと「別れたい」と思っている意思を伝えましょう。

やはり、伝えるのはメールなどではなく、顔を見て伝えるのが相手への誠意でしょう。

そして、なぜ別れたいのかということも理由をつけると相手に親切です。

相手は、あなたと別れたくなくて、いろいろな手を使って気持ちを変えさせようとするかもしれません。

そんな時に、自分の意志やなぜそう思っているか、ということがあいまいだと相手に言いくるめられてしまうこともあり得ますので、話す前にはちゃんと自分の頭の中を整理して、なぜ別れたいのか、という理由をはっきりさせておきましょう。

もし、頭の中がぐちゃぐちゃで整理できないなら、紙に書いてもいいでしょう。

紙に書くと考えが整理しやすく、自分の本当の気持ちに気づけたりしますのでおすすめです。

自分の意志がはっきりしているなら、相手にも冷静になって、そして親切な言い方で自分の気持ちを伝えやすくなりますよ。

そして、伝え方も重要です。

相手を責めるような言い方ばかりしていると、相手はとても傷つくし、さらに怒り出して話がもめることも多いでしょう。

別れたい理由を伝える時には、「あなたが~だから」とか「あなたの~に耐えられない」というような言い方ではなく、「わたしは~な人と一緒にいたい」「自分は~だから、あなたとは合わないと思う」というような、自分を主語にした言い方をします。

いつも「あなたが~だから」というような相手の欠点や嫌なところを言いたくなるかもしれませんが、そうすると相手は納得してくれなかったり、相手もあなたの嫌なところを言ってきて、ただの気分の悪い喧嘩で終わってしまうこともあります。

そうなると、お互いに傷ついてしまい、それがずっと後に残ってしまうかもしれません。

それで、相手を一方的に攻めたり、批判したりするのではなく、自分がどうなのか、という視点で話すようにして理由を説明しましょう。

そうすることで、誠実にでもはっきりと自分の意志を伝えられて、相手へのダメージも少なくすることができるでしょう。

さらに、自分の気持ちや意思を聞いてもらったなら、相手のいうこともちゃんと聞きましょう。

自分の主張がぶれてしまわないようにしつつも、相手に最後まで誠意をもって接することも忘れないようにすれば、あなたの気持ちや願いを受け入れてもらいやすくなります。

3、切り出すタイミングを見計らう

別れ話を切り出すタイミングも大切です。

別れ話はお互いに感情的になってしまうことも多いです。

でも、感情的になると本当の気持ちや理由が相手につたわらないまま、喧嘩してお別れという最悪の別れをする危険があります。

それで、お互いが冷静になって話せる時を選びましょう。

相手が仕事や学業ですごく疲れていたり、ストレスを感じている時にあえて別れ話をすれば、相手の心が爆発して相手もあなたも余計に傷つくことになりかねません。

さらに、恋人の自分への気持ちがかなり高まっているときに、急に別れを切り出すと、相手にとってはそのことに付いていけなくて、話がこじれることもあります。

それで、やはりお互いに気持ちが冷静になっている状態がベストです。

もし、相手が自分にまだまだ夢中だとおもうなら、まずはちょっとづつ距離を置いて、自分への依存性を薄くしていきましょう。

二人の関係がちょっと冷めてきたあたりに切り出すほうが話しやすいです。

さらに相手を傷つけたくない、と思う人は別れるしっかりとした理由もちゃんと用意できてから話し合いを持ち出しましょう。

それも、別れ話をするタイミングでちょうどいいのは環境の変化がある時です。

例えば、仕事の転勤や学業を理由にして、環境の変化とともに別れを切り出すのです。

そうすることで、二人が別れるのは自然なことだったりできるので、別れやすいとも言えます。

別れる理由を、相手のせいではないところに持っていける方法です。

仕事や学業などのしっかりとした理由があると、相手も納得しやすいですよね。

「しょうがない」という気持ちが生まれやすいわけです。

4、相手が別れたくなる事をする

相手を傷つけずに別れることを目的とするなら、相手から嫌われるようなことをして、相手が別れたくなるように仕向けるという方法もあります。

つまり、相手にその別れるという選択を選んでもらうようにする、ということですね。

この方法は、ちょっとクリアではない方法のように感じますが、どうしても相手も別れたいと思ってくれた上で別れたいというのであれば、使える手でしょう。

さらに、恋人はとてもプライドが高くて、自分が振られるということに耐えられないだろうという人もいます。

そのような人に自分から別れを切り出すと、話がかなりこじれたり、ストーカーのような行動や暴力さえもすることもありますので、相手から離れて行ってもらうことのほうがいいと思うかもしれません。

でも、相手が別れたくなる事をするってどうゆうことなんでしょうか?
まあ、それは相手によって人それぞれ何をされたら、恋人関係を解消したくなるか、ということによりますが、デートを毎回つまらないものにしたり、恋人らしいことをしなかったり、一緒にいても楽しいと思わせないことです。