あなたは今、恋人と別れたいと思っていますか?

付き合い始めのころは、楽しくて幸せでずっと一緒にいたいと思っていたかもしれませんが、だんだんと気持ちが変化してしまったかもしれません。

でも、そんなときにどうやって別れればいいのか、どうやって切り出せばいいのか、どうしたら自分も相手も一番傷つかずにさようならをすることができるのか、ということについてかなり悩むのではないでしょうか?
「別れたい」そう思ってはいても、実際にさようならをするのが難しいことって結構あることです。

そして、その後の気持ちの整理だって難しかったりしますよね。

では、今回は今の恋をどうやって終わらせることができるのか、恋人と別れたいときにするべきこと&その恋の忘れ方について12個のアドバイスを取り上げたいと思います。

12個の別れ方・忘れ方

別れ際というのは、その後の二人の関係、そして自分の心に残る思い出がどのようなものになるかに大きな影響を与えます。

だから、今回さよならを決意しているかもしれませんが、ただただ「さよなら」といえばすっきり二人の関係が終わるわけではありません。

ちゃんと、二人の関係が後々になってよい思い出として残るような終わり方をしましょう。

ということで、どうしたら一緒に過ごした時間をよい思い出にしつつ、お別れを告げることができるのでしょうか?
そして、恋人との別れという心も体もストレスを感じ、辛い時期にどうしたらそれを忘れて、また前向きに新たなスタートを切ることができるのでしょうか??

1、徐々に距離をおく

まず、「別れたい」と思ったらいっきに連絡を取らなくなるというのではなく、徐々に距離をとっていくという方法があります。

徐々に恋人との接触を減らしていくのです。

いきなり連絡を取らなくなると、相手にしてみれば突然のことなので心配して、もっと連絡をしてくることがあります。

それで、徐々に連絡の回数を減らしたり、自分からは連絡をやめることができます。

気持ちの距離をとるのです。

つまり、この徐々に距離を置くという方法は、フェードアウトしていくということです。

いつも彼・彼女の中には自分がいたかもしれませんし、自分にとっても恋人が中心にあったかもしれません。

でも、その恋人が生活の中で占める割合をこちらから少しづつ減らしていくことによって、相手は自分への気持ちがなくなっていることを察するのです。

この方法はよく相手を傷つけたくないと思う人が使う別れるときの手ですが、察しのいいお相手は恋人が徐々に距離を置き、二人の共有する時間が少なくなり始めるのがわかると、別れを意識し始めるわけですね。

事前にこちらの別れの兆しを察していると、恋人から別れ話をされた時も、突然に切り出された時より大きなショックやトラブルが少なくなるのです。

さらに徐々に二人の心の距離をとることで、自分も相手も、恋人がいない環境で冷静に自分を見つめる機会が生まれるわけです。

よく、離婚する夫婦がすぐに離婚をするのではなくて、別居をしてお互いに距離をとって冷静に考える期間をとることがありますよね。

そうすることで、「別れたい」とは思っていない相手も、「別れ」というイメージがわいてきて気持ちの整理を行いやすくなります。

突然に言われても、それを受け止める心の準備ができていないかもしれませんが、少しづつその兆候を感じていれば覚悟ができるんですね。

でも、この場合も注意が必要なのは、相手の性格のタイプによっては、このように徐々に距離をとっていることにすぐに気づいて、逆に執着心を燃やす人もいます。

つまり、冷静になるどころか、相手を絶対に自分から離れさせないようにもっとしつこくなったり、束縛しようとするわけです。

このような人が恋人の場合、こちらが少しでも連絡を取らなくなると、ものすごい量のメールや電話が入ることがあります。

この時に、自分の「別れたい」という意思が弱いと、相手のペースに流されて結局別れられなくなることもあるので、徐々に心の距離をとる場合にも、自分の中ではっきりとした「別れる」という意思を持っていることが必要です。

そして、この場合にははっきりと自分の今の気持ちを伝えることも必要でしょう。

2、別れたい意思をしっかり伝える

小賢しいことをしていると、関係がこじれると思う人は「別れたい」という意思をはっきりと伝えることがおすすめなんです。

これは、相手の性格や自分の性格にもよりますが、はっきりと伝えたほうがお互いにすっきりと別れられることもあります。

はっきりと、自分の今の気持ちと「別れたい」と思っている意思を伝えましょう。

やはり、伝えるのはメールなどではなく、顔を見て伝えるのが相手への誠意でしょう。

そして、なぜ別れたいのかということも理由をつけると相手に親切です。

相手は、あなたと別れたくなくて、いろいろな手を使って気持ちを変えさせようとするかもしれません。

そんな時に、自分の意志やなぜそう思っているか、ということがあいまいだと相手に言いくるめられてしまうこともあり得ますので、話す前にはちゃんと自分の頭の中を整理して、なぜ別れたいのか、という理由をはっきりさせておきましょう。

もし、頭の中がぐちゃぐちゃで整理できないなら、紙に書いてもいいでしょう。

紙に書くと考えが整理しやすく、自分の本当の気持ちに気づけたりしますのでおすすめです。

自分の意志がはっきりしているなら、相手にも冷静になって、そして親切な言い方で自分の気持ちを伝えやすくなりますよ。

そして、伝え方も重要です。

相手を責めるような言い方ばかりしていると、相手はとても傷つくし、さらに怒り出して話がもめることも多いでしょう。

別れたい理由を伝える時には、「あなたが~だから」とか「あなたの~に耐えられない」というような言い方ではなく、「わたしは~な人と一緒にいたい」「自分は~だから、あなたとは合わないと思う」というような、自分を主語にした言い方をします。

いつも「あなたが~だから」というような相手の欠点や嫌なところを言いたくなるかもしれませんが、そうすると相手は納得してくれなかったり、相手もあなたの嫌なところを言ってきて、ただの気分の悪い喧嘩で終わってしまうこともあります。

そうなると、お互いに傷ついてしまい、それがずっと後に残ってしまうかもしれません。

それで、相手を一方的に攻めたり、批判したりするのではなく、自分がどうなのか、という視点で話すようにして理由を説明しましょう。

そうすることで、誠実にでもはっきりと自分の意志を伝えられて、相手へのダメージも少なくすることができるでしょう。

さらに、自分の気持ちや意思を聞いてもらったなら、相手のいうこともちゃんと聞きましょう。

自分の主張がぶれてしまわないようにしつつも、相手に最後まで誠意をもって接することも忘れないようにすれば、あなたの気持ちや願いを受け入れてもらいやすくなります。

3、切り出すタイミングを見計らう

別れ話を切り出すタイミングも大切です。

別れ話はお互いに感情的になってしまうことも多いです。

でも、感情的になると本当の気持ちや理由が相手につたわらないまま、喧嘩してお別れという最悪の別れをする危険があります。

それで、お互いが冷静になって話せる時を選びましょう。

相手が仕事や学業ですごく疲れていたり、ストレスを感じている時にあえて別れ話をすれば、相手の心が爆発して相手もあなたも余計に傷つくことになりかねません。

さらに、恋人の自分への気持ちがかなり高まっているときに、急に別れを切り出すと、相手にとってはそのことに付いていけなくて、話がこじれることもあります。

それで、やはりお互いに気持ちが冷静になっている状態がベストです。

もし、相手が自分にまだまだ夢中だとおもうなら、まずはちょっとづつ距離を置いて、自分への依存性を薄くしていきましょう。

二人の関係がちょっと冷めてきたあたりに切り出すほうが話しやすいです。

さらに相手を傷つけたくない、と思う人は別れるしっかりとした理由もちゃんと用意できてから話し合いを持ち出しましょう。

それも、別れ話をするタイミングでちょうどいいのは環境の変化がある時です。

例えば、仕事の転勤や学業を理由にして、環境の変化とともに別れを切り出すのです。

そうすることで、二人が別れるのは自然なことだったりできるので、別れやすいとも言えます。

別れる理由を、相手のせいではないところに持っていける方法です。

仕事や学業などのしっかりとした理由があると、相手も納得しやすいですよね。

「しょうがない」という気持ちが生まれやすいわけです。

4、相手が別れたくなる事をする

相手を傷つけずに別れることを目的とするなら、相手から嫌われるようなことをして、相手が別れたくなるように仕向けるという方法もあります。

つまり、相手にその別れるという選択を選んでもらうようにする、ということですね。

この方法は、ちょっとクリアではない方法のように感じますが、どうしても相手も別れたいと思ってくれた上で別れたいというのであれば、使える手でしょう。

さらに、恋人はとてもプライドが高くて、自分が振られるということに耐えられないだろうという人もいます。

そのような人に自分から別れを切り出すと、話がかなりこじれたり、ストーカーのような行動や暴力さえもすることもありますので、相手から離れて行ってもらうことのほうがいいと思うかもしれません。

でも、相手が別れたくなる事をするってどうゆうことなんでしょうか?
まあ、それは相手によって人それぞれ何をされたら、恋人関係を解消したくなるか、ということによりますが、デートを毎回つまらないものにしたり、恋人らしいことをしなかったり、一緒にいても楽しいと思わせないことです。

さらに、相手の好まない恋人像を装って、相手の気持ちが冷めるのを待ちます。

そうすると、自分が別れ話を切り出すまでもなく、相手のほうから徐々に距離を取られるかもしれません。

でも、あなたのことを本当に好きな人であれば、ちょっとのことで別れるとは言いださないと思うので、その場合も、はっきりとあなたの気持ちを誠実に伝えるほうが手っ取り早いかもしれません。

5、周囲を味方に付ける

別れ話はふつう、二人だけでするもので第三者が関係することはないと思います。

でもこれが、相手がメンヘラだったり、暴力をふるうような人だったら、話は別です。

心に何かしらの闇を抱えていたり、メンタル面が弱く情緒不安定になる人の多くは、人に認められたい、愛されたい、という欲求が強いです。

その場合、恋人への依存が非常に強い時もあります。

そのような人に別れを切り出すと、かなり激しく落ち込んだり、あなたを一方的に攻めるようになったり、逆ギレしたりすることがあります。

恋人からフラれるということは、自分を否定されることと受け取ってしまうんですね。

それでもしあなたの恋人が、別れを切り出したら「自殺する」とか「殺してやる」とか、ストーカーのような行動に出そうな場合、関係を終わらせるために一人で取り組むのではなく、周囲に味方を作ってからのほうがいいでしょう。

この場合、周囲の人にはあらかじめ恋人の心配な点について相談しておくとよいでしょう。

信頼できる友人や、会社の上司、家族や親族などに相談しておいて、あらかじめあなたの理解者また味方になってもらっておくことが必要です。

さらに、恋人についてどんなことがあって心配しているのか、どんなことで別れを考えているのか、ということを日常的にメモしておくと、周りの人に説明したり状況を理解してもらうために役に立ちます。

6、自分が悪役になる

どうしても、別れを切り出したほうの人が悪役になることが想定されます。

カップルが別れるということは、どちらか一方が100%悪いということはほとんどありません。

そして、他人にはわからないような理由や原因というものがあります。

それで、別れを切り出したいと思っているあなたには正当でまっとうな理由があることでしょう。

でも、別れ話をするときには、相手からあなた自身が責められることも多いでしょう。

反論したり、怒りたくなったりしますが、ここで反論しては話がこじれるだけかもしれません。

それで、最初から自分が悪役になることを覚悟して「別れたい」ということを話すのも、相手と自分を守って話をスムーズに進めるために手段です。

相手を傷つけたくないと思っても、自分の意思をぶれさせずにいましょう。

自分が悪役になるのが嫌だと思っていると、あいまいなことだけを伝えて、はっきりと正直に「別れたい」ということを伝えることも理由を説明することもできないかもしれません。

そうなると、話はもっとこじれてけじめをつけられなくなってしまうかもしれませんので、いくら相手があなたを責めたとしても、自分が悪役になっても絶対に別れる、という決意をもって挑みましょう。

7、とことん失恋に浸る

自分から切り出したとしても、恋人と別れるのはショックなことだし、心に大きなダメージを与えるものです。

失恋というのは、大きなストレスですし、別れるまでも大変だったけど、別れてから寂しさやいろいろな思いでを思い返しては、涙を流す時が増えてくるでしょう。

でも、この涙を流すことって心を整理して、癒すためにはとっても大切なことなんです!
人は、泣くことで心を落ち着かせることができます。

そして、心の痛みやストレスを緩和させてくれるんです。

だから、自分から別れを告げたんだから泣くのはおかしい、なんて思って強がらなくていいんです。

だれだって、どんな理由があるにせよ、恋人との別れにストレスを感じ、心に傷を負うので、そんな時は処ん失恋に浸りましょう。

思いっきり、好きなだけ泣きましょう。

それが、新しく前を向いて生きていくための準備になります。

そして、少し落ち着いてきたら信頼できる友人などに、今回の出来事を話すのもいいでしょう。

だれかに一緒に今の失恋に付き合ってもらうことで、ずっと自分ひとりで抱え込んだり落ち込んだりしなくてよくなります。

8、思い出の品を全て捨てる

恋人からもらったプレゼント、恋人との楽しい思い出の写真、ペアリングや手紙など・・・手に取るとふっとあの時が思い出される品というものがありますよね。

別れていても、それを見るたびにあの時の感触とか、気持ちとか、においとかを思い出しちゃってとても辛くなる、ということがあります。

それで、もし何か思い出の品があると、気持ちを断ち切れない、気持ちが揺らぐ、もう一度会いたくなるということがあるのなら、全部捨てるのも一つの踏ん切りをつける方法です。

そうすることで、思い出を引きずって前に進めないということから、気持ちの面で自分を解放することになるかもしれません。

でも、思い出の品を捨てるということは、思い出を全部捨てるということではありません。

恋人と一緒に過ごした日々は、自分のかけがえのない人生の中の一つの大事な期間だったわけですので、それもナシにすることではありません。

ただ、いつまでも前の恋人との思い出の品を大切にとっておくことで、気持ちの整理がつかなくてずっと引きずって辛い思いをしているのであれば、「終わったんだ」ということをちゃんと自分に言い聞かせるためにも、品は捨てることもいいかもしれませんね。

9、徹底的に嫌いになる

別れたばかりの時は、時には後悔したり未練があって忘れられなかったりすることもあります。

だって一度は愛した人なので、そんなにすぐに忘れられないでしょう。

でも、別れを選んだのには理由があったはずです。

それで、相手と別れた理由をよーく考えて、いい面だけを思い出すのではなく、嫌いだったところ、負担だったところ、別れて正解だと思うところを思い出しましょう。

そうすることで、「あ、よかったんだ」と感じて楽になることもあります。

すぐに嫌いになることはないにしても、嫌いになることで後悔したり、別れた自分を責めたりすることが少なくなるでしょう。

10、新しい恋を始める

一つの恋が終わったことは悲しいことだったかもしれません。

でも、それはあなたのチャンスでもあります!
つまり、この失恋によってさらに成長した自分には、次の新しい恋の機会が巡ってくるのです。

新しい恋をすること以上に別れた恋人を忘れられる方法はないでしょう。

今は辛いと思うかもしれませんが、新しい恋をスタートさせれば、自分の中にまた新しい世界や感情というのものができてきて、吹っ切れるかもしれません。

恋人がいたら、新しい出会いには目が向かないかもしれませんが、恋人と別れた今、これからの出会いを思いっきり楽しんだり、そちらに目を向ける環境が整ったわけです。

それに、一つ辛い恋を経験したあなたは今までよりももっと自分のことも周りのことも見える大人に成長していると思うので、今度の新しい恋はもっと素敵なものにすることができるでしょう。

11、身体を動かす

運動ってストレスを和らげるって知っていましたか?
運動をすると、脳内でストレスを軽減させて高揚感を与える物質が分泌されるんです。

それで、別れたことで辛い気持ちに押しつぶされそうになったり、思い出しては泣きたくなったりしたときに、ランニングなどをしにちょっと外の空気を吸いに行くのも効果的です。

運動をすることによって、気持ちがさわやかになって、考え方も積極的になれたりします。

失恋すると鬱っぽくなってしまいますが、軽い運動って鬱にも効果的なんですよ。

身体を動かすことで、別れたことばかりを考えずに済みますし、気持ちも切り換えられるので、落ち込んだ時にとてもいいんですね。

12、周囲にワザと言いふらす

恋人と別れたということはネガティブなことで、人には知られたくないと思うかもしれません。

でも、自分だけでその悲しみやストレスを抱えていると、どんどんと落ち込んでしまい、しまいには心と身体に悪影響を与えてしまうかもしれません。

それに、別れたことに気づいた周りの人が、こそこそとうわさしているようなことが耳に入ってくるのもとてもストレスになります。

それで、周囲の人にわざと「別れたんだ」ということを言うことによって、周りからストレスをかけられることを未然に防ぐこともできます。

それに、秘密にしていると自分にとってそのことがどんどんと重く重圧のようになってきますが、人に話すことで軽くなることもあります。

そして、話したことによって、自分が思っているよりもあなたへの理解者が多く、自分のことを気遣ってくれる人がいることに気づくかもしれません。

自分のことを理解してくれたり、味方になってくれる人がいるととても救われますよね。

それに、自分が打ち明けたことによって、いろいろな人の体験談などを聞く機会も増えたりして、自分の状況を客観的に見る助けになるかもしれません。

隠しているよりも、周囲の人に伝えて理解者と支えとなってくれる人を増やすほうが自分院とっても前に進むための助けになれることもあるんですね。

付き合う事より難しい別れる事

恋人を探しているときは、新しい出会意を見つけて、恋をして、両想いになって・・・と好きな人と付き合うこと自体難しいことだと感じますよね。

でも、実際付き合ってみるとそのあとにも、恋人との関係にはいろいろなことがあり、その関係をずっと続かせること自体も難しいことなのです。

もちろん、恋人がいると楽しくて幸せなことがいっぱいありますよね。

特に付き合う前にはそんな希望でいっぱいの気持ちで相手を見ていたことでしょう。

でも、現実問題、恋人と「別れたい」と思うこともあります。

でも、どうやったらあとくされなく別れられるのかわからなくて、グダグダと付き合っているということもあります。

でも、そんなグダグダな付き合いって、体も心も疲れるだけだったりしますよね。

付き合うこと自体より、恋人と別れることのほうが難しいし、気持ちの上でもストレスが大きいんです。

だから、一刻も早く決着をつけたいと思っているかもしれませんね。

別れ方によっては拗れる事も

別れる時って、以外とすんなりと終わることもありますが、場合によってはこじれにこじれて別れにくくなることもありますよね。

特に、自分と相手との間の気持ちのずれがあると、話し合いがうまく進まなかったりします。

もし、あなたが別れたいと強く思っていても、相手はあなたがいないとダメ!というように、絶対に別れたくない、と泣きつくこともあるかもしれません。

また、別れ話になったとたんに切り出したあなたが全面的に悪者のようにされることも。

そんなことも絶対のごめんですよね。

別れ話がこじれたり、長期化すると心身ともに大きなダメージを受けかねません。

出来れば傷付けず別れたい

さらに、こちらから別れ話を切り出すとしても、できるだけ相手を傷つけずに別れたいと思っているかもしれません。

もし、あなたのほうから猛アタックして付き合った相手だとしたら、こちらから別れ話を切り出すのはとても申し訳なく思うこともあります。

でも、このままズルズルと付き合い続けることにメリットがないのであれば、別れる選択をするのは間違いではありませんよね?
だから、できるならば相手も納得して、お互いに気持ちよく別れたいもの。

恋人のことを嫌いになったわけでもなく、でもお互いのことを思って別れを告げたいときにも、どうやったら相手を傷つけずにさよならができるかってかなり悩むところです。

良好な関係にも険悪な関係にもなる

恋人との別れを選択する、ということの理由にはカップルにしかわからない問題やそ人れぞれの理由というものがあることでしょう。

恋人関係を解消する、ということはやっぱりマイナスなイメージがありますが、別れてよかったということもたくさんあります。

恋人関係を解消したことによって、関係がちょうどいいバランスに戻ったり、お互いのこれからの人生のためになった、ということもあるのです。

だから、必ずしも別れるという選択をすることが二人の関係においてマイナスのことばかりではないはずです。

恋人としては解消して、それぞれがまた友人の一人として生きていく、という選択が二人の良好な関係にプラスになることだってあるのです。

でも、やっぱり恋人という特別な関係を解消することによって、後にはもう戻れないほど険悪な仲になってしまうこともあります。

特に、相手に依存しているような人は、その相手から拒絶されたことで、今までの愛情が一転し憎しみのような感情に変わってしまうこともあります。

自分がずっと悪者みたいにされるような、最悪の険悪ムードになるなんてかなりシンドイですが、相手によってはどうしてもそうなってしまい仕方ないない時もありますよね。

それで、恋人と別れるという選択をするということは、それぞれのカップルにとって、良好な関係になれることもあれば、険悪な仲になることもあるわけです。

別れること自体がストレスになることなので、できることなら、その後に良好な関係を築けるような別れ方がしたいですよね。

別れ方は重要

恋人と別れる、ということは付き合うことより難しいということで、その選択がその後の二人の関係に大きく関係してくるんですね。

だから、できれば相手を傷つけずに別れたい、別れた後にずっと険悪な関係ではなくて、できるならある程度良好な関係でいられたらいいのに・・・と思っている人がほどんどではないでしょうか?
特に、自分から別れ話をするということ自体、ちょっと申し訳ないという気持ちが働くわけなので余計に、その後の自分と相手に与える影響を考えちゃいますね。

でも、別れる決定自体が自分にとっても相手にとっても今後のプラスになると思って別れたいと思っているのですから、ここはしっかりと自分の気持ちを受け止めていきましょう。

それで、大事なのは別れ方。

この別れ際の関係性が、その後の二人の関係と、今までの二人の思い出が自分の中でどう残るかに大きく関係してきますよ!

後の印象を大きく左右する

でも、どのように別れるかということで、それがかなりの傷になったり、二人の関係はもう最悪の険悪の仲になることもあります。

実際、別れた二人がその後も仲良くしていることってありますが、逆に顔を合わせることも、相手の話をすることもNGなくらいの関係になってしまっていることもあります。

それで、別れるときの関係性ってその後もずっと引きずっていくことになるので、できるなら、ぜひお互いが納得して、その後に会ったときにも笑い合えるような別れ方をしたいですね。

楽しかった思い出も台無しになる

別れ方によっては、今まで一緒に過ごしてきた思い出がずっと辛い思いでとして残ってしまう可能性もあります。

本当は、一緒にいた年月の中で楽しい思い出や幸せだったこともあったはずです。

その時には、このままずっとこんな関係でいたい、ずっとこのまま一緒にいられたらいいのにと思うほどだったことでしょう。

そんな風に感じられた時間というのは本当に貴重で人生のなかで宝物ですよね。

でも、最後の最後の別れ方によっては、そんなかけがえのない思い出も、思い出したくないほど辛いものになってしまうこともあります。

別れるときにお互いの気持ちがちゃんと通じていなくて、理解できずに、ずっと心に暗いものを引きずったままの人もいます。

上手な別れ方ができないと、楽しかったあの日々までがすべて思い出したくないほどの過去になってしまうなんて本当に残念ですよね。

できるなら、自分の中の大切な思い出として時々思い出せるような終わり方ができたらいいでしょう。