失恋は何歳になっても胸が苦しくなりますよね。

片思いの失恋も、未練の残る恋人との別れも辛さの度合いに強さも弱さもありません。

無理に明るく振舞っても、ことあるごとにキュッと締め付けてくるものがあります。

失恋のダメージから様々なことが手につかなかったり睡眠不足になったりすると仕事にも健康にも悪影響が出てしまいます。

そんな状況から早く立ち直りたいと思うのもよくわかります。

どうしたら過去のことにできて、思い出の一つになるのか、失恋から立ち直る期間と失恋からの上手な立ち直り方をご紹介します。

辛い辛い失恋から立ち直るためには?

相手の思う時間が長く、思い出や気持ちが強いほど失恋の痛みが心に突き刺さります。

失恋が辛いのには科学的な理由があります。

脳科学の実験によると、恋愛をしているときに出るドーパミンが興奮状態や幸せをもたらしており、失恋後もさらなるドーパミンを脳が渇望するために薬物中毒患者が薬を絶たれた時のような反応があるということがわかっています。

つまり、上手な立ち直り方にはこのドーパミンの扱い方を上手くやれば良さそうですよね。

では、立ち直るまでの期間や方法を具体的に見ていきましょう。

失恋から立ち直る期間

失恋から立ち直る期間は人それぞれです。

最短で次の日には元気になっている人もいれば、数年にわたって思い続けている人もいますよね。

一般的に、女性は失恋当日から数日~数週間程度は落ち込むもののその後は忘れ、男性は失恋当日から数日は明るく振舞うものの数日後に落ち込むというタイムラグがあるといわれています。

この違いは失恋後の考え方の差によるものです。

女性は即座に失恋したという状況の理解と対処に徹するため数日間はその作業中で落ち込むのですが、男性は即座に一時放棄します。

そのため数日間は明るいのですが、その間に次のドーパミンが出ることがなければ失恋と向き合わざるを得ず落ち込むというわけです。

基本は心が晴れるまで

失恋期間はここまで立ち直ったらおしまい、という明確なものはなく、基本は心が晴れるまでです。

対外的には立ち直っていても一人になれば落ち込んでしまうようであればまだ立ち直っているとはいえません。

うやむやにせず心が完全に晴れるようにしてあげたほうが心の状態が健康に保てます。

長くても1〜2ヶ月

平均的には長くても1~2ヶ月もあれば大体の人は立ち直ります。

どれだけ辛くても現実世界が待ち受けていますし、戻らぬ恋に心を奪われていても時間の無駄ですからね。

また、1~2ヶ月の間に日常生活の中で新たな刺激や他に考えなければならないことがたくさん出てくるので自然と失恋の傷が薄れていきます。

あるいは、失恋による喪失感や辛さが恋心によるものであればまだ失恋期間といえるでしょうが、かけてきた時間やお金への損失などを考えて怒りに変わってきたら立ち直ってはいなくても失恋の痛みとはいえないでしょう。

失恋から立ち直る期間が長引く人の特徴

長くても1~2ヶ月と記述しましたが、それ以上に長引く人もいます。

ではなぜそんなに長引いてしまうのでしょう。

創作活動に従事する人であればそれも経験として刺激になるのかもしれませんが、多くの場合、客観的に見てメリットがあるとは思えません。

本人が失恋の傷が長引いてしまって苦しんでいるときは、自ら長引かせる行為を無意識にしている恐れがあります。

その特徴を見て、もし該当するものがあれば止めてみましょう。

思い出に浸る

失恋したとはいえ、その経験が良いものであったと認識したいがために何度も幸せだったことを思い出すことがあるでしょう。

言ってみれば、失恋による損失をいままでの利益で相殺しようというわけです。

しかし、最初にドーパミンの話をしましたが、今はその恋愛でドーパミンを得ている状況です。

つまり、思い出を振り返ることでまた同じ相手との恋愛でドーパミンを求めてしまい、悪循環に陥っています。

これでは立ち直るどころか更なる幸福感を求めてより思い出を掘り下げて思い出したり復縁を望んだりし始めます。

復縁の可能性が高ければ努力するのも良いですが、限りなく低いかゼロであれば努力する時間も労力ももったいないので早めに別のことへ目を向けるのが賢明でしょう。

思い出の物や連絡手段、写真を残してる

思い出の物や連絡先とメッセージの履歴、写真などを通して思い出を反芻するたびに、そこである程度の満足感が得られてしまい、次に進めなくなってしまいます。

失恋が良い思い出になるのはまだずっと先のこと。

しかし、物が残っていると何度も濃い記憶が保存され続けるので悪い記憶まで一緒に残ります。

暇な時間が多い

暇な時間=失恋のことを考える時間、と捉えてください。

ここでまたドーパミンの話をしますが、なにも恋愛だけがドーパミンを分泌させるわけじゃありません。

ドーパミンは「報酬系」といわれる脳の部分から分泌されるのですが、喉が渇いたときに自販機を見つけただけで出ます。

運動や、バラエティを見て笑うこと、音楽を聴くこと、おいしいものを食べること、知らない道を歩くことなど、それ自体を楽しみにする刺激だけでもドーパミンは分泌することができます。

しかし、暇な時間が多いということはそれらの刺激を受ける生活を送っていないということになるため、直近で一番ドーパミンを得られていた恋愛にだけ固執してしまいます。

別れに納得していない

この感情はどちらかというと失恋による痛みというよりは、失敗への恥ずかしさや投資した時間やお金への損失に対する怒り、相手から拒絶されたことに対する恐怖である可能性が高いです。

恋人が浮気した末の別れであればなおさら怒りの感情でしょう。

これらが理由の場合は本質的には別にその相手に対してどうこう思うのではなく、自分の感情に目が向いている状況です。

自己肯定感の欠如ややる気を失わせます。

これを掘り下げると眉間にしわが寄ってくるので次の縁を呼びこまなくなりますから気を付けましょう。

恥ずかしさも損失も恐怖も過ぎ去ったものですから、目くじらを立ててもしかたありません。

自分で処理しようとしている

周りに愚痴を吐きだすでもなく、他のことに目を向けるでもなく真摯に失恋に向き合おうとする姿勢は立派なものですが、あまり効果がありません。

そもそも失恋による辛さは薬物中毒患者の薬切れみたいなものなので、変な話、他の薬物を摂取するしか方法がないのです。

またこの姿勢を貫こうとすると自然と思い出に浸りがちになりますから良いことはありません。

早く失恋から立ち直る方法

失恋は辛いですが、時が経てば甘酸っぱい思い出となり、スパイスのように人生経験をより豊かなものにしてくれます。

失恋を知る者と知らない者では、他人と共感できる範囲に差が出ますし、映画や小説の楽しみ方も変わってきます。

友人が同じ辛さを味わうときにも手助けしてあげられるでしょう。

失恋期間が長引く特徴を把握したところで、具体的な立ち直り方法を見てみましょう。

気が済むまで泣く

辛いときには自然と涙が出るものですが、自然と出るからには人体の反応として自然な行為であり、効果が全くないと考える方が不自然です。

涙が出るなら流しっぱなしにした方がいいでしょう。

無理に止める必要はありません。

脳の研究者が推奨するように、泣くことは高い抗ストレス効果があります。

生活リズムの乱れや失恋などのストレスによってセロトニンの分泌が弱まると鬱状態になりやすいのですが、涙を流すことによってセロトニンが増え心のバランスが保たれるようになります。

また、悲しみを和らげ鎮静作用をもたらすエンドルフィンの増加、免疫力を下げるストレス物質であるコルチゾールの排出など、涙を流すことは心身ともに健康へ導いてくれます。

また効果が高いのは感情による涙ということなので、共感できたり感動したりする映画や小説で泣ききるのも手です。

誰かに肯定してもらう

失恋は相手から拒絶されるダメ―ジを負うため自己肯定感が下がりがちです。

その際に自分だけで自らの良いところを探そうとしても説得力に欠け、なかなか自己肯定感や自信を取戻すのが難しくなります。

そこで、信頼できたり尊敬している誰かに肯定してもらいましょう。

「今から私の良いところを存分に褒めて」と依頼しても構いません。

信頼や尊敬ができる相手からの褒め言葉は素直に嬉しく感じられる上、孤独感も打ち消してくれます。

要求を伝えないまま愚痴るのはNGです。

相手も真剣故に辛辣なことを言われるかもしれず、余計に落ち込みかねません。

最初からどうしてほしいのかを伝えて肯定の言葉をもらいましょう。

運動して汗を流す

運動によって出るサラサラとした良い汗にはダームシジンという抗菌成分が含まれており、肌の黄色ブドウ球菌に効果があります。

また、毒素の排出や肌のターンオーバーを正常化する作用もあるため体の健康を回復させます。

また、運動することで血行がよくなるだけでなく、脳細胞が増えて活性化します。

疲労によって深い睡眠をとることもできます。

失恋によるストレスが引き起こす不眠や肌荒れは心の健康を損なうため、まずは体を整えることで心まで健康に持っていくという方法はとても効果的です。

屋外でのウォーキングやランニングによって知らない景色を見たり新たな発見をするなどの刺激も脳に良い影響があります。

自分磨きを徹底する


自己肯定感を取り戻すために自分磨きをしてみましょう。

エステにいって肌を整えたり、ネイルをしたり、髪を切ったりなど自己投資に時間とお金を使うようにします。

目に見えて自分に投資できたと感じると人は満足感を抱きやすくなり、外見が変われば気分も変わります。

例示したもののような、できるだけ早急に効果が感じられて成功を味わえるものがおすすめです。

お金をかけない場合は、徹底的な風呂掃除やキッチンのシンク磨きなどでも良いです。

成功体験を短期間で複数積み重ねることで自己肯定感を取り戻すことができます。

趣味に打ち込む

別のことで成功体験などを繰り返すことが良いと記載した通り、趣味に打ち込んで、その日に決めた目標を達成したら自分を褒めるなどもおすすめです。

そして、好きなことに熱中している間は脳も活性化していますから失恋に思考が飛んだりしません。

趣味は何か一つに打ち込まなくても、様々なことに興味を持ってやってみることに意味があります。

失恋したことを考えない時間が長いほど立ち直る期間も短くなるからです。

また、他人との交流もある趣味であれば新な出会いにもつながるかもしれません。

社交の場へ出かける

初めて会う人、様々な人と話をしなければならない場に自らを引っ張り出せば、その時間だけでも失恋の痛みを感じている暇はありません。

話題を考えたり気遣いをしている間に時間は過ぎていきます。

また、そこで知り合ったたくさんの人たちと連絡を取り合う時間が増えるので帰宅後も気が紛れます。

その人たちはこちらの失恋など知りませんから話題になることすらありません。

社交の場は出会いの場でもあるため恋愛に発展するような新たなつながりをもてれば一石二鳥です。

友人に愚痴る


愚痴ることはストレスにとって逆効果、という論もありますが失恋においては別です。

愚痴ることが効果を生まないのは、愚痴ったところで原因を解決できない場合であり、失恋においては解決するしないの問題ではないので、話すことで気持ちの整理をつけられる効果があります。

友人であれば失恋にいたる経緯なども知っていますから、おしゃべり癖のない信頼できる友人に思い切り愚痴らせてもらいましょう。

「今からめちゃくちゃ愚痴るからその後思いっきり笑い飛ばして!」とお願いすれば気持ちよく聞いてもらえます。

「それであんたはどうしたいのよ?」と思われては余計にストレスですから、ただ吐きださせてもらいたいことと、明るくなりたいんだということを伝えておきます。

ただし、愚痴をSNSに書き込むのはおすすめしません。

その時はスッキリしてもSNSは愚痴れるほど仲の良い人以外も見ていますから余波が大きく、いらぬ連絡や心配のフリをした野次馬を惹きつける餌になってしまいます。

大声を出す

大声健康法なるものが推奨されることもあるほど、大声を出すことはストレス発散になります。

ストレスで交感神経が働き続けて緊張状態を解けていない状況を、大声を出すことで交感神経の働きを抑えることで改善するというものです。

ストレスが軽減すれば副交感神経が優位になりリラックス効果がある他、血流なども良くなるので体の不調も改善します。

カラオケで叫ぶのもOK。

体に良いとされる腹式呼吸もできるのでおすすめです。

スポーツ観戦やフェス、ライブなど周りが楽しそうに叫んでいる場所に足を運ぶのもいいですね。

イメージチェンジ!

女性なら髪をバッサリ切ったり、メイクをガラッと変えたりとイメージチェンジしてみましょう。

「さよなら今までの私!」とばかりに思い切って外見を変えれば自然と心も変わります。

男性は髪やメイクを大きく変えるのはできずとも服装も変える方法があります。

相手から褒められてよく身に着けていた服などは捨ててしまいましょう。

どんなに好きな服でも思い出がよみがえったら気分よくは着れませんから持っていてもしかたありません。

フリマアプリなどで売り飛ばしてもいいです。

全然イメージの違う服を買ってみて新しい自分を発見できたらファッションの幅も広がります。

イメージが変わると寄ってくる人も変わります。

今まで好きな人の理想に合わせようとしていたのなら、自分がなりたい理想に合わせるのが良いです。

それを認めてくれる人との付き合いの方が長続きしますよ。

新しいことに挑戦

恋人がいるとなんとなく気兼ねして行けなかった温泉へ一人旅をしてみたり、ジムに入会しても良いです。

せっかく休日一人でいられるのですから解放されたと思って気になったたものや、やってみたかったことをなんでもやってみましょう。

片思いの場合も同じで、とにかく新しくて刺激をくれることにどんどん挑戦して恋愛以外のことで頭を埋め尽くすようにします。

簡単に挑戦できて効果があるのは料理です。

苦手な人は料理ができるようになれば外食を減らして健康的な生活ができるようにもなりますし、料理が得意な人はチャレンジしたことのない種類に取り組んでみましょう。

料理は頭と体を同時に使うほか、買い物のために外に出る必要もあるのでおすすめです。

思い出のものは捨てる!

思い出に浸ると失恋期間が長引くと記載した通り、思い出を甦らせる写真や、連絡先、今までやりとりしたメッセージなどは捨ててしまう方が立ち直りは早くなります。

冷静に考えてみてほしいのですが、連絡先を残す意味は何でしょうか。

片思いや付き合っていたなど相手との関係性にかかわらず、恋が終わった相手にこちらから連絡する場面が思いつかないはずです。

削除しても問題ありません。

また、メッセージや写真などを残しておいて、それを誰かに見せることがあるでしょうか。

自分で思い出に浸るためだけの存在ですよね。

それを見ながら「忘れられない」と傷ついても、それは忘れない努力をしているだけで自ら傷つきに行っています。

思い切ってまとめて捨てましょう。

ズタボロに切り裂いたりする必要はありません。

「今までありがとね」くらいの気持ちで物自体には感謝しつつ記憶を持っていってもらうのです。

時間に身を任せる

脳はいらない記憶を消していきながた新しいことを覚えていくので、失恋から立ち直るには経験することが増えて行く時間が必要となります。

失恋についてあまり考えず、時が過ぎていくのに身を任せるのが良い方法です。

時が過ぎて行く中ではあたらしい刺激や趣味、出会いなどが出来るため自然と失恋の出来事に目が向かなくなっていきます。

そうしている内に、恋を楽しんでいた良い思い出だけが残るようになるので、失恋自体も甘酸っぱい記憶となって人生経験のひとつになります。

失恋は良い思い出ではなくても、人に共感したり、映画や小説などの作品を楽しむには大切なものです。

無理矢理なかったことにする必要はありません。

何か具体的な立ち直り方法が思いつかない、自分に合う方法がなければ時が解決してくれるのを待ちましょう。

新しい出会いを探す

恋の傷は恋で癒せとよく言いますが、的を射ています。

ドーパミンの話の通り、新しい恋でドーパミンを出せばいいのです。

「とはいえ出会いの場がないよ…」という方は、出会いの場について後述しますので参考にしてみてください。

また、恋愛だけでなく自分にとって刺激になる新しい出会いも失恋から立ちなおさせてくれます。

新しい趣味で出会う人たちの話題や、尊敬できる人との出会いなど、自分をステップアップさせたり心を満たしてくれる人たちとたくさん時間を過ごしましょう。

ひたすら寝る

失恋するとストレスがかかるため脳は疲労しています。

脳を回復させるためには体より数倍の睡眠を確保する必要があるといわれています。

起きている間、脳は様々な情報を常に処理しており、寝ている間に日中に生じた記憶の整理をします。

いる記憶といらない記憶を振り分け、効率よく考えられるようにしてくれるのでとりあえず寝ましょう。

起きたら意外とスッキリします。

また、睡眠時に出る成長ホルモンは肌や内臓組織の再生を促すため寝ないでいると老け込んだり体調不良になったりします。

精神的に負担がかかっているところへ身体的な負担までかけてしまうと立ち直るのが難しくなります。

体のためにもちゃんと寝る心がけが大切です。

模様替えをする

恋人との失恋だったら模様替えをするのはかなり効果があります。

カーテンやベッドのシーツなどを変えるだけでもいいですし、思い切って家具の配置を一新するのも良いです。

そこかしこに残る彼との記憶を呼び起こしづらくしてくれます。

食器などを変えるのもアリです。

片思いの失恋でも、模様替えをしている間は失恋のことなんかよりも、新しい家具選びや配置などで考えが埋まりますし、模様替えができたときの達成感や嬉しさ、その後の生活がしやすくなるなど、たくさんのメリットによって心が満たされます。

引っ越しをすると気分が晴れるように、模様替えなどで住む環境を整えることは心を満たして新しい生活のスタートを切るにはとても良い方法です。

失恋から立ち直るために新しい出会いを!

恋愛以外の満足度が低い人や、恋愛自体が好きな人は新しい出会いを求めるのが立ち直るには手っ取り早いです。

新しい出会いがあれば自分磨きなどもしやすくなりますし、女性ホルモンも出るので今よりさらに綺麗になっていくことができます。

恋愛における新しい出会いを求めるなら、出会う相手も恋愛がしたいとわかっている場に出ていくことがおすすめです。

出会いの場は様々ありますがそれぞれメリットデメリットはあるので自分が今なにを求めているかで検討してみましょう。

代表的なものをご紹介します。

合コンする

合コンは友人の知り合いが来る場なので、完全なる地雷が来ない可能性が高く、安心して出かけていくことができます。

デメリットとしてはタイプでない人から言い寄られても断りづらいことでしょうか。

友人の顔に泥を塗らないようにと気遣う必要はあります。

ただ、たとえ好みではない相手からでも、興味をもってもらえたり好きになられたりすることは自信を持つことにつながります。

友人の知り合いなので恋愛に発展しなくてもグル―プで仲良くなることはできますし、さらなる知り合いを紹介してもらうこともできるかもしれません。

恋愛しなきゃと躍起になるより新しい人と出会えたことを喜んで楽しく過ごしましょう。

相席屋

相席屋には同性2人以上で行くのがルールです。

また、アプリをダウンロードしておくとメリットがたくさんあります。

まずアプリで予約できる他、各店のリアルタイムな男女来店比率の確認、クーポンなどがゲットできます。

中でも便利な機能は、相席した人とのチャットがアプリ上でできることです。

初対面で信用しきれず個人連絡先を送るのが不安でもアプリ上なならニックネームでのやりとりができます。

いざ相席屋についても心配は少ないです。

店側が配慮してくれるのが合コンとのメリットの違いです。

相手が苦手な場合はスタッフさんに伝えれば対応してくれたり、席替えシステムなどもあります。

また、盛り上がれるゲームなどがあるため会話はそこそこでも場がもちます。

女性は無料で食べ飲み放題なのも魅力です。

デメリットとしては、良縁を見つけるのはなかなか難しいところです。

これは男女の料金設定の問題が深く関わってきます。

女性の場合は無料で食べ飲み放題なので、出会いよりもそれ目当てで来ている人が少なくありませんし、男性はその分それなりの金額を払うのですが、それはお金を払ってしか女性と知り合えないような男性もたくさん来るということです。

あるいは、お金を払って打算的に会うような女性を遊び相手にしか考えていなかったり、中には既婚者すら居ますので要注意です。

そうは言っても、相席屋をきっかけにお付き合いが始まったり結婚した人もたくさんいるので初回の出会いとしては良い場所です。

良縁になるかどうかは自分次第なので前向きに出かけてみましょう。

クラブ・バー

ある程度コミュニケーション力に自信があるならクラブやバーに出かけてみましょう。

こういった場で初対面の人と話せる人は大体自信があってコミュニケ―ション力に長けた人が多いので楽しく会話をすることができます。

一方、クラブで知り合った女性を本命彼女にするつもりはないと回答した男性が75%というアンケート結果もあるので遊び相手を探すくらいに考えた方がいいのが実情です。

バーはともかく、クラブはノリの良さが大事な遊びの場なので本気の恋を求めている人よりはアバンチュール的なもの、恋愛っぽさを楽しみたいという人が多くいます。

バーについては最初に入店するときは出会いを求めない方がいいです。

静かに飲みたいというお客さんなのかどうかがわからないからです。

バーで出会いを求めるなら何度か通ってまずはマスターと話せるようになりましょう。

その内マスターを通して他のお客さんと自然に話せるようになります。

居心地が良く人柄の良いマスターがいるバーを探すことから始めるのがおすすめです。

あるいは何かコンセプトを持っているバーだと共通の趣味から話題が広がりやすくなります。

古い映画を流している映画好きのためのバーや、特定のアーティスト好きのマスターが営む店、鉄道や模型好きのためのお店など様々あるので好きな趣味がある人はそういったものを探すのも良いでしょう。

恋活アプリ

登録したプロフィールや写真からマッチングしてくれるアプリはたくさん出ています。

アプリで知り合った人と結婚したという人も少なくありません。

自宅にいながら合いそうな人を探せるので便利です。

ただ、使うアプリはよく吟味する必要があります。

恋活アプリの中には身分証明書や収入証明などプロフィールに嘘が無いかチェックしてくれるものがあったり、facebookなどと連動しているため架空の登録者、つまりサクラではないことを確認できるものなどがありますのでそういったものを選びましょう。

また、とりあえず恋愛を楽しみたいという人が婚活をメインにしているマッチングアプリに登録すると相手にとって失礼になる以上に面倒くさいことになるので恋愛がしたいなら恋活をメインに考えているユーザーが多いアプリにするのが良いです。

他にも年齢層別で使うアプリが異なっていたりもしますのでクチコミや登録者数、各アプリの分析などを検討材料にしましょう。

【おすすめの恋活アプリは、こちらの記事もチェック!】

大丈夫!失恋から立ち直る方法はたくさんあります(まとめ)

失恋から立ち直る方法を色々と見てきましたが、自分に合いそうなものはあったでしょうか。

この他にも失恋から立ち直った友人の話を聞いたり、何も考えなくていいようにゲームにのめりこんだりなどたくさん方法はあります。

とりあえずあれこれ試している内に失恋なんて良い思い出になっていくものですから気負わず気楽に様々なことを楽しんでみましょう。

また、失恋は振り返って後悔したり悩んだりしてもどうにもなるものじゃありません。

過ぎたことと受け止めて未来のことを考えた方が建設的です。

何もその人だけが素敵な人というわけではないし、恋愛以外だって世の中に面白いことはたくさんあります。

どうせ同じ時間が過ぎていくなら楽しんだ者勝ちですから他の人や物事に目を向けてみてくださいね。