CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

振られた後の立ち直り方と期間。彼女彼氏と別れてメンタルが弱ったら試してほしいこと


最愛の恋人との別れを経験したり、好きな人に振られることってありますよね。思いが大きければ大きいほど失恋の傷は深く、その分立ち直るのにも時間がかかるもの。何歳になっても失恋は慣れない方が大半なのではないでしょうか。落ち込んでいても仕方がないからと無理に明るく振舞ってみるものの、余計に精神的に擦り減って仕事もプライベートも上手くいかないこともしばしば。そこでこの記事では、振られた時の立ち直り方と吹っ切れるまでの期間について解説していきます。辛い時に無理をすれば余計にしんどくなるのは体も心も同じ。無理に元気なふりをするのではなく、自分の気持ちに向き合って傷を癒してくださいね。

辛い辛い失恋から立ち直るためには?


相手の思う時間が長く、思い出や気持ちが強いほど失恋の痛みが心に突き刺さります。失恋が辛いのには科学的な理由があります。

脳科学の実験によると、恋愛をしているときに出るドーパミンが興奮状態や幸せをもたらしており、失恋後もさらなるドーパミンを脳が渇望するために薬物中毒患者が薬を絶たれた時のような反応があるということがわかっています。

つまり、上手な立ち直り方にはこのドーパミンの扱い方を上手くやれば良さそうですよね。では、立ち直るまでの期間や方法を具体的に見ていきましょう。

失恋から立ち直る期間


失恋から立ち直る期間は人それぞれです。最短で次の日には元気になっている人もいれば、数年にわたって思い続けている人もいますよね。

一般的に、女性は失恋当日から数日~数週間程度は落ち込むもののその後は忘れられるでしょう。男性は失恋当日から数日は明るく振舞うものの、数日後に落ち込むというタイムラグがあるといわれています。この違いは失恋後の考え方の差によるものです。

女性は即座に失恋したという状況の理解と対処に徹するため、数日間はその作業中で落ち込むのですが、男性は即座に一時放棄します。そのため数日間は明るいのですが、その間に次のドーパミンが出ることがなければ失恋と向き合わざるを得ず落ち込むというわけです。

基本は心が晴れるまで


失恋期間はここまで立ち直ったらおしまい、という明確なものはなく、基本は心が晴れるまでです。対外的には立ち直っていても一人になれば落ち込んでしまうようであれば、まだ立ち直っているとはいえません。うやむやにせず心が完全に晴れるようにしてあげたほうが心の状態が健康に保てます。

長くても1〜2ヶ月


平均的には長くても1~2ヶ月もあれば大体の人は立ち直ります。どれだけ辛くても現実世界が待ち受けていますし、戻らぬ恋に心を奪われていても時間を無駄にしてしまいます。また、1~2ヶ月の間に日常生活の中で新たな刺激や他に考えなければならないことがたくさん出てくるので、自然と失恋の傷が薄れていきます。

あるいは、失恋による喪失感や辛さが恋心によるものであればまだ失恋期間といえるでしょうが、かけてきた時間やお金への損失などを考えて怒りに変わってきたら立ち直ってはいなくても失恋の痛みとはいえないでしょう。

失恋から立ち直る期間が長引く人の特徴


長くても1~2ヶ月と記述しましたが、それ以上に長引く人もいます。ではなぜそんなに長引いてしまうのでしょう。

創作活動に従事する人であればそれも経験として刺激になるのかもしれませんが、多くの場合、客観的に見てメリットがあるとは思えません。本人が失恋の傷が長引いてしまって苦しんでいるときは、自ら長引かせる行為を無意識にしている恐れがあります。その特徴を見て、もし該当するものがあれば止めてみましょう。

思い出に浸る


失恋したとはいえ、その経験が良いものであったと認識したいがために何度も幸せだったことを思い出すことがあるでしょう。言ってみれば、失恋による損失をいままでの利益で相殺しようというわけです。

しかし、最初にドーパミンの話をしましたが、今はその恋愛でドーパミンを得ている状況です。つまり、思い出を振り返ることでまた同じ相手との恋愛でドーパミンを求めてしまい、悪循環に陥っています。これでは立ち直るどころか更なる幸福感を求めてより思い出を掘り下げて思い出したり、復縁を望んだりし始めます。

復縁の可能性が高ければ努力するのも良いですが、限りなく低いかゼロであれば努力する時間も労力ももったいないので早めに別のことへ目を向けるのが賢明でしょう。

思い出の物や連絡手段、写真を残してる


思い出の物や連絡先とメッセージの履歴、写真などを通して思い出を反芻するたびに、そこである程度の満足感が得られてしまい、次に進めなくなってしまいます。失恋が良い思い出になるのはまだずっと先のこと。

しかし、物が残っていると何度も濃い記憶が保存され続けるので、悪い記憶まで一緒に残ります。

暇な時間が多い


暇な時間=失恋のことを考える時間、と捉えてください。ここでまたドーパミンの話をしますが、なにも恋愛だけがドーパミンを分泌させるわけじゃありません。

ドーパミンは「報酬系」といわれる脳の部分から分泌されるのですが、喉が渇いたときに自販機を見つけただけで出ます。運動や、バラエティを見て笑うこと、音楽を聴くこと、おいしいものを食べること、知らない道を歩くことなど、それ自体を楽しみにする刺激だけでもドーパミンは分泌することができます。

しかし、暇な時間が多いということはそれらの刺激を受ける生活を送っていないということになるため、直近で一番ドーパミンを得られていた恋愛にだけ固執してしまいます。

別れに納得していない


この感情はどちらかというと失恋による痛みというよりは、失敗への恥ずかしさや投資した時間やお金への損失に対する怒り、相手から拒絶されたことに対する恐怖である可能性が高いです。恋人が浮気した末の別れであればなおさら怒りの感情でしょう。

これらが理由の場合は本質的には別にその相手に対してどうこう思うのではなく、自分の感情に目が向いている状況です。自己肯定感の欠如や、やる気を失わせます。

これを掘り下げると眉間にしわが寄ってくるので、次の縁を呼びこまなくなりますから気を付けましょう。恥ずかしさも損失も恐怖も過ぎ去ったものですから、目くじらを立ててもしかたありません。

自分で処理しようとしている


周りに愚痴を吐きだすでもなく、他のことに目を向けるでもなく真摯に失恋に向き合おうとする姿勢は立派なものですが、あまり効果がありません。そもそも失恋による辛さは薬物中毒患者の薬切れみたいなものなので、変な話、他の薬物を摂取するしか方法がないのです。またこの姿勢を貫こうとすると自然と思い出に浸りがちになりますから良いことはありません。

早く失恋から立ち直る方法


失恋は辛いですが、時が経てば甘酸っぱい思い出となり、スパイスのように人生経験をより豊かなものにしてくれます。失恋を知る者と知らない者では、他人と共感できる範囲に差が出ますし、映画や小説の楽しみ方も変わってきます。

友人が同じ辛さを味わうときにも手助けしてあげられるでしょう。失恋期間が長引く特徴を把握したところで、具体的な立ち直り方法を見てみましょう。

新しい出会いを探す


恋の傷は恋で癒せとよく言いますが、的を射ています。ドーパミンの話の通り、新しい恋でドーパミンを出せばいいのです。

「とはいえ出会いの場がないよ…」という方は、出会いの場について後述しますので参考にしてみてください。また、恋愛だけでなく自分にとって刺激になる新しい出会いも失恋から立ちなおらさせてくれます。

新しい趣味で出会う人たちの話題や、尊敬できる人との出会いなど、自分をステップアップさせたり心を満たしてくれる人たちとたくさん時間を過ごしましょう。

気が済むまで泣く


辛いときには自然と涙が出るものですが、自然と出るからには人体の反応として自然な行為であり、効果が全くないと考える方が不自然です。涙が出るなら流しっぱなしにした方がいいでしょう。無理に止める必要はありません。脳の研究者が推奨するように、泣くことは高い抗ストレス効果があります。

生活リズムの乱れや失恋などのストレスによってセロトニンの分泌が弱まると鬱状態になりやすいのですが、涙を流すことによってセロトニンが増え心のバランスが保たれるようになります。また、悲しみを和らげ鎮静作用をもたらすエンドルフィンの増加、免疫力を下げるストレス物質であるコルチゾールの排出など、涙を流すことは心身ともに健康へ導いてくれます。

また効果が高いのは感情による涙ということなので、共感できたり感動したりする映画や小説で泣ききるのも手です。

泣くことのメリットについて詳細はこちら >

誰かに肯定してもらう


失恋は相手から拒絶されるダメ―ジを負うため自己肯定感が下がりがちです。その際に自分だけで自らの良いところを探そうとしても説得力に欠け、なかなか自己肯定感や自信を取戻すのが難しくなります。そこで、信頼できたり尊敬している誰かに肯定してもらいましょう。

ページトップ