日本では50歳男性の23,37%、女性14.06%が一度も結婚したことがないのだそうです。

これは5年前に比べ、それぞれ3.23%、3.45%上昇しているということです。

この男女のアンバランスを見ると、男性は再婚、女性は初婚というケースもかなりありそうな気がします。

そのように考えると残されたこれら23.37%の男性には、より一層のさみしさがつのります。

もちろん、意志を持って結婚しなかった人、したくても出来なかった人、に分かれるのは言うまでもありません。

以下の考察は、結婚したくても、出来なかった人に、ならないための注意書きのようなものにしたい、と思います。

すこしでもお役にたてれば幸いです。

彼女に振られた男必見!原因や対処法は?

幸せな結婚生活を送っている女性は、浮気をしない。

しかし幸せな結婚生活を送っている男性は、浮気をしないとは限らない。

これこそ男女の最大の違い、という人もいます。

たしかに幸せな男性でも、ついつい若い女の色香に迷う、ということはよくあります。

これは遺伝子プログラムに影響されている部分も、ないとはいえません。

人格とは別に作動することがあるのです。

ドラマや小説でも浮気をして問題を起こすのは、ほとんど男です。

筆者が東京の商社に在籍していた時代を思い出しました。

となりのグループに所属していたOLのことです。

彼女は独身の男性社員たちに対し「誰と結婚してもいいけど、浮気だけはするんじゃないぞ。」と説いてまわるのが、ルーティンのようになっていました。

その後、彼女は通勤が苦痛だとして、独身のまま退社しています。

よく考えてみると彼女の言葉は、「社内にいい娘がいっぱいいるだろ。お前らこの中から選べよ。そして浮気して悲しませるようなことはするな。」という意味に解釈できます。

そして「いい娘」の中には、自分も入っていたのではないでしょうか。

ここで何が言いたいかというと、一度しっかり交際したものの、女の方から別れを告げられるというのは、なかなか大した出来事である、ということです。

まず男の方に問題あったと疑うのが普通ではないでしょうか。

振られた男にありがちな12個の原因


振られた男には、いったい何が起こったのでしょうか。

その原因を追求し、反省を加えなければ、同じことを繰り返す可能性は高そうです。

そのためには、人にアドバイスを求めることが極めて有効です。

それ以外にもあらゆる手を尽くして、正しい原因へと近付いていきましょう。

女性トラブル

女性トラブルは、事実なのかどうかはともかくとして、最もありがちなシチュエーションです。

自分たちの関係と、それ以外の異性との関係性の整理がついていないことは、十分に考えられます。

または2人の間では、異性に対する距離感が違っていたのかも知れません。

この感覚は、すり合わせをして近付けることは、そう簡単にはできません。

ぶつかり合いながら、落としどころをさぐることになるでしょう。

しかしこの感覚が、理解できたころには、たぶん別れているのではないでしょうか。

将来性が見られなかった


社内恋愛の場合、男性が社内でどのように評価されているかは、筒抜けにわかってしまいます。

その将来性についても、十分に吟味できていることでしょう。

そうでない社外などの場合には、しっかりと自分で見極めることになります。

おそらく一緒にいて楽しければよい、と女性は思っているに違いない、と男性側が考えがちでしょう。

ところが女性側はそんなに甘くないのです。

筆者の勤めていた会社内にお似合いのカップルがいました。

このケースでは、確かに女性の方は、出世は見込めなくても、楽しいからこの人でよい、と思っていました。

ところがこのケースでは、彼女の両親が頑強に反対したそうです。

こんな甲斐性のない奴ではだめだ、というわけです。

敵は意外なところにいました。

説得するのに相当な時間を必要としたそうです。

性格が合わなかった

性格が正反対であったために、磁力が働いて惹きつけられた、というケースはよくあります。

しかし魅力的に見えた、自分にはない相手の長所が、ふとしたきっかけで急に色の褪せることがあります。

そうなると逆にいやなところばかり大きくみえるようになってきます。

それも鮮やかな色彩で、表れてきます。

こうなるとたいていの場合、もう元のさやにはもどりません。

すれ違い

仕事によるすれ違いは、しかたない部分といえます。

すれ違った結果、互いの意識が遠くなるようなら、そこまでの関係ということでしょう。

白黒はっきりさせるにはよい方法です。

筆者は中国に駐在していたとき、駐在を機会ととらえて結婚し、新婚で赴任した日本人を何人も見かけました。

それは基本的にいいことだったと思います。

しかし最初の生活が海外ということで、その負担に耐えられず、奥さんが日本へ逃げ帰ってしまった、というケースもありました。

長く付き合いすぎてドキドキしなくなった

長く付き合ってドキドキしなくなったカップルは、次の相手をイメージしていることも十分考えられます。

つい本音が出た、という瞬間から、察知されてしまうことがほとんどでしょう。

ここで交際の土台がぐらつき始めたわけです。

もうひと揉めあったあとで、雨降って地固まるが、地割れがそのまま崩壊するか、はっきりすることでしょう。

これは避けられないターニングポイントなのです。

他に好きな人ができた

他に好きな人ができても、あっさり別れられるとは限りません。

振られたいと思うと、逆にすんなり実現しないことの方が、多いものです。

相手を刺激して燃え上がらせてしまうことがあります。

このあたりのやりとりは、男女の恋のかけひきでも、最も劇的で面白い場面です。

韓流ブームの引き金となった“冬のソナタ”について、某女性評論家が、次のように評していました。

昔の男と今の男、どちらを取るべきか真剣に悩む。

これは女にとって、理想の状態を表している。

という趣旨の発言でした。

これを聞いたとき、女たちは、こんなことを理想と考えていたのか、とあきれる思いでした。

男性側としては、こういう状況に陥らないように、注意気を払うしかありません。

暴力

暴力は近年になってがぜんクローズアップされてきました。

ドメスティックバイオレンスなどの言葉がなかった20世紀は、今よりも暴力問題は少なかったのでしょうか。

表ざたにならなかった事件は統計外ですから、本当のところはもう調べようがありません。

ただし昔にくらべ、みな神経質でキレやすくなっているのは確かだ、という感触はあります。

内閣府男女共同参画局という機関のデータがありました。

それによると配偶者暴力支援センターへの相談件数は、2015年まで右肩上りに増え続け、2016年になって初めて少し減少しています。

警察の受けた暴力事案の相談件数は、2016年になっても増え続けています。

さらに婦人相談所における一時保護件数というデータがあります。

おそらくドラマでみるシェルターのことでしょうが、これは2002年から20133年まで、1万1000人から1万2000人と、高いレベルが続いていましたが、2014年になってやっと1万人を下回りました。

警察庁がまとめた、2014年の内縁を含む配偶者間の犯罪(検挙件数)は6542件に上ります。

もちろん男性の起こした事件が圧倒的に多く、93.0%を占めています。

しかし殺人(147件)になると、男性55.8%、女性44.2%と拮抗しています。

もちろん追い詰められたあげく、ということなのでしょう。

警察への通報件数は、依然として増加していますが、深刻なケースは少し減りつつあるということでしょうか。

お酒のトラブル

昔の亭主たちの遊びといえば、酒、女、博打、と決まっていました。

筆者が子供のころ、近所の奥さんたちが、今日はボクシングの試合があるから、ウチのは早く帰ってくる、と言っていたのを覚えています。

つまりそれ以外の日は、早く帰ってくることはなかったのです。

その中心は、酒やマージャンだったように思います。

当時に比べれば、今の遊びの範囲は比較にならないほど、広がっています。

そういう時代に酒のトラブルで問題を起こすというのは、少しクラシックに過ぎるでしょう。

時代遅れだということことを認識しましょう。

金銭感覚の違い

金銭感覚も、なかなかお互いのギャップを埋められません。

結婚すれば、結局は女性側が、すべてを実効支配してしまうのですから、あまり悪あがきをしない方がよいのでしょう。

しかし独身時代は、そういう現実を受け入れなくても済みます。

交際上手の女性は、結婚してから主導権を握ればよい、とこの交際中の時点では、男を泳がせていることが多いものです。

しかし交際中にこの問題で衝突するということは、よほど支配欲が強いか、関係が破たんしてもいいと思っているか、どちらかでしょう。

これなら別れて正解だったのかも知れません。

価値観の違い

価値観の違いと書けば、人生観や思想など、高尚なイメージを思い浮かべますが、実際は単なる言葉の行き違いがほとんどです。

そこで小さなことにこだわっていると、小さな人間と見られます。

こだわりが少ないというのは、いい加減な性格というのとは違います。

相手の欠点を飲み込みつつみ込むような、大らかで大人の対応が必要になります。

差異があるからこそ面白い、という澄みきった心境を目指しましょう。

【価値観の違いを乗り越えるためには、こちらの記事もチェック!】

約束を破って信用できなくなった

物事に対して、ストイックに取り組んだ経験がないという男も、あちこちに存在しています。

いわゆる「いい加減なやつら」です。

こういうタイプには、こだわりや、頑固さといった魅力はありません。

そして男女を問わず相手方には信用されないものです。

約束を守る、守らないを重要なこととは考えていないのでしょう。

約束を破り、信用されなくなる男に、よく見かけられます。

束縛が重すぎる

男の恋愛は沸騰型です。

瞬時にボルテージがあがってしまい、自分の方だけを向いていてほしい、という気持ちに支配されます。

ゼロか100かです。

純真な男ほど100%の束縛を求めがちです。

反抗すると、あっさり傷つくか、怒りだすかのどちらかです。

もう少し精神を安定させなければなりません。

修行がたりないのです。

恋愛から結婚までのイメージができていないか、できていても間違っているかのいずれかです。

独りよがりというのが、正しいのでしょう。

これはある程度の恋愛経験を重ねない限り、改善することは難しそうです。

今後の対処法!しっかり改善しよう

あっさり女に振られてしまうということは、男女関係の研究不足、人として男としての修行不足は明らかです。

そのように自分を認識できていれば、改善はいくらでも進むはずです。

うまくいけば劇的によくなる可能性もあるでしょう。

以下その対処法について考えていきましょう。

まずは原因を知る

まず思い当たる原因を、片っ端からピックアップしてみましょう。

勝つときは偶然、負けるときは必然、という言葉があります。

負けた勝負には、必ず負因がひそんでいます。

もしわからないときは、恋愛のベテランに聞いてみるとよいでしょう。

彼女の途切れることないテクニックにすぐれる男たちです。

周囲に一人や二人はいるはずです。

あまり信頼できるタイプではないかも知れませんが、こういうときには、非常に役にたつ連中です。

約束は守る

たとえ相手の女性がいい加減であったとしても、それに調子を合わせて、だらしなくしないようにしましょう。

こちらは必ず約束を守るようにします。

それが正しいことであるというより、女性にペースを握られないようにするためです。

いつなんどき、あのとき約束を破った、となじられないとも限りません。

女性は突然、銃を突きつけてくることが多いものです。

十分に気を付けましょう。

女関係はほどほどに

あまりあちこち手を広げてしまうと、網の目から漏れ、バレるものが出てきます。

こうした穴は、隠そうという気持ちが強ければ強いほど、大きくなります。

墓穴を掘るとは正にこのことです。

結局手に負えなくなります。

早めに収拾を図ってておきましょう。

英国のチャールズ皇太子のように、うまくやった男もいます。

実は本命だった愛人(現皇太子妃のカミラ夫人)とは別れない、と堂々と宣言し、王室の世継ぎを得るためだけに、故ダイアナ妃と結婚しました。

ダイアナが事故死してくれたおかげで、大きな摩擦もなくなり、うまく本命との結婚にこぎつけることができました。

予定通りです。

しかも王位継承者としての地位は揺らいでいません。

こんなにうまくことが運んだ男は、極めて珍しい存在です。

一般人がマネするべきではないでしょう。

自分を改める

何か一つだけでもかまいません、自分のこれまでの行いを改めてみましょう。

自覚のある部分から、ためらわずに始めていきましょう。

人から注意されて、うざいと思ったことを思い返してみることは非常に有効です。

一部の人たちから、そのような目でに見られていたことは、確実だからです。

それらをしっかり直せば、一回り人間が大きくなった、と評されることも、十分にあり得ることです。

いろんな女性を見てみる

たまたま付き合った女性に問題があった、ということは、大いにあり得ます。

とくに相手からモーションを起こしてきたような場合です。

遊ばれていた可能性が高いのです。

ここで中国のケースを紹介させて下さい。

筆者の中国人妻の従弟です。

彼は恋愛テクニックにすぐれ、見かけまあまあ、体力は人並み以上、頭脳と将来性は、自信をもって推薦できず、といった男でした。

彼女は途切れませんでしたが、どうも女たち遊ばれているようなのです。

結婚をにおわすと、必ず逃げられるのです。

最後に付き合っていたのは金持ちのお嬢さんでした。

彼女は彼と交際していることを両親に隠していました。

最初から結婚するつもりなどなく、両親の関係者からよい縁談が舞い込むまでの、つなぎに過ぎないからです。

従弟の彼もその状態をわかっていて、甘んじていました。

中国では長く続いた一人っ子政策の弊害で、男余り状態がひどくなる一方です。

3000万人があぶれるという統計もあります。

それをいいことに、中国の女たちはやりたい放題です。

お隣を教訓として、女たちのペースにはまらないよう注意しましょう。

嫌われない努力をする

まずビジュアルで嫌われないようにしましょう。

これは簡単に改善することができます。

清潔感を出すことは、大きな効果をもたらします。

磨いていない靴、スーツやシャツのシワ、えりあしや袖口の汚れなどはすぐに改善していきましょう。

見栄えに大きく影響します。

すぐに自信が付くというわけではありませんが、必ずプラスの効果をもたらします。

人は見た目がX%です。

振られた後の立ち直り方

振られたあとの立ち直り方も、男性にとっては非常に重要な動作になります。

情けない男とは思われないようにしましょう。

下を向いて歩いているようではダメです。

こういうときは、少し突っ張って暮らしてちょうどよいでしょう。

大陸に住む外国人は、どんなときでも、他人に弱さを見せるようなことはありません。

気の迷いに付け込まれ、不利になることを恐れるからです。

思い切り見栄を張ります。

落ち込んだときは、こうした外国人の生態を参考にするとよいでしょう。

とにかく忙しくする

何かの行動に邁進することにより、いやなことを忘れようというのは、ショックから立ち直る方法の定番です。

どの指南書にも必ず出てくるということは、効果があるからに他なりません。

とにかく仕事でも遊びでもかまいません。

日程は埋められるだけ埋めてしまいましょう。

一度疲れ切ってしまうというのも、こういうときに限り非常に効果的です。

全身の細胞が再生するかも知れません。

趣味に没頭する

趣味に没頭して、雑音をシャットアウトするのも、立ち直りの一般的な方法です。

精神を集中するには、好きなことをやることが一番簡単です。

そして集中できてしまえば、さまざまな効果が現れてくるものです。

イヤなことを忘れることができるだけでなく、集中力そのものもいつになく、増していたりしています。

こういうときは趣味の世界がおおきく発展するものです。

それ以外にも、思いがけない新j境地に到達することも、十分にあり得ます。

追いかけない

振られてしまったら、未練がましく追いかけないことが大切です。

女は一時の気の迷いから「別れる。」と言っているワケではありません。

いったんここまでの人生をリセットしようとしています。

その決意は確固としたものです。

ここは黙って別れましょう。

ストーカー行為は最悪です。

そして潔さは、男子の最も大事な持ちものの一つです。

何年か経ったあとでお互い、一人だった場合、再び磁力が働くということは、まれではありません。

しかし、それは遠い未来に属します。

期待することではありません。

悪いところを改善し新しい恋をする

目に見える欠点や、偏った食生活などは、決意一つで簡単に改善できます。

ただし長く続かないことがほとんだと思います。

何か一つに絞るのがよいでしょう。

一番簡単に改善できるのは、繰り返しになりますが、やはり服装なのです。

少し高いものを身につけると、何となく引き締まった感覚になります。

靴やカバンもにもそういう効果があります。

一度やってみる価値はあります。

周囲に与える印象も大きく変えることができます。

それは新しい恋を引付ける契機にもなることでしょう。

仕事に集中する

仕事に多少なりとも生きがいを感じている人なら、それに集中するのが、最も有効な失恋対処法に違いありません。

しかし、仕事に集中することは、恋愛前の日常に引き戻されることでもあります。

もうこんな恋愛ことはまっぴら、と臆病にならないよう、捲土重来を期していきましょう。

日常の仕事に関しては、余計なことを考えず、淡々とこなすのがよいと思います。

こういうときには、思いがけない成果を上げたりすることもあります。

自分磨き

女性に振られて、精神的に落ち着かないときは、何も言わずひたすら自分磨きに努めてみてはまどうしょうか。

趣味でも仕事でも、すべての活動が自分のスキルアップにつながる、と積極指向で臨みましょう。

こうすることで集中力が高まり、意外な進路が見えることもあります。

黙って座っているだけでは、何の転機もやってきません。

どんなことでもかまいませんから、いつもと違うことを始めてみて下さい。

愛想つかれる原因はたくさん!改善して新しい恋に進もう(まとめ)

愛想をつかされた原因に、身に覚えはありますか。

ああしておけば良かった、などの悔いはありますか。

それらがあるのなら、必ずや次の恋につながっていくでしょう。

何も思い浮かばず、相手のせいにばかりしているようでは、次の発展は望めません。

相手のせいにしたり、世間のせいにしたりして忘れようというのは、忘れるためだけに限れば、有用かも知れません。

ただしそれだけの効果しか上りません。

できるだけ冷静な、第三者視点に立って、原因を究明していきましょう。

問題1つだけとは限りません。

複数存在しているのが普通です。

そのためにもあらゆる角度から、検討しなければなりません。

それらの教訓を、生かすことができさえすれば、次の恋愛は、もう成功したも同然です。