CoCoSiA(ココシア)

彼女に愛想を尽かされた男の12個の原因と対処法


日本では50歳男性の23,37%、女性14.06%が一度も結婚したことがないのだそうです。

これは5年前に比べ、それぞれ3.23%、3.45%上昇しているということです。

この男女のアンバランスを見ると、男性は再婚、女性は初婚というケースもかなりありそうな気がします。

そのように考えると残されたこれら23.37%の男性には、より一層のさみしさがつのります。

もちろん、意志を持って結婚しなかった人、したくても出来なかった人、に分かれるのは言うまでもありません。

以下の考察は、結婚したくても、出来なかった人に、ならないための注意書きのようなものにしたい、と思います。

すこしでもお役にたてれば幸いです。

この記事の目次

彼女に振られた男必見!原因や対処法は?

幸せな結婚生活を送っている女性は、浮気をしない。

しかし幸せな結婚生活を送っている男性は、浮気をしないとは限らない。

これこそ男女の最大の違い、という人もいます。

たしかに幸せな男性でも、ついつい若い女の色香に迷う、ということはよくあります。

これは遺伝子プログラムに影響されている部分も、ないとはいえません。

人格とは別に作動することがあるのです。

ドラマや小説でも浮気をして問題を起こすのは、ほとんど男です。

筆者が東京の商社に在籍していた時代を思い出しました。

となりのグループに所属していたOLのことです。

彼女は独身の男性社員たちに対し「誰と結婚してもいいけど、浮気だけはするんじゃないぞ。」と説いてまわるのが、ルーティンのようになっていました。

その後、彼女は通勤が苦痛だとして、独身のまま退社しています。

よく考えてみると彼女の言葉は、「社内にいい娘がいっぱいいるだろ。お前らこの中から選べよ。そして浮気して悲しませるようなことはするな。」という意味に解釈できます。

そして「いい娘」の中には、自分も入っていたのではないでしょうか。

ここで何が言いたいかというと、一度しっかり交際したものの、女の方から別れを告げられるというのは、なかなか大した出来事である、ということです。

まず男の方に問題あったと疑うのが普通ではないでしょうか。

振られた男にありがちな12個の原因

振られた男にありがちな原因に当てはまる男
振られた男には、いったい何が起こったのでしょうか。

その原因を追求し、反省を加えなければ、同じことを繰り返す可能性は高そうです。

そのためには、人にアドバイスを求めることが極めて有効です。

それ以外にもあらゆる手を尽くして、正しい原因へと近付いていきましょう。

女性トラブル

女性トラブルは、事実なのかどうかはともかくとして、最もありがちなシチュエーションです。

自分たちの関係と、それ以外の異性との関係性の整理がついていないことは、十分に考えられます。

または2人の間では、異性に対する距離感が違っていたのかも知れません。

この感覚は、すり合わせをして近付けることは、そう簡単にはできません。

ぶつかり合いながら、落としどころをさぐることになるでしょう。

しかしこの感覚が、理解できたころには、たぶん別れているのではないでしょうか。

将来性が見られなかった

将来性が見えなかったので振られた男
社内恋愛の場合、男性が社内でどのように評価されているかは、筒抜けにわかってしまいます。

その将来性についても、十分に吟味できていることでしょう。

そうでない社外などの場合には、しっかりと自分で見極めることになります。

おそらく一緒にいて楽しければよい、と女性は思っているに違いない、と男性側が考えがちでしょう。

ところが女性側はそんなに甘くないのです。

筆者の勤めていた会社内にお似合いのカップルがいました。

このケースでは、確かに女性の方は、出世は見込めなくても、楽しいからこの人でよい、と思っていました。

ところがこのケースでは、彼女の両親が頑強に反対したそうです。

こんな甲斐性のない奴ではだめだ、というわけです。

敵は意外なところにいました。

説得するのに相当な時間を必要としたそうです。

性格が合わなかった

性格が正反対であったために、磁力が働いて惹きつけられた、というケースはよくあります。