CoCoSiA(ココシア)

別れようと言われたけど別れたくない…挽回するための方法と今後改善すべきこと

大好きな恋人から予想もしていないタイミングで別れを告げられたら、奈落の底に突き落とされたような気持ちになり目の前が真っ暗になってしまうという人も多いのではないでしょうか。

しかし別れを告げた側も生半可な気持ちで別れ話をしているわけではないため、泣いて縋ってもそう簡単に気持ちを変えることはないでしょう。

そこで今回は、別れようと言われたけどどうしても別れたくない場合の対処方法について解説していきます。

別れたくないからと言ってその場限りで自分を取り繕うのではなく、 本気で恋人と向き合って自分を改善すること が何より大切です。

きちんと二人の今後について話し合うためにも、最後までチェックしてくださいね。

「別れたい」と思われたきっかけを知ろう

どんなカップルにも共通することは、別れる時には 必ず何かしらの原因がある ということです。

どんなに好きで付き合っていても、時間が経てば相手の嫌な一面が見えたり喧嘩やトラブルが起きたりするもの。

付き合い始めの時には気にならなかったことが最近では気になって喧嘩になったり、もしくは浮気があったりと、様々な事情があって別れるカップルは多いです。

そもそも、何も原因がなければ別れ話など出ることはありません。

彼から別れを告げられたらパニックになると思いますが、そこで嫌だと泣いて彼をまくし立てる前にまずは別れ話が出る原因となったことを探りましょう。

理由が分かれば、そこから二人の関係を再構築するための対処方法も考えられるはずです。

なぜ別れなければいけないのかを聞く

彼氏から別れ話をされてしまったら、まずはどうして別れなければならないのかその理由を必ず彼氏に尋ねましょう。

「別れたくない」と訴えたところで、理由が分からなければあなた自身もどうすることもできません。

パニックになって暴れたり、彼氏を責めたりしたところで状況が好転するわけではないので、叫んだり縋りついたりする衝動に駆られてしまった時には、まずは深呼吸をして気持ちをどうにか落ち着け、理由を尋ねましょう。

人によっては嘘をつくかもしれませんが、こちらが冷静に問いかければ正直に理由を教えてくれるので、彼が本当の理由を教えてくれると信じましょう。

答えてくれないのであれば「理由を聞かなければこちらも納得は出来ない」と頑なな態度を見せても良いでしょう。

また、 別れ話をすること自体は悪事でも何でもない ので、理由を尋ねる時は決して彼氏を責める口調で尋ねてはいけません。

あなたが落ち着いて話を聞いてくれそうだと判断したなら、彼氏も本当のことを話してくれるかもしれません。

別れを回避する会話方法5選

彼氏との別れを回避したいのなら、一つ一つ落ち着いて言葉を選び慎重に行動しなければなりません。

感情に任せて喚き散らせば、彼氏はますますあなたのことが嫌になって別れを決意してしまうでしょう。

彼氏はあなたと別れるつもりでその話を振っているので、彼の意思を否定しても 現状を打開・好転させることは難しい でしょう。

では、どのように対応すれば彼氏の気持ちを変えることができるのでしょうか。

別れを回避するのに有効な方法をご紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

1. 相手の言うことを尊重する

彼氏が別れ話を持ち出してきたら、まずは落ち着いてその理由を尋ねましょう。

普段本音を言ってくれる彼氏であれば、素直にあなたに対して不満に思っていることを教えてくれるはず。

しかし、その不満を聞いている時に決して口を挟んだり自分の意見を被せたりしてはいけません。

話を聞く気がないと思われそこで話すのを止めてしまったり、ますますあなたに対する気持ちが冷めてしまったりするでしょう。

そのため、まずは 相手の言うことを尊重する ように努めましょう。

彼氏が「こういうところが嫌なんだ」と話してくれたら、「そんなふうに思わせていたなんてごめんね」と相手の意見を認めて、謝罪すべきところはきちんと謝罪をしましょう。

あなたの素直な態度と誠実な対応を見れば、彼氏の気持ちも少しは落ち着くかもしれません。

2. 言い訳をしない

彼氏に不満を言われた時に言い訳をするのはやめましょう。

言い訳をしてしまうとそこで彼氏の話が途切れてしまい、それ以上話の内容が聞けなくなってしまいます。