「彼氏から別れ話をされてしまったけど、どうしても別れたくない!!」そんなふうに別れ話で悩んでしまうことってありますよね。

別れ話をしてくるということは、彼氏はそれだけ本気で別れを考えてしまっているということです。

本気になっている彼氏の気持ちを変えさせることは、普通は不可能でしょう。

しかし、あなたの努力や行動次第では、彼氏の気持ちを変えさせることは今からでもきっとできます。

大好きな彼氏と別れたくないという人のために、別れを回避する方法をご紹介します!

別れ話が出た理由を探る!「別れたい」と思われたきっかけを知ろう

どんなカップルにも共通することは、「別れる時には必ず何かしらの原因がある」ということです。

どんなに好き合って付き合っていても、時間が経てば相手の嫌な一面が見えたり、喧嘩やトラブルが起きたりするものです。

付き合い始めの時には気にならなかったところが最近では気になって頻繁に喧嘩になったり、もしくは浮気があったりと、さまざまな事情があって別れるカップルは多いです。

そもそも、何も原因がなければ別れ話など出ることはないでしょう。

彼から「別れよう」と言われたら、頭がパニックになってしまうことでしょう。

けれどもそこで嫌だいやだと彼氏にまくし立てる前に、まずは別れ話が出た理由を探りましょう。

理由が分かれば、そこから別れないための対処も考えられるはずです。

なんで別れなきゃいけないかを聞く

彼氏から別れ話をされてしまったら、まずはどうして別れなければならないのか、その理由を必ず彼氏に尋ねましょう。

理由が分からなければ、「別れたくない」と訴えたところで彼氏の決意は変わりませんし、あなた自身どうすることもできないでしょう。

パニックになって暴れたり、彼氏を責めたりしたところで状況が好転するわけではありません。

そのため、叫んだり縋りついたりする衝動に駆られてしまった時には、まずは深呼吸をして、気持ちをどうにか落ち着けましょう。

それから彼氏に「なんで私と別れたいの?」と理由を尋ねましょう。

彼氏によっては嘘をつくかもしれません。

けれども、こちらが冷静に問いかければ、正直に理由を教えてくれる彼氏もいます。

彼が本当の理由を教えてくれると信じて、まずは理由を尋ねましょう。

どうしても答えてくれなければ、「理由を聞かなければこちらも納得は出来ない。」と頑なな態度を見せる必要があるでしょう。

また理由を尋ねる時には、決して彼氏を責める口調で尋ねてはいけません。

別れ話をすること自体は、悪事でも何でもありません。

別れたいと思ったから彼氏はそう言ってきているのです。

彼氏を責めることはせず、気持ちを冷静に保ちながら理由を聞きましょう。

あなたが落ち着いて話を聞いてくれそうだと判断したなら、彼氏も本当のことを話してくれるかもしれません。

別れを回避する5つの会話法!

彼氏との別れを回避したいのなら、一つひとつ落ち着いて言葉を選び、慎重に行動しなければなりません。

感情に任せてわめき散らしてしまうと、彼氏はますますあなたのことを嫌いになって、別れの決意を固くしてしまうでしょう。

そもそも、「別れたい」と彼氏が思っている時点で、状況はかなり不利です。

彼氏は最初からあなたと別れるつもりでその話を振っているのですから、それを否定しても現状を打開したり、好転させたりすることはできないでしょう。

では、どのように対応すれば彼氏の気持ちを変えることができるのでしょうか?別れを回避するのに必要な会話方法を以下にご紹介していきます。

別れを回避したい人は、ぜひ参考にしてみてください。

まずは相手の言うことを尊重する

彼氏が別れ話を持ち出してきたら、まずは落ち着いてその理由を尋ねましょう。

すると本音を言ってくれる彼氏であれば、素直にあなたに対する不満を教えてくれるでしょう。

しかし、その不満を聞いている時に、決して口を挟んだり、自分の意見を被せたりしてはいけません。

せっかく彼氏が本音で話してくれているのにそこに口を挟んだら、「何だ人の話を聞く気がないじゃないか」と彼氏は思ってしまい、そこで話すのを止めてしまったり、ますますあなたに対する気持ちが冷めてしまったりするでしょう。

そうなると回避するものもできなくなってしまいますので、まずは相手の言うことを尊重するように努めましょう。

彼氏が「こういうところが嫌なんだ」と言ってきたら、「そっか、そんなふうに思わせていたなんてごめんね、私が悪かったね。」と相手の意見を認めて、謝罪すべきところはきちんと謝罪をしましょう。

あなたの素直な受け止め方と、誠実な対応を見れば、彼氏の気持ちも少しは落ち着くはずです。

言い訳をしない

彼氏に不満を言われた時に、「でもそれは~」や「だってあなたが~」と言い訳をするのは一切やめましょう。

言い訳をしてしまうと、そこで彼氏の話は途切れてしまい、それ以上は話の内容が聞けなくなってしまいます。

また、言い訳をするということは、つまり自分の非を認めるつもりがないということです。

自分にその気はなく、相手の誤解を解きたいだけだと思っていても、彼氏からすれば「言い訳をすることで自分を守り、正当化しようとしている」と思えてしまいます。

あなたが自分を正当化してしまうと、彼氏の不満に対して自分は反省したり、直したりする気が最初からないという意思表示になってしまいますので、彼氏が何か言ってきても、とりあえずはすべてその意見を受け止めましょう。

もしも反論があるのなら、彼氏がすべて話し終わって少し落ち着いたところで、まずは謝罪をした上で誤解を解くように努めましょう。

ただしその際にも、「でも」「だって」の言葉は使わないように気をつけましょう。

この2つを使ってしまうと、彼氏はあなたがまったく反省していないと思ってしまうでしょう。

今の自分の「別れたくない」気持ちをしっかり伝える

彼氏の自分に対する不満をしっかりと受け止めたら、その後で今のあなたの気持ちをきちんと伝えましょう。

「彼氏にフラれそうで可哀想な自分」に悲観する前に、まずはあなた自身の気持ちを言葉にして、彼氏を繋ぎ止めることができるように頑張りましょう。

別れ話になっている時は、自分も彼氏に対して抱いている不満を口にするのは止めます。

いろいろと思うところはあると思いますが、彼が不快に思うような発言は控えて、「別れたくない」「私はあなたが好きなんだ」ということを真摯に伝えましょう。

とくに「好き」という言葉はしっかりと伝えます。

ただ「別れたくない」だけでは、彼氏というステータスのためや、便利な存在にいなくなってほしくないからなどの理由に思われてしまうこともあります。

あくまでも彼氏のことが好きだから別れたくないのだという気持ちをきちんと彼氏に伝えましょう。

猶予期間を提案する

もしも彼氏の決意が固く、彼女の言い分をまともに聞いてくれない場合には、猶予期間を提案するというのも一つの方法です。

彼氏の方から「距離を置きたい」と言われたなら、嫌だと思う気持ちはあっても我慢してそれを受け入れましょう。

距離を置くというのは、彼氏なりの最大の譲歩です。

それを拒んでしまっては、距離を置くこともなくそのまま別れを宣言されてしまうでしょう。

距離を置くとそのままフラれてしまいそうで怖い気持ちもあると思いますが、あなた自身も距離を置くことで、冷静になって彼氏との関係を振り返ることができるようになりますので、彼氏から提案があればそれを受け入れるようにしましょう。

また、彼氏から提案がなければ、あなたから「猶予期間がほしい」とお願いしましょう。

「距離を置く」と言ってしまうと、そのまま他の女性を好きになられてしまう可能性がありますので、あくまでも「猶予期間」という言い方をしましょう。

そうすれば互いに関係は保ったままで、互いに冷静になって考えることができます。

悪い部分はきちんと謝る

別れ話をされた場合、彼氏にも原因はありますが、彼女にも何かしらの原因があるでしょう。

彼氏がそれを教えてくれたなら、その言葉を真摯に受け止めて、自分が悪いと思った部分はきちんと謝りましょう。

ただし、「何か悪いところがあったなら謝るから別れないで!」と縋るのはNGです。

それでは「別れたくないからその場だけ謝る」と取られてしまいます。

また、例え「悪いところがあったら直すから」と言ったところで、その場の勢いだけだと取られてしまうこともあるでしょう。

さらに泣いて縋ってしまうと、さらに彼氏には嫌がられてしまいます。

そのため感情に任せての謝罪ではなく、彼氏のこちらに対する不満をちゃんと聞いた上で、彼氏が落ち着いたタイミングで誠心誠意謝罪をすることが大切です。

彼女が真剣に黙って話を聞いてくれたなら、その時点で彼氏の心も誠意のあるあなたの姿勢に揺らいでいる可能性があります。

そのタイミングで感情に任せずきちんと謝罪ができたのなら、彼氏の心にもそれがきちんと届くでしょう。

別れたくない理由をきちんと伝える!キュンとする3つのフレーズ

彼氏に別れ話をされた時、「別れたくない」と咄嗟に思った人は、その理由をきちんと彼氏に伝えなければなりません。

もしも「彼氏がいる」というステータスにこだわっていたり、好条件の彼氏だからという理由の場合には、遅かれ早かれ彼氏にはそれを見抜かれてしまうでしょう。

しかし、そうではなく純粋に「彼氏が好きだから別れたくない」というのが理由であれば、その理由をしっかりと彼氏に伝えるべきです。

そして伝える時には、多少大袈裟になったとしても、その効果を高める言葉を一緒に添えると彼氏の心は揺らぎやすいです。

普段はあまり彼氏に甘い言葉を告げることがなかった人も、ここはとても大事な場面ですので、しっかりと彼氏の気持ちを揺らがせるようなキュンとするフレーズを伝えましょう。

彼氏の気持ちが揺らぎやすいフレーズを以下にご紹介します。

「あなたがいないとダメ」

一見ありふれた陳腐な言葉に思えるかもしれませんが、男性の心を動かすには十分な言葉です。

男性は少なからず、女性から頼られたいという気持ちがあります。

「自分がいなければダメだ」「自分は頼られている」と男性に思わせることができれば、男性の自尊心は大いに満たされます。

男性に「お前は俺がいないとダメだなぁ」と思わせている女性ほど、実際は上手に男性の心をコントロールしていたり、関係が安定していたりします。

「自分がいないとダメ」と思ってしまうような相手を、男性も無下にすることはできないでしょう。

そうした男性の気持ちを上手に掴んで揺さぶる言葉が、「あなたがいないとダメ」です。

もしいざ別れたのなら、気持ちを切り替えて生活していくことはできるでしょう。

しかし、それもできないくらいに彼氏が必要なのだと彼氏の心に訴えかけることで、彼氏の別れの決意は揺らぎやすくなるでしょう。

「今までで一番好きになった人」


「今まで一番」というのは魔法の言葉です。

それが例えどんなに見え透いたお世辞であったとしても、内心では満更でもない気持ちになる男性は多いでしょう。

別れ話になった時には、「こんなに好きになったのはあなただけ」「今までで一番好きになった人、これからもこんな人にはきっと出会えない」と彼氏に「あなたは特別」なのだということを伝えます。

すると特別扱いされた彼氏は、「そんなに自分を想っているのか」と彼女に対して少し気持ちが優しくなったり、彼女の話を聞く気になったりするでしょう。

そこで一気に畳みかけて説得ができれば、彼氏の別れの決意を大きく揺さぶることができるでしょう。

「こんな簡単に別れて後悔したくない」

彼女から依存されることに抵抗がある彼氏や、現実的なものの考え方をする彼氏の場合、「あなたがいないとダメ」や「今までで一番好きになった人」ではいまいち効果がない場合があります。

そんな時にはこの言葉が恐らく最も彼に別れを考え直させることができるでしょう。

もしも彼氏が何か月も別れるか別れないかを悩んだ末の別れ話だった場合には、もう何を言ってもダメな時もあるでしょう。

しかし、もしも喧嘩の勢いだったり、衝動的に別れ話を持ち出したりした時には、この言い方をすることで彼氏が冷静さを取り戻してくれることがあります。

別れ話を回避できない時!それでも別れたいと言われたときの対処法

彼氏の別れ話をどうやっても回避できそうにない時には、どうすればいいのでしょうか?
彼女であれば彼氏の性格をよく分かっているでしょうから、冷静に話し合ったりもしくは泣き落としをしたりと、さまざまな方法を試すことでしょう。

しかし、そのどれを試しても彼氏の決心が強く、「絶対に別れる」という姿勢を崩さない時には、彼女はどうすればいいのでしょうか?

不満を聞いて謝罪をしてもダメ、猶予期間を提案してもダメ、泣き落としや説得もダメな場合には次のような方法もあります。

相手の気持ちを尊重して受け入れるべき!


彼氏が心底彼女に嫌気がさしてしまっている時には、何を言っても無駄でしょう。

どんな方法を試したところで彼氏の心が動かないのであれば、自分は絶対に別れたくないと思っても、彼氏の気持ちを考えて一度身を引きましょう。

すんなりと受け入れ過ぎるのも良くありませんので、もちろん考えられる対処をした上で、それでも彼氏が「別れたい」というのなら、仕方なくその意志を受け入れましょう。

時には大人しく身を引くことも大切ですし、渋々でも身を引くことで、彼氏がそれ以上彼女のことを嫌いになってしまうことはないでしょう。

今後につながる受け入れ方は?

もしも別れることになったなら、そのまま別れてしまってはよりを戻す可能性は低くなってしまいます。

いくらこっちが彼氏の心変わりを待つつもりであっても、別れた途端に彼女の連絡先をすべて消して、着信拒否をされてしまっては、二度と連絡が取れなくなってしまいます。

そのため、別れを受け入れる時には「分かった、じゃあ友達に戻ろう。」と友達の関係に戻ることを提案しましょう。

友達同士であれば、これまでのような頻度で会ったり連絡を取ったりすることはなくなっても、互いに連絡先だけは残しておくことになりますので、いつかはよりを戻せるチャンスがあるかもしれません。

そしてもしも彼氏がそれを受け入れてくれたのであれば、友達に戻った後は、極力こちらから連絡をするのは控えましょう。

友達だからとこれまで通りに連絡をしようとすると、向こうはうんざりしてしまうでしょう。

友達の関係に戻ることは、いわば紙一重で彼との関係を保っている状態ですので、まずはその紙一重の状態をもっとしっかりしたものにしていくためにも、不要な連絡は控えましょう。

彼氏の誕生日のように、個人的な記念日にのみ連絡をして、それ以外はこちらからの連絡は控えましょう。

距離を置くのも1つの方法!距離を置く時のコツは?

別れ話になった時、いきなり別れてしまう前に、距離を置くことをするカップルも少なくはありません。

距離を置くことでお互いに冷静になって考えることができるため、そこからそのまま別れを選択することもありますが、悪かったところは互いに反省をしてやり直すこともできるでしょう。

また、彼氏の方から「距離を置きたい」と言ってきた時には、彼氏はまだ彼女と本当に別れるかどうか悩んでいることでしょう。

悩んでいるということはまだ関係を修復することは可能ですので、まずは彼氏の希望通りに一旦距離を置いて、冷静に考える時間を作ることも必要でしょう。

距離を置くのは、彼氏からそう言ってきた時のみして、自分からは決して提案しないようにしましょう。

自分から提案をしてしまうと、彼氏と別れることを考えていると思われてしまいます。

気持ちの擦れ違いや誤解を避けるためにも、自分からは決して提案しないようにしましょう。

期間をきちんと決める

もしもしばらくの間距離を置くことになったら、必ずその期間をきちんと決めましょう。

期間を決めないと、いつまで経ってもずるずると距離を置き続けてしまい、終いには自然消滅になってしまうこともあります。

きちんとよりを戻したい、または別れたくないという気持ちがあるのなら、最初にしっかりといつまで距離を置くのか期間を決めておきましょう。

そしてその期間が過ぎたら一度2人で会って話をしましょう。

また、距離を置いている間は、極力連絡は控えましょう。

距離を置いている間に彼氏の方から連絡を取ってくる分には返事をしても構いませんが、自分から連絡をするのは控えます。

そうでなければ距離を置く意味はありませんし、彼氏もうんざりしてしまうでしょう。

距離を置いている間はいわば気持ちの冷却期間ですので、この機会に2人の今後について現実的に考えるようにしましょう。

距離を置いている期間に以前とは違った自分をアピールしよう!

別れる手前の距離を置いている期間は、互いにとっての冷却期間です。

この期間にゆっくりと自分の気持ちを考えたり、こうなってしまった原因を考えたりしますが、それだけで関係を修復するのは難しいでしょう。

何故こんなふうになってしまったのか、その原因が分かっていて、それでも別れたくないと思うのなら、彼氏と元のような関係に戻れるように、距離を置いている間に自分にできる努力をしましょう。

例えば彼氏が別れたがっている理由が彼女の身勝手さにあるのなら、次に彼氏と会った時には一切自分のわがままは出さずに、彼氏の気持ちを何よりも最優先にして気を配るようにしましょう。

意識して気配りをしていれば、彼氏はこれまでの彼女との違いにきっと気付くはずです。

また、例えば彼女が付き合い始めの頃よりも外見に気を遣わなくなったのが原因なら、次に彼氏と会う時にはきちんとおしゃれに気を遣った格好をしていきましょう。

彼氏が「彼女が自分の不満だった部分を直してくれた」と気付けば、彼女の努力を認めて、別れを考え直してくれるかもしれません。

彼氏と距離を置いている間は自分なりにできる努力をして、次に会った時には変わった自分を彼にしっかりとアピールしましょう。

今までできなかった事・してあげたかった事をやってみよう!

付き合っている時に、「いつかは2人であそこへ行きたい」「あんなことをしてあげたい」と思っていたことをしてあげるのも効果的です。

例えば距離を置く前に、「いつか一緒に水族館に行きたいね。」と話をしていたのなら、久しぶりに会った時には一緒に水族館デートに誘いましょう。

距離を置く前には彼氏にしてあげられなかったことをしてあげることで、彼氏に「そういえば付き合うことって、こういう楽しい気持ちになるものだった」と思い出してもらえるかもしれません。

別れ話になっている時には、互いにギスギスした雰囲気になっており、一緒にいても楽しい時間や幸せな時間を感じることはないでしょう。

しかし、好きな人と付き合うことは本来とても幸せで楽しいことです。

その気持ちを彼氏にも思い出してもらうことができれば、彼氏も「もう一度前のような関係に戻れるように頑張ろう」と思ってくれるかもしれません。

別れを回避!挽回するための2つの行動が今後を左右する!

彼氏との別れを回避したいのなら、これまで彼氏が彼女に対して抱いてきた不満を解消させる必要があります。

あなた自身、もう別れたいと思っている相手から、「自分は何も反省しないし努力もしないけど、でも別れたくない」なんて言われたら、ますます相手に対して嫌な気持ちになってしまうでしょう。

別れ話をしている時、彼氏の気持ちはただでさえ繊細なものになっていますので、その心に余計にひびを入れてしまわないように、慎重に行動して別れを回避していきましょう。

別れを回避するためには、あなたのこれまでよりも少なからず言動や行動を挽回して、それを彼氏に認めてもらわなければなりません。

そのためには必ずするべき2つのことがあります。

それをするかどうかで2人の今後が決まりますので、しっかりと挽回するために努力していきましょう。

その2つの方法を以下にご紹介します。

別れ話のきっかけを作った理由を取り除く

カップルが別れの危機に陥った時、そこには必ず何かしらの原因が隠されています。

彼氏に別れ話を持ち出された場合には、彼氏自身もそうですが、彼女にも何かしらの原因があることが多いです。

また、例えば彼氏が他に好きな女性ができてしまった時にも、彼氏の心変わりを責めてばかりいる女性も多いですが、実際には彼氏を心変わりさせてしまったのには彼女に原因があることも少なくはありません。

そのため、彼氏が彼女と別れたいと言ってきたそのきっかけとなる理由を取り除くことができる場合には、まずはその理由を取り除くことで、別れの危機は回避できるかもしれません。

積もり積もって彼氏の気持ちが冷めることもありますが、それでも一つひとつ理由を取り除いていくことで、少しずつ彼氏の気持ちを彼女の側に戻してくことは可能になります。

そのため別れの危機を回避したいなら、まずはその理由を取り除くように努力しましょう。

自分といて楽しい!と思ってもらえる努力をする

「別れる」「別れない」の話をしている時には、お互いに気持ちに余裕がなく、一緒にいても幸せとも、楽しいとも思うことはできないでしょう。

しかし、そんなギスギスした雰囲気が続けば、自然と元のような関係に戻ることは難しくなり、そのまま別れの坂道を転がり落ちてしまうことになります。

彼の気持ちを自分の元に戻したいと思うのなら、彼氏に自分と一緒にいることで楽しい、幸せだと感じてもらえるように努力をしなければなりません。

ささいなことで直ぐに泣いて責めたり引き止めたりするのではなく、一緒にいる間はにこにこと笑顔で気配りをして、彼氏に「一緒にいて心地いいな」と思える空間を作れるように頑張りましょう。

居心地のいい空間を作ることができれば、彼氏も急いでそこから逃げ出そうという気にはならないでしょう。

別れたくないと思わせる自分を作ろう!

彼氏と別れ話になってしまうことが多い人は、少なからず自分自身にも何かしらの原因があることが多いです。

しかし、自分ではその原因に気付いていないため、誰と付き合っても長続きしなかったり、どこかで破局を迎えてしまったりします。

もちろん人生で何人の人と付き合おうがそれは自分の自由です。

しかし、どこかで結婚に落ち着きたいと考えているのなら、別れが頻繁な人はこの辺りで自分自身の言動を振り返ってみる必要があるかもしれません。

付き合ってもフラれてしまうことが多い人は、彼氏に「この人とは別れたくない!」ろ思わせるような自分を作っていきましょう!

当たり前にならない

あなたは彼氏とのデートで、彼氏にお金を出してもらうことが当たり前だと思っていませんか?

また、車を運転するのはいつも彼氏で、自分は彼氏に守ってもらう立場であることを当然のように考えてはいませんか?どんなカップルでも、互いに思いやりの気持ちを持たなければ関係は長続きできません。

いつも彼氏にしてもらっていることがあれば、それを当たり前だと思わずに、感謝の気持ちを持つことが大切です。

感謝の気持ちや思い遣りの気持ちが彼氏に伝われば、彼氏からも心底大切にしてもらえるでしょう。

依存しない

彼氏に依存してしまいがちな女性は、気持ちが重かったり、束縛しがちだったりして、彼氏からは「重い女」と思われてしまいやすいです。

あまり彼氏に依存し過ぎると彼氏の負担になってしまい、気持ちを疲れさせてしまい、別れを切り出されてしまうことになりかねません。

そのため、彼氏がいない時にも自分の時間を充実させることができるように、精神的な自立を目指しましょう。

【彼氏依存をやめるには、こちらの記事もチェック!】

駆け引きは控えめに

彼氏の気持ちを確かめたくて、時には嫉妬させたり試したりすることもあるでしょう。

しかし、あまりやり過ぎてしまったり、頻繁に彼氏の気持ちを確かめようとしてしまったりすると、彼氏からは鬱陶しがられたり、気持ちが離れてしまったりします。

自分から彼氏の気持ちを離れさせてしまわないように、駆け引きは控えめにしましょう。

最後はやっぱり素直になること!本心からの気持ちを伝える

彼氏との仲が危うくなった時こそ、彼女としての自分の立場が試されている時でもあります。

彼氏の気持ちが離れている原因が自分にあるのなら、出来る限り反省してそれを直し、変わった自分を彼氏にアピールしましょう。

また、彼氏が距離を置きたいと望むのなら、大人しくそれを受け入れて、自分でゆっくり気持ちの整理をしましょう。

どんなに努力しても結局は別れる結果になってしまうこともあります。

しかし努力次第ではその結果を変えることもできます。

彼氏と別れたくないのなら、今だからこそ自分の気持ちを素直に彼氏に伝えて、諦めずに関係の修復を目指しましょう!