最近、ネット業界だけではなく、テレビにもたくさん登場するようになったユーチューバーたち!

HIKAKIN(ヒカキン)さんとか、はじめしゃちょーさんとか、フィッシャーズさんとか・・・有名で大人気のユーチューバーさんは、CMにも抜擢されることも多くなりました。

そして、子どもたちがなりたい職業になんと”ユーチューバー”が上位にランクイン!

子どもたちにとっての憧れの存在でもあるのです。

でも、ユーチューバーってどんな仕事なんでしょうか?

どうやって稼いでいて、どうやったら成功できるのでしょうか??

一見、楽しそうな仕事の裏側には、たっくさんの努力と苦労とビジネス力が隠されていました!

では、今回は、どうして”ユーチューバー”という職業がなりたい職業として人気になったのか、そして実際になるにはどんな能力が必要なのか、調べていきましょう♪

人気職業ランキング3位!ユーチューバー

みなさんは、昔子供のころに何の職業につきたいと思っていましたか?

さらに、今学生の皆さんは、将来の職業に何を選びたいと思っていますか?

昔から、なりたい職業というのはいろいろと時代の流れを感じさせるものがランクインしてきました。

30年前くらいの子どもたちがなりたいと思っていた職業は、男の子ならエンジニアとかプロ野球選手、更にサラリーマンやパイロットという職業が並んでいました。

サラリーマンが入っていることが驚きでしたが、男の子の夢が感じられます。

女の子なら、スチュワーデスやデザイナー、看護婦やタレントなど、もしかしたらドラマや映画などを見て憧れていた職業が並んでいたかもしれませんね。

そして、今子どもたちがなりたい職業は何かというと、中学生の男子は、1位がITエンジニア・プログラマー、2位がゲームクリエイター、3位がユーチューバ―などの動画投稿者だったんです!

かなり変わりましたね!

女の子は、1位が歌手・俳優・声優などの芸能人、2位が漫画家やイラストレーター、アニメーターなどの絵を描く職業、そして3位が医師で、なんと10位にユーチューバーなどの動画投稿者となっていました。

なんだか、30年前とは全く異なった将来の夢を持っているのです。

そして、注目はユーチューバーなどの動画投稿者が、なりたい”職業”としてランクインしているところ。

ユーチューバーたちが人気なのはもちろん知っていましたが、将来、それを自分も仕事にしたいと思っている若者が多いというで、ユーチューバーというのが、存在感のある職業として認められていることがわかります。

時代は、どんどんと変わります。

それで、今までの教師とか公務員とか医師などの当たり前の職業だけでなく、昨今人気になっているネットを通じて自分のことを配信するということが、子どもたちにとっても大きな憧れの対象として、さらに現実的な職業として確立されてきたことがわかりますね。

ユーチューバーってどんな職業?

なりたい職業の3位にランクインしたユーチューバーですが、でも実際にどんな仕事になんでしょうか?

どうやって稼いでいるのでしょうか??

ユーチューバーって仕事、どのような仕組みになっているのか、調べてみましょう。

仕事内容

「自分もユーチューバーになりたい!」と思っていても、実際にどんな仕事をしているのか、ということを知らなくてはどうにもなりませんね。

ということで、ユーチューバの仕事内容とは何なのかご紹介しておきます。

ユーチューバーとは一般的に、YouTubeに動画をアップロードして、その広告収入によって生計を立てている人のことです。

このような人達は「YouTubeクリエイター」とも呼ばれています。

基本的に、YouTubeパートナープログラムというものに参加しています。

YouTubeパートナープログラムとは、「クリエイターが動画を収益化し、表示される広告やYouTubeRe利用者による視聴から収益を受け取ることができるようにするプログラム」であると説明されていました。

誰でも申し込むことができますが、自分のチャンネルで航海している動画の合計視聴回数が10,000回に達していなければいけません。

その回数に達している人だけがYouTubeパートナープログラムに参加できるかどうか審査されます。

パートナープログラムというのは全世界60か国が対象で実施されていて、もちろん日本でも実施されています。

アカウントが以前に収益の受け取りについて無効にしているとできません。

広告主にとってメリットが大きいコンテンツをアップロードしていること、そして動画コンテンツが利用規約、そしてコミュニティガイドラインに準拠している必要があります。

さらに、YouTubeの著作権教育資料の確認も必要です。

ということで、まずは視聴回数が10,000回に達するために自分でオリジナルコンテンツを作成し、より多くの人に見てもらうために努力していく必要があります。

そして、10,000回再生達成できたら、YouTubeパートナープログラムの参加条件を確認して参加することが始まりとなり、そこから広告収入を得ることができるようになります。

広告というのは、あのYouTubeを見ていると出てきて「5秒後にスキップできます」って表示されるアレです。

そして、さらにスキップできないものもありし、動画の途中にポップアップ表示されるものもありますね。

PV数

PV(ページビュー)とは、ページが表示された延べ回数を集計しているものです。

ユーザーや訪問回数に関係なく、それが表示されている回数になります。

それで、PV数を増やすということも必要です。

企業とタイアップ

有名になると、企業とのタイアップ企画なども出てきます。

例えば、HIKAKINさんはたくさんの企業の商品を紹介していますよね。

アレは、企業側からの宇要望を受けて、その企業の商品を紹介するような動画を作成することにより、収入を得ています。

企業とのタイアップは、一度に大きな収入を得られるチャンスです。

特に米国では動画などのコンテンツビジネスがとても進んでいるそうです。

日本でもそのようなビジネスがさらに増えていくことが予想されています。

でも、どうやって企業から要望を受けているのかというと、ユーチューバーとして有名になている方たちはほとんどの場合事務所に所属しています。

そのような事務所などを通して企業からのオファーを受けることができるのです。

さらに、事務所を通さなく手も、YouTube上にお問い合わせのメールアドレスなどを公開していれば、そこへ直接企業からのオファーがやってくる場合もあるようです。

直接交渉となると、報酬はいろいろでお金であったり、物であったり、何も報酬がない場合もあります。

なので、本当に信頼できる企業からのオファーなのか、怪しい企業ではないかをちゃんと確認しなくてはいけませんね。

さらに、最近では宣伝を行いたい企業とユーチューバーを結びつけるための中間事業などもあるようで、マッチングサービスとして展開しています。

それで、もし企業とタイアップして収入がほしいという場合には、そのようなところからチャンスを見つけてくることもできるかもしれませんね。

どのようになるのか?

ユーチューバーのお仕事についていろいろとご紹介してきましたが、では実際にユーチューバーを目指そうという場合は、どのような流れでなることができるのでしょうか??

まずは最初に、Googleアカウントを取得する必要があります。

YouTubeはGoogleが提供しているサービスですので、まずはここからですね。

そうしたら、YouTubeのサイトで先ほど作ったGoogleアカウントを使ってログインしましょう。

ログインしたら、メニューからマイチャンネルを選択します。

そこに自分の動画をアップロードしていく形になります。

チャンネルを運営していく際には、どんなチャンネルにするのか具体的に考えておくといようです。

目指しているのはチャンネル登録者を増やし、動画再生数を稼ぐことです。

もちろん、質の良さも大事です。

それで、投稿するジャンルを絞ることで、チャンネル登録者を増やしやすくなります。

さらに、チャンネルのブラうディングによって個性を出しましょう。

そうすることで、インパクトがあり、覚えてもらいやすくなります。

そうしたら動画をアップロードしましょう。

動画は、ただ撮っただけのものをそのままアップロードすることもできるけど、撮影した動画を編集して、BGMを入れたり、テロップなどを入れたりすることで、もっと楽しく魅力的な動画を作ることができます。

そんなに難しいさ作業ではありません。

特に、簡単な編集であればWindowsのムービーメーカーでできちゃいますので、無料で素ね。

動画をアップロードしたら、動画のタイトル、説明文、タグを設定する必要があります。

ここは重要です。

検索されやすいように関連キーワードを設定しましょう。

もうこれであなたもユーチューバーになれちゃいます。

しかし、ユーチューバーの道のりはかなり険しいとも言えます。

すぐに登録者が増えたり、収益が出ることは見込めませんので、質の良い動画を配信し続ける企画力や動画編集能力、そして世の中の流れをキャッチし、魅力的な動画を作れる力も必要となります。

ということで、誰でも始められるユーチューバーの仕事ですが、それで生計を立て成功するのは簡単ではありません。

給料

YouTubeパートナープログラムに登録している人は、広告収入があるわけですが、どのようにそれが給料となるのかというと、YouTubeパートナープログラムに登録すると、GoogleのアカウントにてGoogle Adsenseと関連付け、そこで報酬の管理をすることができます。

YouTubeからの収益が日本円にすると8,000円を超えた時点で、翌月の25日前後に銀行口座に振り込まれます。

なので、自分の銀行口座を持っていれば何歳でもお金を受け取れるということです。

広告収入についてですが、広告はランダムに流されているものもあれば、ターゲットを絞った広告もあります。

インストーム広告というのは、動画を再生する前に流れたり、動画を見ている途中で急にテレビCMのごとく流れるアレです。

5秒後にスキップできるものもあれば、最後まで見る必要のものもあります。

このインストーム広告を全部視聴した場合や、そこから外部のスポンサーサイトへ移動した際に報酬となります。

さらにオーバーレイ広告というのがあり、それは動画を再生してから10秒後くらいに表示される画面下に出てくる長細い広告ポップです。

もしこれをクリックしてもらえれば報酬が発生します。

さらに、サイドバー広告もありますが、これは画面の右側のサイドバーの一番上に出てくる広告です。

これをクリックしてもらえた場合にも報酬が加わります。

ということは、視聴者が広告をクリックしてくれないと収入にならないの!?と思うかもしれませんが、そうでもなくいずれも広告動画を全部視聴した場合や、広告が表示された回数も考慮されて給料となります。

ということは、結局いかに多くの人に動画を見てもらえるか、ということが給料として直接的に関係してくるところであり、再生回数を増やせば増やすほど収入がアップすることになります。

ちなみに、YouTubeにおける広告の単価は1再生で約0.1円といわれています。

つまり、10万回再生されてやっと1万円の収入になる、ということです。

しかし、これは内容や時期によって変動があります。

ある時は1再生で0.1円だった単価が0.05円くらいになったということもあったようです。

それでは、かなり大きな差がありますよね。

収入がいっきに半減してしまいます。

しかし、それがずっと続くわけでもなく、時期的な要素が大きかったりするらしいです。

職業ランキング3位になった理由とは?

誰でも簡単に始められるYouTubeへのアップロード。

そして、再生回数やチャンネル登録者を増やすことができれば、それが自分の仕事となります。

それで、最近「自分もユーチューバーとして働きたい!」と思う人たちが増えています。

少し前に流れたユーチューバ―たちのCMも大きく関係していそうですね。

では、ユーチューバーがなりたい職業3位になったその理由とは、どんなところにあるのでしょうか??

好きなことで生きていける

やっぱり一番影響を与えたのは、あのCMでしょう。

「好きなことで、生きていく」。

何とも魅力的なフレーズですよね!
自分の好きなことを仕事にして、それで稼げるのなら、人生が楽しそう!って思います。

好きでもないことを毎日行って、毎日ストレスの中で生きていくのなら、同じようにストレスがあっても、好きなことで苦労しているほうがマシ、って思う若者たちは多いのです。

ユーチューバーたちが自由で、楽しそうな印象を与えてくれているので、そのような憧れというものが生まれているのかもしれません。

実際に、有名なユーチューバーたちがやっていることって、ちょっとくだらない、とにかく「楽しい!」ってことばかりですよね。

新しいゲームを試してみたり、歌ったり、踊ったり、料理を作ってみたり、とにかく遊んでいるみたい。

そんなノリで、楽しいことを仕事にできるならやっていたいと思うわけですね。

個性を活かすことができる

自分の個性を生かした仕事がしたい、と思うのは当然ですよね。

自分の感性や、持っているスキルを活かしてそれが仕事になれば最高!

こどものころって、自分の好きなことには夢中になれるし、そのことを追求するのが苦になることはありませんでしたよね。

そのようにして自分の個性を伸ばしていくことができて、それが将来自分の”職業”に結びついていくなら、なんだか働くのも苦に感じないかもしれません。

サッカーが好きな子供がサッカー選手になりたいと思うのと同じで、自分の個性や得意な分野を生かして、それを活用して仕事をすることができることは、いつの時代もみんなの願いなのかもしれませんね。

資格を必要としない

さらに、ユーチューバーになるために必要な資格などはありません。

有名な大学に行かなければできない、なれないということではなく、誰でも簡単にスタートすることができます。

資格や社会的立場などのめんどくさいことは抜きにして、自分の実力だけで食べていける職業、ということで、やってみたいと思う若者が多いのかもしれません。

確かに、資格もいらない、就職をしなくてもいいというのは魅力的。

しかし、その分もっともっと自分の中での努力と一握りの成功者になるための闘いを続ける覚悟というものは必要なんですけどね。

実際に、動画が一回再生されて約0.1円にしかならないんです。

本当にそれを”職業”にしようと思うなら、並大抵の努力では無理ですね。

無限に稼げる

自分の動画が人気になって、どんどん再生回数が増えれば増えるほど、それだけお金になるなんて夢がありますよね!

だって、HIKAKINみたいな超人気のユーチューバーの動画再生数を見ると簡単にだけど、月収どれくらいもらえているのかなって計算することができます。

それも、HIKAKINさんは服すのチャンネルを持っているから、それを合わせるとかなりの額になります。

推定億を超える年収だと言われてもいます。

ヤバイですよね・・・。

普通に会社に就職して、働くよりももっといっぱい稼いでいるということです。

確かに、自分のアップロードした動画がどれだけ人気になるかということで、人生が大きく変わります。

それで、無限に稼げる可能性があるとは言え、忘れてはいけないのが、逆に、全く稼げないということも多く、つまりはかなり両極端の可能性を持っている職業でもあるわけです。

ある調査によると、ユーチューバーとして成功している人は全体の10%くらいだそうです、
それも、その中でも収入には大きな差があって、HIKAKINさんのような人はその10%の中のほんの一握りの人なのです。

社会に縛られない

わたしたちはきっとみんな、何か型に収まらなくてはいけない、と思うと窮屈に思えますよね。

でも、社会に出るとそれが当たり前。

組織の中にいる以上、会社に縛られることは覚悟し、予想できることです。

でも自分で動画を作り、世界中に配信しているユーチューバーたちの生き方は、なんだかそのような会社に縛られている感じがありません。

自分の力で自分の能力や才能を十分に発揮して、それが仕事になっているような感じです。

それで、会社に縛られて一生を過ごすことへの嫌気を感じている若者たちは、ユーチューバーのような自分の力で仕事をすることへの憧れがあるのかもしれません。

しかし、それはその分、責任が重く、誰も守ってくれるものはないということになりますから、より覚悟と自分で新しいものを生み出し続ける能力が必要になるでしょう。

一度アップした動画は消えずにお金になる

ユーチューバーが憧れの職業である理由の一つに、一度アップロードした動画でずっと稼げるという利点があります。

つまり、無限に稼げる可能性があるわけです。

最近アップロードしたものではなくても、何かの機会に、話題になって急に再生回数を伸ばして、大きな収入になったなんてこともあります。

かなりラッキーですよね。

面白いことが好き

いつも面白いことを追求していたい、という人はユーチューバーに向いているかもしれませんね。

人気のユーチューバーたちがやっていることって、いつも楽しいこと、ちょっとバカバカしいことを全力でやっています。

普段の生活の中で普通の人があまりやらないことをやってみたりして、それを動画配信してくれているから、面白かったりするし、人を楽しませることが上手で、ある種のエンターテイナーでもあるわけなので、そのような人を楽しませたり、面白いことをしてそれを配信していくことに魅力を感じる若者たちも多いのです。

人を楽しませる仕事というのは昔からとても人気がありますよね。

自分の個性を十分に発揮して、面白いことをいっぱい追求して、それを世界中の人に配信できるなんて、すごく楽しそうな”仕事”に感じるのでしょう。

ユーチューバーに求められる能力

ユーチューバーという仕事はとても魅力的です。

面白いことを世界中の人に配信して、それに共感してくれる人たちやそれを喜んでくれる人たちからの指示を集められます。

そして、会社に縛られるようなイメージはなく、自分の力で切り開き、自分の個性や能力を最大限に発揮しながら仕事をしているような印象を受けますよね。

ということで、学生たちにとって「好きなことで、生きていく!」このフレーズは心にとっても響くものなのではないでしょうか?

しかし、なんでもそうですが「なりたい!」と思うだけでできる仕事なんてありません。

遊びなら、別にやってみればそれでいいのですが、それを”職業”にしよう、自分の生計を立てる手段にしよう、と思うなら、それなりの知識や能力、そして努力がいつも求められてきます。

ユーチューバーは誰でもなることができる資格もいらない仕事ですが、では、ユーチューバーになるためにはどんな能力が必要なのでしょうか?

どんな人が向いているのでしょうか??

個性

まず、個性が必要です。

個性というのは、その人個人が持つ特有の性質、特徴のことです。

つまり、その人が持つ人間性であったり、独特の雰囲気であったり、その人の強みというものです。

この個性がないと、数えきれないほど多くいるユーチューバーの中で、全く目立つこともなく、人を引き付ける何かを感じてもらうことは難しくなるでしょう。

人気で有名なユーチューバーになりたいなら、人としても魅力的でなければならないし、その人に何か惹きつけられる面白さとか、興味深さとか、魅力的な部分を持つ必要があるわけです。

それにみんなと同じことをしていたって、特に見てもらうことはできないでしょう。

自分の個性をどう生かせるのか、自分の魅力や強みは何なのかということをよく理解している人は、自分をうまく表現したり、自分という人間の個性を存分に生かした企画や動画を作ることができるでしょう。

あのHIKAKNさんも、最初のころに特技のビートボックスの動画で評価され、今の地位にまで上り詰めましたね!

企画力

何より必要なのが企画力です!

面白い動画を作る、人に見てもらう動画を作るためには、毎回人に影響を与えられる動画を作る企画を立てなくてはいけないのです。

YouTubeにはとにかくたくさんの動画が毎日配信されています。

その中で、多くの人がクリックして見たい!と思えるような動画ってなんでしょうか?

それも、自分の個性を生かしながら、それを作るのです。

ただただ、自分がこれをやってみたいからやってみた、ということだけで誰が見たいと思いますか?

ほんの少しの共感者がいたとしても、そこに収入なんて出てこないでしょう。

それに、他人と同じことをしたところで別に話題性も、面白さもありません。

それも、一つや二つではありません。

毎週いくつかの動画を配信しようと思うなら、その数の企画を考えなくてはいけないのです。

それができなくては、人気ユーチューバーにはなれないでしょう。

表現力

動画の中から、ネットを通じて世界中の人に伝えるわけなので、表現力だって試されます。

いったい何をやっているのか、何を伝えたいのか全然わからない動画って結構ありますけど、イライラしませんか?

相手に伝える仕事なので、表現力は不可欠です。

見る人の立場に立って、どんな風にしたら面白いのか、視聴者にはどのように見えるのか、ということを研究し尽くしているのが人気ユーチューバーなのです。

もし、自分は表現力があると思えるなら、一度動画で自分を撮ってみればわかります。

自分がいかにつまらないかを・・・。

人気ユーチューバーたちは、普通にやっているように見えますけど、実は話し方、ジェスチャー、体の動かし方、表情などすべてにおいて、視聴者を楽しませ、伝えるための表現スキルを駆使しているのです。

それを自然体にやってのけているところがプロなのです。

一見、自分たちが面白いと思ったことを楽しそうに自由にやっているように見えますけど、ただただやっているだけではないのです。

企画力に合わせて、人を楽しませられる、そして相手に伝えるための表現力を駆使して、オリジナリティ溢れる、見ていて惹きつけられる動画を作っているわけです。

動画編集能力

ユーチューバーに絶対に必要なスキルの一つは動画編集能力です。

ただただ動画を撮ったのをアップするのでは、グダグダのつまらない動画になってしまいます。

そんなの誰も見たくありません。

動画のテンポを考えて、不必要な間をカットしたり、無駄をなくしたり、インパクトを持たせたいところでテロップを表示させたり、効果音やBGMを入れたりします。

この点で勉強したいなら、人気ユーチューバーの動画をいっぱい見るといいです。

どんなところで、テロップが入っているのか、どんなスピード感で作っているのか、ということを勉強できます。

YouTubeを見ている人の多くは、じっくりと見ているというよりも、暇な時間とか間時間に流すということが多いでしょう。

それで、見ている人が一瞬で面白い!と感じられるスピードとか、無駄のない内容の動画を作るには、それなりの編集能力が必要なんですね。

さらに、動画を取る機材や動画編集ソフトなども調べてみると勉強になるでしょう。

コミュニケーション能力

成功しているユーチューバーさんたちは、実生活においてもコミュニケーションの能力に長けている人が多いようです。

確かに、考えてみると目の前にいる人と上手に意志を通わせたり、楽しくコミュニケーションをとれないと、実際に目の前にはいない人にどう伝えればいいのか、ということになります。

視聴者の立場に立って、視聴者が面白い、また見たいと思える動画を配信していかなくてはいけないので、このコミュ力は大切な要素になるのでしょう。

影響力

企業とのタイアップをしているユーチューバーたちは、ものすごい影響力を持っています。

実際、人気ユーチューバーとタイアップした動画を配信したところ、その商品への認知度、興味関心度、好感度、購買意欲はかなりアップしました。

はっきりとその影響力がわかる結果でした。

認知度はもちろんのことですが、それでも興味を持たせたり、好感度を上げたりするには、それなりのテクニックというものが必要でしょう。

企業としては、視聴者に対して影響力を持ち、自分たちの商品への関心や好感度をアップしてくれるユーチューバーとタイアップしたいと思うわけですので、ただただいつも新しいことを紹介している、ということではなく、見ている人の感情にも影響を与えるような動画を配信できるスキルを持っている必要があります。

そのためには、ここまで見てきた通り、個性、企画力、表現力などを駆使しつつ、ユーチューバー自身にも魅力と影響力という能力が必要になってくるでしょう。

体を張る勇気

人と違うことをする、インパクトのある動画を配信する、ということを考えると、自分の体を張ることも必要になったりします。

人気ユーチューバーの中には、とにかく体を張った実験とか、いたずらとかをやっていて、世界中に笑いと刺激を届けている人たちも多いです。

自分だったらこんなこと絶対にできないけど、実際にやっちゃっている人の動画って、見るの面白いでしょ?

何度でも見て笑える動画を作れば、再生回数は稼げるわけですけど、そのためには自分の身を犠牲にする覚悟がいるわけですね。