CoCoSiA(ココシア)

容姿で求められる6個の基準とは!?

付き合うなら顔じゃなくて性格重視だよね!!

などとは言いますが、きれいごとを抜きにすれば、やはり容姿がいい人のほうが得するように世の中はできています。

性格のいいブサイクより、意地悪なイケメンを選ぶ人も少なくありません。

男性も「性格が悪くても、美人ならそれでいい。性格美人でも顔がブスだと連れて歩きたくない」とズバッと言っている人もいます。

しかし、どのレベルの容姿であれば「基準クリア」と思ってもらえるのでしょうか。

「人間、顔じゃない」とは言いますが、容姿がいいのに越したことはありません。

基準をクリアできるレベルの容姿とはどのようなものなのでしょうか。

一般的に求められる容姿の基準をあげていきましょう。

この記事の目次

容姿で求められる6個の基準

「見た目なんて気にしない、付き合うなら性格がすべてだから」

と言っている人だって、本当は「少しでも見た目がいい方が本当は嬉しいな」と思うでしょう。

そう思って当然です。

人間誰だって、可愛いものやきれいなものに惹かれて当然ですからね。

悲しいかな、どれだけ性格がよくても、絶望的に容姿が悪いと、恋愛対象として見てもらえないのも事実です。

では、一般的に「このレベルなら合格!」と思ってもらえる容姿とはどんなものなのでしょうか。

よく言われる基準を見ていきます。

1、背の高さ


身長は、生まれながらにして決まっているものなので変えようがないのです。

でもどうしても、「高身長はかっこいい」とされてしまいます。

男性は特にそうですね。

小柄な男性だってもちろん魅力的な人もいます。

でも、「あと少し身長があれば完璧なのにな~」と言われてしまう男性もいます。

芸能人では岡田准一や木村拓哉がそのように言われています。

彼らが高身長であったら、無敵かもしれません。

逆に、向井理や坂口健太郎など、顔はそこまでインパクトがないように思われるタイプ。

彼らが、イケメンイケメンと言われるのは、身長が高いからだと思われます。

何となくこの二人が誰から見てもイケメンだと思われるのは、「高身長=素敵」という概念が世の中にあるからなのです。

このように、一般的に(特に男性は)高身長であるほど容姿がいいと言われがちです。

最近は女性も高身長な人が多いですね。

芸能界でも高身長な女優やモデルが活躍しています。

彼女たちは個性的な顔立ちでも「スレンダーな美人」のように形容されますよね。

これも「背が高くてかっこいい」と思う人が多いからです。

昔の結婚相手の条件で「3K」という言葉がありましたが、このKの一つは「高身長」のKです。

つまり昔から「背が高いのはいい容姿」と思われていたことになります。

身長だけがすべてではありませんが、高身長のほうが素敵だと思われるのはいつの時代も変わらないようです。

2、スタイルの良さ

背が高いだけではありません。

やはりスタイルも重要になってきます。

背が高いうえに、すらっとスマートな男性は人気があります。

いわゆる「ボン・キュ・ボン」の女性は男性に高評価です。

当たり前ですが、醜く贅肉がついたお腹を改善しようとしない人より、体系維持に気を遣っている人のほうが素敵に見えるのは当然ですもんね。

さらに、最近の若い世代は顔が小さいうえに足が長く細く、すらっとした人が多いので、なおさらスタイルが重視されます。

フィギュアスケーターの羽生結弦などは、典型的な最近の若者のスタイルです。

顔は小さく手足が長いので、多くの人に容姿でも支持されています。

このように、スタイルの良さを重視する人は多いのです。

なんなら「顔が普通でもスタイルがよければよし!」という人もいます。

(余談ですが、筆者が過去に付き合った男性で、「体系がスーパーモデル級のスタイルじゃないと結婚相手として見れない」という理想を持った男性もいました。スタイルってこれほど重要なんです。)

ふくよかな方が女性らしくて魅力的、という男性は多いです。

しかし、男性の言うふくよかは、決してデブとは違います。