CoCoSiA(ココシア)

暇人にあるあるな10個の特徴(続き2)

新幹線や飛行機となってしまうと、ある程度は覚悟の上で乗り物に乗っているでしょうが、電車の中や車の中ではそういうわけにもいきません。

特に、移動になれていない人は移動時間の暇をどのように使ってよいのか分からないということになってしまうのではないでしょうか。

毎日のように移動をしている人にとっては、手持ち無沙汰できょろきょろとしてしまうことはないでしょう。

それでも、その移動時間の暇さが好きだという人は珍しいのではないでしょうか。

普段は暇な時間を求めている人でも、あまり歓迎できない時間であるのが移動時間でです。

暇なときにすることって?

暇な時に、人はいったいどのようなことをするのでしょうか。

暇な時間を持て余している人にとっては、その時間に何をすれば良いのか分からずに困っているかもしれません。

予期せずに訪れた暇な時間は、家にいるわけでもない限りは、どう潰して良いのかを困るでしょう。

そんなときに、人がどのような行動をしているのか見てみましょう。

手持ち無沙汰な時に人がしがちな行動についてまとめてみました。

スマホゲーム

最近の人の場合には、スマホゲームをしていることが多いようですね。

電車の中で周りを見回してみると、驚くほどたくさんの人がスマホゲームに没頭しているということもあるのではないでしょうか。

病院でも、電源を切らなければいけないところ以外では、スマホゲームに熱中している人が多いでしょう。

スマホゲームは気軽にすることができますし、すぐにやめることができるのも魅力的ですよね。

空いた時間に楽しむためにはぴったりのアイテムだと言えるでしょう。

最近のスマホゲームはアプリで無料で購入することができるものも多いので、課金するのが嫌な人はこうしたものを利用しているようです。

ゲームの機械を持ち歩くほど熱中してやりたいわけではないけれど、暇な時間を楽しく過ごしたいなという方は、ぜひスマホゲームを探してみてください。

スマホゲームにも色々な種類があります。

パズルやシミュレーションゲームなど、好みに合うものがないか見てみると良いでしょう。

音楽を聴く

イヤホンを耳に付けているという人も少なくないのではないでしょうか。

ポータブルの音楽プレーヤーも普及していますし、最近ではスマホやiPhoneで音楽を聴くことができるのが便利ですよね。

音楽が好きな人なら、暇な時間に何か曲を聞いているだけで楽しい気持ちになることができるのではないでしょうか。

音漏れをしていない限りは周りに迷惑をかけることもありません。

若干、外の世界に対しての注意が逸れてしまうのは欠点と言えるかもしれませんが、自分一人の世界の閉じこもることができる点も魅力的ですね。

電車の中や待合室では人との距離が近いことで、落ち着かない気分になることもあります。

そういったときに音楽を聞いていれば、自分一人の世界に入ることができるので、落ち着くことができるのです。

ただし、音漏れと周囲への配慮、注意散漫になることだけは気を付けてくださいね。

本を読む

昔から暇な時間に使われてきたのが「本を読む」という行動でしょう。

文庫本を持っていれば、どんな暇な時間でも取り出して読むことができますよね。

本好きな人にとっては、人が嫌がるような移動時間や待ち時間こそが趣味に没頭できる楽しい時間になるのかもしれません。

文庫本にも多くの種類がありますから、好みに合う本を見つけることができれば、暇をつぶすには最適な方法だと言えるでしょう。

また、最近では電子書籍も流行っています。

持ち運ぶのが重くて嫌だという方は、スマホの中にアプリを入れておけば、どこでも読むことができます。

こうしたものを利用して読書にいそしんでいる人も多いでしょう。

暇人にあるあるな10個の特徴

急に暇ができて困っている人もそうですし、長めの休暇を取ってすることがない人はいわゆる「暇人」という状態になりますね。

学生の夏休みなどには暇人状態になっている人も少なくないでしょう。

暇人というのはあまり歓迎されるものではありませんし、暇人だと言われると何となく嫌な気分になる人もいるでしょう。

それでは、どうして暇人であることが人にばれてしまうのでしょうか。

肥満人にあるあるな10個の特徴についてまとめてみました。

暇な時間を持て余している人は、無意識のうちにこれらの行動をしているのかもしれません。

自分の行動を振り返ってみると良いでしょう。

1.携帯に執着している

暇人の特徴の一つとしては、携帯に執着しているというものが挙げられるでしょう。

現在では、携帯電話は色々なことができるツールになりました。

インターネットもできますし、電話もできます。