皆さんは、ラグジュアリーという言葉を聞いたことはありますか?最近よく聞く言葉ですが、この意味はご存知でしょうか?ラグジュアリーとは、「贅沢な」「高級な」というような意味があります。

この言葉は、ラテン語で「Luxus」(ルクスス)という言葉が語源となっており、「贅沢」とか「過多」という意味を持っています。

物質的な贅沢のことを指す場合もありますが、精神的な贅沢についてもこの言葉を使います。

目に見える贅沢品についても「ラグジュアリー」を使いますし、「贅沢な朝」など気分的なものを表すような場合にも使用します。

では、最近なぜ日本でもこの「ラグジュアリー」という言葉が使われ始め出したのでしょうか?日本人は、贅沢な暮しに憧れ始めたのでしょうか?時代背景がこのような願望を生みだしているのでしょうか?

今回は、ラグジュアリーなもの25選について詳しく見て行くとともに、ラグジュアリーの何が人々を魅了し、興味へ誘うのか調べてみました。

ラグジュアリーな人生を送りたいあなたへ!

ラグジュアリーな人生とはどういうものでしょう?単に贅沢をしたいということでしょうか?ラグジュアリーと言う言葉のニュアンスや響きから想像できるように、同じ贅沢でも「上質な贅沢」「上品な生活」というイメージなのではないでしょうか?

ラグジュアリーな人生を送ってみたいと思われている方は、どういう人生を思い描いていますか?お金持ちであること。

もちろんそれがベースになっていると思います。

しかし、本当のお金持ちは、お金の使い方も本物です。

ラグジュアリーな生活をしたい、セレブになりたいと思っていらっしゃる方、まずは本物のラグジュアリーな人生とはどういうものなのか、どういうお金の使い方が正しいのか考えて見る必要があります。

1. ラグジュアリーの定義とは?


では、一体ラグジュアリーの定義とはなんなのでしょう?なにをもって「贅沢な暮し」とするのでしょうか?現在ラグジュアリーな人生を送っている人は、お金にも心にも余裕のある人達です。

つまり、「社会が生みだした余裕」の部分に位置している人達であると言えます。

また、経済史家ゾンバルトは「必需品を上まわるものにかける出費のこと」をラグジュアリーな品物、事柄と呼ぶと言っています。

必需品を上回るというのは、生活に絶対に必要な必需品プラス、心の余裕を楽しむために必要な品物ということです。

さらに、必需品の中でも妥協したものでは無く、自分が納得して使いたいもの、価格を気にしないで品物の本質だけを見て買うという意味でもあります。

買い物をする際も、値段で決めずに商品で決めるという感じでしょうか。

ラグジュアリーの定義は、物質的・金銭的以外にも精神的に高級感を実感できる、贅沢を感じられるかどうかが基準となると言えます。

2. どれくらい高ければラグジュアリーなの?

ラグジュアリーの定義は、金額ではありません。

また、価格が高ければラグジュアリーかと言われればそうでもありません。

例えば先祖代々受け継がれてきたものなどは、ラグジュアリーですが値段を付けることはできません。

どれくらい高ければラグジュアリーなのかというのは、どれくらい値段が高ければラグジュアリーなのかではなく、人が贅沢だと感じる精神に、どれくらい訴えかけられるか、テンションが高くなるかという基準になります。

ですので、ラグジュアリーかそうでないかを決めるのは、実際にそれを使う人が決めることであり、人によっても感覚が全く違います。

3. なかなか手に入らないものはラグジュアリー?

これも、個人的な見解によります。

希少価値が高いものを「ラグジュアリー」だと思っているのであればそうです。

価格が高いとラグジュアリーであると定義づけている人がいれば、その人にとっては価格が高いものこそラグジュアリーであると言えます。

なかなか入手できないというのも、生産数が圧倒的に少ないので入手できないのか、高すぎて入手できないのかとでは違います。

希少なものであれば価格は安くてもラグジュアリーだと言えることもあります。

ただし、ラグジュアリーと言う言葉の持つ意味を考えますと、「贅沢品」となるわけですから、はっきり言って、あってもなくても良いものであるとも言えるのです。

なかなか入手できないが、入手できなくても特に困らないもの。

それを贅沢品と呼ぶのであれば、それはラグジュアリーであると言えます。

ラグジュアリーなもの25選


では、さっそく一般的に「ラグジュアリー」と呼ばれるものをご紹介して行きましょう。

もちろん、人によってラグジュアリーだと思う感覚が違いますので、これからご紹介するのはあくまで一般的にみてというものです。

この25個のラグジュアリーたちはもちろんですが、皆さん自身の皆さんだけのオリジナルラグジュアリーを是非みつけてみてください。

ラグジュアリーなものは、昔から人々の憧れのモチーフでした。

これを手に入れるために頑張る、これを手にしてもおかしくない地位に昇り詰めるなど、人間の人生においてのステータス、目標にも一役かってきました。

ではなぜこれらが人々の「憧れ」になっていったのでしょう?それは、このようなラグジュアリーたちに囲まれて過ごしている人に憧れを抱いたからではないでしょうか?

1. 豪華客船の旅

タイタニックという映画をご覧になったことはありますか?男性が女性を後ろから抱き締めて、女性は両手を広げて大海原を思い切り感じるというシーンだけが独り歩きしているイメージがありますが、あの映画に出て来たタイタニック号はかなり大きな豪華客船です。

豪華客船は、クルーズ客船の豪華版である船のことですが、旅客たちに船旅を楽しんでモラル用にさまざまな設備が整えられた船のことをあらわします。

ただし、豪華客船であっても部屋のすべてが高額なわけではありません。

一般客向けや、何人かと共同で寝泊まりできるような、ランクが下の部屋も存在します。

ラグジュアリー感覚でいうところの豪華客船は、そのなかでも部屋代がかなり高額なミニスイートやスイートのことを言っています。

長い船旅の間に楽しむ豪華な食事や毎日開催されるパーティなど、華やかな豪華客船での日々はラグジュアリーな生活に憧れている人の目指している生活であるとも言えるでしょう。

2. 豪華列車の旅

こちらは、列車の旅です。

豪華列車も豪華客船同様に、旅人達を運ぶ乗り物の豪華バージョンです。

こちらも船と同じく、全ての席が高額なわけではありません。

また、一般的に豪華列車は宿泊できる列車のことを意味しますので、夜行列車などがこれにあたります。

日本にも豪華列車はもちろんありますが、日数的にはそんなに多く滞在期間の設定がある列車はありません。

ですので、豪華列車の旅を存分に楽しみたいのであれば海外の列車に乗るのがおススメです。

飛行機では味わうことのできない、列車からの車窓風景はそれを感じるだけでも贅沢です。

ゆったりと景色の移り変わりを見ながら、お酒や食事を楽しむなどまさにラグジュアリーな旅を約束してくれること間違いなしですね。

3. 高級ホテルのスウィートルーム

一般のビジネスホテルやシティホテルと違い、ランクの高い都市ホテルです。

スタンダードルームであっても、ビジネスホテルのシングルルームよりもかなり高額です。

しかし、この高級ホテルのスイートともなれば、広さも価格もサービスも全く違います。

お部屋の階も、最上階であることが多く、部屋の景色を思い切り楽しむことが可能です。

また、部屋の数もかなり多いですし、ひとつひとつのお部屋がかなり広い造りとなっています。

部屋にはキッチンが整備されており、部屋にシェフを呼んでそこで料理を提供してもらうことなど、普通の部屋ではできないサービスを受けることが可能です。

利用者は主に芸能人や、社会的地位のある方、国家を代表して来日してこられたVIPなどが多く、一般のお客様はあまり利用することはありません。

つまり、高級ホテルのスイートを利用できるようになるということは、それだけでセレブの証になるわけです。

4. ダイヤモンドが散りばめられた時計

時計は、お金持ちのステータスでもあるグッズです。

この時計を買えるようになるために頑張った、自分へのご褒美などで時計を自分にプレゼントする方が多いようです。

中でも、ROREXなどの高級ブランド時計は、数百万から高いものでは数千万円するものもあります。

ブランド品であるというだけで高いというのもありますが、使っている素材もこだわっています。

大理石の文字盤や、ダイヤモンドが装飾されているもの、時計の土台やベルトも純金でできているものなどが人気です。

芸能人の方の中には、主役がもらえたご褒美に自分用に購入したという方もおられます。

また、高級品ですので、親から代々譲られているという時計もあるでしょう。

豪華な時計はラグジュアリーな生活にはかかせないアイテムであると言えますね。

5. 高級車

車もラグジュアリーな生活には欠かせないアイテムです。

ラグジュアリーな生活基準で言えばやはり普通の車ではなく高級車を持つのがステイタスでしょう。

国産車でも高級車はたくさんありますが、一番思い浮かぶのはやはり外車ですね。

外車は、外車であるというだけで既にラグジュアリー感満載です。

もちろん価格も高いですが、ボディのデザインだけでなく、車内のデザインもとても高級感あふれるデザインとなっています。

特に車内の装備として使用されているものは、革張りの椅子ですとか、ドアの取っ手部分に使ってある素材など全てが高級素材を使用していますので、とてもラグジュアリー感があります。

最近では、ベンツやBMWなどの外車に乗られている方が増えましたが、やはり普通の国産車よりはかなり高額ですので、これらに乗っているということはラグジュアリーな生活をしているとみていいでしょう。

6. 高価な宝石

高価な宝石も、ラグジュアリーアイテムの一つです。

特に女性が身につけるアイテムですが、男性が女性に贈るプレゼントの中でも、宝石については男性側は贈りたい、女性側は贈られたい願望の上位を占めるアイテムなのではないでしょうか?

宝石にもいろいろなランクがあります。

高価な宝石は、希少価値のある石が何種類か組み合わさっているものや、高級な石でもかなり大きなものがデザインされているものがあります。

宝石の質や透明度もかなり高いもので、石だけでもとても高額な値打ちがあるものです。

高価な宝石は、身につけているだけで気分もあがりますし、華やかな雰囲気になれますよね。

ラグジュリーのものを身につけると、このように気分が高まると言うのが特徴でもあります。

7. 煌びやかなパーティードレス

パーティドレスも、リーズナブルなものもありますが、ラグジュアリーを求めるのなら高級ドレスを選びましょう。

ブランド物を着ても良いですし、素材にこだわったものでもかまいません。

パーティドレスは普段着とは違いますので、言って見れば不要品です。

しかし、この普段の生活には必要の無いもの、その上をいくものこそがラグジュアリーの定義です。

年に数回しか着ないものであるからこそ、その日一番自分を輝かせてくれるドレスを手に入れるべきですね。

もちろんただきらびやかなドレスを身にまとうだけではだめです。

そのドレスに相応しい装飾品を身につけるだけでなく、ドレスに恥じない行動・言動を行わなければなりません。

8. 数千万以上の絵画

お金持ちの家に必ずある、名画。

これも、生活必需品ではありませんが、絵画や名画はラグジュアリーを象徴するアイテムの一つです。

特に絵画は、ものによっては1枚数千万円以上のものもあります。

もちろん、気に入った絵を飾るのがベストですが、ラグジュアリーな生活に相応しい高価な絵を飾れるようになるのも憧れです。

特に絵画などの芸術品は、その価値をわかっていなければあまり意味がありません。

値段で選ぶのではなく、その絵がどうして高額なのか、どれほどの値打ちがあるのかを理解できるような感性を磨いて行かなければなりません。

ラグジュアリーな生活をするというのは、単に高級品・高額品に囲まれているだけではダメなのです。

9. お金持ちが集まるパーティー

パーティにもいろいろありますが、ラグジュアリーな生活がしたいなら、ラグジュアリーな人達に囲まれることが近道です。

ですので、パーティに参加するにしても、あまりチープなパーティに参加するのではなく、ホームパーティであってもお金持ちが集まる集まりの仲間に入れてもらうようにしてみましょう。

お金持ちが集まるパーティは、皆さんがお金を持っていると言うだけでなく、さまざまな価値観を目の当たりにすることができますので、きっといい刺激を受けることができると思います。

お金持ちが集まるパーティへの参加は、一般の方はなかなか難しいかもしれませんが、機会があれば是非行ってみましょう。

きっと、ますますラグジュアリーな生活に憧れを抱くでしょうし、今まで憧れでしか無かったものが具体的なビジョンとして明確になってくることでしょう。