CoCoSiA(ココシア)

ラグジュアリーなもの25選。ホテルやバッグなどこんなセレブ生活に憧れる!


皆さんは、ラグジュアリーという言葉を聞いたことはありますか?最近よく聞く言葉ですが、この意味はご存知でしょうか?ラグジュアリーとは、「贅沢な」「高級な」というような意味があります。

この言葉は、ラテン語で「Luxus」(ルクスス)という言葉が語源となっており、「贅沢」とか「過多」という意味を持っています。

物質的な贅沢のことを指す場合もありますが、精神的な贅沢についてもこの言葉を使います。

目に見える贅沢品についても「ラグジュアリー」を使いますし、「贅沢な朝」など気分的なものを表すような場合にも使用します。

では、最近なぜ日本でもこの「ラグジュアリー」という言葉が使われ始め出したのでしょうか?日本人は、贅沢な暮しに憧れ始めたのでしょうか?時代背景がこのような願望を生みだしているのでしょうか?

今回は、ラグジュアリーなもの25選について詳しく見て行くとともに、ラグジュアリーの何が人々を魅了し、興味へ誘うのか調べてみました。

この記事の目次

ラグジュアリーな人生を送りたいあなたへ!

ラグジュアリーな人生とはどういうものでしょう?単に贅沢をしたいということでしょうか?ラグジュアリーと言う言葉のニュアンスや響きから想像できるように、同じ贅沢でも「上質な贅沢」「上品な生活」というイメージなのではないでしょうか?

ラグジュアリーな人生を送ってみたいと思われている方は、どういう人生を思い描いていますか?お金持ちであること。

もちろんそれがベースになっていると思います。

しかし、本当のお金持ちは、お金の使い方も本物です。

ラグジュアリーな生活をしたい、セレブになりたいと思っていらっしゃる方、まずは本物のラグジュアリーな人生とはどういうものなのか、どういうお金の使い方が正しいのか考えて見る必要があります。

1. ラグジュアリーの定義とは?


では、一体ラグジュアリーの定義とはなんなのでしょう?なにをもって「贅沢な暮し」とするのでしょうか?現在ラグジュアリーな人生を送っている人は、お金にも心にも余裕のある人達です。

つまり、「社会が生みだした余裕」の部分に位置している人達であると言えます。

また、経済史家ゾンバルトは「必需品を上まわるものにかける出費のこと」をラグジュアリーな品物、事柄と呼ぶと言っています。

必需品を上回るというのは、生活に絶対に必要な必需品プラス、心の余裕を楽しむために必要な品物ということです。

さらに、必需品の中でも妥協したものでは無く、自分が納得して使いたいもの、価格を気にしないで品物の本質だけを見て買うという意味でもあります。

買い物をする際も、値段で決めずに商品で決めるという感じでしょうか。

ラグジュアリーの定義は、物質的・金銭的以外にも精神的に高級感を実感できる、贅沢を感じられるかどうかが基準となると言えます。

2. どれくらい高ければラグジュアリーなの?

ラグジュアリーの定義は、金額ではありません。

また、価格が高ければラグジュアリーかと言われればそうでもありません。

例えば先祖代々受け継がれてきたものなどは、ラグジュアリーですが値段を付けることはできません。

どれくらい高ければラグジュアリーなのかというのは、どれくらい値段が高ければラグジュアリーなのかではなく、人が贅沢だと感じる精神に、どれくらい訴えかけられるか、テンションが高くなるかという基準になります。

ですので、ラグジュアリーかそうでないかを決めるのは、実際にそれを使う人が決めることであり、人によっても感覚が全く違います。

3. なかなか手に入らないものはラグジュアリー?

これも、個人的な見解によります。

希少価値が高いものを「ラグジュアリー」だと思っているのであればそうです。

価格が高いとラグジュアリーであると定義づけている人がいれば、その人にとっては価格が高いものこそラグジュアリーであると言えます。

なかなか入手できないというのも、生産数が圧倒的に少ないので入手できないのか、高すぎて入手できないのかとでは違います。

希少なものであれば価格は安くてもラグジュアリーだと言えることもあります。

ただし、ラグジュアリーと言う言葉の持つ意味を考えますと、「贅沢品」となるわけですから、はっきり言って、あってもなくても良いものであるとも言えるのです。

なかなか入手できないが、入手できなくても特に困らないもの。

それを贅沢品と呼ぶのであれば、それはラグジュアリーであると言えます。

ラグジュアリーなもの25選


では、さっそく一般的に「ラグジュアリー」と呼ばれるものをご紹介して行きましょう。

もちろん、人によってラグジュアリーだと思う感覚が違いますので、これからご紹介するのはあくまで一般的にみてというものです。

この25個のラグジュアリーたちはもちろんですが、皆さん自身の皆さんだけのオリジナルラグジュアリーを是非みつけてみてください。

ラグジュアリーなものは、昔から人々の憧れのモチーフでした。

これを手に入れるために頑張る、これを手にしてもおかしくない地位に昇り詰めるなど、人間の人生においてのステータス、目標にも一役かってきました。

ではなぜこれらが人々の「憧れ」になっていったのでしょう?それは、このようなラグジュアリーたちに囲まれて過ごしている人に憧れを抱いたからではないでしょうか?

1. 豪華客船の旅

タイタニックという映画をご覧になったことはありますか?男性が女性を後ろから抱き締めて、女性は両手を広げて大海原を思い切り感じるというシーンだけが独り歩きしているイメージがありますが、あの映画に出て来たタイタニック号はかなり大きな豪華客船です。

豪華客船は、クルーズ客船の豪華版である船のことですが、旅客たちに船旅を楽しんでモラル用にさまざまな設備が整えられた船のことをあらわします。