なぜかわからないのですが、物を長く使うことに関しては日本ではポジティブに考える向きがあります。

そのために、もうこの靴なんてはいて5年だよとか、この服、先祖代々からおさがりとして使われてきているの!

という感じに、物に対しての説明でどれだけ使われてきたのかなどを話すことが多いのです。

なぜ、幸も日本人は物を長く使うことに関して敏感なのかわかりますか?

そう聞かれると、当然のことのように思っている人は多いので、このなぜの部分がわからない人はいっぱいいらっしゃいます。

では、なぜものを長く使う習慣があるのかと言いますと、昔から日本はあらゆるものに神が宿っているという考えを持っていました。

いわゆる八百万神と呼ばれるもので、日本のあらゆるものに神が宿っていると教えがあったためにその名残として物を大切にする文化が培ってきたのだと思います。

ただ、神がいるからという理由で物を長く使っているとは限りません。

そこで、今回こちらの記事ではものを長く使うことに関してのメリットなどをまとめましたので、ぜひ、参考にしてください。

物に愛着を持つことは悪いことでもありませんよ。

ある意味、日本人らしいと言ってもいい文化なのかもしれませんので、ぜひ、深く理解しましょう。

愛着を持って長く使える人と使えない人がいる

物を大切にするとは言いますが、日本人のみんなが必ずしもそうだとは限らないのです。

中にはスパッと捨ててしまう方もいらっしゃるほどです。

要は、物に対して愛着を持つことができるかどうかなのです。

意外と日本人の方でもものに対して愛着を持てない方は結構いらっしゃいますよ。

ほとんどの方はおそらく、高所得の方は愛着を持つような感じはなく、低所得者が愛着を持つと言う感じに思っている人は多くいらっしゃいますが、これは大きな勘違いです。

割合的には低所得者の方が物を長く使えない傾向が高いのです。

なぜなら、物を値段で決めて選んでいるからです。

そのために、物を安物と言う感じに見てしまっているのです。

逆に高所得者は物を大切に使う傾向が強いのです。

要は、物を本質を見て選んでいるからです。

また、よく勘違いが多いのが物を捨てられずに残していてごみ屋敷になってしまっていることを考えてしまう人もいらっしゃいますが、これは物に愛着があるのではなく、ただの面倒くさがり屋です。

この辺りを勘違いしなければ、物を長く使うことに関してポジティブに考えることができて、以前よりも長く使用できるかもしれませんよ。

愛着を持って長く使う人はモノを大事にする傾向がある


物を大事に使う人は、愛着を持って使う傾向があります。

それはなぜかと言いますと、意識していなくても、物も思いを持っていると感じているからです。

おそらくこれは八百万神から来ている文化とも言えます。

なぜか物に対して意思を持っていると思えてしまうらしいです。

そのためかおそらく経験された方もいらっしゃるかもしれませんが、物にぶつかった時などに、「ごめんなさい」と謝ってしまうことってあったと思います。

そう、このように日本人の遺伝子レベルまでこの文化は浸透しているのです。

また、深く考える人はこの物を作った人に感謝の気持ちを込めて長く使おうと考えるらしいです。

要は、物に対してどのように見れるかによって接し方が違ってくるのです。

ただ使うと言う感じで接しているとものを長く使うのは難しいみたいです。

物もただ使われるために生まれてきたわけではないのです。

長く使う方は、物をパートナーと言った感じに見るのです。

しかし、なぜそこまでできるのかと言いますと、日本人の文化がしっかり宿っているか、もしくは、物をちゃんと選んでいるかなど、理由は多々ありますが、駒として見ていないからそうなっているのです。

どんな値段のものでも大切に扱う

使うものとして見てしまう人は、物を値段でしか見ていない可能性があります。

なぜなら、安いからすぐ壊れるなどという感じに見てしまっているのです。

要は値段で判断すると、おそらくほとんどの人は安いものに対して愛着を持てないのです。

しかし、しっかり物を大切にする人は、物の価値を値段だけで判断しません。

しっかり物の本質を見るのです。

そのために、どんなに安いものでも、しっかり使用するのです。

故に、物は値段で価値を付けられるものではないのです。

しかし、実は日本人でも物を値段で判断してしまう人は結構多くいらっしゃいます。

特に低所得者の方にこの傾向が強いのです。

なぜかと言いますと、節約などに走ってしまうからです。

結局ものを値段でしか見ていないので、壊れてもまた買えばいいと言う感じで、物に対して接しているのでそうなってしまうのです。

物にも意思はありますし、また、そのような感じで物に接している人のところには、そのようなものしか寄ってこないのです。

つまり、物に対してしっかり愛着を持って接することができれば、それ相応の物があなたのところへやってきますよ。

ぜひ、物を大切に使うようにしましょう。

あなたにとっても、モノにとってもメリット大です。

愛着を持って長くモノを使うことの8個のメリット

ここまでの説明で愛着を持って長く使うことに関してもう少し詳しく知りたいと思った方は多くいらっしゃると思います。

そこで、ここからは愛着を持って長くモノを使うことのメリットをご紹介します。

おそらくモノに対して愛着を持てない人でも、メリットがあるとわかれば、愛着を持って長く使うことができるかもしれませんよ。

なぜなら、人はメリットがわかると身に付けたくなってしまうのです。

近年流行りだしているもののほとんどがメリットが明確にわかったから流行っているという感じになっています。

つまり、ここでしっかり愛着を持ってモノを長く使うことのメリットがわかれば、モノに対しての無駄使いが減るのです。

ぜひ、しっかりメリットを把握しましょう。

大きくピックアップして、8個のメリットがございますので、まずはあなたにとって身近なものか、もしくは、読んでいてピンときたものなどから覚えていくといいかもしれませんよ。

1つでもあなたにとって最高のメリットとなるものがあるのであれば、あとは身に付けようと意識すればいいだけです。

ぜひ、しっかりと読みながらメリットを把握していきましょう。

モノにもちゃんと意思がありますので、ぜひ、ここで改めて理解していただきたいです。

1.お金を使わない

モノに対して長く使う習慣がつくと、いちいち買い替えたりしなくて済むのです。

なぜかと言いますと、愛着を持っているので、長く使おうと思うのです。

大体、家計を圧迫するのが買い替えなのです。

特に電車路線が発達していない地方などでは自動車が必須アイテムになっていますが、自動車もいずれは壊れます。

しかし、初期費用を抑えるために安い自動車に手を出す人は多くいらっしゃいますが、たいていすぐに壊れて廃車になって、また買い換えないといけないという感じになってしまいます。

自動車は高い買い物なので、なるべく壊れないものがいいですね。

壊れないために愛着を持つのが大事ですが、なかなか買う時から愛着を持つ人など少ないのです。

ただ、高級車などを購入した場合は嫌でも愛着を持って大切にしようと考える人が多いのではないでしょうか?中古よりも新車というのは、そのためです。

まあ、高価なものに限らずにすべてにおいて愛着を持って接することで無駄な消費を抑えることができますよ。

まずは購入する時から、愛着を持てるのかどうかチェックしましょう。

チェックは簡単です。

見た時や触った時にきらめくかどうかです。

買い替える必要がない

先ほども述べていますが、愛着を持ってモノを大切に使うことでモノは長続きします。

つまり、モノの寿命が長くなるのです。

たかがモノとお思いでしょうが、それでも寿命が長くなることは大切です。

これを人間と考えたとしましょう。

人は寿命を全うすると残された人がちゃんと葬式などを開きますが、葬式を開くとなると大変お金がかかります。

そうなのです。

例えモノであっても寿命を全うするとお金がかかってしまうのです。

なら、なるべく買い替えをすることを押さえたいですよね。

なら、壊れないものを買えばいいのではと言いますが、世の中に壊れないものなどございません。

モノである限り壊れてしまうのです。

つまり、モノの寿命も長い方がいいのです。

そのためにも、愛着を持ってしっかりモノを大切に使わないといけないのです。

そうすることであなたの家族の家計を助けることにもつながるのです。

家計をおさえるために節約と言いますが、一番はモノを大切に使うことなのではないでしょうか?

そう考えると愛着を持ってモノを大切に使った家計を助けたいですよね。

そう考えるとモノも家族の一員なのです。

どこかの家具屋が「家具も家族一員」と言って売り出していましたが、まさにその通りなのかもしれませんね。

2.自分のお気に入りができる


モノに対して愛着を持つとお気に入りになってしまうので、ものすごく大切に扱うようになるのです。

行き過ぎるとこれでないとダメというような感じにこだわりタイプになってしまう可能性があります。

よく、昔の逆マンガなどでは、修学旅行に行くのに、枕を持参する高校生などを描くマンガがありましたが、まさにあのような状態です。

この枕でないと寝ることができないのと言った感じになるので、つまり、愛着を持って接することでモノがお気に入りになってしまうので、自然と長く使うし、こだわりの物になってしまうのです。

よく、販売業務をしている人などはこのような人を見つけて、自社の製品をお気に入りにしていただき、周囲にこれがいいと言って顧客を増やすと言った手段を使っている人も結構多くいらっしゃいますよ。

昔みたいに、営業がこれいいですよ。

と言って販売する手法が今ではなかなか効果が発揮されないみたいです。

やっぱり口コミの方が相手には信頼度があるようです。

つまり、このようにお気にいりを持ってしまう人が現れることが日本の経済の活性化にもつながるのかもしれませんよ。

こだわりを持つと周囲を見れなくなってしまうと言いますが、そんなことはございません。

逆にアピールするために余計に周囲を見渡す可能性がありますよ。

なんでもいいと思わなくなる

お気に入りができてしまうと、モノに対してなんでもいいというわけにはいかなくなるのです。

もうそれでないとダメという感じになってしまうので、企業側としてこのような人間を囲い込みたいと思ってしまうのです。

例えば、ナイキのエアーマックス95を履いてその履き心地と周囲からの指摘で、エアーマックス95しか履きたくないと思う人は結構多くいらっしゃるみたいですよ。

このように、いつ、どこで、どのタイミングであなたが好きになるものができるのかわからないのです。

このようについとっさに好きになってものすごいヘビーユーザーになってしまうことがあるのです。

大手企業などはこのヘビーユーザーをいくつ獲得するかが勝負の決め手になると言われています。

要は誰でもいいと言う感じに販売していないので、しっかりモノを作っているのです。

ブランド物はそのような人を対象にしてしっかり作っているから長くもつモノが多いのです。

人間も同じような感じでモノを選ぶときになんでもいいと思うのは辞めにしましょう。

モノを作っている人に失礼ですよ。

作っている人はちゃんと喜んでほしいと思って作っているのですから!

3.値段は関係ないと思える

例えやすいものでも愛着を持って使うことで長持ちするのです。

そうなると、もはや値段など気にしなくなるのです。

よく、安いものはすぐに壊れやすいと言います。

しかし、しっかり愛着を持って使うことで、長持ちさせることができるのです。

例えば、20万円ぐらいの軽自動車と1000万円のスポーツカーがあったとします。

購入してその日に事故を起こして廃車になる可能性もありますよね。

つまり、値段に限らず愛着を持って使用することで、どんなモノでも長続きするのです。

つまり、モノが長持ちするかどうかは、値段ではないのです。

あなたがいかに愛着を持って使用することができるかどうか鍵になっているのです。

故に安物だからといって雑に扱うのではなく、大切に使えば、そのモノの値段よりも高いモノよりも長く使用することができるかもしれませんよ。

モノを長く使うかどうかはあなた次第です。

ぜひ、値段には左右されずに長く使うようにしましょう。

そうすることで、少しは懐にも優しくなりますよ。