CoCoSiA(ココシア)

自分へのご褒美におすすめな12個のもの


仕事に、家事に女性が疲れを感じた時、目標を見失ったり、目標があまりに遠すぎて息切れしそうになるのを防ぐために、自分へのご褒美という考え方は必要です。

では、自分へのご褒美にはどんなものがあるのでしょうか?

今回は、自分へのご褒美におすすめなものと、自分へのご褒美をする時に気をつけてほしいことをご紹介していきます。

この記事の目次

頑張った自分へのご褒美ほしくない?

自分へのご褒美というと、自分を甘やかしてるのではないかと少し罪悪感があるかもしれません。

しかし、毎日一生懸命頑張っているんだから自分にご褒美を用意して、自分をちゃんと褒めてあげましょう。

ご褒美があればそれを楽しみに最後までやりきることができるし、ご褒美をモチベーションにして明日からまた頑張ることがでます。

毎日、仕事や勉強、家事に子育てにと人それぞれ頑張ったことは違うと思いますが、頑張った分だけ自分にたっぷりとご褒美をあげましょう。

たまには自分の好きなことにお金を使ったり、贅沢をしてみませんか?

自分へのご褒美におすすめな12個のもの

自分へのご褒美に何を買ったらいいのか迷っている方のために、自分へのご褒美におすすめなものをご紹介していきます。

頑張った自分の心を満たしてくれる素敵なご褒美を見つけてくださいね。

①洋服


女性にとって自分へのご褒美というと、まずは洋服を思い浮かべるの人も多いかもしれません。

洋服は自分へのご褒美にはぴったりです。

新しい洋服を着ればまた新たな気持ちでスタートすることができます。

気になっていたブランドの服を買ってみるのもいいですし、実際にお店に行ってみて今の気分に合う服を探してみるのも楽しいですね。

また、せっかくのご褒美なので普段は買えないようなハイブランドを買ってみるのも良いかもしれません。

妥協することなく、お気に入りの服を見つけて自分へプレゼントしましょう。

その洋服を着るたびに自分が頑張ったことを思い出すことができるでしょう。

②アクセサリー

毎日つけられるアクセサリーは、自分へのご褒美に選ぶ女性も多いかもしれません。

アクセサリーは自分を美しくしてくれるものなので気持ちを高めてくれます。

アクセサリーといっても多くの種類があるので、指輪やピアス、ネックレスなど自分が今欲しいアイテムを探してみましょう。

ピアスやイヤリングなどの顔周りにくるアクセサリーは、ダイレクトに顔の印象をUPしてくれますし、つけるだけで華やかさを出すことができます。

ピアスの穴を開けていない人も、イヤーカフなら気軽にオシャレを楽しめます。

指輪は恋人からもらうものという印象が強いかもしれませんが、自分の好みのデザインをご褒美として自分にプレゼントする女性も多いようです。

アクセサリーは、仕事でも特別な場でもいつも身につけていられるものです。

そして、後々まで形が残るアイテムで、これはあのとき自分へのご褒美として買ったなと想い出にもなるのも良いですよね。

③高価な食事


美味しいものを食べると人は元気になれます。

ストレスを発散するときにはなぜか高価な食事をしようなどとは考えず、たくさん食べたり飲んだりできるところを選んでしまいがちです。

しかし、自分へのご褒美をと考えるなら、どこか気持ちにゆとりがあってゆったりと食事をしたいと考えるのではないでしょうか?

なので、普段はちょっと行けないような高価なところに行ってみるのがおすすめです。

三ツ星レストランなどに予約をして行ってみるのも良いかもしれません。

高級フレンチやイタリアン、ヘルシーな地中海料理、ステーキにしゃぶしゃぶもいいですね。

家ではあまり食べないようなものを食べに行き、普段はなかなか味わえない豪華な食事を楽しみましょう。

④旅

なんといっても最高のご褒美は旅行ですよね。

時間、自由、お金、すべて揃っていれば旅を選択する人も多いでしょう。

国内ならまだ行ったことのない温泉地、海外なら休暇の日程のこともあるので今ならアジアで治安のいいリゾート地、できればプライベートビーチがあるところが理想ですね。

免税店でお買いものなどはいっさいせずただただ心と体を癒しリフレッシュすることだけを目的にします。

海外グルメもいいし、まだ行っていない世界遺産を見るというのもいいですね。

海外旅行に行くと、自分が知らない世界、自分のことを誰も知らない世界、自分とはいったい何なんだろうなんてちょっと哲学的になったり、小さなことにこだわりをもつことがばからしくなるのです。

これほどのリフレッシュ法はないと思います。

旅から帰ってきてしばらくするとまた、目の前のことに一生懸命になり小さなことにこだわりを持ち始めるのですが、定期的に旅へ出ることの効能は計りしれないのではないでしょうか。

海外旅行でなくてもいろいろなところへのリフレッシュ旅行は、究極の自分へのご褒美といっていいですね。

⑤日帰り温泉


旅行はなかなかハードルが高い場合には、日帰りで近場の温泉へ出かけてみましょう。