皆さんは何かを集めることが好きですか?

著者も昔は漫画を集めたりするなど、色々とコレクター癖があります。

多くの男性はそうかもしれませんね。

それに対し、奥さんが眉をしかめるような光景はよくあるのではないのでしょうか?

もちろん女性にもコレクターの人がいますが、どちらかと言うと男性の方にコレクターが多いですよね。

やはり、このようなコレクター癖があるとなると男性の方が多いのでしょうか?

ただ、コレクターは本人は非常に楽しいのですが、周りの人はかなり困っているような人もいるようですね。

コレクターとなるとそれなりの広い部屋が必要ですしね^^;。

では、コレクターの人はどのようなものを集めていて、どのような特徴があるのでしょうか?

では色々とコレクターについて見ていきましょう。

コレクターがよく集めている20個のモノ

皆さんは、いろいろなものを集めるのは好きですか?

もし好きでしたらどのようなものを集めていますか?

また、コレクター癖のある配偶者等に悩んでいる人は、どのようなものがコレクターに人気だと思いますか?

ご自身がコレクターの人も、コレクターに悩んでいる人もコレクターについて色々と知るためには、どのようなものが好まれているのかをよく知る必要があります。

ではどのようなものが好まれてコレクトされているのかを見ていきましょう。

切手

コレクターの人が集めるもののトップ10に入るのではないかと思うほどに人気なのが切手です。

ただ切手コレクターであれば場所取らないからいいですよね^^。

これのコレクターの人であれば、配偶者の人もそこまで困っていないのではないのでしょうか?

特に興味がない人だったら、ただ郵便物を送るための手段の1つとして捉えられているものですが、コレクターの人にとってはレアアイテムなども収集する楽しみの1つです。

著者はあまり切手の事について詳しくないので調べてみたのですが、昭和30年位前の切手となるとプレミアが付いて、普通の切手の値段よりさらに上乗せされた金額が評価されることがあるようです。

このような話を聞くと、たかが切手されど切手ですよね。

夢が膨らみます。

著者は興味がないのでついついお金の金額でそのようなことを思ってしまいますが、コレクターの人であればお金よりもそのような希少性に非常に価値があるようです。

古貨幣


お金はもちろん誰しも好きなものですが、コレクターの人が好きなお金は古貨幣です。

特に使うのが目的ではなく集めることが目的ですので、希少性が高ければ高いほどコレクターの方にとって嬉しいものがあります。

オークションサイトを見ていても、古貨幣は非常に価値が高いのがよくわかります。

中には、日本のものばかりではなく海外の古貨幣なども取り扱いがあります。

古貨幣でしたら、これもまたアルバム位のものがあれば収集できるのでそこまで大きな負担はなさそうです。

コレクターの人も嬉しいですし、コレクターに悩む人であっても古貨幣収集くらいでしたらまだ何とかなるところがあります。

トレーディングカード

こちらも著者はあまり詳しくないのですが、トレーディングカードもまたコレクションするものの1つのようですね。

かつてうちの娘たちが、もう女子向け戦隊ヒロインのトレーディングカード集めていました。

集めているというよりかは、おじいちゃんに出資してもらってゲームで遊びそのためにカードが増えるような感じでしたね。

ただこちらも、人気には非常に偏りがあり娘たちが遊んでいたものは売りに出したときそこまで残念ながら値がつきませんでした。

ただ、レアアイテムであればまたちょっと違うところがあるようですね。

こちらもトレーディングカード専用のファイルなどもありますので、そこまで集める数にもよりますが膨大な場所をとる事はなさそうです。

鉄道グッズ

今までは、紙状のものが多くて(コレクションする枚数にもよりますが)そこまで大きな負担はなさそうでしたが、鉄道グッズとなるとそれなりの部屋の広さがいります。

鉄道グッズと言うと本当に多岐に渡り、例えばどこどこ行と言うようなプレートであったり、駅にあるプレート等紙では済まない3次元のものが多いです。

ただ鉄道ファンにはいろいろなタイプが入りいて、乗り鉄、撮り鉄など色々といますね。

奥さんなど、コレクターに悩む人にとっては乗り鉄の方が比較的ましなところがあるかもしれませんね。

このような鉄道グッズを収集するような人だと、なかなか部屋が片付かないと悩んでいる人も多いようです。

ただ、そのような人がいる一方で、コレクター本人はその好きなものに埋めつくされているような状態に喜びを見出している人が多いようです。

確かに好きな人にとってはたまらないところがありますよね。

漫画本


漫画本もまた、著者も昔集めていましたが結構場所とるものです。

とはいっても、最近はそのような漫画版をコレクションする人が多いために漫画用の収納ラックなどもよく売られています。

それにうまく収まればいいけれど、コレクターの人であれば、基本的にその漫画本を売るとか処分する事はありませんのでだんだんと溜まっていくところがあります。

本の数によってはその棚さえもいっぱいになってしまうこともあるかもしれませんね。

このようなことからかなり部屋を圧迫されるということもあるようです。

こちらも、コレクターに悩む人にとっては頭の痛い種ですが、コレクターの人であれば漫画がいつでも部屋で好きなときに見れることには非常に大きな喜びがあります。

ミニカー

ミニカーもまた、男性にとっては好きな人が多くそれをコレクターとしている人もいます。

ミニカーは小さいサイズですので、見ていて楽しいものがありますよね。

著者も少しわかります。

ただこちらも限度を超えればかなり奥さんや家族にとっては頭の痛い種になりよるようです。

やはり、たとえ小さなものでもそれがだんだんと溜まっていくとコレクターの生とっては辛いものがあるようです。

ただ、本当の車を集めようと考えるとしたら経済的にすごくかかるものですがミニカーでしたら経済的負担も知れているので、普通の車の代わりにしてる人もいるかもしれません。

著者はミニカーにすごく興味があるわけではありませんが、やはりそのような好きな車が小さいサイズでたまっていくのは見ていて楽しいのだろうなと少しわかる気がします。

フィギュア

フィギュアもまた、なかなか部屋のスペースを取るものがあります。

フィギュアと言うと、大抵の人はそのまま飾る人もいるのかもしれないけれど、本当に大事にしている人であればケースに入れて飾っていることがほとんどです。

ですのでこれもまた部屋のスペースを取るところがありますよね。

集める本人はそのようなものに囲まれる幸せを噛み締めていますが、こちらも家族にとっては少々悩むところがあります。

フィギュアもいろいろなタイプがあり、ドラゴンボールなど少年向けのものを好む人がいれば、美少女系を好む人などいろいろな人がいるようです。

著者はフィギュアを収集すると言うような趣味ありませんが、店などでそのようなフィギュアが展示されているところを見ると、それを好む人の気持ちがわかる気がします。

御朱印

御朱印について皆さん良いですか?

著者は正直あまりよく知らなかったので調べてみたのですが、これは寺社巡りをしたときにもらえるものです。

何の番組か忘れてしまいましたが、篠原ともえさんがこの御朱印を集めるの趣味にしていると仰っていましたね。

寺院巡りでもらえるものですので制覇したという喜びが感じられるのかもしれませんね。

著者宅は賃貸の住宅ですので少々狭いところがあり、コレクションを増やすと妻に渋い顔をされるので、コレクションするのは少々向いていないのですが、年齢を重ねて、そのような寺院巡りをしてみるのもいいなと思いました。

ですので、散歩がてらそのような御朱印を集めてみるというのも良いのかもしれませんね。

レコード

コレクターの人の中にはレコード集めるの趣味にしている人がいます。

こちらは今やCDやDVDとって変わられたのでレコード再生するものがかなり珍しくなりましたが、もちろん専用の機器で聞く人もいれば集めるだけの人もいます。

こちらは妻が日本に来た海外の方に「なぜ日本に来たのか?」とインタビューをして、場合によっては密着するような番組を見ていますが、レコード探しをしている海外の方のコレクターがいたのを思い出しました。

この人は日本のポップスが好きで、1,970年代のレコード集めているような人でした。

著者も、そんなにレコード集める趣味があると言うわけではありませんが、音楽が好きな人で、このようなレコードが好きでそうであればたまらないところがあるのかもしれませんね。

著者の妻が昔田舎でそのようなレコードを再生する機械を持っており、レコードを聴いていたと言うのですが、レコードには独特の音があるといます。

再生するときにパチパチと言うような感じの音がするのだそうです。

このような独特の音がたまらないと言う人もいるのかもしれませんね。

サングラス

サングラスもまた、コレクターの人にはたまらないと言う人もいるようですね。

サングラスもまた多く集めると場所を取ることになり、コレクター家族の頭の痛い種になりよるのかもしれません。

ただ集めている側、サングラスを好きなサングラスに囲まれるのは幸せですよね。

著者はそのようなサングラスには疎いので調べてみましたが、いろいろなショップに引っかかることからかなり簡単に集めやすいようなイメージがあります。

レア物だと少々難しいのかもしれませんね。

スニーカー

スニーカーを好きな人も多く、特に指定のブランドのスニーカーを集めている人もいるようですね。

たまたま朝に出勤前に見たニュースで、スニーカーを集めていたのに結婚してから奥さんに勝手に売られていたと言うようなことを言っていた人がいました。

好きな人にとってはかなりショックですよね。

この人は残念な例ですが、スニーカーが好きで何足ものスニーカーを持っているコレクターの方もいるのではないのでしょうか?
基本的に履く人もいるのかもしれないけれど、履かずに箱にとっておき集めている人もかなり多いようですね。

実際に使うようではなく、その靴を眺めることに趣を置いているようです。

マニキュア

マニキュアのコレクターというとやはり女性に多いようです。

こちらは逆に旦那さんがそのようなコレクター癖に困っていることもあるのではないのでしょうか?

とはいってもマニキュア自体はそこまで多く大きくは無いので、場合によってはすんなりと行くこともあるようです。

著者は男ですのでそれに疎いので調べてみたのですが、マカロンの箱に収納したり、キャンディーケースに入れて保存するようなこともあるようです。

あとどうやら、保存のために冷蔵庫に入れた方が良いと言う情報もあるらしく、大きなキャンディー箱に移して冷蔵庫に入れたと言うような情報もありました。

男の自分にはわかりませんが、どうやら女性はそのようなものを状態をかわいいといい、気に入って収納しているようです。

帽子

また帽子を集めている人もいます。

著者は片付けが苦手なので、こんなに帽子を持つと言うと片付けに頭を抱えそうですが、好きな人は本当に何個も持っています。

何度も言うようにコレクターについては少々疎いところがありますので帽子のコレクターについても調べましたが、基本的にいろいろな募集の種類を集めることを趣旨としており、パナマ、キャスケット、ベレー、ポーターなどいろいろな形があるようですがそれを集めると言う事に趣を置いているようです。

また、素材などにもいろいろ違いがあるので、コレクターの人にとっては、素材が違うもの形が違うものをそれぞれに集めていくのが楽しみなようです。

時計

時計が好きな人も本当に好きで、妻の兄弟の下の時計を集めるのが好きだったようです。

妻が、何十万もする時計を何個も集めていると言って驚いていました。

妻は時計と言うと使えればいいと言うタイプですので、本当に数千円のものしか持たなかったようですが、その兄弟はブランドの時計を集めるのを楽しみにしていたようです。

とは言っても、その兄弟の場合は基本的にそこまで何個も所有するタイプではなく、時計を数個とかそれぐらいの集め方だったようです。

中には、本当に数十点以上、集まるのは好きな人もいるようですね。

いろいろなブランドもあり、そのブランドによって特色も違うのでコレクターにとってはその違う種類を集めるのが楽しみなようです。

マグカップ

著者宅はマグカップと言うともう飲む時にしか使わないので、4人家族で4つぐらいしかありません。

もう少しあるにはありますが、あとはどこかの景品でもらってきたような小さなカップくらいで、こちらは主に子どもが使っています。

ですので、マグカップのコレクターというといまいちピンとこなかったので調べてみました。

調べてみると、世界の各国のスターバックスのタンブラーを集めたり、そのような収集の仕方をしているようですね。

ざっと調べてみたところ、このスターバックスのカップを集める人が多いようです。

コレクター癖がないので集めようとは思わないのですが、それでもデザインがおしゃれなので、これを集めたい人の気持ちもわかる気がしました。

そしてマグカップを集めている人の収納棚はどうなっているのかを調べてみたら、本当にそれ専用の収納棚があり、見ると所狭しと並んでいることが多く驚きました。

もちろんスターバックスのものばかりではなく、普通にマグカップを集めるのが好きな人もいるようです。

著者宅はもっぱら100円均一のカップですので、このようにカップを集めてみるのも楽しいのかもしれないなと思いつつもなかなか積極的に集めようと思いないところもあります。

消しゴム

子供時代に所謂練りけしを集めたので少しわかりますが、消しゴムのコレクターと言う人もいるようです。

昔練り消しを集めたとは言え、消しゴムコレクターの人の事はいまいちよくわからなかったので、このような方たちのこともまたググってみました。

消しゴムと言うと四角い消しゴムのことばかりをイメージしてしまうけれど、中には色々と面白いものがあるようですね。

クレパスのような感じの消しゴムとか、マジックインキの消しゴム等他の文房具の形のものもありますし、お菓子の消しゴムをイメージしたものもあり、様々な形のものがあります。

確かにそのような消しゴムはかわいいけれど、大人になってちょっと…、と思うかもしれないけれど驚くような消しゴムもあります。

例えば、靴とかフェラーリなど大人も大好きなブランドの消しゴムがあるのです。

このように見てみると消しゴムの世界も色々とあるものですね。

ワイン

お先に目がない人は、ワインのコレクションをしている人もいます。

ワインは基本的に保存が効くから何年ものと言うようなワインがあるのです。

著者は確かにお酒は好きですが、基本的に飲むことだけが好きなので、ワインのコレクションの好む人の気持ちがいまいちよくわからないところがありますがワインはラベル等がおしゃれなものも多く、それをコレクションするのが好きな人がいるのもわかる気がします。

切手とか消しゴム等のコレクションだとついついオタクだと思われてしまうところがありますが、ワイン好きのコレクターについては特にそのような評価をされることが少なく、むしろ理解者が多いのが特徴です。

ただワインコレクターも限度を超えれば、そのコレクションに悩む家族の人も出てくるのかもしれませんね。

冷蔵庫のマグネット

基本的に冷蔵庫のマグネットについてはそこまで興味を持っていなかったものの、娘たちが好きであると言うことからかなり見ることがあります。

100円ショップなどにもあるので、子供たちが喜んで見ています。

確かに、小さなものも多く、女の子が好みそうなのもわかる気がします。

とは言ってもコレクターと言うほどではないので、冷蔵庫マグネットのコレクターについてちょっと調べてみたのですが、本当に冷蔵庫に所狭しと貼っている人が多いようです。

確かに可愛いなと言う気がしなくもありませんが、著者宅だったら間違いなく埃をかぶるような気がします(笑)。

化粧ブラシ

こちらも女性が好むコレクションなのではないのでしょうか?

著者が住んでいる所の近くで、化粧ブラシで有名なところがありますので、わざわざそれを買いに行く人もいる位に有名なので、そのような化粧ブラシを集めたい人がいるのもわかる気がしますね。

著者は男ですのでそこまで詳しくないのでまた調べたのですが、フェイスブラシ、パウダーブラシ、チークブラシ、アイブローブラシ等々本当にブラシは多岐にわたるようです。

こんなにあるのだったら、コレクターになるのもわかるような気がします。

文房具

文房具もまた好きな人が多いですよね。

著者もそこまでコレクター癖だと言うわけでは無いのですが、ブログを見てワクワクする気持ちが若干理解できるような気がします。

調べると、先程のような何か違うものに見立てた消しゴムなども人気ですが、血痕の模様が書いてあるテープなど、ユニークなものもたくさんあります。

見ていて驚いたのが、クリアファイルなのですが、婚姻届と離婚届のものが入っていました。

何か書類を渡すときに、意識している異性に婚姻届のクリアファイルに入れて結婚を意識しているとアピールしてみるのも楽しいかもしれませんね。

奥深いコレクションの世界!

著者がコレクター癖がないのでなかなかその気持ちを理解するのは難しいですが、コレクターの人はそのような奥深い世界を楽しんでいる人が多くいます。

ではコレクターの人にはどのような特徴があるのでしょうか?

もちろん自分がコレクターとなって、人生を充実させたいという人はもちろんのことですが、著者のようにコレクターにはあまり興味がないと言う人、コレクターの配偶者等に悩む家族の人などなどいろいろな人にそのコレクターの特徴を押さえておきましょう。

もしかしたら意外な発見もあるのではないのでしょうか?

コレクターの特徴

ではコレクターの人にはどのような特徴があるのでしょうか?

ざっと見ているのと、やはりこのような傾向は男性に多いなと思いました。

もちろん女性でもコレクターの人がいますが、やはり男性の方にコレクターが多いと言うのは、下記のような本能があるという原因が垣間見えました。

では、コレクターの人の特徴を一つ一つ見ていきましょう。

集めることで自分の価値も高まると思っている

著者もそうですが、基本的に男は競争しながら生きているところがあります。

自分はそんなに競争が好きではないと思っていても、例えば異性と付き合う時、いろいろな男を押しのけてその女性と付き合うということをしていることから、男が競うのは好きなのではないかと思います。

その闘争心と少し離れますが、やはり集めることで自分がより優位に立てると思っているのがコレクターの特徴です。

皆が持っていないものを持っているというのが非常に競争に勝った気がして嬉しいのではないのでしょうか?

ただ、これは男性ばかりではありません。

女性もコレクタータイプの人であれば、自分が人が持っていないものを持っていることで自分の価値を高めているところがあるのではないのでしょうか?
例えば、化粧品やマニキュアなどのコレクターの女性であれば、コレクターの男と似たような心理を持っていると思われます。

狩猟本能

コレクターの人の根本的なところとして狩猟本能があるからと言われています。

その起源は男は基本的に狩りをするというところがあるため、その狩りの道具を揃えると言う意味からそのような収集癖になりやすい傾向があると言われています。

だからこそ、そのように男性の方がコレクターが多いのは納得がいきますね。

ただ、女性もそのようなコレクターの人がおり、狩猟本能が男性ばかりのものではないのが分かりますね。

確かに、男性的とか女性的というようなことがよく言われるものの、基本的に男だから男性的であって女性だから女性的であるとは限らないのです。

ですのでコレクター癖があると言うと男性には多いものの、同じ男性でも全くコレクター癖がない人はいますし、女性でもコレクター癖のある人がいるのです。

他のコレクターと競い合いたい

コレクターの人は他のコレクターと競い合うということに喜びを見出しています。

より自分のほうが多くのものやレアなものを持っていると勝った気がしますし、そうでなければそれに近づきたいと思うものです。

先ほども触れたように基本的に男は競争社会を生きています。

そうでないと、女性をゲットすることもできませんし、会社で出世することもできません。

その競争に打ち勝つということを男は喜びを見出しています。

もちろん、それは男性ばかりではなく、先ほども例に挙げた女性のコレクター癖のある人も、男性のコレクターと同じような気持ちになっている人もいるようです。

ただその一方、全く他のコレクターを気にせず、好きなものをなんとなく集めるようなゆるいコレクターの人もいるのも事実です。

コレクションのためならお金も時間も惜しまない

著者は今少し転売のことに興味を持っていますが、なぜ同じような商品でも値段が安いものと高いものがあるのかというのは疑問に思うところです。

それは単純に、そのお金を惜しまずに出す人がいるからこそ相場が上がるところがあります。

ですので、興味がない人から見たらちょっと違うだけと思うようなものでも、驚くほど値段に差が広がっているところがあります。

そのようなコレクターの人がコレクションのためにお金はもちろんのこと時間も惜しまないところがあり、以前とあるテレビ番組でコレクションのために男性なのに(というと語弊がありますが…)パートで働き続けているような人もいました。

本当にコレクションと言うのはその人の中では非常に重要な位置づけなのです。

優越感や達成感が快感になっている

自分は他の人より珍しいものを持っている人が多く持っているのが優越感や達成感につながっているところがあります。

やはりそのような感情が持てることが快感になってくることから、そのコレクターをやめられない位になっているような人もいます。

また、そのコレクターの熱が若干冷めた時であっても、苦労して集めた思いがあってなかなか捨てられず、タンスの中に保存されたままと言うような人もいるようですね。

完璧主義

皆が皆そうとは限らないのですがコレクターの人基本的に完璧主義の人が多いです。

例えばフィギアなどを集めていると言うことになれば、ほこりがつかないようにきちんと棚に入れて飾ってある人がほとんどです。

もちろん切手等の紙状のようなものであってもきちんときれいに保存できるようなものに保存してあることがほとんどです。

そしてコレクションしたものは何一つ欠けることなく集めたいと思っている人が多いことから完璧主義な人が多いです。

人ではなく物に依存する

基本的にコレクターの人は人ではなく物に依存する傾向があります。

そして、それが男性が多いと言うのも非常にうなずけるところがあります。

子育てをしていて思うのですが、基本的に男の子はものが好きで女の子は人が好きなところがあります。

子供たちがまだ小さかった頃に、公園などに行くと時々年代的に一緒の男の子と一緒に遊ぶことがありました。

うちの子たちは女の子なのですが、その公園近くに電車が通る時、男の子は電車が走ると一斉に集まってくるのに対し女の子はほぼ無反応でした。

男の子は電車と言うものが好きだけど、女の子はそんなに興味がないのです。

それに対し公園で小さい子がやってくると、一緒に遊んであげたりかまったりしてあげるのは女の子で、男の子はほぼ無反応でした。

やはりこのような小さい時から、男女で好きなものの対象と言うのは違うものだなと納得しました。

もちろん成長したからといってそんなに大きく変わるわけではなく、やはり男性はものが好きな人が多くて女性は人が好きな人が多いです。

依存と言うような症状が出る時、男性はコレクターなどのものに依存することが多く、女の子は恋愛依存症になったりするなど人に興味を抱くことが多いです。

コレクターの人は、ものに依存をしている状態なのですね。

価値のあるものを集めよう

コレクターと言うと家族などにとっては悩みの種なのかもしれないけど自分にとって非常に楽しいものです。

もしあなたがコレクターだったり、これからコレクターになりたいということであればなるべく価値のあるもの集めるのがオススメです。

苦労して集めるものですからそれなりにものに愛着が生まれます。

だけど、その集めたものを処分するときにあまり価値のないものと言うことになると少々落ち込むものがありますね。

だけど価値のあるものだったら、自分が購入した時より高い金額で売ることだって可能なのです。

だからといって集めるのにこの先処分することを考えるのも何なのですが、そのような一面もあることを理解しておきましょう。

そして、やはりそのような値がつり上がるものと言うのは、持っているとコレクターの間ですごいと評判になるものです。

ですので、コレクターとしての格が上がると言う言い方も変ですがそのようなところもありますのでコレクターになりたいのであれば価値のあるものを持つようにしましょう。

あなたもコレクターになってみる!?

コレクターについていかがでしたでしょうか?

コレクターはものに依存する状態ではあるものの、やはり人に依存しないことから、自分で完結できるところがあります。

部屋のことに関して色々と言われるようであれば、貸倉庫等の利用はいかがでしょうか?トランクルームなるものもありますので、心置きなくコレクターになることもできますよ。

興味がある方でしたら少し検討してみてはいかがでしょうか?