人間なら誰でも避けられないのが人間関係です。

人間は社会的なな存在ですから、他の人間と関わることをそう簡単にやめられるわけではないのです。

だからこそ、人間関係は自分の人生の中でとても大切なものになりますし、人間関係をなくして生きることなどそう簡単にできるわけではないでしょう。

そんな人間関係だからこそ、自分と合っている人間を探して楽しい人間関係を築きたいと思っている人はたくさんいるのではないでしょうか。

人間関係は避けられないものだという認識があるからこそ、相性のあっている人と付き合っているっ方が、自分の人生が楽しいものになることは間違いないでしょう。

それでは、相性が合っている人間を探すにはいったいどのようなことをすれば良いのでしょうか。

また、相性が合っている人間とは、そもそもどのような人間のことを言うのでしょうか。

人間らしい生活を送る上では欠かせない「心地よい人間関係」を作るために必要な「相性」について詳しくまとめてみました。

相性が良い人を見つけよう!

 相性が良い人を見つけると、それだけで生活が楽しくなりますよね。

相性が良い人と一緒に仕事をするのは楽しいですし、友人関係も快いものになります。

恋人を作る際にも、相性が良い人を見つけた方が良いということもあるのではないでしょうか。

ところが、相性が良い人を探すのはそう簡単なことではありません。

相性が良い人が簡単に見つかれば誰も苦労はしませんが、相性が良い人がそう簡単に見つからないからこそ、人間関係に軋みが生まれますし、軋轢の中でトラブルが起きてしまうのです。

人間関係を良いものにするためには、相性が良い人を見つける方法を探すことが大切なのです。

ここでは相性とはそもそもどのようなものであるのか、相性が良いとどのようなことになるのか、相性占いで探すことができるかなどについて見てみることにしましょう。

1. 相性とは?

 相性という言葉は、陰陽五行思想というところから作られたと言われています。

相乗効果を生み出す、もしくはその反対に悪い方向に進めてしまうと言ったような組み合わせのことを相性を言います。

人間の場合には、一緒にいて心地が良い、何らかのフィーリングが合う、性格が似通っている、トラブルが起こらないというような関係のことを相性が良いというに言うでしょう。

2. 相性にも種類がある

 一口に愛称と言っても、それには種類があります。

例えば、友人としての相性は良くなくても、恋人としての相性は良いということもあるでしょう。

その逆もあります。

また、親子としては相性が良くなくても、年の離れた友人だと思えば相性が良くなるということもあるのではないでしょうか。

一口に相性とは言っても、一概に一種類の相性であるとは言えません。

仕事場で相性の良い同僚と友人付き合いはできないと言ことがあるのと同様に、関係性を変えてしまうと続かない相性もあるのです。

相性が良いと思っていた人とうまくいかなくなってしまった人は、実は、それは相性が悪くなったのではなくて、関係性を変えようとしたからなのではないでしょうか。

3. 類は友を呼ぶ

 類は友を呼ぶという言葉を聞いたことがあるでしょう。

これはどうして起こるのか想像がつくでしょうか。

基本的に、人間は、自分が一緒にいたいという人間と友人関係を結びます。

この段階で、相性が良い人と友人になるということが分かりますよね。

新しい友人を作ったときには、その新しい友人とも相性が良いということになります。

そして、新しい友人の友人は、新しい友人が相性が良いと思った人ということになります。

その友人を、新しい友人に紹介してもらうことができたら、また、相性の良い人間が集まるということになりますよね。

このため、一度相性が良い人と友人になることができれば、どんどんと相性が良い人の輪が広がっていくのです。

これが、「類は友を呼ぶ」という現象が起こる原因になります。

4. 相性が良いと一緒にいて心地よい

 相性が良いというのは、一緒にいて心地よいということになるでしょう。

一緒にいて不愉快なのに相性が良いということは滅多にありません。

ほとんどの場合では、何らかのフィーリングがあっているために、一緒にいて不愉快な思いをしないということが相性の良さを示していることになります。

相性が良い人とはいつまでも一緒似ることができるでしょう。

例え何もしゃべることがなかったとしても、あまり居心地が悪いということにはならないのではないでしょうか。

相性が合わなかった人とは、例え喋ることがあったとしても居心地が悪いことになりますよね。

5. 相性占いは本当に当たる?

 世の中には相性占いというものもありますよね。

人と人との相性を占って、自分たちの相性が良いものであるのかを調べるというものです。

占いは信じている人と信じていない人がいますが、それでは、この相性占いというものは本当に当たるのでしょうか。

いかに、相性占いの種類と、その診断の正しさを見てみることにしましょう。

1. 生年月日で占う

 まずは生年月日で占うというものがありますね。

生まれた日によって、人の運勢は異なるので、それによって、人と人との相性を占うというものです。

これが正しいかは分かりませんが、大雑把に人間を分類しているわけではないというところが、ユニークだと言えるのではないでしょうか。

大雑把に人間を分類しているのなら、どこか「どんな人間にでも当てはまりそう」という印象がありますが、生年月日の占いなら、それほど大まかに分けられているわけでもないので、安心感があります。

ただし、生まれた日によってすべて決まっているということに対して反感を覚えない人にのみ、おすすめの方法です。

2. 12星座で占う

 日本で有名であるというよりも、占星術を行うような西洋で発達しているのが星座占いです。

生まれた時期によって運気が異なるという視点で占っているので、生年月日占いよりも若干、大まかに人間を分類しているような気はします。

ただし、その星座によって運気が異なるということに注目しているので、いつでも同じ答えが出るわけではないという面白さがありますね。

最も、相性占いということになると、ある程度は固定された答えが出ることになるのかもしれません。

3. 姓名判断

 姓名判断は、人の名前と苗字を利用して行われる占いのことです。

名前で相性が良いのかというのは、生まれた日で判断するよりも、若干信頼が持てるかもしれません。

ロミオとジュリエットの中では、「バラは名前を変えてもバラだ」と言われますが、やはり、呼ばれる名前によっては人生も多少左右されてしまうからです。

そういった影響を鑑みて占いを行ってくれるというのは、面白い視点かもしれません。

また、恋人同士の相性を見る場合には、将来的に結婚することも考えて、お互いの名前の相性が良いのかというのは姓を変えるときの判断材料になるかもしれません。

とはいっても、やはり、自分の名前だけですべてを決められるという理不尽さに耐えられる人にしかお勧めできない占いであることは確かですね。

6. 血液型による相性は本当?

 相性占いというと、血液型診断を思い浮かべる人も少なくはないでしょう。

一時期は、多くの日本人がそれを信じ切っていましたよね。

特に、若い世代には信仰のように信じられていたこともありました。

大人であっても、企業の採用に血液型診断を用いていることがあるなど、血液型という考え方は多くの人に信じられてきました。

ですが、この血液型診断による相性は全くのでたらめです。

何かの研究がされてきたかのように思われていますが、それは違います。

きちんとした研究結果は出ていませんし、心理学の分野では、血液型診断は疑似科学として知られています。

それを信じるような人はいないのです。

そもそも、日本以外では血液型診断というものが全く流行していません。

ある国では、人口のほとんどがO型ということもあるようですし、これは、血液型の4種類が綺麗に分布している日本だからこそ流行ったのかもしれませんね。

 ですが、考え方としては面白いものがあります。

これを全くのうのみにすることが良いことではありませんが、例えば人間関係を築くときの話題作りの一つにはなるでしょう。

以下に、日本で流行した血液型診断の内容についてご紹介します。

いまだに信じている人もいますから、話題を併せるために知っておくと面白いということもあるかもしれませんね。

1. O型が一番人付き合いが上手?

 O型はとてもおっとりした性格であると言われています。

また、どちらかというと大雑把ということも言えるかもしれません。

この性格は、人と軋轢を起こすことがない性格をしているので、人付き合いは上手だと言えるかもしれません。

あまり人とトラブルを起こすことがないので、O型というと誰にも嫌がられないのが嬉しいところですね。

O型の人間はそれほど少ないわけではありません。

2. B型はひと癖ふた癖あり?

 B型は人間関係を築くときにはひと癖ふた癖あると言われています。

B型だと言われると嫌がられるということも少なくありません。

B型はとても自己中心的な性格だと言われています。

言い換えれば、きちんと自分のことを考えることができる人間だと言えるかもしれません。

他人のために犠牲になることを嫌がるとも言えます。

また、とても素直でまっすぐに感情表現をするので、そういったところが自己中心的だと言われてしまうのかもしれません。

一時期はB型であるということが、さぞダメなことであるように扱われたこともありましたが、それは全く違います。

B型であると言ことが駄目なのではなく、素直で感情表現がはっきりしているがゆえに、自己中心的に見えてしまうことが問題なのです。

その性格ゆえに、人間関係を築くのが上手くないという特徴もあるかもしれません。

3. A型は几帳面?

 A型には真面目な人間が多いと言われていますね。

とても真面目で、几帳面な性格をしています。

日本人のプロトタイプを思い浮かべると、それはA型っぽい人間であると言えるかもしれません。

言い換えると、とても神経質な性格をしているということもできるでしょう。

人間関係を築くのはさほど難しくはありませんが、どちらかというと大雑把な人と付き合うと、相手から嫌がられてしまうかもしれませんね。

最も、そうしたきっちりしているところが、人から頼られるようになる原因でもあります。

4. AB型は感性が鋭い?

 AB型の人間はとても感受性が強いと言われています。

感受性の強さがあり、さらには二面性があるとも言われていますね。

天才型と言われているのを聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。

ユニークだと言えば聞こえは良いですが、どこか変わった人間であると捉えられてしまうことがあるのも事実です。

人間関係を築くのが難しいわけではありませんが、真面目一辺倒の人間にとっては理解しがたい人物であることは確かですから、相性が悪い人とは悪いでしょう。

なかなかうまくいかない部分がある人もいるということは否定できません。

ただし、面白いと言って受け入れてくれるような人間もいますから、一概に人間関係に置いて支障があるというわけではないですよ。

相性が良いと言える基準やシチュエーション8個

 相性が良いと言える基準やシチュエーションにはどのようなものがあるのでしょうか。

折角、相性が良いと思われる人を見つけたとしても、その人と仲良くなることができなければ、人間関係を築くことはできません。

相性の良さを測るためには、相性が良いということがどのようなことであるのかということは知っておきましょう。

相性が良いと思われる人と疎遠にならずに、しっかりと縁を続けることができるように、以下のようなシチュエーションについては覚えておくと良いのではないでしょうか。

1. 性格が似ている

 性格が似ているというのは、相性の良さを図るためによく使われる言葉ですね。

二人とも同じような性質をしているので、性格が似ていると一緒にいて心地が良いのです。

同じようなことを考えているというのが良いポイントでしょう。

人間は全く違うことを考えている、考えそうな人間に対しては良い意味では尊敬を抱くようなことはあっても、フィーリングがあるというには感じないでしょう。

そのため、性格や性質が似通っているというのは、相性が良い条件の一つ目となります。