CoCoSiA(ココシア)

相性がいいってどういうこと?具体的な基準やシチュエーションを8個紹介します!

人間なら誰でも避けられないのが人間関係です。

人間は社会的なな存在ですから、他の人間と関わることをそう簡単にやめられるわけではないのです。

だからこそ、人間関係は自分の人生の中でとても大切なものになりますし、人間関係をなくして生きることなどそう簡単にできるわけではないでしょう。

そんな人間関係だからこそ、自分と合っている人間を探して楽しい人間関係を築きたいと思っている人はたくさんいるのではないでしょうか。

人間関係は避けられないものだという認識があるからこそ、相性のあっている人と付き合っているっ方が、自分の人生が楽しいものになることは間違いないでしょう。

それでは、相性が合っている人間を探すにはいったいどのようなことをすれば良いのでしょうか。

また、相性が合っている人間とは、そもそもどのような人間のことを言うのでしょうか。

人間らしい生活を送る上では欠かせない「心地よい人間関係」を作るために必要な「相性」について詳しくまとめてみました。

相性が良い人を見つけよう!

相性が良い人を見つけると、それだけで生活が楽しくなりますよね。

相性が良い人と一緒に仕事をするのは楽しいですし、友人関係も快いものになります。

恋人を作る際にも、相性が良い人を見つけた方が良いということもあるのではないでしょうか。

ところが、相性が良い人を探すのはそう簡単なことではありません。

相性が良い人が簡単に見つかれば誰も苦労はしませんが、相性が良い人がそう簡単に見つからないからこそ、人間関係に軋みが生まれますし、軋轢の中でトラブルが起きてしまうのです。

人間関係を良いものにするためには、相性が良い人を見つける方法を探すことが大切なのです。

ここでは相性とはそもそもどのようなものであるのか、相性が良いとどのようなことになるのか、相性占いで探すことができるかなどについて見てみることにしましょう。

1. 相性とは?

相性という言葉は、陰陽五行思想というところから作られたと言われています。

相乗効果を生み出す、もしくはその反対に悪い方向に進めてしまうと言ったような組み合わせのことを相性を言います。

人間の場合には、一緒にいて心地が良い、何らかのフィーリングが合う、性格が似通っている、トラブルが起こらないというような関係のことを相性が良いというに言うでしょう。

2. 相性にも種類がある

一口に愛称と言っても、それには種類があります。

例えば、友人としての相性は良くなくても、恋人としての相性は良いということもあるでしょう。

その逆もあります。

また、親子としては相性が良くなくても、年の離れた友人だと思えば相性が良くなるということもあるのではないでしょうか。

一口に相性とは言っても、一概に一種類の相性であるとは言えません。

仕事場で相性の良い同僚と友人付き合いはできないと言ことがあるのと同様に、関係性を変えてしまうと続かない相性もあるのです。

相性が良いと思っていた人とうまくいかなくなってしまった人は、実は、それは相性が悪くなったのではなくて、関係性を変えようとしたからなのではないでしょうか。

3. 類は友を呼ぶ

類は友を呼ぶという言葉を聞いたことがあるでしょう。

これはどうして起こるのか想像がつくでしょうか。

基本的に、人間は、自分が一緒にいたいという人間と友人関係を結びます。

この段階で、相性が良い人と友人になるということが分かりますよね。

新しい友人を作ったときには、その新しい友人とも相性が良いということになります。

そして、新しい友人の友人は、新しい友人が相性が良いと思った人ということになります。

その友人を、新しい友人に紹介してもらうことができたら、また、相性の良い人間が集まるということになりますよね。

このため、一度相性が良い人と友人になることができれば、どんどんと相性が良い人の輪が広がっていくのです。

これが、「類は友を呼ぶ」という現象が起こる原因になります。

【類は友を呼ぶについては、こちらの記事もチェック!】

4. 相性が良いと一緒にいて心地よい

相性が良いというのは、一緒にいて心地よいということになるでしょう。

一緒にいて不愉快なのに相性が良いということは滅多にありません。