CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

愛憎を忘れてフラットな気持ちになるための9個の対処法

長く付き合っている恋人同士、または夫婦なら、愛が憎しみに変わるってこともあります。

特に結婚するということは、これから2人の長い生活の中で妥協や忍耐が必要になりますが、あまりにも嫌なことをされたりすると、顔を見るのも嫌!、一緒にいるのも嫌!と思う感情が沸いてくることもあります。

そして問題なのは相手のDV(体だけでなく言葉の暴力も)です。

DVになれば「嫌!」どころではなく「身の危険・精神的に参り精神病になる」などの危険性があります。

そんな思いで過ごしていても時間は無駄なだけです。

どうすれば、そういう気持ちを忘れフラットな気持ちになれるのか考えてみましょう。

愛憎を忘れてフラットな気持ちになるための9個の対処法

ここで、フラットな気持ちになれる9個の対処法を書いてみました。

1、きっちり別れる

もしも貴方が、彼又は旦那、彼女又は妻に対して妥協も忍耐も通り越し、許せない行為と言動をされて苦しんでいるなら、きっちり別れた方がいいです。

もし相手がしつこくて一人で別れることが難しければ友人や身内、第三者に相談して下さい。

一度しかない人生。

よく考えて「もう自分が駄目になる・・・」と思うようなら、相手ときっちり別れて次のステップに踏み出しましょう。

気持ちをリセットする

きっちり別れたあとは、気持ちをリセットし新しい自分になった気持ちで歩んでいきましょう。

別れても気持ちをズルズル引きずっていると、時間は過ぎていくだけです。

好きな人だったなら多少時間がかかるのも仕方なく時間が解決してくれることもありますが、なるべく新しくなった自分を受け入れて、前進していきましょう。

その気になれば出会いはいっぱいあるのだから。

2、気持ちに余裕を持つ

「別れてしまった、これからどうしよう・・・」、「早く次の相手を探さなきゃ!」なんて心に余裕がないことを思っていると、絶対に良い相手は見つかりません。

堂々と、心に余裕を持って「まっ、そのうち良い人が現れる」と焦らないで思っていると、不思議と縁はやってきます。

一人の時間を楽しむことも大切ですね。

冷静さを鍛える

何かに熱中したり、稽古ごとに励むと、何もかも忘れ冷静さを鍛えることが出来ます。

読書や最近では「大人のぬりえ」も本屋さんに行けば売っていて一心不乱に色のことだけ考えられるのでオススメですよ。

あとは一人旅に出かけて一期一会の人と会話するのもいいですね。

3、愛情の伝え上手になる

そうしているうちに縁があって、結ばれた相手。

前回のことも踏まえて、今度は愛情の伝え方を今までと変えてみて下さい。

大切なのは愛情もそうですが、感謝です。

「ものすごく嬉しい!感謝してます!」、「ここまでしてもらって、ありがとう!」、「貴方と出会って本当に良かった!」など相手がグッとくることを伝えましょう。

褒めて嬉しくない恋人はいません。

また、「ココ、分からないから教えてほしい」、「一緒に考えてくれる?」と少し甘えてみましょう。

してくれたら絶対に「ありがとう、貴方のおかげ!」と褒め上手になることで、相手も自分の存在を受け入れてくれたと大切に思ってくれますよ。

良いサイクルが出来上がる

恋人が出来ても上記に書いたように、前向きで気持ちに余裕を持ち常に冷静で相手に感謝の気持ちを素直に伝えることが出来ると、自然と良いサイクルが出来ます。

感情があるのは良いことですが、恋愛にはヒートダウンが必要な場合もあります。

「恋は盲目」と言いますが、出来るだけ冷静な判断で相手をしっかり見ることが出来れば、良縁間違いなしです。

4、相手のプライドに振り回されない

好きな相手が出来ると「あの人好みになりたい」、「あの人に嫌われたくない」一心で相手に合わせようとします。

これは良くないことです。

貴方の意見、考え方をしっかり持ち、相手のプライドや考え方に振り回されないことが大事なのです。

好かれようとして合わせていると、また前のような破局や離婚になり同じことの繰り返し。

意見があるならしっかり言う、考え方が違うなら「私は〇〇の考え方よ」と貴方のプライドもハッキリさせましょう。

それで相手が「求めていた相手と違うなぁ」と離れたり避けたりしたら、所詮、その程度の相手だったということです。

上手くかわしていく

もし、それでも相手がしつこく寄って来るようなら、上手くかわしていきましょう。

一人が無理なら友人や知人、時には身内に協力してもらって、それでも嫌がらせやストーカー行為をされるなら警察に届け出ましょう。

ページトップ