あなたはもの作りはは好きですか?
男性でも、女性でも、人生を通して何かを工作した経験はあると思います。

例えば、学校の授業の中で、工作の授業などもあったと思います。

授業で何かを制作したりする中で、楽しさを感じた事がある方もたくさんいるはずです。

物を作るという事は昔から行われており、昔の人も便利な物を作って身に周りにおける利便性を向上させるためにたくさんの便利な物を生み出してきました。

昔は石を削って石器を作ったりしていましたし、現代においては便利なアイテムもたくさん生まれています。

人間とものづくりは欠かせない存在です。

そんな中で、今ものづくりのブームが起こっており、いわゆるDIYというものがたくさんの方の中ではやっています。

DIYで便利な物を作って、生活を快適にしたり、愛着の枠アイテムを作る事で、日常生活が豊かになり、物づくりの楽しさを身をもって体感できるからです。

今回はそんなDIYをテーマにして、工作、DIYにおすすめなものをご紹介します。

DIYブームでホームセンターは賑わっています!

先ほどご紹介した通り今はDIYのブームがやってきておりたくさんの人がDIYを行って何かを作ったりしています。

DIYを知らない方もいるかもしれませんがDIYとは略語でありDo it yourselfの略称で頭文字をとった単語です。

意味合いとしては素人が自分自身で何かを作ってみたり、若しくは今あるものを修繕したりすることの意味合いであり、いわゆる日曜大工と言う言葉と同じ意味合いとして捉えてください。

自宅で生活を行っているだけで新しく欲しい家具が見つかる場合がありますが、果たして家具を購入するだけが家具を入手する手段なのかと言いますとそうではありません。

DIYを行う事で、自宅にあったらいいなと思っているものを自分で簡単に作ってしまうことができます。

もちろん販売されている商品ほど精巧な作りは行えないかもしれませんが、それでも作り方によってはとても便利で頑丈なものも出来るので、そこまで脆いものはありませんし、なおかつ低コストで作れるということでたくさんの方が自分自身で作ってみようとホームセンターに通って必要な物を購入したりしています。

ホームセンターに行けば必要な素材なのは気軽に入手することができるので、そこまでハードルが高くなく楽しく作ることができることで今とても人気が出ています。

1. テレビ番組の影響も


DIYが広まったひとつの理由として、テレビ番組での影響が考えられます。

元々日曜大工と言う言葉は存在しておりある一定の人からは需要が高いものでしたが、最近は若い人たちの間にもDIYが広まっています。

理由のひとつとしてテレビ番組で取り沙汰されていることが理由なのですが、具体的にご紹介されている番組は住まい自分流と言う番組や、幸せボンビーガールという番組、若しくは所さんの世田谷ベース、ザ鉄腕 dash、若しくは大改造劇的ビフォーアフターなどなど、様々な番組でDIYが取り沙汰されたことで世間に一気に広まったと考えられます。

不景気ということもあり、あまり家具などに高価な金額を費やすことも気乗りしない方もたくさんいますので、低コストで便利な物を作ると考えた時に自分で作った方が早いと言う考えが一気に広まりました。

実際に必要なコストがかなり削減した上で、自分が欲しいような商品を具体的に自分で作ることが出来るので、自分自身が理想としているドンピシャのものを作ることが出来る事もとても大きいメリットです。

2. 世界で一つだけのオリジナルが作れる

DIYのメリットとして世界で一つだけの自分だけのオリジナル商品が作れると言うことです。

自分で自作するのですから必ず世界に二つとない商品を作ることが出来ますし、先ほどお伝えした様に自分が本当に欲しいものをそのまま再現することができるのでこういう機能が付いていたらもっと便利になるのにな、というような事を付け足す事も出来ますし、こういう形のものが欲しいのになっと言う理想の形をそのまま再現することもできるので自分の判断次第でいかようにも理想の物を作れるということがメリットとして挙げられます。

家具なのに関してはどうしても大量生産されてたくさんの人と同じ商品がかぶってしまうという事はありがちです。

なので他の人と被りたくないという個性派な人に関してもかなりの需要があると考えることができます。

また自分で作って自分で使うということで愛着が湧いてくるので使えば使った分だけ思い出も積み重なっていくので、使いながら自分が作ったアイテムにより愛情が湧く事もDIYの楽しみ方のひとつです。

3. ハンドメイドサイトで売られることも


あまりインターネットでお買い物などをされることが無い方はご存じない方も多いと思いますがハンドメイドサイトというものが存在しておりハンドメイドサイトはオリジナルのアイテムを販売するインターネットサイトです。

自分で作った商品をオリジナル商品としてインターネットサイト上で販売することによって希望する人が購入できるようにインターネットサイトで閲覧することが出来ます。

一般的な家具などのお店で買うよりも低コストで購入することが出来ますし、おしゃれなものなども多く欲しいものがあるならばハンドメイドサイトで購入した方がよりおしゃれで安い商品に巡り会うことができるので、ご覧いただいたことが無い方は一度ハンドメイドサイトで検索してみるとたくさんのインターネットサイトが出てきますので参考にしてください。

有名なサイトとしてはminne、Creemaというサイトが有名です。

4. 買うよりも安い!

DIYで作る事で、かなりコストを低く抑える事が出来るとお伝えしましたが、ものによっては格段に安くなる例も存在します。

確かに手間がかかったり、作る事自体が大変だったりもしますが、DIYは作っていく事自体も楽しめる作業なので、誰かと一緒に作っても楽しいですし、自分が欲しい物を自分の力で実現していく工程なども楽しく感じられるものなので、そこの部分さえ楽しめるようになれば、製作可能な範囲をすべてDIYをした方がかなり安く済みますし、何より楽しいです。

ただお金を払って購入したものよりも、自分で頑張って作った物の方が愛着がわきますし、作る時間は家族がいる人であれば、家族みんなと楽しむ時間としても有効活用することが出来ます。

1. キットで売っていることも

DIYを楽しむ上で、必要な物が素材ですが、その素材もキットとして販売されています。

なので、必要な木材などをキットとして購入する事によって、一気に必要な素材を入手する事も出来ます。

価格などは素材の枚数や大きさ自体によって変わってくるのですが、一般的なきっと自体は2.3000円ほどの金額で販売されている事が多いので、自分が欲しい家具などがたった2.3000円程度で購入できるという事です。

DIYで作れるものはたくさんあり、棚であったり、椅子、テーブルなどの家具などを慣れれば簡単に作れるようになるので、高い金額を払うよりも、手作りで作った方が絶対にお得です。

節約にもなりますし、楽しい時間も過ごせるので、一度くらいは経験しておいた方が貴重な体験も出来ますよ。

5. 完成した時の達成感は格別!

DIYの醍醐味としてやはり物を作った後の達成感があげられます。

元からあるような商品を購入してたらお金を払っただけでは感動が味わえませんが、自分で作って汗水を垂らしながら製作したものに関しては、作り上げた時に感動もありますし、自分が作ったということもあるので愛着が湧いて大切に物を扱うようになります。

詮索する過程においてもきっちりとルールにそったやり方で製作することで耐久性などもかなり高いものが作れるようになるので、長く自分が作ったものを愛用することができます。

DIYの達成感を味わいたい方は一度何でも良いので簡単なものを作ってみてください。

今までに味わったことのないような達成感が味わえるはずです。

何度もお伝えしますが自分一人で作ることも楽しいですが、誰かと一緒に作ったりして共同作業をすることで貴重な体験ができますし、一緒に共同作業することでコミュニケーションを円滑に図ることもできるので、単にものづくりと言うだけではなくて趣味として楽しんでいただければ格別な時間が過ごせるはずです。

工作・DIYにおすすめなもの11選

ここまではDIYの素晴らしさやメリットについて簡単にご紹介しましたがここからはDIYにおいて製作するおすすめのものをご紹介していきます。

DIYで作れる商品は様々なものが存在しており自分のスキル次第で複雑なものなども作れるようになっていきます。

しっかりとルールに沿って作るようにすればかなりの耐久性のあるものを作ることもできるので長く愛用することができます。

意外と想像していなかったようなものも作れたりするので、家具などを購入する前に一度自分で作れるんじゃないかということを自問自答した上で、可能なものであれば自分で作ってみると、自分自身のDIYのスキルを上げることにもつながりますし、思い出のあるものを作れるようにもなるので、まだDIYにチャレンジしたことが無い方は簡単なものからで良いので一度作ってみてください。

作った時の達成感を味わうことで継続してDIYを行おうというモチベーションにもつながるので、これからご紹介するおすすめのものの中から、もし気になるものがあれば一度チャレンジしてみてください。

1. 犬小屋

DIYで作るおすすめなものとして犬小屋が挙げられます。

犬を飼っている人で外で犬を買う場合は必ず犬小屋が必要になりますが、犬小屋
もDIYで手作りで作ることが可能になっています。

シンプルな犬小屋であればキットを複数購入して作ることが出来ますしそこまで特殊な技術は必要ありません。

必ず何かを作る時には簡単な設計図を書いてイメージをつかむことが大事であり寸法なども書いておくと良い作業がスムーズに進めることができます。

予め犬小屋の寸法を考えておき、幅や高さ奥行きなどを計算しておくことでより具体的に設計した後のイメージを作ることができます。

まず大元となる木材を購入して、その木材を適切な大きさにノコギリなどを使ってカットすることによって素材として使うことができます。

犬小屋に関しては小さい声をイメージするとこやの正面と側面と背面を作り上げた後に屋根を作る必要があるのでその屋根の形に沿って正面側面背面の木材の形を整えていくことが大切です。

木材だけでは多少強度が弱くなってしまうので、コンクリートパネルを用いる事で、 ある程度の防水性を持たせることも出来ますし後は綺麗につなぎとめるためにインパクトドライバーので打ち込むネジである、ビスを用意して作業を行っていく事が基本の犬小屋の製作で必要な工程です。

最初は難しく感じるかもしれませんが、一度必要な工程や流れを体験しておく事で、一度作ったものに関してはある程度簡単に作れるようになるので、たくさんのものを作っていき、たくさんの経験を積んでいく事で、より高度なレベルのものなどを作れるようになるので、楽しみながら作っていく事がポイントです。

また、DIYの楽しい所はオリジナルの物を作れるという点なので、犬小屋に関してもある程度簡単に作れるようなデザインから、かなり凝ったデザインなども作れるので、自分のスキルや予算などを考えた上で、最良の物を製作してみてください。

2. ペットボトルロケット

次にご紹介する手作りできるものはペットボトルロケットです。

子供の頃遊んだことがある方もいると思いますがペットボトルロケットも慣れれば簡単に手作りすることができます。

子供がいる家庭であれば子供と一緒に遊んだりする口実にもなりますしみんなで体を動かして遊ぶことでコミュニケーションを深めることも出来ますし、楽しい思い出作りにもなりますのでペットボトルロケットを作るところから子供と一緒に楽しむことで継続して一緒に遊んだりすることもできます。

ペットボトルロケットを作る際にはホースのジョイントセットを購入しておく必要がありますが、これは100均などで購入が出来ます。

後は炭酸飲料のペットボトルとキャップを用意し、 自転車の空気バルブそして接着剤そして紙やすりとカッターを用意してもらえれば製作が可能です。

簡単な作り方としてはペットボトルのキャップに穴を開けて発射口を作ります。

そしてあけた穴の周りをカッターなどで綺麗に揃えて紙やすりで平面にしてください。

そしてペットボトルのキャップとジョイントセットを接着剤で作っていただくのですが接着が甘いと空気漏れを起こしてしまうのでしっかりと接着してください。

次に発射台の作り方はジョイント(メス)に自転車の空気バルブを通して桃したら接着剤でしっかりと固めてネジを締めてください。

後は空気バルブの上部パーツを取り付けて完成です。

以外と簡単に出来てしまうので、子どもと一緒に休みの日にちょっと遊んだりするときに広い公園などで楽しんでください。

しかし、遊ぶ時には危険なので必ず子どもから目を離さないようにして遊んでくださいね。

3. ベンチ

次にご紹介する手作りできるものはベンチです。

自宅に庭があったりする形であればベンチを作りたいと思うこともあるかと思います。

DIYにおいて、比較的ベンチは簡単に作れるものであり作る機会も多かったりするのでインターネット上なので簡単に作り方などはのってあります。

ベンチ自体も様々な形のものを作ることが出来、比較的簡素なものからかなりこだわったものまで幅広く作ることができます。

例えば背もたれがなかったり、肘置きがなかったりするような、座るだけの簡単な作りのものから背もたれがあったり肘置きがあるようなかなりこだわったものだったり、机の足を斜めに設定したりするなど、ちょっと見た目がおしゃれなものなどを作ったりすることも出来ますし、色合いなども変えることで雰囲気が味を出すことができるので自分の好みのように作ることが簡単にできます。

例えば真っ白であれば比較的清潔感のある初々しいベンチが作れますが、色合いを茶色にする事で、ある程度使用感が出ますし、色が濃いほど木材としても味があるような、深みのあるような雰囲気を醸し出す事が出来るので、自分がどういう色合いがすきかという事も含めて考えながら作ると楽しみが増えてよりモチベーションも上がる事に繋がりますよ。

ベンチ自体も、キットの値段なども考慮しても、ある程度安価の値段で作ることが出来ますので、節約にも繋がるので、気になる方はベンチから製作を始めてみてください。

4. ブランコ

これに関してはある程度難易度が高いかもしれませんがなんとブランコで手作りすることができてしまうんです。

ブランコに関してはある程度スキルが身についてちょっと複雑なものでも作れるようになった時にチャレンジするのがおすすめです。

なぜならブランコは小さい子供が乗ったりすることが多いので耐久性が弱かったりすると子供が怪我をしてしまうことにつながってしまうので必ず自信があったり、ある程度スキルが身についた時に作らないと子供が危険な目にあうので注意して作ってください。

ブランコもある程度最低限の見た目のものから、かなりこだわったようなものまで作る事が出来るので、自分がどういう物を作りたいのかある程度想像した上で製作するとよりDIYが楽しめるようになりますよ。

こだわればこだわるほど、複雑でしっかりとしたものが出来上がるようになるのもDIYの魅力ですし、達成感も格別のものが味わえるはずです。

子どもと一緒に長い時間をかけて一緒に作ったりするのも、継続的な良い思い出作りにも繋がるので、おすすめですよ。

5. ハンモック

次にご紹介する手作りできるものはハンモックです。

自宅の庭などにハンモックを用意すれば日差しが良い時にはハンモックでゆっくりリラックスすることも出来ますし家族で一緒に楽しむようなこともできます。

日差しが気持ち良い時にハンモックで体を休めたりすると風が心地よく、より良い休日を過ごすことができるのである程度スキルが伴った時にチャレンジしていただきたい物です。

ハンモックを作る場合には支えになる木材とより強固なものを作るための金物が必要になり、マルカンボルトやアイナット、平ワッシャーなどが必要です。

後は比較的大きくてしっかりとした木材を4本程度と、ハンモックを準備するためのロープ止や固定するタフステイク、ユニフレームやスタンドなどで製作が可能です。

木材を選ぶ時にはあまりにも太いものになると丸カンボルトの長さが足りなくなったりするので必ず考えた上で購入することを気をつけてください。

ある程度準備するものが必要になるので、初心者がいきなり作ろうと思うと難しかったりもするので、簡単な物から製作するように工夫して、徐々にスキルを身に着けるようにしていけば、失敗も少なくなり、モチベーションがそがれずに楽しめます。

6. ツリーハウス

次にご紹介する手作りできるものはツリーハウスです。

ツリーハウスは生えている木を土台にしてそこから家に沿って家の枠組みを作っていき人が休憩できるようなスペースを生む家づくりです。

ツリーハウスに関してはかなりの技術が必要になり簡単に初心者が作れるようなものではありません。

しかしながら、ある程度のDIYのスキルを身に着ければ製作する事はもちろん可能であり、かなりこだわったものもつくれるようになるので、かなり夢がある作品が作れます。

大きさも人が少人数入れるような小さな部屋を作る場合もあれば、大人数で入れるような大きさも出来ますし、場合によっては本当に文字通り家が出来てしまうようなくらい大きな部屋を作る事もできます。

実際にそこで生活をする事も可能な位の大きさにも出来ますので、作った時の達成感は味わった事がないくらいの感覚を味わう事が出来ると思います。

面積を増やしていくことでその作ったツリーハウスにテラスを作るようなことも可能になりテラスにテーブルなどを置けば外の景色を楽しんだり自然の風を楽しみながら心地よいひとときを過ごすこともできます。

言ってみれば自分で別荘を作ってしまう様な感覚です。

ツリーハウスを作る際は必ず必要なのがツリーハウスの基盤となる木の選定です。

当然ながら細くて脆いような木はツリーハウスの土台に適しているとは言えませんし、大きくて太いしっかりとした気が好ましいです。

なかなか実際にツリーハウスを作ろうと思う方はいないと思いますがもし本当に作りたいと思うのであればプロの大工さんがサービスを行ったりしている場合も多いので気になる方はプロの職人さんにお願いをすれば作ってもらうことは可能です。

どうしても自分で作りたいと言う方は最初の土台だけ作ってもらうことなどもできますので状況によって適切な判断を行って、DIYを楽しむ事が大事です。

7. テーブル

次にご紹介する手作りできるものはテーブルです。

テーブルは比較的DIYの中でも難易度が低い部類に入りますのである程度簡単に初心者の方でも作ることができます。

テーブル自体もそこまで必要な素材だったり、難しいテクニックなどを必要としないものが多いので簡単なものであれば1日あれば作れてしまう様なものが多いです。

簡単なテーブルであれば2時間で作ることも出来ますしある程度こだわったものに関しても、そこまで長い年月を必要としない場合が多いです。

電池と同じように色の白い木を使うことで清潔感を出すことも出来ますし、ある程度色が濃いような演出を行うことで味が出るようなテーブルにすることができるので自宅の雰囲気を考慮した上で自宅の雰囲気に合ったテーブルを作成することができます。

木の板の大きさ次第ではかなり大掛かりなテーブルを作ることもできますので、家族が増えて大きいテーブルが欲しいなと思った時などに自作で作ってみれば雰囲気も出ますし、大切な思い出として食卓を囲んだ時にいつでも思い出せるような愛着のわくテーブルを作ることができます。

テーブルをもし自分で購入しようと思った場合にある程度価格がすることも多く4万円5万円などの金額を払わなければいけない場合も存在しますが、ものによっては1万円しない金額で製作することもできるのでかなりの節約にもつながります。

テーブルが欲しいと思っているのであれば是非この機会にDIYをして自分で作ってみてください。

8. コンソール

次にご紹介する手作りできるものの中にコンソールが存在します。

コンソールといえば車の中心部分に位置するドリンクボックスなどが付いてる様なボックスであり、 自分で作ることで必要な機能を付け足したりすることが出来ます。

例えばアームレストがないというコンソールの場合はアームレストをつけることも出来ますしアームレストの位置が低い場合は高くすることもできるので自分のお気に入りのコンソールを作ることでより車の中の環境を快適にすることができます。

コンソールを自分で作るとなるとかなり難しく感じる人も多いかもしれませんが、ある程度コツをつかめば簡単に作ることもできます。

必要な素材なども木の板以外には100均で購入することができるようなものも多かったりするので、意外と値段もかけずに作ることができちゃいます。

自分の車のコンソールに満足行っていない場合は、自作で作ってみるのもおすすめです。

9. ステンドグラスのランプ

次にご紹介する自作で作れるものとしてステンドグラスのランプを作ることができます。

ステンドグラスといえば良く結婚式場などや協会などで見たことがある方も多いと思いますがステンドグラスを簡単に作ることもできちゃうんです。

カラフルな色合いで光を灯した時にとても映える様な光を生み出すことができるのでとても綺麗でやり幻想的な雰囲気を醸し出すことができるのでインテリアとして用いることでとてもおしゃれな雰囲気を楽しむことが出来ます。

ステンドグラスと聞くととても難しそうに感じるかもしれませんがガラス絵の具とすりガラス風シート、そしてステンドグラスのランプになる周りを覆う透明なボックスなどの形のものを準備すれば簡単に作れてしまいます。

ガラス絵の具を使って額縁をとってその中の色を様々なカラフルな色合いで塗るだけで簡単に雰囲気を出せる様になるので、何かを製作するのが好きだったり美術作品を作るのが好きな方にはとても向いているDIYです。

低コストでお洒落な物が作れるので、DIYを通して思い出に残るようなものを作ったりプレゼントなどにも作ってみると面白いです。

10. キッチン壁面にタイルを貼る

次にご紹介する自作で作れるものとしてキッチンの壁面にタイルを貼っておしゃれな雰囲気を出すことです。

キッチンの周りなどは簡素な作りになっていることが多いですがそのままではちょっと寂しいと思っている方はキッチン周りの碧面にタイルを貼り付けることでオシャレな空間を演出することができます。

キッチンのタイルなども様々ありカラフルな色が付いてる様なものを使えば明るい印象を醸し出すことが出来ますし、ボコボコとしたタイルを貼り付けることで立体感のある仕上がりにする事もできます。

また比較的ホワイトの濁った色やグレーの濁った色そして薄い茶色や濃い茶色のタイルを貼り付けることで落ち着いたガラスタイルの質感を再現することができます。

自宅の雰囲気などを考慮した上で自分が演出したい色合いのタイルを貼り付けることで様々な雰囲気を簡単に演出することができるのでキッチン周りが寂しいと感じてる方はDIYを行ってみてください。

11. 傘立て

次にご紹介する自作で作れるものは傘立てです。

傘立てはその形状にもよりますが比較的簡単に作れるものの中に入ります。

ある程度慣れている人やスキルがある方についてはものの1時間程度で作ることができるような傘立てのデザインも存在しますしある程度こだわったデザインだったとしても1日かからないで作れる様なものが多いです。

傘は必ず自宅で必要になるほどですし、11傘立てを買うのももったいないと考えてる方は自作で作ることで一般的には売ってないとてもお洒落なものを簡単に作れるのでDIYの初心者の方にまず作っていただきたいおすすめのものです。

必要な材料自体もそこまで存在しませんし、価格自体かなり低コストで作れるので初めて作るDIYのものとして、まずはチャレンジしてDIYの作る工程などを確認しながら、作る事や製作する事に慣れていく事をお勧めします。

DIYを楽しもう♪

いかがでしたでしょうか?
今回はDIYにおすすめの作っていただきたいものをご紹介しました。

今回ご紹介したものはDIYで作れるものの中でもほんの一部にすぎません。

で作れるものの中でもほんの一部にすぎません。

まだまだたくさんのものを作ることが出来ますし、自分のアレンジ次第でどんなものでも作れるようになります。

簡単な物からDIYに慣れていき、自分の人生を通して、大掛かりなものをどんどん作っていく事で、継続した趣味にもなりますし、必ず役に立つスキルなので、身に着けておいて損はありません。

周りの人とのコミュニケーション手段にもなりますので、DIYを通して楽しい人生を送ってみてください。