CoCoSiA(ココシア)

supremeはどういうブランド!?由来からおすすめのグッズ10選などを紹介します

あなたはファッションは好きですか?

女性の方も、男性の方も、関係なくファッションが好きな方は多いと思います。

ファッションは自分を魅せるための一つの方法であり、自分をよりよく見せる上で必要不可欠な要素です。

仕事においてもファッションはとても大事なものであり、例えばスーツにおいても着こなし方などはある程度存在し、サイズやデザインなどがとても重要な物になります。

かっこいいスーツに身をまとえば、出来る印象を与える事も出来ますし、それが信頼感へと繋がる場合などもあります。

プライベートでも、異性の相手にアピールする上でファッションはとても大事な物ですし、ファッションが清潔感がなかったり、センスがなかったりすると相手には悪い印象を与えてしまいかねませんので、普段から気を付けて頂きたい部分になります。

さて、ファッションには、たくさんのファッションブランドが存在していますが、あなたには好きなブランドは存在しますか?

人によってはブランド物しか着ないと判断しているような人も多く、自分が好きなブランドのものを着る事で、気分も上がるし、デザインも好きだから継続してきているという人もかなり多いと思います。

今回はそんなブランドの中でも、かなり有名なブランドのsupremeをテーマにして、supremeのおすすめグッズなどを簡単にご紹介していきたいと思います。

supremeとは?

supremeはかなり有名なファッションブランドですが知らない方ももちろんいるかもしれませんので、簡単にsupremeがどういうブランドなのかということをご紹介していきたいと思います。

supremeのおすすめのグッズをご紹介する前にまずはsupremeというプラントがどういうプラントでありどういう人が好んで着ているのか、そしてsupremeの特徴についてご紹介していきたいと思いますのでこの機会に理解してみてください。

supremeはスケーターブランド

supremeについて簡単にご紹介して行く前にまずsupremeがどういうプラントなのかと言うことですがsupreme自体はファッションブランドでありながらもともとスケーターブランドということでその地位を確立しています。

スケーターを商売相手として設立されたお店だったので地元のスケーターの人たちが気軽に堂々と入れるようなお店をコンセプトにして広々とした店内で店舗をオープンさせていました。

スケーターが相手だったので当然ながら店内の中に組み立てたスケートボードお試し乗りできるように空きスペースなどを設けていたりなど、スケーターの方が心から楽しんでいただけるようなお店としてオープンしたことが気に実際にオーダーの友達などを含む地元のスケーターのたまり場という風になっていました。

supremeはそこから発祥したブランドなので根本としてはスケーターに向けたファッションであるということを考える必要があります。

もちろん現在はスケーターだけではなく全世界に向けてスケーター以外にもファッションが好きな方に多く取り入れられているビッグブランドであるといえます。

赤い横長の長方形に白い文字でSupremeと書いてあるロゴ

Supremeのロゴデザインは皆さんご存知の通り赤い横長の長方形に白い文字でSupremeと記載があるロゴデザインとなっています。

ロゴデザイン自体がシンプルなものでありながらその幅広い知名度によりたくさんの人が一目見ただけでシュプリームと分かるようなロゴマークになっています。

元々Supremeのロゴデザインの元ネタの形はアメリカの女性アーティストであるバーバラ・クルーガーの有名な作品でありフランスの哲学者であるルネ・デカルトの名言のパロディアートから始まったものであるということが有名な話となっています。

その本をデザイナーに見せて複数パターンのロゴデザインを作成したなかで、選ばれたものが今現在のロゴデザインとして採用されているものになっています。

ちなみにSupremeの文字のフォントに関してはFuturaというフォントを採用しており、今では簡単にダウンロードして入手することができるものになっています。

比較的見た目自体はシンプルなものですがそのシンプルこそがかっこいいと言う事で幅広くたくさんの人に受け入れられているロゴマークになっています。

創立者はジェームス・ジェビア氏

Supremeを創立した人物についてはジェームスジェビア氏がオーナーとされており、
元々はニューヨークのマンハッタンのスプリング通り172にあった今では伝説のセレクトショップである union nyc のオーナーでしたが新しくニューヨークのマンハッタンのラファイエット通り274に設立を行っています。

ちなみにSupremeを設立する前の段階ではステューシーの設立者であるショーン・ステューシー氏と一緒にステューシーで働いていた事が有名な話です。

その後に先ほどお伝えしておりニューヨークのショップで地元のスケーターが気軽に入れるような広々とした店内をコンセプトにしてそこから確固たる地位を築いていきました。

人気の理由とは?

元々の始まりは地元のスケーターたちに対してを対象として販売を始めていましたが、そこからだんだんと知名度が上がっていき、 今ではその品質やスタイル確実性において確固たる地位を不動のものにしていることでも有名な話です。

ではどうしてSupremeがここまで人気になっていったのかということも気になる方も多いと思いますので簡単にご紹介していきます。

全世界で数多くの有名人が着用している!

まずSupremeが人気になった理由のひとつとして多くの有名人が着用しているということが挙げられます。

有名人がSupremeを着用するということはその有名人のファンをSupremeを購入したいと思うようになることと一致して考えることができます。

なので当然ながらたくさんの人がSupremeを買い求めますし、それに刺激して多くの有名人がまたそのブランドの新しく発売されたファッションを身にまとったりするという良い循環作用が行われるのでそこからたくさんの人の認知度につながったと言われています。

またそもそもSupremeがブランドとして設立された当時にはモデルのケイトモスを利用したカルバンクラインの広告の中にシュプリームロゴのステッカーを貼るのも大胆なプロモーション行っていることによりある程度一番初めの時から認知度が高かったと言えます。

他にも有名な高級ブランドのデザインをパロディにしたアイテムをリリースしてその時には告訴されてしまうなど、いわゆる炎上商法の可能性もありますが、そこからたくさんの人々に認知度を広めていくことにより知名度もそれに伴って加速的に広がっていったと考えるか一般的かもしれませんね。

日本では3代目JSBや木村拓哉など

ちなみにSupremeに関しては日本の有名人なども数多く着用しておりシュプリームを着こなす芸能人は窪塚洋介や三代目 j soul brothers の登坂広臣、そして木村拓哉など様々な有名人が着用していることでも知られています。