CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

ダサい女子の私服の特徴12個!顔がダサく見えるのはこれのせいかも


おしゃれは自分のためと言いつつも、他人からの評価を全く気にしない人などいないでしょう。

多少他人の目を気にする事は実に当たり前の行為です。

おしゃれは努力によって解決する事が出来ますが、顔のかわいさは努力ではカバーできない部分もあります。

だからこそ、せっかくかわいい顔があるのであればそれを最大限に引き出したいですよね。

この記事では、ダサい女子の私服の特徴についてご紹介していきます。

自分では問題ないと思っていても、他人から見ると残念な姿になってしまっている事もあるかもしれません。

この機会に、改めて自分の事を見直すきっかけを持ってみてはいかがでしょうか。

ダサい!どんなに可愛い子が着てもダサく見えるのは?

ダサいという言葉は若者言葉のように感じられていますが、実際には1970年代からある意外と歴史のある言葉です。

意味としては『野暮ったい』『いけていない』などの意味があり、要するに恰好が良くないという状況を指している言葉です。

つい、顔が良い人は何をしても良いのではないかと思ってしまいます。

実際、一派人には理解できないようなハイセンスなファッションもかわいい人がしていればそれすらもかわいく見える事もあります。

だからこそ、顔が良い事はそれだけでプラスの要素になる事は間違いまりません。

人間は顔ではありませんが、顔も大切な要素であることには間違いありません。

その要素が人よりも高ければ、それだけ評価に値する人物になる事が出来るでしょう。

けれど、それはおしゃれのレベルが高い場合にのみ適応される例外です。

どんなに顔が可愛い子も、あまりにもダサい恰好をしていると、そのかわいさに気が付く事が出来なくなってしまいます。

せっかくの顔の印象を台無しにしてしまうのです。

その結果、実際にはかわいい顔をしている人なのにもかかわらずかわいく見えなくなってしまうのです。

『雰囲気イケメン』という言葉があるように、実際には顔はそれほど良くない場合でもその雰囲気だけで素敵に見える事があります。

だからこそ、逆を言えばどんなに顔が良くても雰囲気がダサければ結果的にダサく見えてしまうものなのです。

正直、「可愛いのにもったいない!」


顔の可愛さは生まれ持った才能です。

頭が良い人や運動神経の良い人が人々に注目されちやほやされる時代があるように、本来顔の可愛い人は間違いなく他の人より得をするはずなのです。

けれど、そのかわいさを隠すかのように洋服がダサいとその可愛さを半減させてしまう結果となります。

顔の可愛さを無駄にしてダサい恰好をしている女性を見ると『可愛いのにもったいない』と思うはずです。

けれど、それは周りがどうこうする事が出来る問題ではないのです。

もちろんアドバイスをする事はできますが、一番大切な事はその人自身が変わりたいと思う事なのです。

だからこそ、自分のそのダサい状況に気が付く必要があるのです。

もうやめて!ダサい女子の私服の特徴12個

それではここからはダサい女子の服装についてご紹介させていただきます。

おしゃれは常に変化します。

流行の流れは速く、少し前までおしゃれとされていた服装が気が付くとダサい部類になってしまっている事もあります。

それとは逆に、何年も前に流行った服装がいきなり流行する事もあるのです。

だからこそ、何が正しくて何が間違っているのか分からなくなてしまう事もあります。

結果的に自分も知らず知らずのうちにダサい姿になってしまっている事もあるでしょう。

これからご紹介する姿は、そんな移り変わりの早いおしゃれの環境の中でも比較的共通して考える事が出来る内容となっています。

だからこそ、自分の普段の服装と改めて比べてみてはいかがでしょうか。

1:あまりにも露出が多すぎる服

最近の女性のファッションはどんどんと過激になっている傾向があります。

その為、季節に関係なく露出度の高い服装をしている人も多く見かける事もあります。

昔のように、女性は肌を出すなという時代ではありません。

自分が好きな服装があるのであればそれを楽しむ事も良い事でしょう。

けれど、かといったあまりにも大胆な露出をする事は良い事だとは言えません。

適度な露出であれば、流行を取り入れたおしゃれとして多くの人に認識してもらう事が出来るでしょう。

けれど、あまりにも露出度の高い服装は周りの人を引かせてしまう事があります。

どことなく品が無いようにも見えるので、女性としての価値を下げる事となってしまうのです。

また、露出の高い服装をする事は危険に巻き込まれる可能性も高くなります。

余りにも周りから浮いているような服を着てしまっている場合には少々露出を抑える事も大切です。

ページトップ