世の中にはさまざまなタイプの人が居ます。

誰が見てもかわいいと言われる人も居ればそうではない人も居ます。

どうせ人から評価されるんではあれば誰もが『可愛い』と思われたいはずです。

おしゃれは自分のためと言いつつも、他人からの評価を全く気にしない人などいないでしょう。

多少他人の目を気にする事は実に当たり前の行為です。

おしゃれは学校で習う勉強とは違います。

自分自身が興味を持ち、自分で行動しなければ結果を出す事はできないでしょう。

他人が似合っている洋服も自分が着て似合うとは限りません。

多くの情報の中から自分に似合うものを探す事こそが大切な事なのです。

そんな中にはおしゃれについて間違った知識を持ている人も居ます。

普通にしていればかわいいのにも関わらず、おしゃれがダサいからこそそのかわいさが見えなくなってしまっているのです。

おしゃれは努力によって解決する事が出来ますが、顔のかわいさは努力ではカバーできない部分もあります。

だからこそ、せっかくかわいい顔があるのであればそれを最大限に引き出す事が出来るような姿をする事が大切です。

自分では問題ないと思っている人も、実際には他人から見ると残念な姿になってしまっている事もあるかもしれません。

その事実に早く気が付かないと結果的に自分が恥をかく事になる場合もあります。

だからこそ、改めて自分の事を見直すきっかけを持ってみてはいかがでしょうか。

ダサい!どんなに可愛い子が着てもダサく見えるのは?

ダサいという言葉は若者言葉のように感じられていますが、実際には1970年代からある意外と歴史のある言葉です。

意味としては『野暮ったい』『いけていない』などの意味があり、要するに恰好が良くないという状況を指している言葉です。

つい、顔が良い人は何をしても良いのではないかと思ってしまいます。

実際、一派人には理解できないようなハイセンスなファッションもかわいい人がしていればそれすらもかわいく見える事もあります。

だからこそ、顔が良い事はそれだけでプラスの要素になる事は間違いまりません。

人間は顔ではありませんが、顔も大切な要素であることには間違いありません。

その要素が人よりも高ければ、それだけ評価に値する人物になる事が出来るでしょう。

けれど、それはおしゃれのレベルが高い場合にのみ適応される例外です。

どんなに顔が可愛い子も、あまりにもダサい恰好をしていると、そのかわいさに気が付く事が出来なくなってしまいます。

せっかくの顔の印象を台無しにしてしまうのです。

その結果、実際にはかわいい顔をしている人なのにもかかわらずかわいく見えなくなってしまうのです。

『雰囲気イケメン』という言葉があるように、実際には顔はそれほど良くない場合でもその雰囲気だけで素敵に見える事があります。

だからこそ、逆を言えばどんなに顔が良くても雰囲気がダサければ結果的にダサく見えてしまうものなのです。

正直、「可愛いのにもったいない!」


顔の可愛さは生まれ持った才能です。

頭が良い人や運動神経の良い人が人々に注目されちやほやされる時代があるように、本来顔の可愛い人は間違いなく他の人より得をするはずなのです。

けれど、そのかわいさを隠すかのように洋服がダサいとその可愛さを半減させてしまう結果となります。

顔の可愛さを無駄にしてダサい恰好をしている女性を見ると『可愛いのにもったいない』と思うはずです。

けれど、それは周りがどうこうする事が出来る問題ではないのです。

もちろんアドバイスをする事はできますが、一番大切な事はその人自身が変わりたいと思う事なのです。

だからこそ、自分のそのダサい状況に気が付く必要があるのです。

もうやめて!ダサい女子の私服の特徴12個

それではここからはダサい女子の服装についてご紹介させていただきます。

おしゃれは常に変化します。

流行の流れは速く、少し前までおしゃれとされていた服装が気が付くとダサい部類になってしまっている事もあります。

それとは逆に、何年も前に流行った服装がいきなり流行する事もあるのです。

だからこそ、何が正しくて何が間違っているのか分からなくなてしまう事もあります。

結果的に自分も知らず知らずのうちにダサい姿になってしまっている事もあるでしょう。

これからご紹介する姿は、そんな移り変わりの早いおしゃれの環境の中でも比較的共通して考える事が出来る内容となっています。

だからこそ、自分の普段の服装と改めて比べてみてはいかがでしょうか。

1:あまりにも露出が多すぎる服

最近の女性のファッションはどんどんと過激になっている傾向があります。

その為、季節に関係なく露出度の高い服装をしている人も多く見かける事もあります。

昔のように、女性は肌を出すなという時代ではありません。

自分が好きな服装があるのであればそれを楽しむ事も良い事でしょう。

けれど、かといったあまりにも大胆な露出をする事は良い事だとは言えません。

適度な露出であれば、流行を取り入れたおしゃれとして多くの人に認識してもらう事が出来るでしょう。

けれど、あまりにも露出度の高い服装は周りの人を引かせてしまう事があります。

どことなく品が無いようにも見えるので、女性としての価値を下げる事となってしまうのです。

また、露出の高い服装をする事は危険に巻き込まれる可能性も高くなります。

余りにも周りから浮いているような服を着てしまっている場合には少々露出を抑える事も大切です。

2:年不相応の私服

おしゃれは、自分自身が楽しむ為に行うものです。

だからこそ、他人からどうこう言われる筋合いはないと言えばその通りです。

けれど、そのせいでダサいと思われる事は不本意なはずです。

だからこそ、自分に合ったおしゃれをする事によって周りから一目置かれる存在になる事を目指す事の方がずっといいのではないでしょうか。

例えば、どんなにいまどきの若い人たちの服装がかわいいからと言ってそのままの服装を彼女たちのお母さんの世代がしてしまうと、途端にダサい印象になってしまいます。

そればかりか、年甲斐もない恰好をしている人として冷ややかな目で見られてしまう場合もあります。

女性はついいつまでも若いままで居たいと思ってしまいます。

だからこそ、自分の年齢にあらがうような若い印象のある洋服を選んでいるのです。

けれどこれをする事によって、かえって老けて見えてしまう場合があります。

無理をしているように見える事もあり、どこか痛々しい姿のように見えてしまう事もあるでしょう。

年齢にあった服装というものがあります。

わざわざおばあさんのような服装をする必要はありませんが、だからと言ってまるで若い子のような服装をしてはいけないのです。

自分ではいつまでも若いつもりでいたとしても、周りから見れば十分違和感のある恰好になってしまっている事もあります。

フリフリスカートや迷彩柄など


フリフリスカートや迷彩は若い子や幼い子が着るからかわいいのです。

それをおばさんが着ても無理しているようにしか見えないのではないでしょうか。

自分にあった服装をしていれば十分若く見える人も、無理した服装をしている事によって、かえって年老いて見えてしまう事もあります。

自分で自分の魅力を下げてしまっているのです。

だからこそ、自分の選んだ服が自分に合っているかをしっかりとチェックしてみましょう。

洋服自体はかわいいものだとしても、それを着る事によって違和感が出てしまう事もあります。

今時の若い子の服装を真似しているつもりになっていても、結果的に無理をしている人にしか見えない時もあるのです。

その違和感は、意外と自分ではなかなか気が付く事が出来ないものです。

その違和感に気が付く事が出来ないと、結果的に恥ずかしい思いをする事になってしまいます。

だからこそ、自分の姿をきちんと冷静に見る事が大切です。

3:主張が多すぎるファッション

ファッションを通して自分の気持ちを表す事が出来る場合もあります。

主張の高い洋服をきる事によって自分の存在をアピールする事だって出来るのです。

目的を持ってその洋服を選んでいるのであれば、それはそれである意味思惑に会っているので良いのです。

けれど自分では意識せずに結果的に主張が強くなっている事はいい事だとは言えません。

自分が意図していない段階で目立ってしまっているという事は、それだけ主張の強いファッションをしているという事です。

それは良くも悪くも目立っているという事なのでしょう。

自分が良いと思っていない状態で目立っていると、良からぬ反感を買ったり他の人からあれこれ言われてしまう事もあるかもしれません。

だからこそ、そんなことを言われないようにする為にも自分のファッションは他の人から見るとどうなのかという事をしっかりと判断する事が大切です。

4:TPOをわきまえない服

TPOとはTime、Place、Occasionの頭文字をとった言葉です。

つまり『時間』『場所』『場合』というい意味があり、時間や場所に合わせた洋服を着ましょうという意味の言葉です。

どんなにおしゃれな服装だったとしても就職面接にオフショルでいく事は許されません。

結婚式にGパンで良く事が問題だとされているように、その場に応じた服装があるのです。

もっと言えば、例えおしゃれでは無かったとしてもTPOを守った服装の方が流行の服装よりも評価が高いのです。

TPOをわきまえない服装をしていると、それだけ常識のない人だと思われてしまいます。

周りの人からの反感もあり、嫌われてしまう事だってあるでしょう。

もしその場にふさわしい服装が分からない場合には、きちんと事前に確認しておきましょう。

確認しなければ、そのまま間違った事を実践してしまう事になるのです。

大人になってから他人に服装の事を聞くのは恥ずかしいと思う人も居る事でしょう。

けれど、聞かずに結果的に間違えた服装をしてしまう方が問題です。

聞く事を恥ずかしい事だと思っているのはいがいと自分だけかもしれません。

5:ブランドで固めた服

おしゃれ=値段ではありません。

どんなに安いアイテムだとしても組み合わせのコーディネートによって十分おしゃれに見せる事が出来るようになります。

反対に、一つ一つがおしゃれだったとしてもあれもこれもごちゃごちゃまとめてしまうとダサい恰好になる事も十分予想する事が出来るでしょう。

ブランドのものは高いだけあり、素材が良くおしゃれにこだわって作られている場合が殆どです。

だからこそ、ブランドの服を着ていればいいと思っている方も居ます。

けれどもちろんそんな事はないなのです。

例え全身何百万もするブランドで固めたとしてもダサいものはダサいのです。

同じブランドでただまとめただけのファッションはおしゃれをしているとはいえないでしょう。

社会に出て、お金を手にした結果ついお金に頼ってファッションを完成させようとしてしまう人が居ます。

ですが、それはおしゃれではありません。

本当のおしゃれを目指すのであれば、ブランドばかりを意識した服装は避けるべきでしょう。

6:季節感のないファッション

日本には四季があります。

四季が移り変わる事によって美しい自然の世界を楽しむ事が出来るでしょう。

それと同じようにおしゃれの世界も季節によって様々な変化を感じる事が出来るようになる事でしょう。

だからこそ、コーディネートを考える際には季節感を意識する事も大切です。

おしゃれは我慢という言葉はあるように、まだ残暑の残る季節にもあえて秋のアイテムを取りいれてみたり、まだ肌寒い春先に薄手のコートを着てみるなど、季節を先取りした服装を選ぶ事が重要です。

せっかく四季があるのにも関わらず、それを全く意識せずにファッションを決めている人ははたから見ると違和感のある服装になってしまっている場合もあります。

TPOを意識する事と同じように季節を感じる事も大切なポイントとなります。

7:自分の体型に合ってない私服

人には似あう服装というものがあります。

例えどんなにそのファッションが流行していようとも似合わないものは似合わないのです。

だからこそ、無理をしてその服装をする必要はありません。

ついついその服装を選んでしまったとしても、自分に似合っているのか。

おかしくないかを冷静に判断する事が出来る目を持つ事は大切です。

またサイズ選びに関してもきちんと考えなければいけません。

無条件にいつでもMを選んでいる人も、物によってはSやLの方がいい場合もあるのです。

そのことを考えずにいつでも同じものを選んでいると、より太って見えてしまった足が短く見えてしまうことがあります。

どんなに安い洋服だったとしても、一度試着する事は大切です。

8:英字プリントのシャツ

Tシャツに印字されているものの中には、英字が印刷されている物もあります。

この意味を考えて洋服を買っている人はそう多くはないでしょう。

だからこそ、中にはとてつもなく変な言葉が印刷されている場合もあります。

海外の人が、意味も分からず着ているTシャツの中に変な言葉が書かれているのを見たことがある人も多数いるのではないでしょか。

まさにあのような形です。

言葉をデザインとして考えているからこそ、その違和感に気が付かずおしゃれの一つとして取り入れてしまうのです。

英語の意味をわざわざ検索する人もそう沢山いるものではありません。

けれど、中には読む事が出来る人も居る事を忘れてはいけません。

また、極々短い文なのであればその意味を理解する事が出来る人も増えるはずです。

だからこそ、Tシャツを購入する際にはその意味を少し考える余裕を持つ事も大切かもしれません。

9:手入れされていない私服

洋服は一度着て終わりではありません。

何度も洗濯して着る物のはずです。

ましてやお気に入りのTシャツなどの場合にはその頻度が更に高くなる事も容易に想像する事が出来るでしょう。

この時にただ洗うだけでは洋服を傷めてしまう場合もあります。

洋服にはそれぞれに合った洗い方や洗剤があります。

そのことを意識せずに洗ってしまうと、洋服をかえって痛めてしまう場合もあります。

毛玉やしわがひどくなり、ださいとおもわれてしまう原因になる事も多々あるのです。

可愛い女の子の洋服が毛玉だらけだったら思わず幻滅してしまうでしょう。

だからこそ、洋服のセンスを気にするよりも前に、きちんと手入れをする事が出来ているのかを意識する事の方が大切になってくる場合もあります。

10:小物の手抜き感が残念!

コーディネートは全体を通してその価値が決まります。

だからこそ、小物使いも大切になってくる事もあるのです。

服にばかり意識をして、持っているバックが全く合っていなければ結局ダサい姿になってしまうのです。

帽子やバックなどいつでも同じものを使いまわしてしまっている方も居ます。

ですが、それでは本当の意味でおしゃれを楽しんでいるとは言えないでしょう。

そう言った小物を含めて考える事が、本当のおしゃれなのです。

何も高いものを買う必要はありません。

安いものだったとしても多くのものを追加する事によって、よりファッションを楽しむ事が出来るようになる事でしょう。

11:コーディネートができていない

コーディネートは、簡単ではありません。

なかなかうまくできない事だってあるでしょう。

それは誰かが教えてくれるものではありません。

自分で意識を持って学んでいくしかないのです。

だからこそ、多くの雑誌を見たりTVに出てる人などを参考にして、自分なりのファッションを学んでいくのです。

一つ一つの洋服は可愛いのにダサいと言われてしまう人は、このコーディネートが出来ていない事が敗因です。

12:基本、同じ服ばかり着ている

どんなに素敵なファッションも毎日同じでは見飽きてしまいます。

他に服はないのかと言われてしまう事だってあるかもしれません。

マネキンをそのまま購入している人などは、自分でアレンジする事が出来ないので、結果的にいつでも同じような服装をしてしまっている事もあります。

おしゃれな人と呼ばれる人は、何パターンもあってこそです。

1パターンではなかなかおしゃれと言って貰う事は難しいものです。

だからこそ、自分の中にあるアイテムをいかに活用する事が出来るかどうかが大切なポイントとなるのです。

ダサい!と言われないためにできること

ここまでダサいと言われるファッションについてご紹介してきました。

いかがだったでしょうか。

自分にも思い当るポイントがあった方もいるのではないでしょか。

おしゃれは本来楽しみながらするものです。

だからこそ、他人からどういわれようとも自分の着たい服を着る事を選ぶ人も居るでしょう。

けれど、そこまでファッションに強いこだわりを持っていない人からすれば、ダサいと言われる事は嫌なはずです。

出来る事なら、おしゃれだと思われたいと思うのではないでしょうか。

だからこそ、ダサいと言われないようになる為には自分で努力をする事が必要です。

誰にも教えて貰う機会が無ければ、自分から学ぶ以外に方法がありません。

ダサい自分を変えたいのであれば、今すぐ行動に移してみましょう。

ファッション誌・歩いている人を参考にしてみよう

おしゃれを意識する場合には、まず参考になるコーディネートを様々な見る事が大切です。

自分の中にある知識だけでは、それが正解なのかどうかも分かりません。

5年間は正解だったとしても、今現在ではダサいファッションになってしまっている場合もあるからです。

だからこそ、何年も同じスタイルをしている方はすでに流行遅れになっている場合もあります。

最新のおしゃれを学ぶ為に一番有効な方法は、ファッション雑誌を見る事です。

当然の事ながらファッション雑誌には今一番流行しているファッションは勿論これから流行するであろうファッションンが先取りで掲載されているのです。

だからこそ、それを見る事によってどんな組み合わせをする事が一番効果的な方法なのかを学ぶ事が出来るでしょう。

また、街中に居る人を参考にしてみる事も有効な方法です。

ファッション誌に登場するモデルさんはあまりにも現実離れしている体型をしている事もあり、参考にしたとしても同じような仕上がりにならない事もあります。

ですが、自分と似ている体型の人のファッションを街中で参考にする事によって、洋服に着られているのではない自分に似合うファッションを見つけ出す事が出来るようになるかもしれません。

多くのコーディネートを見る事によって、知らず知らずのうちに自分の中にファッションの知識を集めていく事が出来ます。

その結果、おしゃれな自分になる事が出来るのではないでしょうか。

全身鏡でチェックしてみよう

おしゃれで大切な事はバランスです。

例え一つ一つのアイテムがとても可愛く、まさにおしゃれだったとしても、コーディネートの方法によって物凄くダサい仕上がりになってしまう事もあります。

いくら素材が良かったとしても、料理方法が良くなければそれは残念な料理になるのと同じ事です。

自分のコーディネートを客観的にみる事によってそのダサさに気が付く事が出来るかもしれません。

だからこそ、まず出かける前には全身鏡で自分の姿をチェックしてみてください。

普段おしゃれをしない人の中には、出かける前に鏡を見ないという人も居ます。

お化粧をする為に、顔のみ鏡で見る事はあってもファッションをチェックする事はしないのです。

ですが、ここでチェックをするかによってダサい自分を変える事が出来きっかけをつかむ事が出来る場合もあります。

一つ一つは気に入って購入している物でも、合わせる事によっていまいちな印象になるものもあります。

自分の中でイメージしている姿と実際の姿に大きな違いがある場合もあるかもしれません。

その現実を冷静に受け止める事によって、ダサい姿で外出する事を未然に防ぐ事が出来るようになります。

ダサいという事に気が付く事が出来れば、何を改善したらいいのかについても気が付く事が出来るようになる事でしょう。

だからこそ、まず冷静に判断する事が出来るようになる為にも自分の姿を一度しっかり見る事が大切なポイントなのです。

試着してから購入しよう

服は基本的に試着をして購入するべきです。

それは、洋服の値段は関係ありません。

例えやすい商品だったとしても、一つ一つ試着する事によって、自分の体に合っているかどうかを確かめる事が出来るよういなるのです。

お店によっては、マネキンが洋服を着ている場合もあります。

その姿を見て、洋服を気に入り購入を検討する事もあるでしょう。

そうする事によってコーディネートの参考にする事も出来るので、自分のおしゃれに自信がない人ほど良くその手法を使う事でしょう。

マネキンを参考にして洋服を購入すること自体は悪い事ではありません。

ですが問題なのは、実際に着るのはマネキンではなく自分自身だという事なのです。

マネキンはモデルのような体形をしています。

その為、マネキンがどんなに素敵に着こなす事が出来ていたとしても、それを自分が同じように着こなす事が出来るかどうかは全くの別問題なのです。

試着をする事によって、実際の自分の体形とのバランスを見る事が出来ます。

実際に着てみると、イメージとのギャップに驚くこともあるかもしれません。

イメージと違う事によって購入を再検討する事もあるでしょう。

試着をしなければ、似合わない服を購入してしまうことになってしまうのです。

それを無理に着ようとすれば、ダサいシルエットになってしまう事は明白です。

どんな洋服も似合う人も居れば似合わない人も居ます。

どんなに十分が好きなコーディネートだったとしても似合わないものは似合わないのです。

その現実を理解する事が大切なポイントです。

購入した服の手入れをしっかり行おう

どんなに素敵な洋服も、手入れ方法一つであっという間にダメになってしまう場合もあります。

きちんとした方法を取らないと、洗濯を数回しただけでよれてしまったり伸びてしまったりする事だってあるかもしれないのです。

洋服が長持ちさするかどうかは日ごろの使い方にかかっています。

もちろん、値段が高いものの方が高い生地を使っている場合もあります。

そのせいで何年経ってもきれいなままで着る事が出来るという倍もあるでしょう。

けれど、それでも実際に手入れを雑にしていれば、美しく着る事が出来る期間には差が出てくるはずです。

手入れが行き届いていない洋服は、字際には素敵な洋服だったとしてもだらしがなく見えてしまう事があります。

そのせいでより一層ダサい印象になってしまう事もあるでしょう。

だからこそ、どんな洋服もきれいに着る事が出来るようにしっかりと手入れをしておく事が何よりも大切なポイントとなります。

カラーや柄物の使い方を学ぼう!

カラーや柄物をファッションの中に取り入れる事によってよりおしゃれにする事が出来ます。

ですがその反面、それを取り入れる事は難しい部分もあります。

実際、モノトーンのコーディネートでは問題なかった人がカラーや柄を取り入れようとした結果ダサくなってしまう結果は良くある事です。

自分では上手に取り入れる事が出来ていると思っていても、周りから見るととてもダサい仕上がりになってしまっている事もあります。

だからこそ、カラーのものや柄物を取り入れる際には注意が必要です。

これらのアイテムをコーディネートに取り入れる際には、まず完成イメージをしっかりと持ちましょうお店で購入際にはお勧めの取り合わせ方法などを聞いてみても良いかもしれません。

聞く事が恥ずかしいと感じる人も居るかもしれませんが、それを恥ずかしがって結局ダサい恰好をしてしまう方がもっと恥ずかしいのではないでしょうか。

カラーや柄物はコツをつかむ事が出来れば、一気におしゃれになる事が出来ます。

ダサくなるかおしゃれになるかはまさに紙一重なのです。

少し変わったおしゃれを楽しみたいという方は是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

おしゃれは誰もがする事が出来る行為です。

せっかく顔が可愛いのにも関わらずダサい恰好をしていてはその可愛さが半減してしまいます。

実際の可愛さが全く発揮されなくなってしまうのです。

せっかく自分が持っている武器があるのであればそれを使わずにしまっておく事はとてももったいない事では無いでしょうか。

普段おしゃれを意識してきていない人が、いきなりおしゃれを意識する事はなんだか恥ずかしい部分もあるかもしれません。

ですが、知らず知らずのうちに『可愛いのに勿体ない』と言われているよりは、しっかりとおしゃれを学び多くの人からかわいいと思われた方が良いのではないでしょうか。

自分では、自分のダサさに意外と気が付かないものです。

自分は大丈夫と思っている方も実際にはダサい恰好になってしまっている事もあります。

その可能性もあるという事をしっかりと頭の中に入れて、もう一度冷静に自分の服装を確認してみてください。

いくつになってもおしゃれは楽しむ事が出来るはずです。

より一層輝く自分になる為に努力してみてはいかがでしょうか。

【コーデに迷ったら参考にしたいサイトは、こちらの記事もチェック!】