CoCoSiA(ココシア)

40代の服で痛いと思われるNG若作り9選


40代や40代近くの皆さんは、服装についてのこだわりなどはありますか?

著者も同じぐらいの年代ですが、著者はそんなにこだわりがなく、着やすいものを数枚着まわすというような程度です。

特にファッションセンスなどは壊滅的で、お洒落というのには縁が遠いところがあります。

ですので、ついついベーシックなものを選んでしまうところがありますね。

40代や40代近くの皆さんはいかがでしょうか?

服装というのは個性が表れるので、好きにしたいものですよね。

ですがやはり服装は、個性が場合によっては悪い方向性に働くこともありますし、場合によっては服装こそが重要な場面もあります。

ですので、40代の方の服装について色々と見ていきましょう。

服装は自分の年齢を考えて決めよう

基本的に服装は自由なところがあります。

もちろんTPOなどもありますので、必ずしもというわけではありませんが、後は個人的な好みというところが大きいです。

ですがその一方で、あまりにも年代とそぐわないような格好をしていると、やはり周囲から奇妙な目で見られるようなところがあります。

ですので、自由とはいえど、ある程度節度を持った服装する必要があります。

服はいろいろなことを表現するもの

服はいろいろな事を表現することができますので、服装によって印象が悪くなることもあるにはありますが、逆に印象を良くすることができます。

人は第一印象が大きいところがあります。

時より「何、あの人?」と思うところから、大恋愛に発展するなどというようなところはあるのかもしれないけれど、大抵の場合はその第一印象に引きずられることが多いのです。

確かに好きの反対は嫌いではなく無関心ですので、仮に悪印象であっても関心を持たせる事はできます。

が、やはり良い印象を強く持ってもらったほうが、より人間関係が発展しやすいところがあります。

ですので、服は色々と気をつけたいものですね。

では、服で表現できることを見ていきましょう。

その人の年齢

基本的に服は、その人の年齢を表すところがあります。

非常に極端な例を挙げると、セーラー服と言うと、大体10代後半ぐらいの子が着る印象ですよね。

それ以上の年代の方が着ると、コスプレのような妙な印象を与えてしまうところがあります。

こちらも高校生以上の方が着ても似合うのであれば、その方はかなり童顔な人と言えるでしょう。

ですので、セーラー服と言うと、若さの象徴というところがありますね。

それは普段着でも同じことが言えます。

若い子が着ると似合うし決まるのだけれど、歳がいった人が着るとおかしいというようなものもあります。

著者には10代前半の子供がいますが、だいたい体の大きさが同じになってきました。

ですので、シェアできるものもあるにはありますが、やはり自分が着るとおかしいというものもありシェアしきれないものもあります。

美的センス

著者が一番苦手なものなのですが、美的センスというのも、この服装によって現れるところがあります。

このセンスが冴えている人だと、非常に自分に合ったおしゃれな服装をすることができるところがあります。

著者の場合はそれが苦手ですので、とりあえず無難なものを選ぶようにしています。

著者はできているかどうかはわかりませんが、シンプルなものこそおしゃれというような考え方もできるところがあります。

ですので、そのシンプルさで極めるというのが、年齢を重ねた方のファッションセンスというところなのかもしれません。

流行の感度

どれぐらい流行に敏感かどうかというのは、服装を見れば大体分かるところがあります。

著者のようにテンプレート通りの服ばかりを着ているとしたら、流行には興味がないことは、周囲にバレていると思われます。

ですが流行に敏感な人は、さりげなく流行を取り入れているところもあります。

若い子は特に流行に敏感な子が多いので、見ていておしゃれな子も多いですね。

著者の娘は、そのような流行などについて斜め上から目線で見るところがあり、服もあまりこだわりがありません。

ともすれば、著者がある程度の好みをリサーチした上で買ってくるものを着るというようなところがあります。

ですのでやはり見ていても、流行に敏感でおしゃれな子とは少々見た目が違うなと感じさせられるところはあります。

TPOをよく理解出来ているか

服装がTPOを表すところがあります。

例えばですが、葬儀の時は喪服が基本です。

そこでおしゃれな格好していくと、かなりの常識外れという印象を与えるところがあります。