40代や40代近くの皆さんは、服装についてのこだわりなどはありますか?

著者も同じぐらいの年代ですが、著者はそんなにこだわりがなく、着やすいものを数枚着まわすというような程度です。

特にファッションセンスなどは壊滅的で、お洒落というのには縁が遠いところがあります。

ですので、ついついベーシックなものを選んでしまうところがありますね。

40代や40代近くの皆さんはいかがでしょうか?

服装というのは個性が表れるので、好きにしたいものですよね。

ですがやはり服装は、個性が場合によっては悪い方向性に働くこともありますし、場合によっては服装こそが重要な場面もあります。

ですので、40代の方の服装について色々と見ていきましょう。

服装は自分の年齢を考えて決めよう

基本的に服装は自由なところがあります。

もちろんTPOなどもありますので、必ずしもというわけではありませんが、後は個人的な好みというところが大きいです。

ですがその一方で、あまりにも年代とそぐわないような格好をしていると、やはり周囲から奇妙な目で見られるようなところがあります。

ですので、自由とはいえど、ある程度節度を持った服装する必要があります。

服はいろいろなことを表現するもの

服はいろいろな事を表現することができますので、服装によって印象が悪くなることもあるにはありますが、逆に印象を良くすることができます。

人は第一印象が大きいところがあります。

時より「何、あの人?」と思うところから、大恋愛に発展するなどというようなところはあるのかもしれないけれど、大抵の場合はその第一印象に引きずられることが多いのです。

確かに好きの反対は嫌いではなく無関心ですので、仮に悪印象であっても関心を持たせる事はできます。

が、やはり良い印象を強く持ってもらったほうが、より人間関係が発展しやすいところがあります。

ですので、服は色々と気をつけたいものですね。

では、服で表現できることを見ていきましょう。

その人の年齢

基本的に服は、その人の年齢を表すところがあります。

非常に極端な例を挙げると、セーラー服と言うと、大体10代後半ぐらいの子が着る印象ですよね。

それ以上の年代の方が着ると、コスプレのような妙な印象を与えてしまうところがあります。

こちらも高校生以上の方が着ても似合うのであれば、その方はかなり童顔な人と言えるでしょう。

ですので、セーラー服と言うと、若さの象徴というところがありますね。

それは普段着でも同じことが言えます。

若い子が着ると似合うし決まるのだけれど、歳がいった人が着るとおかしいというようなものもあります。

著者には10代前半の子供がいますが、だいたい体の大きさが同じになってきました。

ですので、シェアできるものもあるにはありますが、やはり自分が着るとおかしいというものもありシェアしきれないものもあります。

美的センス

著者が一番苦手なものなのですが、美的センスというのも、この服装によって現れるところがあります。

このセンスが冴えている人だと、非常に自分に合ったおしゃれな服装をすることができるところがあります。

著者の場合はそれが苦手ですので、とりあえず無難なものを選ぶようにしています。

著者はできているかどうかはわかりませんが、シンプルなものこそおしゃれというような考え方もできるところがあります。

ですので、そのシンプルさで極めるというのが、年齢を重ねた方のファッションセンスというところなのかもしれません。

流行の感度

どれぐらい流行に敏感かどうかというのは、服装を見れば大体分かるところがあります。

著者のようにテンプレート通りの服ばかりを着ているとしたら、流行には興味がないことは、周囲にバレていると思われます。

ですが流行に敏感な人は、さりげなく流行を取り入れているところもあります。

若い子は特に流行に敏感な子が多いので、見ていておしゃれな子も多いですね。

著者の娘は、そのような流行などについて斜め上から目線で見るところがあり、服もあまりこだわりがありません。

ともすれば、著者がある程度の好みをリサーチした上で買ってくるものを着るというようなところがあります。

ですのでやはり見ていても、流行に敏感でおしゃれな子とは少々見た目が違うなと感じさせられるところはあります。

TPOをよく理解出来ているか

服装がTPOを表すところがあります。

例えばですが、葬儀の時は喪服が基本です。

そこでおしゃれな格好していくと、かなりの常識外れという印象を与えるところがあります。

その他にもドレスコードがあるようなところで、ラフな格好で行くというのもPTOを理解していない行動と言えるでしょう。

ですので、その服装によって、どれぐらい常識があるかどうかというのがよく分かるところがあります。

たとえファッションセンスに自信がなかったとしても、この部分は決して外してはなりません。

会社員の方でも、フリーランスの方でも、専業主婦の方であっても、必ずこのPTOを理解するということは重要になってきます。

若い頃であれば、若気の至りとか、若い頃の失敗ということで大目に見てくれるところがありますが、年齢を重ねていくと、そうもいかないところがあります。

特に冠婚葬祭においては、特にこの部分を外してしまうことによって、親族付き合いの断絶などもあります。

微妙なところとしては、私立幼稚園の面接などのPTOは難しいところがあります。

著者も二人の子どもを通して、2回同じ幼稚園の面接をやりましたが、上の子の時はラフな格好をしている人が多かったのに対し、私たち夫婦はスーツだったので浮いてしまい、少々恥ずかしい思いをしました。

それに凝りて、下の子の時はラフな格好で行ったのですが、今度はスーツを着ている人が多く、また浮いてしまったのです。

このようになかなか難しいPTOについては、事前にリサーチできるのならリサーチすることをお勧めします。

それほどに重大なことですので、服装について自信がなかったら調べるということをしてでもPTOを理解した服装は重要です。

40代以降は若作りは難しい

もちろんPTOに合った服装をするという大前提はあるものの、ある程度年齢を重ねると、それ相応にファッションを選んでいく必要があります。

若い頃のままということであれば、少々難しいところがあります。

ではなぜ40代以降の若作りが難しくなるのかというところを見ていきましょう。

顔や身体に年相応の変化が表れる年代

若い頃は基礎代謝なども高いですので、同じ量を食べても体脂肪になるかどうかというのは違うところがあります。

ですので、そのままだとやはり少々年齢を重ねることに肉付きが良くなるところがあります。

もちろん気をつけているという人もいるでしょうけれど、気をつけていてもやはり今度は脂肪がない分だけ、シワになるというようなところがあります。

年齢を重ねるとその部分が難しくなってくるのです。

肉付きが非常に良くなっているとか、しわがあるにも関わらず、若い頃の格好のままと言うと、なんだか痛々しいような印象を与えてしまうところがあるのです。

年相応の服装をしないと周囲の人に白い目で見られる

確かに40代になったから、急におばあさんのような格好をしろというわけではありません。

ですが、やはりいつまでもミニスカートを履いていたり、露出度の高い服を着ていると、若さにしがみついているような感じがして、なんだか痛々しいような印象を与えてしまうところがあります。

ですので、周囲の白い目を感じるようになってくる年代になってくるでしょう。

ですので、年齢を重ねつつもエレガントに見える格好にするなど、その年に合った服装していくということが大切です。

顔や雰囲気が若く見えるならOK

ただ中には、40代と言うと、本当に顔や雰囲気が若く見える方もいるでしょう。

どちらかというと、童顔の方はそのような傾向にあります。

そのような場合は、逆に落ち着いた雰囲気というのが、少々七五三のような感じで服に着られているような雰囲気になってしまうということもあります。

ですので、そのような時はそこそこに若い服装を取り入れても良いでしょう。

ただ難しいところは、「若いね。」と言われていても、お世辞でそう言われている可能性もあります。

それを真に受けて若い格好をしていると、なんだか痛々しいと思われるところもあります。

著者もどちらかというと、童顔だと言われるところがあり、年齢を知っている人は「若いね」と褒めてくれることがあります。

ただやはり段々と、鏡で見ると年齢を重ねていっているのがわかりますので、お世辞だなと分かるところがあります。

ですので、この見極めが大変難しいところがありますね。

40代の服で痛いと思われるNG若作り9選

やはり服装ぐらいは自由にしたいと思うのが人情ですよね。

ですので、年齢を重ねて似合わないと言われても、したいと思うような服装はあるでしょう。

ただ自分が好きな服装を着て満足するのと、周囲からどのように見られるのかというのはまた別問題です。

では、40代の服で痛々しいと思われるような若作りについてみていきましょう。

もし、この中で好きな服装があるということであれば特に注意が必要です。

ミニスカート


ミニスカートは若い女の子が、すらっとした長い脚を出すからこそ魅力的なところがあります。

もちろんそうではなかったとしても、若いと肌にも張りがありますし、決まっているところがあります。

ですが40代ともなると、さすがに若さにしがみついているような印象を与えてしまうところがあります。

いつまでも若くいたいと思う女性の中では、結構ミニスカートを履くような人も多いのですが、逆に痛々しく感じられるところがあります。

できれば控えた方が良いでしょう。

少なくとも30代ぐらいになったら、それを止めるぐらいの気持ちが必要かもしれません。

確かに若く見える方であればまだ大丈夫なのです。

ですが、それ以降もずっとミニスカートということになると、だんだんと異性からの目線も冷たいものになってしまうところがあります。

ニーハイブーツ

ニーハイブーツは若い方に非常に人気なところがあります。

これは露出度が高くないから、年齢を重ねても大丈夫なのではないかと思ってしまうところがあります。

ですがやはり、若い子が好んで履くものです。

40代になってもずっとそのようにしているということになると、「この人は若さにしがみついているのではないか」と思われてしまうところがあります。

年齢を重ねると言うと、やはり衰えというような感じがして嫌な感じがするというところもあるかもしれません。

ですがそのような意識は、意外と日本独特であるところもあります。

やはり年齢を重ねたからこそ出る魅力もありますので、このようにニーハイブーツを履いて若さにしがみつくということはやめておきましょう。

オフショル


オフショルというのは、いわゆる肩が出ている服です。

確かに若い子が着ると、大変おしゃれなところがあります。

肌が美しい方であれば、そこそこに年齢を重ねた方でも映えるような服装なのかもしれません。

ですがやはりこれも、若く見えないと痛々しくなってしまうところがあります。

例えば40代だけど20代に見えるというような感じの人であればまだしも、そうでなければオフショルもやめておいた方が良いです。

また非常に残念なことですが、40代だけど20代に見えるというのは大変希です。

よくそのようなCMがあったり、お世辞を言われるということもあるのかもしれませんが、大抵の場合は若い感じに見える40代というような程度のことであることが多いです。

ですのでオフショルを着て「似合うよ」と言われたとしても、お世辞な可能性があると思っておいた方が無難なのは言うまでもありません。

極力、露出度が少なく、なおかつお洒落なものというものにしていた方が良いでしょう。

サスペンダー

サスペンダーと言うと、幼い子がするような印象があり、40代ですると不釣り合いなところがあります。

中にはスーツのスカートがゆるいことから、サスペンダーをしているということもあるかもしれませんが、そのような時は決して上のスーツを脱がないようにしましょう。

一番確実なのは、スカートがゆるいのであれば、ベルトにしてしまうということです。

ベルトであれば色々な年代の方に対応していますので幼くならずに済みます。

キャラクターが描かれたTシャツ

40代の女性と言うと、色々な人がいる年代です。

ほぼ子育てが終わったというような人もいれば、30代後半での出産のためまだ乳幼児がいるというような人もいるでしょう。

ですので、ついつい小さいお子さんがいるということであれば、ラフなTシャツで出かけてしまうということもあるかもしれませんね。

そんな時にキャラクターが描かれたTシャツはやめておくようにしましょう。

ディズニーランドなどのキャラクターもののTシャツなどは、大人になっても好きな人が多く、ついつい着てしまうということもあるでしょう。

ですがやはり、40代ということであれば、キャラクターものはやめておいたほうが無難です。

そうしないと、なんだか幼いような印象を与えてしまうところがあります。

やはり40代ともなれば、そこそこに落ち着きも求められるところがあります。

ですので同じTシャツでも、シンプルなものにしておいた方が40代の肌には無難です。

スカジャン

スカジャンも、若い世代の方が着るからこそかっこよく見えたり似合うところがあります。

ですので、こちらも40代の女性の方が着ると、こちらもまたは若さにしがみついているような感じに見えるところがあります。

寒いということであれば、コートを着るなどして40代の落ち着きを出していくことも大切です

ダボダボのゆるボトム

これは露出度が低いから大丈夫なのではないかと思われますが、やはりそのようなボトムも若いからこそ似合うところがあります。

やはり40代以降であれば、そこそこにフィット感があるズボンなどを選んでいくといいでしょう。

ラフな場所でということであれば、ジーンズなどは非常に無難なところがあります。

そこそこに年齢を重ねても、不自然ではないというようなものをチョイスしていくようにしましょう。

フェミニンなフリフリレース

可愛い服装が好きな方にありがちなのですが、フリフリレースの服というのは非常に違和感があります。

このように言っては大変申し訳ないのですが、顔にそれなりのシワがあるにも関わらず、フリフリのレースを着ていると言うと、なんだか若作りに見えてしまうところがあります。

もしそのような格好をどうしてもしたいということであれば、室内に留めるようにしましょう。

家の中ではどのような格好をしても、周囲の方に冷たい目で見られるということはありません。

留意点としては、宅配の方が来られた時に気をつけるぐらいで、それ以外はなるべく年齢相応の服装して出かけて行くようにしましょう。

原色の目立つ色の服

こちらもまた露出度が少なければ問題ないと思われがちですが、原色の目立つ色の服というのはだんだんと、顔がその服に勝てなくなってきます。

若い子は血色も良いですし、顔の肌にもハリがありますので、原色の服を着てもそこそこにメイクをすれば大丈夫なところがあります。

ですが年齢を重ねると、どうしても肌のくすみなどが出てきますし、血色があまり良くなかったりするなど、色々とトラブルも出てくる年代です。

ですので服ばかりが主張をしてしまい、顔が負けてしまうということになると、なんだか不自然に見えてしまうところがあるのです。

ポップなピンク色もNG

原色と言うと様々な色がありますが、ポップなピンクなども気をつけましょう。

若い可愛らしい容姿の子であれば似合うところがありますが、やはり年齢を重ねると厳しいところがあります。

もしピンクが好きということであれば、サーモンピンクなど比較的落ち着いたピンクを選ぶようにすることも大切です。

ただこちらも容姿の問題であったり、雰囲気の問題もありますので、似合わないということであればやめておいた方が無難です。

服選びは客観性が無いと失敗する

いつまでも若くいたいと思うのは、女性としては当然の心理です。

若いと言われれば嬉しいですし、できれば言われたいと思っているところもあるでしょう。

ですので服装も、若くしようと思ってしまうところがあります。

ですが、あまりにも若作りをしすぎると、逆におばさんに見えてしまうという悲しい現実もあります。

ですので、客観性を保ち、自分に似合う服を選んでいく必要があります。

自分は好きでも似合うとは限らない

好きな服と似合う服というのは、残念ながら違うという人も結構いるでしょう。

可愛いポップな服装が好きだけれど、ご自身は背が高く、切れ長のセクシー系の美人ということであれば、なんだか顔と服が不釣り合いというところがあります。

これは残念ながら、年齢を重ねてもよくあることです。

可愛らしい服が好きだけれど、年齢を重ねるとそのような服装が似合わなくなってくるということはよくあるのです。

友人や家族に選んでもらうと良い

できれば友人や家族など、第三者の方に選んでもらうのが一番です。

自分だとどうしても、この服が良いと思って選んでしまうところもあります。

若く見られたい願望から、自分もこの服を着ればイケるのではないかと思ってしまうところがあるのです。

第三者と言うと、そのような願望などもありませんし、人によっては客観的に見て似合う服装を冷静に選んでくれることでしょう。

そしてできれば、ご友人や家族の方も、女性の方がより好ましいところがあります。

高級であれば良いというわけではない

年齢を重ねると、チープな服ではなく、高級な方が良いと言われるところがあります。

やはりペラペラな服よりかは、高級で質が良いものが良いというのも一理はあります。

ですが高級であれば、何でも良いというわけではありません。

もし服を購入する予算が許すのであれば、高級で尚且つ自分に合うものを選んで行くことによって、より自分らしさを出すことができます。

服装以外にも40代以降に注意すべきポイント

40代と言うと、服装もありますが、色々と落ち着きを求められるところや、体の変化などもあります。

ですので、色々と注意ポイントがあります。

では、どのような点に気をつけて行ったら良いのでしょうか?

言葉遣い

言葉遣いも、色々と流行が出てきますので、どちらかというと若い子が使うような言葉遣いというようなものもあるでしょう。

若さにしがみつく人は、また言葉遣いも若者言葉を使おうとするところがあります。

確かに若い感じがするのであれば、そのような言葉を使っても違和感がないところがあります。

しかし、明らかに年代を重ねている様子なのに、若者言葉を使うと非常に薄っぺらいような印象を与えてしまうところがあります。

例えばですが、マジという言葉も使われて長いですので、だんだんとそれも言葉として認められつつあります。

若い方であれば上司や先輩でもあっても「マジで大丈夫です」ということを言ってしまうことはあるようですね。

40代もそのマジという言葉が流行り始めたので、自然に使っているという人もいるにはいます。

ですが公共の場で、そのような言葉を使うのは好ましくありません。

このように色々な言葉は出てくるものですが、年齢相応にするには「この言葉は使っても良いのかどうか」ということをしっかりと見極める必要があります。

文字の綺麗さ

こちらは著者も、そう言われるとかなり痛いところがあります。

とはいっても、やはりたとえパソコンが普及していても、文字を書かないといけないシチュエーションというのは必ずあります。

最近は、パソコンなどで色々とやることもできますが、パソコンは電源を入れて、文字を入力し、印刷をするという過程があります。

ですが手で書けば、ただ書くだけで終わるところがあります。

ですので、どれだけパソコンが服用しても、そこそこに文字はきれいにかけた方が良いのは言うまでもありません。

加齢臭

またこちらも、若い頃のようにはいかなくなるというのが特徴で、加齢臭というものがあります。

こちらは男性だけというイメージもありますが、決してそうではなく、女性でもあります。

加齢臭の対策としては、まず口臭対策を何とかするべきです。

話をするときなども、やはり口臭というのは影響が出やすい所があります。

しかも、指摘しにくいことですので、なかなか自分では気づくことができないところはあるでしょう。

こちらはできるだけ、歯科医院にかかり、適切なケアをするようにしましょう。

ついつい歯磨きだけで済ませてしまうところもありますが、歯間ブラシもすることが重要です。

歯間ブラシだと、歯ブラシでは落としきれない歯と歯の隙間の汚れを落とすことができます。

そして歯科医院においては、半年に一度の単位で歯石を落としましょう。

そのような口臭対策以外でも、歯は一生ものですので、なるべく歯科医院にかかって歯を大切にすることも重要です。

また喉の奥の方に膿栓が詰まっていることがあり、この膿栓が強烈な悪臭を放つことがあります。

色々と歯磨きや歯科医院に通うなどをして対策をしているのに、口臭が改善しないということであれば、たいていこの膿栓が原因であることがあります。

ただこれは手や器具で自分で取るなどというのは、大変危険です。

どのようにしたら良いのかですが、できれば喉の奥もしっかりと、うがいをするようにしましょう。

そうすることによって、このような膿栓を取ることができますが、どうしてもうまくいかないということであれば、耳鼻咽喉科で取ってもらうなどプロに任せるようにしましょう。

そして次に重要なのは、意外と見落としがちなのは耳の後ろです。

ここに汚れが溜まっていることによって、加齢臭の原因になってしまうことがあります。

ですので体を洗う時についでに、耳の後ろなども洗うようにしましょう。

もちろん足の裏など、嫌なニオイを放ちやすい所はしっかりときれいにすることも大切です。

若い頃はそうでもなかったということであっても、だんだんと年齢を重ねるごとに匂いは出てくるのは残念ながら否定できないことです。

うちも10代前半の子と、10歳にならない子がいますが、やはりその子達の匂いというのは悪臭のというのはなく、特に10代前半の女の子に関しては甘い匂いがします。

若い頃は何もしなくてもそのようにいい匂いがするのですが、いつまでも若くはないということを自覚することも大切です。

女性の場合は化粧の仕方

また化粧も非常に個性が出やすい所があります。

ですので、ついつい好きなメイクをしてしまうというところもあるでしょう。

ただ40代になっても、ケバいメイクをしていたり、モード系のメイクをしているとなると、これもまた若さにしがみついているような印象を与えてしまうところがあります。

そしてなるべく、シミやシワを隠したいと化粧が厚くなってしまうところもあるでしょう。

ですがあまりにも厚化粧となると、これもまた年齢を重ねている人に見えてしまうところがあります。

もちろんこのようなシミやシワというのは、ある程度隠せた方がいいのは言うまでもありません。

ですが隠すのに躍起になって、厚化粧になることは防ぎましょう。

もし隠し切れないのであれば、開き直るか他のポイントメイクに力を入れて、その欠点に目がいかないような工夫を凝らしましょう。

もし、似合うメイクができるか不安であれば、化粧品売り場の美容部員の方に相談しても良いでしょう。

そしてできれば、ナチュラルメイクの方が良いのは言うまでもありません。

このナチュラルメイクは、どちらかと言うと老若男女に好かれるようなところがありますので、やはりそのようなメイクにした方が無難なところがあります。

年齢を考えて大人コーデを

確かに女性としては、いつまでも若くいたいと思うのは当然ですし、おばさん臭いと言われるよりかは、若いと言われた方が嬉しいに決まっています。

ですがあまりにも、若さを意識したような服装やメイクをしていると、逆に若さにしがみついている痛いおばさんという印象しか与えられないところがあります。

確かにおしゃれをするという気持ちは大切ですので、年齢を自覚しつつもおしゃれをするようにしましょう。

どうしてもその若い頃の好みから抜け出せないということであれば、店員などの第三者から選んでもらうというのも良いですよ。

著者のようにファッションセンスに自信がないということであれば、もうテンプレートのような格好をしてしまうのも手です。