あなたは何か趣味を持っていますか?

人それぞれ自分が好きなことや嫌いなことは違いますので、当然ながら趣味は千差万別に存在します。

男性であれば体を動かすことが好きな人はスポーツが趣味だったりする場合も多いですし、体を動かすのがあまり好きではない方は自分の部屋で行えるようなことを趣味にしたりする場合も多いです。

例えば、サッカーや野球やテニスやバスケット、それ以外には漫画やインターネットや音楽、様々な趣味が存在しています。

女性であれば、美意識が高い人が多いので、自分の外見に関する美容関連を趣味にしている人も多いです。

コスメや洋服などのファッション、通販や自分磨きにジム通いやエステ通いなど、たくさんの事が趣味として挙げられると思います。

たくさんの趣味がある中で、どういった事を趣味にするのか、という事に関してはその人の趣味趣向が関係するといえますが、比較的大多数の方に受け入れられている趣味として映画が存在します。

休みの日などに家でゆっくりと過ごしたいと思っている方は体を休めながら映画を鑑賞したりする事で、ゆっくりとした休日を味わえますし、なおかつ映画は様々な感動や新しい価値観を与えてくれるような素晴らしい存在です。

映画を見て人生が変わったという人もいるはずですし、たった数時間ですが、映画の世界に自分を投影して、たくさんの楽しい経験を与えてくれる事です。

そんな映画の中でも、人気を誇っているアバウトタイムという映画を今回はテーマにして、アバウトタイムの見どころなどをご紹介していきます。

映画好きの方や、まだこの映画を見た事がないという方、一度見た事がある方はおさらいの意味も込めて今一度この映画の魅力を感じてください。

人気映画『アバウト・タイム』について

アバウト・タイムという映画をあなたは知っていますか?
映画好きの方なのであれば、おそらく見た事がある方もかなり多いと思います。

アバウト・タイムは少し前に公開された映画ですが、今でも人気を誇っている実力のある映画です。

たくさんの方から愛されている映画であり、今でも継続した人気があり、レンタルDVDなどでも借りられているような状況が続いている作品です。

具体的にアバウト・タイムがどういう部分で素晴らしいのか、どういう作品なのか、という事はまだ見た事がない人にはわからないと思いますので、ここからはアバウト・タイムという映画について簡単にご紹介していきます。

『アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜』

アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜 は、特殊な家系に生まれた青年が意中の女性との関係を進展させようと奮闘していくような映画です。

また恋愛面だけではなく愛を幸せの本当の意味に気付かせてくれるようなヒューマンコメディとなっています。

この映画を見ることによって恋愛の素晴らしさであったり幸せの本当の意味合いについて知ることが出来、見る人の心の中に変化をもたらしてくれるような作品です。

普段生活をしているだけではなかなか気づけないような事を映画を通して感じさせてくれるような作品です。

実際に見てみる事で、おそらく自分の中の大切な気持ちがより一層強まる映画です。

具体的にアバウト・タイム〜愛おしい時間について〜 がどういう作品なのか、特徴をご紹介します。

2013年の英米合作映画

『アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜』は2013年のイギリスやアメリカ合衆国の合作によるSF恋愛映画となっています。

映画といえばやはりアメリカやイギリスなどの映画が製作費の面でもそうですが、スケールがかなり大きいので、見ている側としても演出などを含めて引き込まれるような魅力を兼ね備えている物が多いです。

『アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜』は映画好きの中でもかなりの高評価を得られている作品であり公開されてある程度の年月が経っているにしても未だに大人気の作品となっているので見たことが無い方は一度見て頂いて、何か感じていただけるものがあるはずです。

ジャンルはSF恋愛映画

『アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜』のジャンルは先ほどお伝えした通り、SF恋愛映画となっています。

恋愛の映画については比較的たくさんの映画が存在しておりますがSF作品と絡めた恋愛映画は新しい感覚で映画を見ることができ、恋愛としての感動要素をひめておきながらSF作品ならではのドキドキ感溢れるような映像の描写なども存在しているので、SF作品が好きな人も恋愛映画好きな人もまとめて楽しむことができる作品となっています。

恋愛映画なのでどちらかといえばカップルで一緒に見に行くことによってより恋愛の素晴らしさ何を教えてくれる映画になっているのでより楽しむことができると思います。

しかしながらカップルでなくても一人で見に行っても気軽に見れるような作品であり何か調べられるものが大きい作品であるとも考えられます。

監督はリチャード・カーティス

『アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜』の監督はリチャード・カーティスが努めています。

リチャード・カーティスはニュージーランド出身でイギリスを拠点としている脚本家であり映画監督です。

リチャード・カーティスが監督を務める作品は、比較的ローワン・アトキンソンやヒュー・グラントが出演している映画がとても多いです。

ローワン・アトキンソンは誰もが知っているミスタービーンの役でおなじみの俳優さんです。

ヒュー・グラントに関してはノッティングヒルの恋人などに出演している俳優さんです。

リチャード・カーティスは比較的ロマンティック・コメディを得意としている監督なので、今回の映画に関しても恋愛要素、そしてコメディ要素などを取り入れている作品なので、リチャード・カーティス監督の魅力がたくさん詰まった作品となっています。

リチャード・カーティス監督はウェリントンに生まれてスウェーデンやフィリピンなどで子供時代を過ごし、11歳の時にイギリスに定住してからはオックスフォード大学なので文学を学んでいる方です。

ちなみにリチャード・カーティスにとっては今回の作品が過去に制作した2003年のラブ・アクチュアリーと2009年のパイレーツ・ロックに続く長編3作目となっておりこの作品を最後に自分自身の監督業を引退すると本人が表明をしています。

なのでリチャードカーティス監督の最後の作品としても有名になっています。

興行収入は世界で8710万ドル

『アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜』の興行収入は世界で8710万ドルと言われています。

1ドル108円で計算すると、なんと約94億円というとてつもない金額になっています。

これほどまでの反響を出している映画なので、世界中でたくさんの方から愛されている映画であるという事は明白です。

ちなみに興行収入は北アメリカで1532万ドルで北アメリカ以外では7177万ドルで合計して8710万ドルとなっています。

イギリスの週末興行収入ランキング初登場第一位

『アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜』は、イギリスの週末興行収入ランキングで初登場でありながら第1位を獲得している作品です。

今回の作品自体がアメリカとイギリスが力を合わせて作った作品なので当然ながらイギリスに関しては自分たちの国が作った作品と言うこともあり、大きな関心を寄せておりましたので堂々の第一位を獲得している大人気な作品だと判断することができます。

ムービープラスアワード2014映画スペシャリスト大賞 ベストカップル賞1位の作品

『アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜』はムービープラスアワード2014映画スペシャリスト大賞 ベストカップル賞1位の作品としての実績を誇っています。

ムービープラスとは映画専門チャンネルでありムービープラスが設けた6つの賞の中の一つにベストカップル賞というものが存在しており、そのベストカップル賞にて2014年度の映画の中で第1位を獲得している作品と言うことです。

ムービープラスはスカパーなので視聴することが可能になっている cs 放送であり日本最大級の映画チャンネルと言っても過言ではありません。

放送であり日本最大級の映画チャンネルと言っても過言ではありません。

ハリウッドの大作やシリーズ一挙そして不屈の名作はもちろんのこと世界の映画祭りや最新映画情報などこだわりのコンテンツを盛りだくさんを盛り込んだ内容でお届けしている番組です。

映画専門チャンネルの中ではかなり実績を持っているチャンネルであり5年連続で映画専門チャンネルの1位を獲得しているなども実績も持っていることが一つの証明になります。

ムービープラスは24時間365日映画を楽しめる様な番組放送内容となっているので、連続して話題の映画のなどを立て続けに放送されているようなラインナップになりますので、映画が好きな方や、たくさんの映画を常にレンタルされる方や、気軽に映画を観たいと思っている方にはおすすめのチャンネルです。

日本でも人気になった映画の見どころをチェック!

『アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜』の見どころについてですが、たくさんの見どころが存在するので、なかなかポイントだけを表現する事も難しいですが、まずはいたるところにちりばめられたコメディノリを味わう事が大切です。

常に感動や緊張などが続くと疲れてしまいやすいですが、この作品に関してはコメディ要素も監督の得意な部分になるので、合間の面白さなどが良い刺激になり、笑いの部分が見どころのひとつです。

それ以外には、SF要素を取り入れているので、ある特殊能力に関して注目をしていただきたいのも一つのポイントです。

また、恋愛要素を楽しむ映画にもなるので、恋愛のすばらしさや大事さ、見終わると自分も恋愛がしたくなるようなそんな気持ちにさせてくれるのも大事なポイントです。

そして家族とのつながり行ったり家族の大切さにも気遣ってくれるような作品になっているので、様々な自分の思いや人間関係について視点を当てるとより今まで自分が気づかなかったような子供傷つける様になったり自分の視野が広がる見方ができるようになります。

『アバウト・タイム』のあらすじ

ここまでは『アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜』の概要や特徴についてご紹介しましたが、ここからは具体的にあらすじなどについても簡単にご紹介する必要があります。

アバウトタイムのあらすじとしては主人公はティム・レイクがイギリスのコーンウォールに住んでいる青年です。

父と母そしていつも上の空のおじと自由奔放な妹2人と一緒に暮らしているのですが、21歳になった時から21歳から自分の一族の男にはある能力が備わっているということを知らされます。

具体的にどのような能力を持っているのかと言いますと時間を行き来できるようなタイムトラベルの能力があるということが発覚します。

しかしながら自分自身が行えるタイムトラベルの能力には制約が存在しており、過去に自分が訪れた場所に行くことしかできないという制約が存在しています。

なので、自分が訪れた事がない場所には行けないという事と、必ずこの能力は金や名声の為に使用してはいけないという事を聞かされます。

なので、忠告を聞いたティム・レイクは 一族に伝わるタイムトラベルの能力を恋愛のために使おうと考えます。

その夏に自分自身の妹の友達であるシャーロットと言う女性が夏休みを過ごしに行ってくるのですが、ティム・レイクはすぐに恋に落ちて一緒に過ごす夏休み最後の日を告白の日として告白を行います。

しかしながらシャーロットはティム・レイクに対してあなたはもっと早くに気持ちを伝えるべきだった、と話し、もっと早かったら付き合っていたかもしれないという残念な返答結果を受けます。

結局ティム・レイクは時間を遡りタイムトラベルの能力を使って夏休みの途中でシャーロットに告白をします。

しかしながら途中で告白をしたティム・レイクの告白に対して、最後の日まで待てばつきあう気持ちになるかもしれないという事を相手から言われます。

結局その気がないだけなんだと諦めます。

結局ティム・レイクは弁護士になるためにロンドンに出てある女性と知り合いますがその女性と出会った後に親友の悩みを解決するために過去に戻るという選択を行った事によって、その女性と出会うという選択を放棄して、友達との時間を取得した事によって出会いが亡くなってしまいます。

そして、自力でその女性と再び出会い、恋に落ちますが、そこから再びシャーロットに出会い、誘われてしまう…というようなあらすじとなっています。

そこから巻き起こる様々なきっかけや、その後登場する父との家族の絆など、様々な見どころが存在する作品です。

登場人物

『アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜』の簡単なあらすじについてご紹介をしましたがここからは『アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜』の登場人物についてご紹介します。

この作品にはたくさんの登場人物が登場しますがその中でも比較的主要なキャラクターに焦点を絞ってご紹介していきます。

ティム

主人公を務めています。

演じている俳優はドーナル・グリーソンであり、ドーナル・グリーソンはアイルランド出身の俳優であり1983年5月12日生まれの34歳です。

ドーナル・グリーソンはお父さんがブレンダン・グリーソンであり著名な活躍を行っている方です。

アイルランドのダブリンで生まれ3人の弟が存在しており、ドーナル・グリーソンが長男となります。

学校を卒業した以降は俳優としての経験値を積むために舞台や画像の分野で監督脚本を手がける様になり、長編映画の役者として出演したり舞台にも出演したりする中であの作品でトニー賞にノミネートされて、それ以降はめまぐるしく活躍が増えて徐々に映画やテレビ出演などが多くなって息たくさんの日本人の方を教えている作品であるハリーポッターシリーズにビル・ウィーズリー役で出演している俳優です。

またそれ以外の著名な作品に関しては2015年にスターウォーズ・フォースの覚醒にも出演をしております。

たくさんの有名な映画に出演しており俳優としての実力も兼ね備えているまさにスターというべき存在です。

メアリー

ヒロインを務めています。

レイチェル・アン・マクアダムスはカナダ出身の女優であり、1978年11月17日生まれの38歳です。

レイチェル・アン・マクアダムスは カナダオンタリオ州ロンドンで誕生しセントトーマスで育ちながらお父さんはトラックドライバーでお母さんは看護婦と言う環境の中妹と弟が一緒にいる中で、4歳からフィギュアスケートを始めて12歳から演技を学ぶと言う様な経歴を持っています。

女優としてのキャリアとしてはまず1998年にディズニー映画でデビューし、その後だんだんとテレビ何の露出が増えていきカナダのテレビや映画に出演した後は2002年に公開されたホットチックという映画で脚光を浴びる様になります。

2004年にはリンジー・ローハンと共演したり、きみに読む物語のヒロイン役を演じてさらにブレイクし、ベスト・キス賞などを受賞するなど目まぐるしい活躍が増えていくようになります。

日本でも著名な作品としてはシャーロックホームズシリーズに出演していたり、リトルプリンス星の王子さまと私などで声の出演をしているなどたくさんの作品で活躍をしている女優です。

女優としてのキャリアなどもかなり長く実績を積んでいる女優なので、確かな演技力でこの映画に関しても最高の演技を見せてくれています。

ティムの父

主人公のお父さん役を務めています。

ビル・ナイはイギリス出身の俳優であり、1949年12月12日生まれの67歳です。

ビル・ナイはサリー州ケイタラム出身で今では考えられないかもしれませんがなんと若い頃はジャーナリスト志望だったそうです。

しかしながらジャーナリストとして活躍するためには十分な資格がなかったので雑誌社で雑用係として働いていたというエピソードを持っています。

そして後に小説を書きたいと思いパリに滞在していくも結局小説を書きたいと思っていてもなかなか書くことができずに結局かけたのはタイトルだけだったという苦い過去も持っています。

そしてイギリスに戻りギルドホール音楽演劇学校にて演技を学び1981年には映画の主演を果たすの活躍を行っています。

2003年に公開されたラブアクチュアリーにて英国アカデミー賞助演男優賞などを受賞しており、そこからだんだんと認められるようになり、日本人である我々にも大人気の作品であるパイレーツオブカリビアンシリーズのデイビージョーンズ役で知られていることも有名です。

女優であるダイアナ・クイックと長年パートナー関係になっていましたが結局籍は入れておらずその後は別れてより二人の間に設けた子供に関してはメアリー・ナイは女優になっています。

俳優として長年のキャリアを形成してきただけあって確かな演技力と醸し出す雰囲気などが今回の映画にもマッチングしており、お父さんとの絆を感動に描いており、映画を見た方は必ず感動を目の当りにする事間違いなしです。

ティムの母

主人公のお母さん役を務めています。

リンゼイ・ダンカンはスコットランド出身の女優であり1950年11月7日生まれです。

スコットランドのエジンバラに生まれて陸軍軍人のお父さんのもとで引っ越しを重ねて最終的にイギリスに住むようになり奨学金で演劇学校に通って演技を習っていたそうなのですが元気に学校に通っている時から成績が演技力をかなり優秀であったといわれており royal shakespeare company に入団して数々の舞台で活躍をして舞台の経験を積んでいきます。

その後映画である危険な関係や熱いトタン屋根の猫などで主演などを演じたりしてロンドン中の注目を浴びるなどの活躍を行っています。

リンゼイ・ダンカンはその見た目からエレガントな貴族や女性の中でもかなり重要な役を担われていることが多くたくさんの確かな経験を持っているベテラン女優です。

ベテラン女優としての風格を持ち合わせながらも、柔らかい印象で今回の映画に関しては主人公のお母さん役を務めて母としての愛情あふれる演技を行っています。

『アバウト・タイム』の6個の見どころ

登場人物について簡単にご紹介しましたが、ここからは『アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜』のみどころについても詳しくご紹介していきます。

先ほどざっくりとこの映画の見どころについて触れましたが、ここからはさらに詳しくご紹介していきますので、今回この映画を見ようと思っている方は是非見どころに注意して大事なポイントを見逃す事なく映画を楽しんでください。

切なくて暖かいストーリー

コメディ要素も取り入れられていますが、元々SF恋愛映画なので、しっかりと泣ける部分や感動できる部分が取り入れられているのも大きなポイントです。

タイムトラベルの能力を使って様々な出来事を良い方向に変えていきますがそのタイムトラベルの便利な能力が最終的に大きな選択を迫られるようなことになってしまいます。

最終的に大きな選択を迫られたときに主人公がどのような選択をとっていくのか、その導き出す答えやそれまでの葛藤など、様々な主人公の悩みなどが細かく描写されており、時には涙しなければいけない場面も出てきます。

その上で、その選択を通じてあなた自身の心の中に本当に大切なことを訴えかけて教えてくれるようなストーリーとなっています。

切ないながらも温かい物語も含まれているので、悲しみと感動を与えてくれるような内容になっているので、見終わった後にすっきりするような作品となっています。

心に残る様々な名言

『アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜』の見どころの一つとして、心に残る様々な名言が存在しています。

例えば、主人公であるティムの名言としては「僕は君の瞳が好きなんだ。もちろん顔の他の部分も好きだよ。顔から下はまだ見てないけどきっと全部素晴らしいに決まってるよ。」というような名言があります。

他にも、ティムのお父さんの名言で「私の息子は誠実な心を持った優しい男です。私は人生で特に誇れることなどあまりありませんが息子の父であるという事をとても誇りに思います。」というような素晴らしい言葉もあります。

文字としてみてもとても感動するような、キュンとするような名言ですが、実際に映像を見ながら、それまでのストーリーや それぞれの登場人物の気持ちなどを考慮した上で、この名言を改めて感じるとまったく重さが変わってくるようになります。

名言はたくさん存在しており、これはたった少しの紹介にすぎません。

それ以外にもたくさんの立場の人の名言が存在しています。

すべてをご紹介するよりも、実際に映像をみながら自分自身でその言葉の意味を知ることがより大きな魅力へと繋がると思いますので、実際に映画を見ながらあなたが選ぶ名言を探してみてください。

主人公ティムの奮闘劇

見どころの一つとして主人公ティムの奮闘劇が挙げられます。

元々今回のあらすじをおさらいして考えてみると、主人公は特殊な能力を持っている一族であることでタイムトラベルの能力を駆使して様々な困難に立ち向かっていくという描写がたくさんあります。

なので何度も過去に戻って何度も問題点を探して、その問題を解決するための行動をとる必要があるので、その描写一つ一つが新鮮であり主人公の奮闘劇を自分が主人公の目線になった形で映画を見てみることによってよりその場その場の状況を理解して楽しむことができるようになります。

基本的にタイムトラベルなどを取り入れたSF作品はダイナミックな作品が多いですが、今回の作品に関しては日常生活という所がメインになっています。

あまり派手に演出しすぎていない事が、世界観が良い意味で地味になるということも良い雰囲気を醸し出している一つの要素にもなりますしより奮闘劇が共感しやすいような作りになっていると思います。

かわいすぎるメアリー

メアリーが可愛すぎるという事もひとつの魅力であり、大きな見どころです。

ヒロインが可愛いというだけで、なんとなく男性陣も女性陣も興味をもってしまうのは否めない事です。

実際に、映画を見た方の感想の中にはメアリーがとてもかわいいという意見が多く、魅力的に撮られる工夫なども行われています。

見ている人に魅力が伝わるように製作もされているので、ヒロインの可愛さの部分も見どころとして重要なチェックポイントになります。

恐らく、一番最初に見始めた時よりも、映画を見終わる最後になるにつれてよりメアリーの魅力が増して最終的にファンになってしまったという方もかなり多いはずです。

共感できるところが多い

見どころの一つとして、共感できるところが多いという所です。

この作品を通じていく中で様々なことを修正していくためにタイムトラベルを繰り返してたくさんのことを変化させていきます。

その過程の中で変えられないものや変えてはいけないものだったり、変えたくないものに段々と気付いていきそれを悟っていく主人公の姿を見ていく中、恋愛であったり人間関係といった様々な問題点に直面します。

そういったものに関して悩んでいる方は非常に共感できる部分が多いです。

特に自分自身が今恋愛をしている方に関しては恋愛面においても自分のことと比較しながら楽しめたりできるような作品内容となっています。

幸せとは何かに気づいていく様子

大きな見どころとして、幸せとは何かに気づいていく様子が挙げられます。

この映画を見ていく中で、主人公の選択や行動などを一緒に見ていく中で、自分自身の中の幸せという概念が大きく変わる可能性もあります。

自分ではそこまで幸せに思っていないような、当たり前だと思っていた事などが実は当たり前ではなく、実はとても幸せな事だったんだ、と気づかされるような事にも繋がりますし、映画を通して自分自身の価値観などが良い意味で変わる可能性を秘めています。

これこそが映画を見る上での大きな影響の一つであり、大切なものです。

自分自身で何かしらの影響を受けて、自分の中で洗練した考えを持つ事が大事であり、周りがどうという事ではなく、自分がどう思ったのかという事を自分の意思で考えることで、より感じた事を心の中に刻み込むことが出来ます。

この映画を見て自分自身で考えて、答えを見つけてみてください。

かなり評価の高い『アバウト・タイム』是非観てみて!

今回は『アバウト・タイム』という映画についてご紹介していきましたが、たくさんの見どころがありすぎて困ってしまう映画です。

しかしながら、それに比例してたくさんの魅力が詰まった映画でもあり、たくさんの事を感じて頂ける映画にもなっています。

純粋に恋愛映画を見たい方、絆の大切さを感じたい方、本当に大切な物を見付けたいと思っている方には必須の映画なので、自分で時間を使って真剣に映画の世界に引き込まれてみてください。

見終わった後に、見始める前の自分と見終わった後の自分を比較的気づいた事や、考え方などが変わったと感じたのであれば、その価値観を大切にしてください。

まだ見た事がない方は一度ご覧いただいて、たくさんの事を感じてください。