CoCoSiA(ココシア)

アバウトタイムの見どころを6個のポイントで解説します!

あなたは何か趣味を持っていますか?

人それぞれ自分が好きなことや嫌いなことは違いますので、当然ながら趣味は千差万別に存在します。

男性であれば体を動かすことが好きな人はスポーツが趣味だったりする場合も多いですし、体を動かすのがあまり好きではない方は自分の部屋で行えるようなことを趣味にしたりする場合も多いです。

例えば、サッカーや野球やテニスやバスケット、それ以外には漫画やインターネットや音楽、様々な趣味が存在しています。

女性であれば、美意識が高い人が多いので、自分の外見に関する美容関連を趣味にしている人も多いです。

コスメや洋服などのファッション、通販や自分磨きにジム通いやエステ通いなど、たくさんの事が趣味として挙げられると思います。

たくさんの趣味がある中で、どういった事を趣味にするのか、という事に関してはその人の趣味趣向が関係するといえますが、比較的大多数の方に受け入れられている趣味として映画が存在します。

休みの日などに家でゆっくりと過ごしたいと思っている方は体を休めながら映画を鑑賞したりする事で、ゆっくりとした休日を味わえますし、なおかつ映画は様々な感動や新しい価値観を与えてくれるような素晴らしい存在です。

映画を見て人生が変わったという人もいるはずですし、たった数時間ですが、映画の世界に自分を投影して、たくさんの楽しい経験を与えてくれる事です。

そんな映画の中でも、人気を誇っているアバウトタイムという映画を今回はテーマにして、アバウトタイムの見どころなどをご紹介していきます。

映画好きの方や、まだこの映画を見た事がないという方、一度見た事がある方はおさらいの意味も込めて今一度この映画の魅力を感じてください。

人気映画『アバウト・タイム』について

アバウト・タイムという映画をあなたは知っていますか?
映画好きの方なのであれば、おそらく見た事がある方もかなり多いと思います。

アバウト・タイムは少し前に公開された映画ですが、今でも人気を誇っている実力のある映画です。

たくさんの方から愛されている映画であり、今でも継続した人気があり、レンタルDVDなどでも借りられているような状況が続いている作品です。

具体的にアバウト・タイムがどういう部分で素晴らしいのか、どういう作品なのか、という事はまだ見た事がない人にはわからないと思いますので、ここからはアバウト・タイムという映画について簡単にご紹介していきます。

『アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜』

アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜 は、特殊な家系に生まれた青年が意中の女性との関係を進展させようと奮闘していくような映画です。

また恋愛面だけではなく愛を幸せの本当の意味に気付かせてくれるようなヒューマンコメディとなっています。

この映画を見ることによって恋愛の素晴らしさであったり幸せの本当の意味合いについて知ることが出来、見る人の心の中に変化をもたらしてくれるような作品です。

普段生活をしているだけではなかなか気づけないような事を映画を通して感じさせてくれるような作品です。

実際に見てみる事で、おそらく自分の中の大切な気持ちがより一層強まる映画です。

具体的にアバウト・タイム〜愛おしい時間について〜 がどういう作品なのか、特徴をご紹介します。

2013年の英米合作映画

『アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜』は2013年のイギリスやアメリカ合衆国の合作によるSF恋愛映画となっています。

映画といえばやはりアメリカやイギリスなどの映画が製作費の面でもそうですが、スケールがかなり大きいので、見ている側としても演出などを含めて引き込まれるような魅力を兼ね備えている物が多いです。

『アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜』は映画好きの中でもかなりの高評価を得られている作品であり公開されてある程度の年月が経っているにしても未だに大人気の作品となっているので見たことが無い方は一度見て頂いて、何か感じていただけるものがあるはずです。

ジャンルはSF恋愛映画

『アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜』のジャンルは先ほどお伝えした通り、SF恋愛映画となっています。

恋愛の映画については比較的たくさんの映画が存在しておりますがSF作品と絡めた恋愛映画は新しい感覚で映画を見ることができ、恋愛としての感動要素をひめておきながらSF作品ならではのドキドキ感溢れるような映像の描写なども存在しているので、SF作品が好きな人も恋愛映画好きな人もまとめて楽しむことができる作品となっています。

恋愛映画なのでどちらかといえばカップルで一緒に見に行くことによってより恋愛の素晴らしさ何を教えてくれる映画になっているのでより楽しむことができると思います。

しかしながらカップルでなくても一人で見に行っても気軽に見れるような作品であり何か調べられるものが大きい作品であるとも考えられます。

監督はリチャード・カーティス

『アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜』の監督はリチャード・カーティスが努めています。

リチャード・カーティスはニュージーランド出身でイギリスを拠点としている脚本家であり映画監督です。

リチャード・カーティスが監督を務める作品は、比較的ローワン・アトキンソンやヒュー・グラントが出演している映画がとても多いです。

ローワン・アトキンソンは誰もが知っているミスタービーンの役でおなじみの俳優さんです。

ヒュー・グラントに関してはノッティングヒルの恋人などに出演している俳優さんです。

リチャード・カーティスは比較的ロマンティック・コメディを得意としている監督なので、今回の映画に関しても恋愛要素、そしてコメディ要素などを取り入れている作品なので、リチャード・カーティス監督の魅力がたくさん詰まった作品となっています。

リチャード・カーティス監督はウェリントンに生まれてスウェーデンやフィリピンなどで子供時代を過ごし、11歳の時にイギリスに定住してからはオックスフォード大学なので文学を学んでいる方です。

ちなみにリチャード・カーティスにとっては今回の作品が過去に制作した2003年のラブ・アクチュアリーと2009年のパイレーツ・ロックに続く長編3作目となっておりこの作品を最後に自分自身の監督業を引退すると本人が表明をしています。

なのでリチャードカーティス監督の最後の作品としても有名になっています。

興行収入は世界で8710万ドル

『アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜』の興行収入は世界で8710万ドルと言われています。

1ドル108円で計算すると、なんと約94億円というとてつもない金額になっています。

これほどまでの反響を出している映画なので、世界中でたくさんの方から愛されている映画であるという事は明白です。

ちなみに興行収入は北アメリカで1532万ドルで北アメリカ以外では7177万ドルで合計して8710万ドルとなっています。