普段あなたが使っている日本語の中にはあまり使う頻度が少ないものも存在しているのは確かです。

当然ながら世の中に存在している全ての日本語を日常会話で使うわけではありません。

日常会話での使用頻度が少ない日本語については、だんだんと意味が薄れてくる日本語もたくさんあります。

そもそも知識として吸収していないのでどういう意味を持ってるのかわからないと言う日本語も存在するのはしょうがないことです。

その証拠にあまり勉強したような記憶がない日本語に対しては、日常会話での使用頻度が多いと自然と意味なども把握することができるようになると思いますし、使いこなせると思います。

スポーツでも全く同じように普段から自分が行っているスポーツは得意になります4余り行なったことはないスポーツは慣れていないので苦手に感じるように言葉も全くそれと同じです。

では私たちが普段使っている日本語の中であまり使用頻度が高くない日本語はどういったものがあるのかと考えた時に、然りと言う言葉が存在します。

然りという言葉は普段あまり使う機会も少ないですが、人によっては時々用いますし、文献や資料などでよく見かける事もあるかと思います。

そんな時に意味がよく理解していない状態だと適切な意味を理解できなくなってしまうんで、ある程度把握しておく必要がありますし、把握しておいて損はありません。

間違った認識を持っているとさらに厄介な事になりかねませんので、この機会に然りという言葉を正しく理解する事を初めてみましょう。

なので、今回は然りをテーマにして、然りという言葉の意味や使い方などもご紹介します。

然りとは

おそらく日本語として日常会話で用いるよりも何かしらの資料文献などで見かける事の方が多いと思いますので、知っている方も資料などで説明をする際に用いる事の方が圧倒的に多いかと思います。

この然りという言葉に関してます正しく理解するには然りという言葉の意味を知ることが大切です。

然りと言う言葉の意味を知ることで間違った認識を防ぎ、正しい意味を理解してさらに正しい使い方を知ることでより然りということなの認識が深まり視野も深まります。

なので、まずは然りの基本的な意味からご紹介します。

然りの意味

然りという言葉の意味は、そのとおりである、そうである、というような意味合いとして用いられています。

それ以外には、そのようである、というような意味合いとして用いられています。

然りという言葉を普段あまり使う機会がない方からするとまったく予想していない言葉だったかもしれませんね。

しかしながら、然りという言葉は時々目につく事もある言葉なので、間違った認識をしないでこの機会に正しい意味を理解してください。

その通りである

然りという言葉の意味はその通りであるという言葉の意味につながるので、例えば一つの例として考えた時に然りと言う言葉を使った例文は、それもまた然り、と言う言葉を漫画のシーンや資料などの説明で聞いたことがあると思います。

その言葉の意味合いとして考えた時に、その通りである、というような解釈をする事が出来ます。

一見とても難しい言葉であるかのような印象を受けるかもしれませんが、意外とそこまで難しくないような言葉であるという事も理解いただけるはずです。

単純に、相槌として使用されるような事もありますし、何かを説明したりするときなどに用いられるようなシーンが多いです。

実際に現実世界でそれもまた然り、なんていう言葉を聞く機会はほとんどないかもしれませんが、ある程度年代が上の方が喋る時などにもしかしたら用いられる事もあるかもしれませんので、やはり把握しておくに越したことはありません。

然りの由来

然りと言う言葉の意味について簡単にご紹介をしましたが、然りと言う言葉を知っていく中で、然りという言葉がどの様にして生まれたのかという事も知っておけばその意味を深く理解することにつながります。

どんな言葉にもその言葉が生まれてきた由来が存在しており、その由来がもとになって意味を持っている漢字ばかりなので正しい由来を知ることは正しい意味をより深く自分の記憶の中に刻むということにつながります。

具体的に然りという言葉の由来がどのようなものなのかということについてここからは簡単に触れていきたいと思います。

しか(然)+あり(有り)

然りという言葉の由来は、しか(然)+あり(有り)という形がもともとの然りという言葉の原型になっているといわれています。

これはつまりどういう事なのかといいますと、 まず考えて頂きたいのが前面につく然という言葉です。

なんとなくこれ単体で見た時にそこまで意味をもっていないような感覚でとらえられる方もたくさんいるかと思いますが、それは間違いであり、これ単独で意味を持っています。

然という言葉の意味だけを見てみると、既にある事物、状態などを受けてそれを支持する語。

そのように。

そう。

というような意味を持っています。

なので、そのあとにこの言葉は有がついていますね。

なので、これを組み合わせる手考えてください。

そうなると、既にある状態から、あるがプラスされているので、然りという言葉の意味のその通りである、という言葉を思い出してみてください。

おそらく、二つがくっついた言葉がなんとなくその通りである、という言葉に近づくようになりませんか?

これが然りという言葉が生まれた由来になっています。

この二つの言葉を組み合わせて、その意味を持っている単語を生み出した、というべき考え方です。

なかなか難しいかもしれませんが、私たちの中にはすでにその由来があって当たり前という状態になっていたので、逆に生み出された言葉だけを知っていた由来を知らない状態だったからこそ理解が難しいだけなのかもしれませんね。

もともと成り立ちを知っている方はそれぞれの別別の意味を知っているからこそこの言葉に対してさらなる深い理解があるととらえる方が正しい意味合いになります。

然りの使い方を例文でご紹介

然りと言う言葉の基本的な意味合いなどはある程度理解いただけましたでしょうか?

然りと言う言葉の基本的な意味を理解したところでここからは然りと言う言葉を実際に使った例文を交えてたくさんの使い方をご紹介していきたいと思います。

意味を理解するだけではなく正しい使い方を例文を交えて理解していくことでより実践的な使い方していただけるようになります。

自分自身の使い方の知識として吸収されていくことにもつながりますので、より日常生活で然りという言葉を間違いなく使っていただけるようになっていくはずです。

では具体的にどの様な使い方をするのかということを一緒に確認していきましょう。

相手の質問に対して答える場合

まずはじめにご紹介する然りという言葉の使い方に関しては相手の質問に対して受け答えをする場面で使われることが想定されます。

例えば日常会話なのでおいて、何かしらの話をしている時に相手が自分に対して質問をしてくると言う言葉は当然ながら多く想像されるシチュエーションです。

そのように相手から質問をされた時にそれが本当であると答えるときの相づちの1つとして用いられる場面が多いです。

質問されたときにまず結論としてはい、かいいえ、が用いられることが想定されるのでその、はいの時に受け答えする時に使用してください。

然りという言葉の持っている意味として、その通りである、という意味合いになるので、意味合いから考えてもそこまで難しくない用い方であり、かなり一般的に使われる事が多い使い方として認識してください。

「~は本当か」「然り」

相手から質問をされて、受け答えの一環としてはいの時に使える言葉として然りという言葉は存在しています。

例えば、相手から昨日火事があったのは本当か?などと聞かれた際に、然り、という言葉で答えると意味合いとしては、はい、というような答えとして用いることが出来ます。

現実的に考えると、そこまで然りという言葉を使用する頻度自体は少ないですし、使っている人もあまり見かけた事がないかもしれませんね。

しかし、何らかの資料であったり、漫画などに関してはこのような受け答えなどを行っている場面はあります。

意味を正しく理解しておけば、そのような時にでもしっかりと把握することが出来ますので、この機会に然りという言葉の正しい意味や使い方を身に着けてください。

自分で自問自答する場合

次にご紹介する然りという言葉の使い方に関しては自分で自問自答する場合に用いることができます。

例えば自分で何かを相手に対して伝えていた時にその伝える言葉の中に自分の先ほどまで喋っていた事柄に対してより強調したりする意味でもちいるような場面が存在します。

そこでより強調することで相手に伝えたい言葉の意味を自分で強弱をつけて話すことができるので、より具体的に相手に対して自分が話してる内容を理解していただくことにつながるというメリットが存在しています。

たった少しのニュアンスで話の印象などは大きく変わってくるのでわざと自分自身でそのことを肯定することによって上手に相手に話を伝えることができるようになります。

然りという言葉は、何も相槌だけで使う言葉ではなく、このようにして話を工夫する使い方なども出来るという事を理解してください。

このような使い方ができると然りという言葉の幅が広がり、認識ももっと深いものへと変化させることが出来るようになります。

「~であるのか。然り。」

先ほどご紹介した然りの使い方としては、例えば、今までに私が行ってきた行為は間違っていたのか、然り、というような言葉を使う事によって、今まで自分が行ってきた事は間違いであったという事が正しいという意味を持つようになります。

この文章は今まで自分が間違った事をしてきた事を強調している文章だと解釈できます。

逆に、私はこれまでずっと肉体を鍛えて、精神面も想定してトレーニングを行ってきた、然り、というような言葉を使えば、これまでに自分自身が身体を鍛えてきたのは、精神面も鍛える意味で行ってきて、それは正しかったというような意味合いとして解釈するようになります。

なので、その前面に置いている内容を肯定したり、時にはわざと否定して、最終的にそのkとが正しいというような意味合いとして使えるようになります。

前面の部分が正しいか間違っているのか、という事を使い分けるようにすると肯定にも否定にも使えて、よりその部分を強調できるようになりますので、ちょっと難しい使い方になるかもしれませんが、把握しておけば便利な使い方ができるはずです。

この言葉のように工夫できる言葉をいくつか引き出しに入れておけば、自分の会話のスキルなども上がり、より上手に文章を組み立てたり、相手に話すことが出来るようになりますので、少しずつこの引き出しを多くしていく事を意識してスキルを身に着けてください。

1つの事柄に対してもう一つ伝えたい場合

自分で自問自答をする際に然りという言葉を使って、より強調することができるという使い方をご紹介しましたがそれ以外にも然りという言葉の使い方として、1つの事柄に対してもう一つ伝えたい場合にも使うことが出来ます。

この方法を上手に使えば、その事に対して以外の事も並行して相手に伝えられるようになります。

いわゆる、接続詞のような感覚で使うことが出来るようになります。

伝えたい事+なお伝えたい事+然り というように、文章を組み立てることが出来るようになりますので、伝えたいことが複数あったり、付け加えたいような事があった時にはとても便利な使い方になります。

具体的にどういう使い方や文章になるのかも簡単にご紹介します。

「天災は忘れたころにやってくる。人災もまた然り。」

1つの事柄に対してもう一つ伝えたい場合の例文として、「天災は忘れたころにやってくる。人災もまた然り。」というような例文を挙げることが出来ます。

この例文の意味合いとしては、そのままですが、天災というものは人間が忘れた頃にやってくるものであり、人災についてもまったく同じである、というような文章の意味となっています。

このような例文は実際に何らかの勉強をしていく中で見かけたことがある例文だと思います。

この例文のように天災が忘れた頃にやってくると言うこととプラスして、人災も全く同じだという事を伝えたい場合に然りという言葉を付け加えることで、それを伝える文章へと工夫しています。

これと同じような使い方をすれば、私はカレーが大好きだ、家族もまた然り、というような言葉を使えば、私がカレーが好きであり、家族もまた同じでカレーが好きだというような意味合いとして使用することが出来るようになります。

コツさえ覚えておけばそこまで難しい使い方にはならないはずです。

簡単に表現することが出来ますし、簡潔に意味合いを相手に伝えることが出来るようになりますので、日常生活でも試す機会は豊富にあるので、積極的に使ってみてくださいね。

1つの事柄に対してもう2、3つ伝えたい場合

次にご紹介する然りという言葉の使い方としては、1つの事柄に対してもう2、3つ伝えたい場合にも役立ちます。

日常生活で相手と会話をしている中で相手に対して伝えたいことが2つや3つなど複数存在すると言う場合はよくあるケースだと考えられます。

例えば相手に対して何かアドバイスをしたりするときに一つだけではなくある程度複数のアドバイスを行うことでより具体的に相手にアドバイスを行うことが出来ますし相手のためにもなると思います。

親切心からたくさんのことを伝えてあげたいと思うのは人であれば当然のことです。

また、何かしらの報告に関しても、複数ある場合は然りという言葉を使って表現するような事も出来ますんで、知っていればとても便利な使い方が出来るようになります。

具体的な使い方を例文を交えてご紹介しましょう。

「今の情報収集の方法といえば、スマホ然り、パソコン然り、簡単に行えるものである。」

1つの事柄に対してもう2、3つ伝えたい場合の例文として、「今の情報収集の方法といえば、スマホ然り、パソコン然り、簡単に行えるものである。」というような例文が存在します。

この例文の意味合いとしては、今現在の世の中で情報収集をする方法と言えばスマートフォンやパソコンを使えば簡単に行えるというような意味を示しています。

これは、相手に対して情報収集する方法を伝えるための言葉であり然りと言う言葉を使って複数の方法を相手に伝えていると考えることができます。

先ほどご紹介したいのに相手に対して何かお話をする時にしかりと言う言葉をつけて複数の方法を伝えているという使い方になりますが、この例文以外にも、例えば、この日本においては美しいと言われている人が多い地方が存在しており、秋田美人然り、京美人然り、博多美人もまた然り、というような例文を挙げることが出来ます。

この例文の意味としては、 日本には美しいと言われている人が多く存在している地方があり秋田美人や京美人や博多美人がそれに当てはまるというような言葉の意味合いとして解釈することができます。

このように二つの例文を交えて複数のことを伝えたいときに用いることができると言うことが理解いただけると思います。

これはどんな状況でも使用することができ、相手から聞かれたことを伝えるときはこちらが発信して相手に伝えたいことを話すときなども使えるので、使用する状況を考えずに、簡単に使えるテクニックになります。

日常会話でも、使う機会がたくさんありますので、実際に使ってみてより然りという言葉の便利さを体感してみてください。

「そうであるから」という意味で使う場合

次にご紹介する然りという言葉を使った例文に、「そうであるから」という意味で使う場合があります。

日常会話の中でも相手が話したことに対して返答する際に枕詞にそうであるからという言葉を使って表現したりすることもあると思います。

それ以外にも自分が話した内容に対してそうであるからと言う言葉を使って最終的な自分が伝えたいことをまとめるときにも使用することができます。

例えば、これまで経験した事であったり、その内容を話した後に+然り+最終的な結論、結果、導き出した答えをくっつける事によってより文章が洗練されて相手に伝えたい事をまとめることが出来ます。

具体的な使い方を例文を交えてご紹介してみましょう。

「然るが故に答えはこのようになる。」

「そうであるから」という意味で使う場合の例文として、「然るが故に答えはこのようになる。」が挙げられます。

この例文の意味としては、そうであるからこそ答えはこのようになるというような意味合いを持っています。

つまり、この然りの前のこの例文の場合は問題に対しての解説があったと仮定することが出来ます。

問題の解説をひとしきり行った後に、結論の前に然りという言葉を付け加えて、然り以降の最終的な結論を強調していると考えることが出来ます。

この例題文と同じように他のこともいい表すことができますが、例えば、今まで私はずっと自分の為になると思って肉体的なトレーニングを行ってきた、然るが故に、今の私には以前と比べようもない筋肉と精神的な強さを手に入れた、というような文章を作ることが出来ます。

自分自身のためになると思って肉体トレーニングに励んできてその結果として今の自分は以前とは考えようもつかないような筋肉と精神的な強さを手に入れましたというような文章の意味合いになります。

このように然りという言葉を上手に使えば家庭の話をして最終的な結論をより気持ちをして相手に伝えることが簡単に行えるようになるになります。

然りという言葉を使って 説明をすればより論理的な内容で相手に話をすることができ話を聞いている人もも分かりやすく相手の話を理解することができるようになるので、話を簡潔に明確にするという特徴的な使い方ができる方法と認識してください。

2つの事柄に対して、逆にしても同じようなことが言える場合

次にご紹介する然りという言葉を使った例文に、2つの事柄に対して、逆にしても同じようなことが言える使い方があります。

相手と会話をしている時に別の事柄に対してその別の事柄両方に当てはまるようなことを説明することがあると思います。

両方に当てはまると言うことは当然ながらその順番を逆にしてもどちらにも当てはまるということを説明することができるので、何かに対して説明をする時にその事柄が全く似たようなことでその両方にも当てはまるような状況で説明をする時に然りと言う言葉を使って表現することができるということです。

「通訳者は英語から日本語に通訳をするし、その逆もまた然り。」

2つの事柄に対して、逆にしても同じようなことが言える場合の例文として、「通訳者は英語から日本語に通訳をするし、その逆もまた然り。」が挙げられます。

この例題文の意味としては通訳をしている人は英語から日本語に通訳をしてその逆である日本語から英語に変換するということも行う、というような意味合いとして理解することが出来ます。

つまり、 通訳の仕事をしている人は全く逆のことをその業務内容として行なっているという事が考えることができます。

このように2つの事柄を然りという言葉を使ってより詳しく説明している文章は他にも考えることが出来、例えば、 本来人間の精神である心と肉体である身体が通じ合っているものであり、心の状態が悪ければ体の状態も悪くなってしまいます。

そしてその逆もまた然りです。

というような例文として考えることが出来ます。

この例文の意味としては、人間の心と体はつながっており心が悪ければ体も悪くなってしまいますし、逆に体が悪いと心も悪くなってしまいというような意味合いになります。

このように逆の事を肯定したり、同じようにあてはまるような事を説明するときに用いられるようになります。

いちいちすべてを説明するのも面倒な時にはその逆も然り、という文章を付け加えるだけで逆もあり得るという事を説明する手間を省いたり、より説明を論理的に行い、理解してもらえるようにするために行える方法と考える事も出来ます。

ちょっとした工夫で相手に与える影響は変わってくるので、文章の中にちょっとした工夫を取り入れて話をするように心がけてください。

「さりげない」=「然りげ無い」

次にご紹介する然りという言葉を使った例文に、「さりげない」=「然りげ無い」という意味で使う場合があります。

さりげないという言葉は日常会話でも多く用いられる言葉であると思います。

しかし、さりげないという言葉は普段ひらがななどで用いられることが多いですが感じにしてみると不思議な事に然りという言葉を用いて表現することが出来ます。

然り げない、というような言葉の組み合わせで考えると然りという言葉は入っている事がわかりますよね。

なので、さりげないという言葉も、これも然りという言葉に関連した言葉になります。

然りげ無い心遣い

「さりげない」=「然りげ無い」の例文として、「然りげ無い心遣い。」が挙げられます。

然りげ無い心遣いという例題文の意味は、相手に対して行う心遣いか大々的なものではなくそっと行ったりするという用な意味合いとして解釈することができます。

心遣いは相手に対して気遣い、相手の事を考えて行うものですが、それに対しては相手にわざと感づかせておおっぴらに心遣いを行ったりする事もあれば、相手に気づいてもらわなくても、当然のように行ったり、そっと行ったりする場合などいくつかの状況が考えられます。

さりげない心遣いはとても嬉しい事ですし、こちらに理解されなくても行っているような事は心にぐっときますよね。

この言葉も実は然りという言葉を用いている言葉であり、然りの意味であるその通りである、という言葉の意味を考えた時にその通りでない心遣いと訳すことが出来ますが、 さりげないの意味としては何事もないように振る舞うさまを意味しており、なんとなくその通りでない心遣いの意味から派生されたような印象を受けますよね。

このようにしてたくさんの言葉の意味が生まれており、本来は然りという言葉から生まれたというように考えると、関連性がありより深く然りという言葉について認識を深めることが出来りようになります。

然りを上手く使うコツとは

ここまでは然りの使い方を例文でご紹介しましたが、ここからは然りという言葉を上手に使うコツについてご紹介をしていきます。

然りと言う言葉はとても便利な言葉ですが使い方を間違ってしまうと相手に上手に意味が伝わらなくなってしまいますので、意味を理解して正しく使う方法を理解した上で上手に使うコツも身につけておくことでより具体的に相手に内容を伝えられるようになります。

然りと言う言葉をより理解して上手に文章の中に組み込んでみてください。

意味のままに使わない

然りという言葉を使う際に気を付けて頂きたいのは、然りという言葉をそのままの意味として使わないという事です。

然りという言葉の本来の意味を思い出してみてください。

然りという言葉の本来の意味はその通りである、という意味ですが、この意味そのままで用いる事はあまりないと理解していただく必要があります。

なぜならば、先ほどご紹介した例文を思い出してみてください、おそらく文章の中にその通りである、というような解釈で使われているものはあまりなかったと思います。

そうであるからとか、それもまた同じなど、意味本来のまま使われている文章は少なく、別の意味合いとして用いられているケースの方が多いはずです。

逆に単語の意味そのまま使う機会の方が少ないので、単語の意味ばかりを意識してしまうと使える場面が少なくなってしまいますので、せっかく便利な言葉なのにもったいないです。

なので、意味のままに使うというよりかは、別の意味で使ったりするも忘れないで知識として吸収してみてください。

無理やり使わない

然りという言葉を無理をして使ったりする必要はありません。

使いたいと思ったりする事もあるかもしれませんが、適切な場面でその言葉を使うようにしないと全く別の文章の意味になってしまったりします。

全く意味が違う場面で使ってしまうと相手に内容が伝わらなくなってしまったりするので、使いたいと思う気持ちはわかりますが適切な場面で使うこと以外は極力避けてください。

元々言葉を使う時には上手に相手にニュアンスを伝えたりする際や簡潔に説明をするときに、たくさんある言葉の中からチョイスしてベストな言葉を選択するというものが基本的な考え方になるります。

そもそも間違った場面で使ったりしてしまうと本来の目的があやふやになってしまうので無理をして使うと言うことは必ず避けてください。

まとめ

今回は然りという言葉についてご紹介しましたが、然りという言葉は本来持ってる意味は1つだけですがそれ以外に様々な文章に組み合わせることでたくさんの意味を発揮してくれる便利な言葉であると言うことが理解いただけたと思います。

たくさんの状況で使うことができ、使う状況によって意味合いが変わってきたりする言葉なのでなかなか普段の日常生活で使うと考えると、テクニックがいる言葉になるかもしれません。

しかし、普段から使っているとだんだんと使い慣れて自然と然りという言葉を文章の中に用いることができるようになってきますので、言葉の正しい意味を理解して使っていただける場面で積極的に使ってみてください。