CoCoSiA(ココシア)

詐欺師の17個の特徴。これは疑うべき危ない人!


この人は詐欺師だから気を付けようと分かってしまうような人は、本当の詐欺師ではないのです。

よくタレントの密会現場の写真が週刊誌に掲載されますが、自分が誰だか分からないようにマスク、帽子、サングラスの格好をしているのですが、こんな格好をして平然と歩くなんて、コンビニ強盗をしに行くような雰囲気ですね。

逆に、周りの人も二度見してしまうような、まさに「見てくれ!」と言わんばかりです。

詐欺師もそうです。

誰が見ても詐欺師だと分かるような人には、まずは接触しない筈です。

だから、詐欺師だと注目されないような舞台で詐欺を働くのです。

代表的なのが、オレオレ詐欺と言われる、お年寄りを対象とする詐欺行為です。

以前は上手く子供や孫の振りをして電話をかけ、信用させてお金を振り込ませる手口です。

この手口が通じなくなると、数人で組んで役割分担をして、この電話が真実であることを信じさせる手口です。

警察官や弁護士、裁判官まで登場させて信用させるのです。

これでは、世間の事情に疎いおばあさんはイチコロに騙されてしまうのです。

以前は、関東地区に比べて疑い深い関西地区のおばさんは、オレオレ詐欺に引っかかりにくいと言われたものですが、詐欺集団が関西地区を重点を置いて行動したところ、やはり多くの人が騙されてしまったようです。

このように、騙す手口を常に巧妙に考えている詐欺師には、「オレは騙されることなど絶対ない!」と自信を持っている人にも魔の手を伸ばすことができるのです。

ここが詐欺師たる由縁です。

では、皆さんはどんなところに注意すればよいのでしょうか。

探ってみましょう。

詐欺に合わないように気をつけよう!

詐欺師というのは、詐欺でお金をだまし取ることが目的です。

お金の代わりとなる不動産や各種利権もその対象です。

そう考えると、何か大きなお金が動くところに詐欺師が集まって来るようです。

あなたにも、簡単にお金が儲かるという単純な言葉で、詐欺師が近寄って来るかも知れません。

まずは、お金が目的の勧誘には乗らないことです。

ここまでなら、誰もがそうだと思って警戒するのですが、詐欺師はさらに続けて、投資をして万一その事業が破綻しても元金は保証されるなどと、不安な心理をついてくるのです。

保証すると言っても、簡単な文章一筆だけですので、担保などは無いのと同然です。

元本保証なら投資してみようか、などと心が乱れてしまうのです。

さらにその上で信用をさせるために、有名なタレントさんや俳優も加入しているなどと追い打ちをかけるのです。

そして、さらに今投資するとハイリターンの対象になるとか付け加えます。

元本保証だしあの俳優も投資しているし、今投資すると還元率も高いとは、今がチャンスかもとその気になってしまうのです。

このように、相手を信用させていく手口は、くれぐれも詐欺とは関係無いのですが、テレビショッピングで商品を売るパターンと同じです。

例えばこの掃除機は有名メーカーの特注品でこんな機能が追加されています。

さらにこの期間は特別販売で大幅値引きと説明し、お得感を説明して消費者の気持ちを掴みながら、さらに追い打ちです。

今買っていただくと、さらに別売りの電化製品もおまけでつけると言い、総額でこんなにお安くお得だと迷っている人の心を鷲づかみするのです。

テレビショッピングと詐欺とは全く違うので、誤解されないようにお願いしますが、消費者の揺れる心を掴む方法としては、最後の段階で追い打ちをかける手法は似たようなものだと思います。

事前チェック!詐欺師の特徴とは?


詐欺師の特徴は、外見では分かりにくいものです。

どのようなところで判断すれば良いのでしょうか?

冷静で落ち着いている

詐欺師は冷静で慌てることがありません。

どんなに状況が変化しても、いつも堂々として冷静で落ち着いているのです。

慌ててしまって目が泳ぐような顔をすることも無いのです。

常に落ち着いた表情で、話す時はしっかりと相手の目を見るのです。

オドオドした雰囲気は出さないのです。

住所・名前が複数存在する

何かあった時のために、すぐに素性がバレないように注意しています。

場合によっては、自分の名刺も何種類も持っていて、相手や状況によって使い分けするのです。

だから、名刺から本人をたどって行っても、分からない時が多いのです。

考えるすきを与えない

相手に時間を与えてじっくりと考えさすと、詐欺であることがバレてしまうことがあります。

だから、時間に制限をかけて、考えるすきを与えないようにするのです。