この人は詐欺師だから気を付けようと分かってしまうような人は、本当の詐欺師ではないのです。

よくタレントの密会現場の写真が週刊誌に掲載されますが、自分が誰だか分からないようにマスク、帽子、サングラスの格好をしているのですが、こんな格好をして平然と歩くなんて、コンビニ強盗をしに行くような雰囲気ですね。

逆に、周りの人も二度見してしまうような、まさに「見てくれ!」と言わんばかりです。

詐欺師もそうです。

誰が見ても詐欺師だと分かるような人には、まずは接触しない筈です。

だから、詐欺師だと注目されないような舞台で詐欺を働くのです。

代表的なのが、オレオレ詐欺と言われる、お年寄りを対象とする詐欺行為です。

以前は上手く子供や孫の振りをして電話をかけ、信用させてお金を振り込ませる手口です。

この手口が通じなくなると、数人で組んで役割分担をして、この電話が真実であることを信じさせる手口です。

警察官や弁護士、裁判官まで登場させて信用させるのです。

これでは、世間の事情に疎いおばあさんはイチコロに騙されてしまうのです。

以前は、関東地区に比べて疑い深い関西地区のおばさんは、オレオレ詐欺に引っかかりにくいと言われたものですが、詐欺集団が関西地区を重点を置いて行動したところ、やはり多くの人が騙されてしまったようです。

このように、騙す手口を常に巧妙に考えている詐欺師には、「オレは騙されることなど絶対ない!」と自信を持っている人にも魔の手を伸ばすことができるのです。

ここが詐欺師たる由縁です。

では、皆さんはどんなところに注意すればよいのでしょうか。

探ってみましょう。

詐欺に合わないように気をつけよう!

詐欺師というのは、詐欺でお金をだまし取ることが目的です。

お金の代わりとなる不動産や各種利権もその対象です。

そう考えると、何か大きなお金が動くところに詐欺師が集まって来るようです。

あなたにも、簡単にお金が儲かるという単純な言葉で、詐欺師が近寄って来るかも知れません。

まずは、お金が目的の勧誘には乗らないことです。

ここまでなら、誰もがそうだと思って警戒するのですが、詐欺師はさらに続けて、投資をして万一その事業が破綻しても元金は保証されるなどと、不安な心理をついてくるのです。

保証すると言っても、簡単な文章一筆だけですので、担保などは無いのと同然です。

元本保証なら投資してみようか、などと心が乱れてしまうのです。

さらにその上で信用をさせるために、有名なタレントさんや俳優も加入しているなどと追い打ちをかけるのです。

そして、さらに今投資するとハイリターンの対象になるとか付け加えます。

元本保証だしあの俳優も投資しているし、今投資すると還元率も高いとは、今がチャンスかもとその気になってしまうのです。

このように、相手を信用させていく手口は、くれぐれも詐欺とは関係無いのですが、テレビショッピングで商品を売るパターンと同じです。

例えばこの掃除機は有名メーカーの特注品でこんな機能が追加されています。

さらにこの期間は特別販売で大幅値引きと説明し、お得感を説明して消費者の気持ちを掴みながら、さらに追い打ちです。

今買っていただくと、さらに別売りの電化製品もおまけでつけると言い、総額でこんなにお安くお得だと迷っている人の心を鷲づかみするのです。

テレビショッピングと詐欺とは全く違うので、誤解されないようにお願いしますが、消費者の揺れる心を掴む方法としては、最後の段階で追い打ちをかける手法は似たようなものだと思います。

事前チェック!詐欺師の特徴とは?


詐欺師の特徴は、外見では分かりにくいものです。

どのようなところで判断すれば良いのでしょうか?

冷静で落ち着いている

詐欺師は冷静で慌てることがありません。

どんなに状況が変化しても、いつも堂々として冷静で落ち着いているのです。

慌ててしまって目が泳ぐような顔をすることも無いのです。

常に落ち着いた表情で、話す時はしっかりと相手の目を見るのです。

オドオドした雰囲気は出さないのです。

住所・名前が複数存在する

何かあった時のために、すぐに素性がバレないように注意しています。

場合によっては、自分の名刺も何種類も持っていて、相手や状況によって使い分けするのです。

だから、名刺から本人をたどって行っても、分からない時が多いのです。

考えるすきを与えない

相手に時間を与えてじっくりと考えさすと、詐欺であることがバレてしまうことがあります。

だから、時間に制限をかけて、考えるすきを与えないようにするのです。

還付金の話しなら明日が期限ですよとか、投資話の時には残っている有利な枠はあと2つしかなくて、今日中には埋まってしまうかも知れません、など決断までの時間がないことを強調するのです。

写真に写りたがらない


集合写真なども、万一の時には証拠写真になりますから、決して一緒に写ることはしません。

理由を付けて避けるのです。

自分の過去の写真や学校のことも話しません。

有名人に知り合いが多いとアピールする

信頼性を高めて騙しやすくするため、できる限り大物の有名人と懇意であることやパーティーに招待されるなどと自慢するのです。

すると、あの有名人とも知り合いなら間違いないだろうとかってに判断してしまうのです。

連絡がこちらからつかない

住所に書かれている固定の電話番号は、まず繋がらないと心得てください。

住所も、現在は使用されていない旧の地名やビル名になっているはずです。

住所が存在していても、まったく本人とは関係がない他人名義だったりするのです。

トラブルが起こってからしか連絡しようとは思わないので、万一の時には役に立たなくなっているのです。

笑っているのに笑っていない

詐欺師が本当に笑う時は、相手が騙されているとは知らずに契約を締結して締まった後か、入金を完了してしまったことを知った時です。

それまでの笑顔はあくまでも愛想笑いで、相手の話しにわざと乗っているように見せかけるだけです。

一旦笑ってもすぐに素に戻り、次のことを考えて冷たい表情になっています。

心から笑っていないのですから。

過度な褒め上手

詐欺師で感心するのは、相手を褒めちぎる話術です。

相手とその家族、家族の家柄や趣味、持ち物、あらゆる機会をつかまえて褒めちぎるのです。

褒めた相手の顔色を伺いながら、褒めると落ちそうな相手であれば、さらに輪をかけて褒めるのです。

そして、自分の言うとおりにすれば、どんなバラ色の人生が待っているかを説明するのです。

そして、もしこの機会を失うと、どんなに損な人生になってしまうのかも話すのです。

気遣いが良すぎる

仕事を離れたプライベートでも、これと決めた相手には、そつなく接待もするのです。

細かいところにも気配りが得意なのです。

人をこれだけ気遣うことができる人は、きっと素晴らしい人で信頼できる人だと思わせるのです。

小太りが多い

痩せて神経質そうな人は、見た目で何か陰がある様に感じられます。

何か企んでいるのではないかと構えてしまいます。

その点、小太りで愛想が良い人は、明るくて楽しそうに見えるため、こんな人が騙すなんて思えないと信じてしまうのです。

突然近づいてくる

街を歩いている女性に、不意に近寄って声をかけるナンパ師がいます。

始めて会っても馴れ馴れしい話し方で、友達のように接して来るのです。

話しの内容は、ナンパそのものでデートに誘ったりキャバクラを紹介したりするのです。

詐欺師も、多くの人が集まるパーティーなどで、これは良いカモだと思うと突然近づいてきて、すぐに打ち解けて話し出すのです。

これが詐欺師の特徴です。

良いことしか言わない

話を始めると、相手の素性を聞き出しながら、その内容をもとに話を広げていきます。

そして、相手のことを褒めるのです。

出身学校のことや趣味のこと、家族や仕事のことなど上手く聞き出すのです。

そして良い事しか言わないのです。

高齢者や学生をターゲットにする

そこそこの財産がありそうな高齢者や、場合によっては学生も騙す対象になります。

資産家かどうかは、持ち物や普段の生活の話を聞いているだけで判断ができます。

学生も、簡単に契約が出来そうな押しの弱い人間と分かれば、ターゲットになるのです。

ありえない金儲けの話をする

もし、言うとおりにすればこれだけの金儲けができるのですと、とんでもない計算も得意です。

例えば、ある人の特許の権利を500万円で買えば、日本以外にも特許が使えるために、10年後にはこの特許が50億円の値打ちになるなどと、架空の計算も得意なのです。

そして、信用させるのも得意なのです。

二人だけのヒミツを持ちたがる

誰にもこの金儲けの秘密を漏らしてはいけませんよ!とクギをさします。

バレると、この話にみんなが寄って来るので、そうなると儲けは極端に減ってしまい面白みがなくなりますと言うのです。

嘘がバレないように二人だけの秘密にする傾向があります。

自分の話はしない

詐欺師は、自分の素性や生い立ちなど、プライベートなことは一切紹介しないのです。

万一素性が分かってしまうと、そこからたどって詐欺師に近づけることができるからです。

過去の悪い噂や秘密がバレることを恐れるからです。

心理的な話に詳しい

詐欺師は、相手を騙すテクニックは勉強しています。

相手の心理を解読することが得意なのです。

相手がどこまで自分を信じているか、このまま進めて行って上手く騙せるのかを、瞬時に判断するのです。

心理的な話しには詳しいのです。

こんな詐欺被害にあいました

いろんな詐欺事件があります。

これを参考に詐欺に合わないように気を付けてください。

オレオレ詐欺

オレオレ詐欺は、国内で最も話題に上がっている詐欺のひとつです。

お年寄りをターゲットにした詐欺です。

この手法はTVやマスコミでもたびたび取り上げられていますが、電話をかけて相手を騙すストーリーを巧妙に変化させて、いまだに被害が続いている詐欺なのです。

もともとは息子に扮して電話をかけて、会社の金を無くしてすぐに立て替えなければならなくなったと泣きつき、母親かおばあさんに振込を依頼する手口です。

最近は還付金や未公開株の話など、益々手が込んで来ています。

フィッシング詐欺

インターネットを利用してクレジットカードの情報や個人情報を盗み出す詐欺行為です。

これは、信頼される団体や個人に成りすましてメールを送りつけて情報を集めたり、ニセのHPに誘導して重要な情報を盗み出すのです。

この情報をもとに、インターネットバンキングで貯金を盗まれたり、Twitterのアカウントを乗っ取られたりする被害があります。

結婚詐欺

婚活をしている女性に近づき、結婚をエサにして女性からお金をだまし取る手口です。

いかにも真剣に結婚を考えている振りをして、言葉巧みにお金を借りるのです。

初めは借りる金額も数十万円と少ないのですが、女性が結婚を信じていると見ると、結婚を前提に数百万円を借りるのです。

甘い夢を追いかけている女性には、真実が見えないのです。

寸借詐欺

すぐに返すからと言って、少額の金品を借りてそのまま返さないで逃げることです。

これは、見ず知らずの人にも平気で頼み込み、数千円~1万円ぐらいのお金をだまし取るのです。

お金を貸す方も、困っているならまあいいか、ぐらいの軽い気持ちで貸すので、被害が分かりにくいのです。

常習者はバレてしまい、捕まることもあるようです。

リフォーム詐欺

高齢者の家を訪問して、耐震補強やシロアリ駆除などの問題を呈示して、このままではこの家は大変なことになるとリフォームを請け負うのです。

悪徳施工業者と組んで、いわゆる手抜き工事をして利ザヤを稼ぐのです。

当然、リフォーム代金は大きく水増しして請求するのです。

保険金詐欺

保険金詐欺とは、①病気やケガをしたと見せかけて保険金を受け取る場合、②生命保険をかけた対象の被保険者が、何かの理由で死亡した時(あるいは自殺も保険の対象にもなりますが)に、保険会社から出る保険金を騙して横取りする場合、が一般的です。

生命保険は、契約後2~3年経てば、自殺でも保険金の受け取りができるため、高額な保険をかけさせてから自殺に負い込んだり、自殺に見せかける殺人事件も起こっています。

怪しまれないように、結婚して籍を入れて夫婦になってから高額の保険に加入し、その後不慮の死を装った保険金詐欺も多いようです。

取り込み詐欺

商品を多量に発注して、届いた商品と共に姿を消して、商品の代金を支払わない詐欺行為です。

商品を多量に仕入れるには、発注者の信用が必要ですが、当初は少量の商品を何回も仕入て、すぐにその代金を振り込むということを繰り返し、取引実績を作って信用を得たうえで詐欺をはたらくのです。

人の好意を逆手に取る詐欺なのです。

もちろん、届け先は仮事務所ですぐに商品を持って夜逃げするのです。

ワンクリック詐欺

ネットで発生する不当料金請求の一種です。

アダルトサイトや出会い系サイトに接続すると、いきなり料金請求の画面が出て、了解の画面をクリックしないと画面が削除できなくなるのです。

中には、その画面のままで大きな警告音が鳴り響くこともあります。

請求の料金は、1~10万円ぐらいの幅ですが、違法な画面を検索してしまったという気持ちから、ついその額を指定の口座に振り込んでしまう人が多いようです。

結果論から言いますと、このような違法の請求は法的に無効なので、支払う必要はありません。

架空請求詐欺

架空請求とは読んで字のごとく、契約したことも申し込んだことも無い架空の 契約不履行に対する請求が届くのです。

いわゆる、身に覚えのない請求書なのです。

男性なら、アダルトサイトを開いた時に発生する利用料金の場合が多いようです。

このサイトは有料アダルトサイトなのです。

無視して放置すれば良いのですが、それを良いことに悪質な事業者になると裁判所に訴訟を起こし、簡易裁判所から呼出状が届く場合があります。

この場合には、無視できません。

裁判所に架空詐欺だと訴えることが必要です。

弁護士に相談する必要があります。

最近では、スマホでの架空請求も増えているようですので、アダルト関係はのめり込まないように注意しましょう。

詐欺師の特徴を掴んで被害を最小にしよう!(まとめ)

詐欺の種類もいろいろですが、まずは簡単に大金を稼げることはないと言うことを自覚することです。

今の手持ちのお金を、短期間で5倍や10倍に増やせると、甘い誘いをかけてくること事態を、冷静に判断してください。

こんなことは、普通ではあり得ないのです。

お金に絡む話しは要注意で、避けるべきです。

甘い言葉は詐欺師の特徴です。

次に、オレオレ詐欺ですが、時間を区切って急かして、こちらの判断を誤らせるのが手口です。

わずか3万円ほどの還付金がもどると騙されて、急かされてATMで大金を振り込む事例が多いのです。

慌てると正常な判断ができないのです。

そこが詐欺師のネライなのです。

何事も急がせる人には要注意です。

詐欺師の特徴です。

最近のネット事情を活かして、好きモノの男性をターゲットにした架空請求も急増しています。

特にエロい動画には、ほとんど架空請求の罠がし掛けられています。

ワンクリックで料金請求が発生するのです。

絶対にサイトに入らないことです。