「〇〇をすれば〇〇が起こる」、「〇〇を見ると、〇〇が発生する」、「〇〇を見るといいことが起こる、あるは悪いことが起こる」というような、ジンクスを聞いたことがありますか?
うわさとか、言い伝えで聞いたことがあるかもしれませんが、本当にそれって当たるの!?って疑問に思ったことがあるかもしれません。

ジンクスを信じている人もいますし、それはただの考え違いだと思っている人もいることでしょう。

では、実際問題、ジンクスとは一体何なのでしょうか?
そして、ジンクスが本当にあると思う場合、どうしてそのように感じることがあるのでしょうか?
調べてみましょう!

ジンクスってなに?

「〇〇があると、〇〇が起こる」というような言い伝えってよく聞きますよね。

日本でも、カラスを見ると縁起が悪い、というようなことをおばあちゃんから聞いたことがあるかもしれません。

日本にも昔にはそのような、うわさみたいなものがたくさんあったようです。

さらに、世界にもそのような言い伝えはあります。

スポーツの世界でも、「〇〇での試合は勝てない」というようなジンクスがあったりして、本当にその通りにならない場合は、ジンクスを破るというような言い方をすることもあります。

しかし、そもそも、みなさんは「ジンクス」という言葉の意味を正しく理解していますか?
聞いたことはあるけど、はっきりは意味がわからないという方は多いかもしれません。

なんとなく、感覚でその言葉を使っているところもあるかもしれませんよね。

なので、ここで改めてジンクスの意味をはっきり理解してみましょう。

ジンクスとは

「ジンクス」という言葉の意味を辞書などでしらべてみましたところ、それは縁起がいいとか、縁起が悪いとかいう言い伝えの事でした。

さらに、縁起をかつぐために行う事柄や物のことも指しているようです。

もともとは、アメリカから来た言葉だそうですが、縁起の悪いことについて使う言葉でしたが、現在では縁起が悪いこと、良いことどちらにも使われる言葉として定着しているようです。

古代のギリシアでは、魔術に「jugx」と呼ばれた鳥が使われていて、それが言葉の由来となっているようです。

それで、不吉なこととされていたこととか、人の力ではどうにもならないような運命的なこととして扱われている物事を指しているようです。

それが日本では「縁起」と関係しているということで、縁起がいいとか悪いという、縁起を担ぐ対象となっていることすべてを指す、ということだそうです。

しかし、そもそも「縁起を担ぐ」ってどうゆうこと何でしょうか?
説明するとなると難しいですね。

縁起を担ぐとは、何か起こったことや行う事柄に対して、それが良い前兆だ、あるいは悪い前兆だということを気にする、ということです。

それで、よく結婚式などを大安の日に行う、ということも縁起を担ぐ事になります。

そして、よく似た言葉として「験を担ぐ」という言葉もありますよね。

ある説によると、縁起を担ぐの「縁起」の逆さ言葉は「ギエン」で、それがもととなって「験(ゲン)を担ぐ」という言葉が生まれた,ともいわれています。

「験を担ぐ」という言葉は、以前に起こった事柄をもとにしてつくれていて、例えばスポーツ界では、あるユニホームを着ていたときに良い結果が出た、ということで、ここ一番の負けられないような試合のときには必ずそのユニホームを着る、といった具合で使われていたりします。

まあ、「縁起を担ぐ」も「験を担ぐ」も同じ意味だということが一般的な見解みたいですけど、面白いのがもともと「縁起」という言葉が説かれていたのは仏教です。

その仏教の教えでは、物事は他の物事を関係性がある、つまり「縁にて起こる」わけかので、条件などが変わると起こることも変わるわけだから、絶対不変なものなどないんだ、という教えだったようです。

なので、縁起を担ぐようなことにとらわれることがないようにした方がいい、血追うことを説いていたわけらしいです。

ということは、縁起を担ぐということは仏教では勧められていなかった・・・ということになりますね?
今では、「縁起を担ぐ」ということがすごくいいことや、大切にされていることを考えると、仏教での本来の教えの真意とは全く逆なんですね〜。

興味深いです。

まあ、そのことはひとまず置いといて、「ジンクス」とは縁起を担ぐ対象のとなっている物事や行いすべてを指している、ということは、お分かりいただけたでしょうか?

ジンクスの4個の特徴

世界にはジンクスと言われていることがたくさんあります。

日本でも、昔からの伝統や言い伝えなどには、たくさんの験担ぎや縁起担ぎがありますので、私たちも知らない間に、または当たり前に行っていることに、そのようなジンクス的なことが日常の中で取り入れいて、行っている事があるのかもしれません。

では、ここで、ジンクスの特徴について取り上げてみたいと思います。

良い意味も悪い意味もある

ジンクスには、縁起の悪いことも、縁起のいいこともどちらの意味もあることを先程ご紹介しましたね。

つまり、「〇〇を見ると悪いことが起こる」ということもジンクスだし、逆に「〇〇を見ると一日幸せになる」ということもジンクスなわけです。

当たるかどうかは分からない

ジンクスは科学的な根拠があるわけではありません。

言い伝えであったり、迷信であったり、それは単なる運命論にもとづいていたりするものであったり、個人の気持ち一つであったりします。

それで、当たるかどうかは分かりません。

大半のものは絶対にそうなる、と確証されているわけではありません。

だからこそ、仏教でも本来の意味は縁起を担ぐことにとらわれる事なく生きるように説いていたのではないでしょうか?
しかし、人間の生活において経験論のように「〇〇をしていると、〇〇になる」というような論理的な考えとしてのジンクスもあるようです。

この場合、ジンクスとは法則や教訓とも説明できるでしょう。

宗教書である聖書も運命論は否定していますが、「〇〇にしていると、〇〇という結果が起こる」というような、進言はたくさん載っていますね。

このような生活における教訓である場合、裏付けや根拠がしっかりとあります。

昔から言い伝えられている

縁起を担ぐとか、縁起が悪いということは昔から言い伝えられてきた事ですよね。

昔の人は特に、この縁起が悪い!ということに敏感だったりします。

それで、縁起が悪いとされていることを行うことや、何か良くない事がおこる前兆となるようなことがあると、それを恐れて過度に避けたりします。

逆に、縁起がいいとされていることを喜んだり、大切にしたりもしていますね。

それが本当に根拠があることなのか、それとも単なる言い伝えなのかはひとまず置いておくとして、昔から人は自分たちの人生に何が起こるかわからないゆえ、何か良い事や悪いことの前兆となるようなことに関して、考えを巡らしてきたのかもしれません。

それに、ジンクスはより良い人生を送りたい、との願いから色々と人間の間で語り継がれて来たのかもしれませんね。

様々なジャンルがある

ジンクスといっても、昔からの言い伝えとして迷信的なものから、先程もちょっと紹介したような人生の教訓、進言のようなものまで色々あります。

さらにジャンルも色々あって、生活の中で不吉なことが起こる、などの運命論てきなものあります。

逆に、生活の中でいい事が起こる前触れとしてのジンクスもあって、幸せになるために語り継がれている物もありますね。

よく聞くのは、スポーツ界で語り継がれているものかもしれません。

スポーツ界では特に、「〇〇だから優勝できない」、「〇〇をした選手は成功できない」といったことが言われています。

あと恋愛を成功させるためのジンクスとか、魚釣りをしている人たちがよく言うジンクスもあります。

ある特定の場所に関するジンクスは、あらゆる観光名所にありますしね。

「恋人同士が〇〇で〇〇をすると、一生ラブラブでいられる」というようなジンクスは、世界中にあるようですよ。

それが当たるかどうかはわからなくても、験担ぎみたいなジンクスは、「そうなって欲しい」という願いの強さゆえ、少しでも自分を勇気づけたり、成功する確率を上げたいということで、取り入れたことがあなたもあるのではないでしょうか?

ジンクスにはどんなものがある?

ジンクスとは、言い伝えられてきた験担ぎであったり、縁起に関する事柄であったり、中には教訓として語られているものもある事がわかりました。

みなさんが、昔から伝えられてきたジンクスって何かありますか?
では、日本でジンクスとしてかなり広く言い伝えられてきたものを少しだけご紹介しましょう。

黒猫が横切るのは不吉

「黒猫が目の前を横切ると不吉なことが起こる」。

こんなことをきいたことはありませんか?
このようなジンクスゆえ、今でも黒猫は不吉というようなイメージを持っている人がいますよね。

だから、このジンクスを信じている人たちは、黒猫を見るだけで「今日は何か悪いことが起こる」とネガティブな感情を持ってしまうらしいです。

それに、中には手術などの大きな緊張する出来事が控えているときに、黒猫が目の前を横切ったということで、手術を延期したり執刀医を変えてほしいというお願いをする人もいるようです。

でも、なんで黒猫が横切ると不吉というような言い伝えが広まったのでしょうか?
このジンクスの出処はははっきりとは分かりませんが、黒猫自体はじつは幸福の象徴なんです。

黒猫は日本では昔から幸運の使い、といわれていたそうです。

夜でも目が見えるということで、魔除けとしても考えられていたりしています。

だから、商売繁盛の招き猫の中にも魔除けとしての意味も込めて、真っ黒な招きもいるそうです。

だから、黒猫自体が不吉という考えは、黒猫が横切ると不吉というジンクスから来た、現代人の勝手なイメージと言うことなのですね。

そのような幸福の象徴としての黒猫が自分の前を横切った、去っていってしまったということが、不吉の象徴となったのかもしれません。

このことから、クロネコヤマトさんのトラックが目の前を通り過ぎると不幸になる、というようなジンクスも少なからず沸いたようですね。

しかしながら、当然のこととして猫ちゃんは黒ちゃんも含めてどの色の子もみんなかわいくて、人を幸せにしてくれる動物であり、大切なペットであることは事実です。

猫が顔を洗うと雨が降る

猫ちゃんつながりで、もう一つジンクスとして有名なのが、猫が顔をこするような仕草をすることに関係しているアレです。

知っていますか?
「猫が顔を洗うと雨が降る」という定説です。

猫ちゃんのあの仕草ってすごくカワイイですよね!
だから見ているだけで癒やされますけど、じつはこのジンクス、本当だったようです!
猫が顔を洗うと言われている仕草ですが、アレは髭を整えている仕草らしいです。

どうして雨の前には髭を整えるのか、それは雨が降る前には湿気が高くなることと関係しているようです。

猫の髭と言うのは、当然ながらただカワイイだけについているものではありません。

猫達にとっては、髭はアンテナとしてかなり重要なもの。

湿気が高くなるとその髭が張りづらくなるそうです。

それを治そうと、顔を洗う仕草をするそうなんです。

だから、猫が顔を洗うと雨が降る、と言われているんですね〜。

しかしながら、猫が顔を洗うのは湿気が高くなっていて髭の張りが悪くなっているときだけというわけでもありません。

食事のあととか、ストレスを感じているときにも同じ仕草をします。

ノミやダニに食われたときにもするそうです。

というか、そんなことを言うと猫って毎日顔を洗っていますよね!?
ということは、猫が顔を洗うと雨が降る、というジンクスは根拠があって当たっているとは言え、猫が顔を洗う=絶対に雨が降る、ということでもなさそうですね・・・。

朝蜘蛛は良い蜘蛛

「朝蜘蛛は良い蜘蛛だから、絶対に殺してはいけない!」
そんなジンクスもあります。

蜘蛛が大っ嫌いな人からしたら、そんなことを言ってはいられないところでしょう。

あと、蜘蛛が大発生する時期には、朝であろうと夜であろうと、蜘蛛をほっておくことなんてできないかもしれません。

「朝の蜘蛛は縁起がいい」とか「夜の蜘蛛は縁起が悪い」。

そんなことを教えられて育った人も多いようですが、それにはどんな理由があるのでしょうか?
これは、昔の言い伝えで朝の蜘蛛は幸福を運んでくると信じられていたからだそうです。

なぜかといと、蜘蛛の習性が関係しているようで、蜘蛛は晴天になる日に網をはります。

それで、朝に蜘蛛が網を張っているということは、今日はいい天気になるぞ、ということなのです。

「いい天気になる=いい一日になりそう♪」という気持ちが、朝蜘蛛は縁起がいい、と言われるもとになったと言われています。

あと、朝の蜘蛛は天国からの使者だ、という迷信もあるそうです。

逆に、夜の蜘蛛は縁起が悪いということは、真っ黒な夜にうっすらと浮かび上がる蜘蛛の巣が不気味だからというイメージから来ているらしいです。

ということは、「夜の蜘蛛は縁起が悪いから殺せ」というジンクスは、単なる蜘蛛に対するイメージから・・・ということになります。

なんだか蜘蛛がかわいそう。

別の話では、古くからの迷信として夜の蜘蛛は泥棒がくる前触れといわれていたようです。

そして、地獄の使いとも言われていたりしています。

しかし、朝に見る蜘蛛と夜に見る蜘蛛、同じ蜘蛛なのに見つけられる時間帯だけで、こうも扱いが違うなんて変ですけどね。

まあ、迷信なんてそんなものですが。

蜘蛛は確かに見た目はちょっと恐いし、気持ちわるいと思う人も多いので、嫌いな人は多いかもしれません。

でもじつのところ、「家蜘蛛は殺してはいけない」と言われているように、蜘蛛はダニやノミ、夏の大敵”蚊”を食べてくれる存在なんです。

つまり、私たちが害虫として嫌っているものを除去してくれる大事な存在なわけですね。

なので、人を噛むような毒蜘蛛でなければ、蜘蛛自体が悪さをすることはないわけですね。

ピアスを開けたら人生が変わる

「ピアスの穴を開けると人生が変わる、運命が変わる」。

そんなジンクスがあるのをご存知だったでしょうか?
ピアスの穴を初めて開けるときには、すごく緊張しますよね?
日本では赤ちゃんの頃からピアスの穴を開ける習慣がないから、大人になってから痛い思いをして開ける人が大多数です。

でも、一時期痛いとしてもカワイイから、カッコイイからとオシャレのために開けている人はたくさんいます。

現在はファッションアイテムとして、ピアスの穴を開ける人がほとんどなわけですけど、古代のエジプトでは耳から邪気を入らせないため、悪魔除けのためにしていたそうです。

悪魔はキラキラしたものを嫌うと信じていたので、かなりキラキラしたものを見に付けていたそうです。

さらに、そのような文化が中世ヨーロッパの貴族の間でも広がり、男性がピアスをすることは力強さの象徴となったようです。

そして、男性はいつも武器を右手に持ち女性を左側に置いて守ったことから、男性であれば左耳にピアスを開けて、女性は右耳にピアスを開けたようです。

それで、男性が右耳にピアスを開けているとゲイである証になったみたいです。

逆に女性であれば、左耳にピアスはレズビアンの象徴でした。

その頃は片耳にピアスを開けていたんですね。

日本では、奇数が縁起がいいと言われているので、ピアスの数も奇数の方がいいと言われいたりするようです。

逆に欧米では偶数のほうがいいみたいですけど。

あと、右耳よりも左耳に穴を開けたほうが幸せになれる、というジンクスもあるみたいですけど、根拠は分かりません。

まあ、古代からピアスあ魔除けとか、身分証明としての意味をもち、さらには自然のチカラを取り入れるといった意味があったようなので、人生が変わると言われることがあるようですね。

雨の結婚式は幸せになれる

結婚式を予定している人なら普通、きれいな青空のもとで式を上げたいと思いますよね。

花嫁もせっかくのドレスが雨で汚れてしまったり、屋外での写真撮影などもできなくなるのは嫌です。

でも、「雨の結婚式は幸せになれる」というジンクスを聞いたこともあるかもしれません。

あと、結婚式の日にたまたま雨になってしまってちょっと残念に思っていたけど、周りから「雨だと幸せになれるらしいよ」と慰めてもらった人もいるかもしれませんね。

日本でも6月に行われる結婚式が「ジューンブライド」と言われて、まさに梅雨時期であるにも関わらず結婚シーズンとなっていますね。

このジューンブライドというのは、もともとヨーロッパで言われていることらしく、6月はイースターの時期でみんながお祭りムードで盛り上がっていることや、ヨーロッパでは6月は一番雨が少ない時期ということで人気だったようです。

日本では逆に雨が多いので、結婚式場の予約が埋まらない、ということで式場がそれを打開するために「ジューンブライド」というものを持ち込んだともいわれていますけどね。

雨がたくさん降る6月ですが、どうして雨が降る結婚式は幸せになれる、と言われているのかというと、それにはヨーロッパの言い伝えで、新郎新婦が流す涙を神様が流してくれる、という言い伝えがあるからだそうです。

噂されるとクシャミが出る

くしゃみをすると「あ、誰かが自分の噂をしているな」なんて言うこともありますよね。

噂をされているとくしゃみが出る、というジンクスです。

なぜそのようなことが言い伝えとして残っているのかというと、昔の日本ではくしゃみは魂が抜ける、と言われていたそうです。

それは、くしゃみをしている人(多分風邪を引いている人)が、そのまま死んでしまったというケースが多かったせいだといわれています。

それで、くしゃみにはよくないイメージがついていて、悪霊や呪いの力と考えられていました。

くしゃみをする=誰かの呪い、という考えが、誰かが噂しているというように変化していったと考えられています。

くしゃみを1回すると、誰かがあなたを批判しているまたは褒められてる、2回は笑われている、3回すると誰かから好かれている、4回していると風邪を引いているというように言われていたりするようです。

古来のくしゃみに対する考え方が、ジンクスを作り上げていたわけですね。

抜けた歯を投げると丈夫な歯が生える

小学生のとき、歯が抜けると「屋根の上に投げた?」なんて聞かれることもありましたよね?
「なんで?」って言ったら、「そうすると縁起がいいらしいよ」と言われた記憶があります。

「上の歯が抜けたら縁の下に投げて、下の歯が抜けたら屋根の上に放り投げると、丈夫な歯が生える」というジンクスは有名です。

歯が健康だと、体も健康だから上手な歯が生えてほしいという願いがあったのでしょう。

もちろん、それは一種のおまじないみたいなもので、そうしなかったからと言って上手な歯が生えないということは一切ありません。

もちろん、歯は一生大切なものなので毎日しっかりとケアして年をとっても自分の歯でものを食べれるようでいたいですけどね。

カラスが鳴いたら誰かが死ぬ

「カラスが鳴いたら誰かが死ぬ」というのも有名な言い伝えですね。

しかし、日常茶飯事鳴きまくっているカラスたちのその存在がなぜ”死”と結び付けられたのでしょうか?
調べてみると、そのジンクスの起源は戦国時代にあるようです。

戦国時代、戦で多くの人が命を落としました。

その血なまぐさい現場では、死体をつつくカラスの姿がたくさんあったようです。

それで、カラスが不吉な存在として脳裏に焼き付いた人たちが、語っていったといわれています。

確かに今でもカラスは、道路などに死骸となっている動物の肉をつついています。

お腹は大丈夫なのかな?と思ったことがあるのですが、大丈夫なんですね。

あと、カラスはもう死にそうな動物や人の周りに集まってきて、死ぬのを待っているということもあるようです。

もしかしたら、戦で致命的な傷を負った人たちが息絶えるのを周りで待っていたカラスがたくさんいたのかもしれません。

そのような姿を見て、不吉なイメージが膨らんだものと思われます。

茶柱が立ったら幸せが訪れる

「茶柱がたった!なんかいい事が起こるぞ!」って言いますよね?
これは、かなり確率の低い事が起こった、ということでなんかいい事があるという考えのようです。

茶柱は普通、急須からあまり出てきません。

まれに出てきたとしても、それが立つということはかなり珍しいことなのです。

人生の中で何回もないようなことが、今まさに自分の身に起こったということが、幸せの前触れとして縁起のいいこと、と言われてきたのですね。

さらには、茶柱を一家の大黒柱になぞらえて、大黒柱がしっかりと立つことで、一家に安定や金銭的な幸運が起こるとも考えたようです。

また、柱はずっと宗教の崇拝行為にも用いられてきたもので、力や崇拝の象徴となっていたことから縁起のいいこと、と感じたようです。

四葉のクローバーを見つけるとハッピー

四葉のクローバーは幸せの象徴としてよくモチーフにも使われます。

「四葉のクローバーを見つけるとハッピーになれる」ということで、子供のときには一生懸命に探した記憶がある人も多いことでしょう。

これは、ヨーロッパでも古くから伝わっているジンクスの一つだそうです。

そして、ヨーロッパでは夏の夜に四葉のクローバーを見つけてそれを持っていると、まよけになるとも言われていたようです。

さらに、キリスト教では、三つ葉のクローバーを三位一体に見立てていて、四葉は十字架を象徴するという考えもあるようです。

いろんな説があって、四葉のクローバーは宗教的にも迷信的にも意味を持っていたんですね。

とにかく、希少だから見つけると嬉しい!と思っていましたけど、そんなジンクスゆえに大切に持ち歩いている人がいることがわかりました。

ブーケトスをゲットすると結婚できる

結婚式の日、キラキラと輝く花嫁が投げるブーケをゲットできると、次に結婚できるというジンクスもありますよね。

それで、独身女性たちは自分も幸せをつかみたいという思いで、必死になって受け取ろうとしています。

この儀式?ですけど、欧米での言い伝えが関係しているようです。

欧米では、その花嫁に幸せをもたらした天使がブーケトスによってそのブーケをゲットした人に移る、という言い伝えがあるようです。

それで、その天使が今度は新しい主人に幸せをもたらしてくれる、つまり結婚できる!と言われているのですね。

右の靴紐がほどけたら恋が実る

「右の靴紐がほどけると恋が実る、つまり両思いになれるんだって!」って聞いて、ほどけないかな〜って思っていた、甘酸っぱい恋の思い出があるかもしれません。

わたしは靴紐がほどける、って結構あることなんですが、その度に恋は実りませんでした。

なぜなら、これはジンクスだからです・・・。

どうしてこのようなジンクスがあるのかというと、幸運の象徴としては右側ってよく出てきます。

そして、紐がほどけるということも、何か願いが叶うということと関係しているようです。

ミサンガなども、ほどけると幸福になれるというジンクスが込められていますよね。

それが合体して、この右の靴紐が解けたら両思いになれるというジンクスが生まれたと考えられます。

右足から歩くと好きな人と仲良くなれる

またまた右が関係してきますが、「右足から歩くと好きな人と仲良くなれる」という恋する乙女たちのジンクスもあるようです。

根拠はないけど、普段自分がどちらの足から歩いているなんて、全然気にしていませんから、そんな毎日のそれも自然に行っている行動にいつも気を使ってまで恋を実らせたい、好きな人と近づきたい、という強い思いがあれば、それが普段の行動を積極的にしてくれたり、チャンスを絶対に逃さない恋愛力を培ってくれるのかもしれませんね。

おでこのニキビは想われニキビ

ニキビができて嬉しい人はいないでしょう。

でも、思春期によくできるおでこニキビ。

「おでこにできるのは想われニキビなんだよ」って言われて、「そうなの!?」って気持ちが高鳴った純粋な時代を思い出す人もいるでしょう。

ニキビはどこにできるかで、占いをがされていたり、どこにニキビができるかで意味があったりするみたいです。

まあ、もちろんそれには科学的な根拠はないのですけど、科学的に言えばおでこにニキビができるのは皮脂が多いTゾーンだから、そして前髪が触れて刺激されるからという理由があるらしいです。

枕の下に好きな人の写真を入れると

好きな人と両思いになるために、枕の下に写真を入れて寝る、ということもよくききますよね。

そうすると、夢で会えるということもいいます。

やってみて、「本当に会えた!」という話を聞いたことがありますけど、それは気持ちがその人に向くかららしいです。

心理学的に証明されているらしいですけど、人の夢には寝る前に考えていること、日頃考えているものが多くでてくるそうです。

だから、枕の下に写真を入れておくことで、その人のことを思い続ける事ができて夢で会える、ということが起こるらしいです。

しかし、これも絶対そうなるとは言えないことらしいです。

まあ、強く想えば想うほど、夢にも出てくる可能性が高いということでしょう。

そして、想いが強いほど恋愛の成功率も上がる、ということなのかもしれません。

恋愛は自分の気持と相手の気持の両方が関係していて、自分の思い通りにならないものなのですが、「好き」という気持ちをもっと強くするために、そしてその人に夢でも会えるように自分に暗示をかける、という感覚に近いのかもしれませんね。