本来の、恋愛であればとてもドキドキして楽しいはず。

しかし今の恋愛を続けようかやめようか迷っていませんか?「恋愛を諦めることって悪いこと?」などの疑問にお答えしていきたいと思います。

恋愛で諦めた方が良い時など、このまま恋愛を続けていてもだめなときなどの対処法をお伝えしていきます。

さらに、なぜ、あなたが今の恋を諦めた方が良いと思ったのかをまずはじっくり考えていきましょう。

1人で悩まず、こちらのコラムを読むことにより、ひとりで苦しまず一緒に解決していることを願っています。

恋をしていて「諦めた方がいいかも」と思ったことありませんか

恋愛してる時って、心が躍りドキドキしてときめいてるものじゃないの?なんて、思っていたのも今では「諦めた方がいいかも」と思ってしまうような現実にぶち当たっていませんか?

恋をすることがこんなに苦しいなんて思ってもみないことですよね。

しかし、なぜあなたが今の恋を諦めようと思ったのかをじっくり考えていきましょう。

さらに、諦めた方が良い恋愛やタイミングが悪い場合もあります。

そのため、恋をしていても諦めたほうがいいと感じることも多いようです。

1人で悩まず、まずはどこで諦めた方が良いと感じたのかを考えていきましょう。

全ての恋愛が上手くいけば良いけど…


いかに、すべての恋愛がうまくいけばそれに越した事はありません。

さらに、すべての恋愛がうまくいくことで恋愛に対する不安や悩みもなくなることでしょう。

しかし、そんな恋愛に対する不安や悩みがあるからこそ、恋愛が実ったときに大切にしようと感じるものではないでしょうか。

さらに、すべての恋がうまくいっていれば今頃あなたは、異性からモテる人になり相手の感情や気持ちなど考えられる人になっていないかもしれません。

このように、すべての恋愛がうまくいけばいいと思う反面、心の成長にはつながらないことも多いかもしれません。

諦めないといけない事は結構ある

あきらめないといけない時って、タイミングが悪かったり、告白しようと思った時に相手に好きな人ができてしまったり…。

そんな時にあきらめない事を持続するのはかなり苦しいことですよね。

さらに、2人の進む道が違うければ恋愛をあきらめざるを得ないかもしれません。

このように、案外恋愛をあきらめないといけない事はよくあるのかもしれません。

自分に無理をしているわけでもなく、タイミングが悪かったり、もともと進む方向が違ったり、また恋愛の価値観の違いなどで諦める場合もあるようです。

とにかく、自然の成り行きで諦めざるを得ない状況になるのであれば、もともとあなたにご縁のなかった異性なのかもしれません。

その異性とうまくいかなかったがために、その後に出会った異性と結ばれるような運命も中にはあるのです。

あなたが追い続けている相手は、本当に叶う恋の相手であればいずれうまくいくことでしょう。

ちゃんとした理由があっても諦めることは辛いのが恋

曖昧な理由で諦める事は案外楽かもしれません。

しかし、決定的な2人の違いやきちんとした理由があればあるからこそ、諦めることが辛い場合もあります。

恋愛は、心と心が通い合うコミニケーションのようなところもあります。

そのため、あなた自身がどれだけ相手のことを思っていても相手から思われることがなければなかなか前に進むことができないのです。

このように、どちらかだけががんばっている恋愛も実事はありません。

さらに、追い打ちをかけるようにきちんとした理由があって諦めることがあるのなら、それはどうしようもない運命なのかもしれません。

しかし、この恋がだめでも他に運命の赤い糸があると言うこともあなたに知らせてくれているのかもしれません。

諦めることは悪いことなのか


うまくいかないと感じている恋愛を諦める事は悪いことなのでしょうか?確かに、恋をするとその人のことが頭から離れなくなりその人のことばかり考えてしまいます。

さらに、諦めることが苦しく思ったり、しかし思い続けるのも苦しいと感じる場合、思い切ってあきらめたい!と言う気持ちになるのもよくわかります。

心のどこかであなたがこの恋愛がうまくいくと思う節が邪魔をさせているのかもしれません。

確かに、100%だめだとは言い切れません。

しかし、わずかな確率で成功することはあってもほとんどの場合が成就しない恋愛とわかっていながら頑張るのって一体どうなのでしょう?他の心が1番わかっているはずです。

悪い事ではない

恋愛を諦めることが悪いことばかりではありません。

むしろ、叶わぬ恋と思いながら思い続けていても目の前にいい人が現れる事はありません。

なぜならそれは目の前に人が現れていても叶わぬ恋の人思い続けているため、その良い人を見逃してしまうこともあり得るからです。

そのため、思い切ってズルズルと今まで引きずってきた気持ちをきっぱりと諦めることも大切です。

前の彼をずっと思ってきた、ずっと片思いの彼が入るなどもう無理だと心のどこかでわかっていても、ほんの数%の可能性にかけたい自分がいると言う事はよくわかります。

しかし、そのせいであなたの出会い運や恋愛運が下がっているなら、それはもったいないことだと感じませんか?その叶わぬ恋の相手を思うばかりにあなたを幸せにしてくれる彼を見失うなんて…。

諦めた方が良いこともある

このように、叶わぬ恋だとわかっていながら思い続けていても大切なものを見失ってしまっていることも考えられます。

諦めた方が良いこともあるのです。

彼を持っている間、自分は前向きな考えができなかったけど、彼をあきらめようと思い始めてから少しずつ前向きな自分になれたと言う人もいます。

このように、1つの恋愛にこだわりすぎるのではなく幅広い視野を持ち、辛くて暗い恋愛を追いかけるより、そのことを諦めることで前向きで楽しい恋愛が出来るようになるのも事実です。

今の彼を思っていても他のことを幸せにしてくれる保証はどこにもありません。

さらに、彼だけでなく他の人をよく見ることで素敵な異性がゴロゴロその辺に転がっているかもしれません。

何でもかんでも諦めるのはNG

しかし、ここでNGなのはなんでもかんでも諦めてしまう事はダメなのです。

ある程度踏ん張ってみて、だめなようであればあきらめが必要です。

いつまでもダラダラと諦めるずに思い続けるのもダメですが、叶わぬ恋だと思い込んで挑戦せずに諦めてしまうことこそほどもったいない事はありません。

なんでもかんでもあきらめる人の共通点は、自分に自信がないことです。

自分に自信がありすぎても困りものですが、まずは諦めずにやってみることが大切です。

人の公開は、やらずに諦めたことよりもやって諦めた事の方が悔いが残りにくいと言われてます。

このように、なんでもかんでもだめだと諦めるのは早いかもしれません。

なんでもかんでも諦めることにより自分自身に甘えているのかもしれません。

ここは、心を鬼にしてなんでもかんでも諦めてしまう流れをいちどストップしてみてはいかがでしょう?

簡単に実る恋なんてない

片思いが長ければ長いほど苦しい恋になりますよね。

しかし、そんな恋愛は甘くないのです。

確かに、タイミングとお互いの気持ちが一致すればすぐにお付き合いがスタートしますが、「告白するにはまだ早い?」「相手に好きな人がいたらどうしよう?」「私となんて付き合ってくれない!」なんて思い込みをまずは捨てましょう。

やる前から逃げ腰では、エンジンもかかりません。

せっかく好きになれた相手をあなたの勝手な思い込みで諦めるのは早いと言うことです。

このように、恋愛には波乱やトラブルもつきものです。

しかしそれを乗り越えることができなければお互いの愛を確かめ、互いに愛情を深め合うこともできないのです。

ライバルが多い恋も同じです。

あなた自身がどれだけ相手を思う気持ちが強いかにもよります。

このように、頑張って勝ちとる愛だからこそ数も少ないのかもしれません。

諦めなければいけない事もある

どれだけあなたが想い、頑張ったところでかなわない恋もあります。

どうしても諦めなければならないこともあるのです。

それでは、どのような時があきらめなければならない時なのでしょうか?それは、お互いの進むべきが違ったり相手が急に転校や転勤になってしまったり、何らかの事情であえなくなることも考えられます。

そうなれば、愛を育んでいない2人なら当然の如く、その恋は諦めないといけなくなります。

自分が頑張ろうとしていても、何らかの理由で諦めなければならないときには、それは運命の人では無いのかもしれません。

運命の人であればどのような状況に経っても必ず結ばれる時がやってきます。

このように、あきらめなければならないことが発生してしまうのであれば、いちど諦めてみることも大切です。

本当に縁のある2人なら、その時はダメでもまた新たなタイミングでお付き合いすることができるかもしれません。

恋愛で諦めたほうが良い時

それではこちらでは恋愛で諦めたほうがいい時の場合についてお伝えしていきます。

恋愛で諦めた方が良い時って一体どんなときなのでしょうか?さらに、あなたが恋愛で諦めた方が良いと感じる時はどんな時でしょうか?そのことを思いながら互いの問題を照らせ合わし、あなたの心が思う方向へと進んでいきましょう。

あなたの気持ちが楽な方に傾くのではなく、きちんとあなたにプラスに働くようなことを考え、少々苦しくても自分のプラスになる方を選んでいきましょう。

好きな相手にパートナーがいる

好きな相手に彼女がいたり、または彼氏がいたり、さらにひどいのは相手が結婚していたことを黙っている場合です。

それではまるっきり不倫ではないですか?そんな相手は好きになってしまうことであなたも不幸にされる可能性が出てきます。

好きな相手にパートナーがいる場合、これは間違いなく恋愛で諦めた方が良い時になります。

もし、あなたが逆の立場でもいい思いをしないでしょう。

つまりあなたにパートナーがいるのにパートナーが他の異性に手を出そうとしているなんて、考えたくもありませんよね。

このように、好きな相手にパートナーがいる場合、早く諦めて新しい好きな人を見つけるといいかもしれません。

諦めないのは時間の無駄

諦めずにいつまでもくよくよパートナーのいる相手を思っていても仕方がありません。

パートナーがいると言う事はきちんと恋愛したい人がいるわけですから、あなたに入る隙もありません。

たとえ相手があなたをパートナーがいるにもかかわらず誘ってくるのであれば、いずれその人は自滅の道を歩むことになるでしょう。

あなたがパートナーのいる相手をいつまでも思っていても、相手はパートナーとも別れてくれませんし、状況は一向に変わらないことでしょう。

そんな相手の思うツボにならないよう注意が必要です。

片思いや両想いの楽しさを感じられない

片思いが苦しい場合や、楽しくなく辛い思いばかりしているのであれば、それはその先万が一お付き合いに発展したとしてもさらに苦しみが増えるだけになるでしょう。

片思いや両想いの楽しさを感じられない場合、おそらく相手とあなたは考え方の違いや感じ方の違いが全く別の2人なのかもしれません。

そのため、片思いで不安な気持ちになり苦しい気持ちが多いのであれば、ここは思い切って諦めることも大切です。

いつまでもあなたに苦しい思いや不安な思い、楽しさを感じられない思いをさせているのであればこの先その気持ちが交わる事は少ないでしょう。

意地になっているだけ

そんな場合諦めるのが嫌で、あなた自身が意地になっているだけの可能性も考えられます。

心の皮を1枚ずつめくって考えていってください。

最後に残る気持ちは一体どんな気持ちでしょう?ただ、相手を好きでいたかったなどと言う答えであれば、あなたは恐らく意地になっている可能性が高いといえます。

このように、余分な考えを排除していき最後に出てくる答えがあなた自身の答えになることです。

相手を好きなことで、自分を好きになれる場合は別ですが、相手を好きな自分が苦しいのにそれをあきらめ切れないのは意地になってる時かもしれません。

片思い中で身体の関係を持っている

相手がいくら好きだからといって体を許してしまってはいけません。

体を許すことで、相手の目標や目的が達成されるためあなたは体だけの関係になることでしょう。

さらに、相手が卑怯なところはあなたが好きだと言うことがわかっていながら体の関係を持ってくることです。

相手を好きだと言う事は、つまりあなたの最大の弱みになります。

そこに漬け込むような相手であれば、おそらくあなたを幸せにすることもできないでしょう。

このように、周りを不幸にして行く相手にあなたの体を売る必要はありません。

もっと自分自身の体と心を大切にし、また自分自身の体と心を大切にしていくことであなた自身を大切にしてくれる相手と巡り会うことができるのではないでしょうか。

現状から先へ進む可能性は低い

体の関係を持ってしまうことで、今までと変わらずその先発展する可能性は低いとされています。

つまり、体の関係を持つことが最終目的でありそれが達成されればあなたが必要ないと言うことです。

さらに、あなたへの目標が達成されればあなたが離れたところで相手は別の体の関係を持つ相手を探すことでしょう。

そんな相手にあなた自身の体を委ねる事はありません。

もっとあなたのことを思い大切にしてくれる相手にあなたの体を委ねることが、あなたへの幸せにもつながります。

告白して断られた

告白して断られた場合、やはり相手からお付き合いを考えられないと言う返事をいただいたので、諦めるのが普通でしょう。

さらに、告白して断られた場合相手の幸せを願う一言が言えればさらに◎。

それが、できない人であればおそらく他人の幸せを願うことができず自分の幸せばかりを願っている人なのかもしれません。

また、告白して断られた場合あなたがいちど好きになった相手なので、もちろん幸せになることを願うのですが、告白して断られたのにもかかわらず「あなたは、私外の人とお付き合いしても幸せになれない。」などと捨て台詞を吐いたところで、あなたが余計に惨めになってしまいます。

やはり、好きだった異性の幸せを願えてこそ、相手もあなたが良かったと感じるようになるのかもしれません。

アピールすればする程印象が悪くなる

告白されたのにもかかわらず、アピールする事はあり得ません。

この場合、アピールすればするほど相手にとってあなたの印象が悪くなってしまうことが考えられます。

つまり、相手はあなたのことを言ったが異性として見ることができないと断ったわけですから、その気持ちのままあなたからのアピールを受けたところで、あなたが相手へ必死な姿と、あきらめの悪いあなたの行動に引いてしまうことでしょう。

このように、告白を断られたのにもかかわらず、アピールすればするほどあなたの惨めな部分が浮き彫りになり印象が悪くなってしまうことが考えられます。

やはり告白を断られた場合はきれいさっぱり身を引き、相手の幸せを願い、あきらめることが何よりも相手に好印象を与えるのではないでしょうか。

恋愛で諦めるのが悪い時

それではここからは、恋愛であきらめないほうがいいときのパターンをいくつかご紹介していきます。

今のあなたの現状と照らし合わせ、それに近い項目があれば重ねて考えていきましょう。

自分は釣り合わないと思っている時

あなたは、自分に自信がなく相手が自分とは全く釣り合わないと思っていませんか?しかしあなたが相手に告白をしたわけでもなく、あなたが想いをすることすら相手は知りません。

自分に似合うかどうかを判断するのはあなたではなく相手ではないでしょうか?さらに、自分の評価が低すぎるあまり自分に自信がなく、何をするにもうまくいかないと思い込みもやめましょう。

あなた自身で暗示をかけている可能性がありますのでまずは、「うまくいくか分からないけど、やるだけやってみる」という気持ちが大切なのです。

まだ何も始まっていないのに、あなた自身で完結するのはもったいない話です。

釣り合う様に自分磨きをする

相手に釣り合うように、自分磨きをしていきましょう。

自分磨きをしていくことでより自分に自信がつきさらに、相手に少しでも付き合う女性になれるかもしれません。

何もしない何も始まらない何もできないでは、何の意味もありません。

一体あなたの評価は誰にしてもらうのでしょう?自分自身を低評価に下げすぎてしまうのも、あなた次第です。

相手が素敵な異性であれば、あなたは少しでもその相手に近づけるよう自分磨きをすることで、相手どれだけの愛情や気持ちがあるのかも再確認できるのではないでしょうか。

告白した返事がなかなか来ない時

告白したのに返事がなかなか来ないのであれば、諦めたくなる気持ちもよくわかります。

確かに不安でどうしようもない気持ちに駆られますよね。

しかし、告白した返事がないからといって諦めるのはまだ早いようです。

確かに、即答で返事が来なければ何かしら相手にも考えがあるのかもしれません。

まずは、あなたとうまくやっていけるのかを考えていることもあります。

そのため、相手を焦らすことなく相手のペースで考えさせてあげましょう。

相手からの返事がないからといって、自分の空に閉じこもってしまうのは良くありません。

まだ、決定的な答えが来たわけではありませんので希望を捨てずに、前向きにいきましょう。

結果が分かるまで行動するのが大事

まずは、結果が来る前に諦めるのではなく結果が分かるまでは行動していくのが大事です。

確かに、告白し返事し返事待ちをしている時ですのであまり相手を刺激したり焦らす事は良くありません。

しかし、結果が分からないからといってすぐに諦めたり何もしないのでは意味がありません。

あなたが自分磨きを怠らないことと相手のまっすぐな気持ちがあることを伝える必要があります。

もし、それで断られるようであればその時が諦め時ではないでしょうか。

脈なしの相手

脈なしの相手に、いくらあなたが愛情注いで片思いをしていたとしても、相手があなたのことをどのように思っているのかわかりません。

あなたが相手にはっきり「君には脈なしだよ。」「異性として見られない、見ることができない」等決定的な言葉を言われたのかもしれません。

しかし、100%可能性が無くても状況によりそれを覆すことも可能なのです。

脈なしの相手だからといってあきらめようとするのはまだ早いのかもしれません。

仲良くなる行動を怠らず距離を縮める

相手が脈なしであっても、相手を思う気持ちがまだ残っているのなら、仲良くなることを怠らず相手との距離を徐々に縮めていくことをおすすめします。

相手のタイプや好みをリサーチしたり、相手が好きなタイプの異性になろうと努力をしたり、何も相手のために努力をしてないのに諦めるのが早いと言うことです。

まずは、やれるだけやってみてそれでもダメなら諦め時です。

何事も挑戦しないと始まらないのです。

成功するためには失敗することを恐れずに踏み出した者だけが成功することができます。

あなただけが傷つくことばかり考えてしまい、いっぽ前に進むことができないのであれば、相手にたいしてそれほどあなたの愛情がないのかもしれません。

好きだと言う気持ちを自身に変え、胸を張って相手に取り込んでいきましょう。

恋の諦め方

それでは、ここからは恋の諦め方について子説明をしていきます。

恋の諦め方は、辛く感じるようですが、諦めることによりかなり心が楽になったと言うことも報告されています。

このように、恋あきらめることにより身軽になる人もいれば、またさらに相手への思いが諦めきれずズルズルと片思いしてしまう人もいます。

何度も言いますが、やってみてだめな恋あれば諦めることが大切です。

あきらめないことにより、目の前にいるあなたを幸せにしてくれる異性に気づけない場合がほとんどです。

あきらめないと言う事は、いいことばかりでもないのです。

ときには、あきらめないがためにタイミングやチャンスを逃してしまうことも十分に考えられます。

やはり、チャンスを掴んでいく人は何度も何度も失敗しては起き上がり、だめだとわかれば引き際が良く、来るもの拒まず受け入れられることによりチャンスを掴むことができるのかもしれません。

とにかく距離を取る

恋をあきらめたい相手に対し、まずはとにかく距離をとりましょう。

やはり好きな異性を見るだけで惚れ直してしまったり、連絡を取り合えばまた好きな気持ちが蒸し返してきます。

やはり早く相手を忘れる方法は距離をとり、合わないことです。

合わなければ諦めることもでき、さらには他の異性が気になるようにすらなってきます。

このように、諦めたい相手に対し距離を重点に置いていくことであなた自身の心にも相手への心の距離が生まれてくるようになります。

あったり、見かけたりしてしまうことにより好きな気持ちが蘇るため、諦めたいと思う相手を見たり聞いたり、心に入れないことが大切です。

好きな気持ちがある間は、相手のことに敏感になりがちです。

そのため、友人から好きな人の話が出たり偶然にバッタリと出会ってしまえば、さらに忘れる事は難しくなりそうです。

とにかく距離を置くことを心がけていきましょう。

自分から新しい出会いに飛び込む

今の好きな相手を忘れるために自分から新しい出会いの場に飛び込んでいきましょう。

自分から好きなことや前からやってみたかった趣味などに挑戦してもいいですね。

さらに、合コンやコンパ、街コンなどに参加することで新しい出会いを見つけ出そうです。

最近では婚活バスツアーなどツアーで異性と楽しむこともできる企画もあるようです。

このように、様々な情報をキャッチすることで自ら興味のある新しい出会いの場に飛び込むことができるのです。

あきらめたい気持ちはあるのに何もしないのは、選べないのと同じことです。

自分が動けば気持ちも変わります。

まずはしっかりと自分から新しい出会いの場に飛び込んでいくことも恋をあきらめるきっかけになるかもしれません。

恋以外のものに打ち込む

もう、恋愛はこりごりだと言う人は、恋以外のものに打ち込みましょう。

恋以外のものに打ち込むことで今あきらめたい相手をあきらめられるかもしれません。

さらに、恋以外のものに打ち込んでいくことで、その打ち込んだことに予想外の結果が得られることも考えられます。

そうなれば、諦めたり相手をあきらめることができさらに自分の得意分野で成果を出すことができれば一石二鳥ですよね。

このように、木以外のものに打ち込むことで相手を忘れることができさらに自分の枠を広げる大きな1つの選択肢となるものに出会えるかもしれません。

連絡先を消去する

あきらめたい人の連絡先を消去しましょう。

恋をあきらめるには、相手の連絡先を消去するのが1番です。

自分から、連絡をししまったりまた相手から連絡があっても、知らない番号には絶対に関わらないようにしましょう。

知らず知らずに相手からのメッセージや連絡を受け取らないよう注意していくことも大切です。

さらに、連絡先を消去することで相手の名前を見ることもありません。

目で見て感じることもよくあることです。

相手の名前を見るだけで恋にあきらめがつかなくなったり、諦めにくくなってしまう原因になるかもしれません。

そのため、相手の連絡先を消去することであなたの心にも少しずつ整理がつき、あきらめたい相手とも距離が取れるようになるのかもしれません。

連絡先を消去してしまうことで、一見不安に陥りますが連絡がないことであなた自身は徐々に安心へと繋がるようになるかもしれません。

マイナス影響を与える恋は諦めるべき

いかがでしたか?今あなたがあきらめたいと思っている恋は本当にあきらめるべき恋なのでしょうか?もう一度自分の行いや行動をよく振り返り、本当に諦めるべきかをいちど考えましょう。

さらに、それでもあきらめるべきと答えが出るのであれば、相手から受けるマイナス影響を考えてみてはいかがでしょう?あなた自身がプラスに動けるのであれば、あきらめるべき行為ではなさそうです。

しかし、相手の思うツボや相手の思い通りになり、あなた自身がマイナスな影響を受けるのであれば、それはやはりあきらめるべき恋なのかもしれません。

まずは、しっかりと相手を見極めることとあなた自身をプラスに変えてくれる相手こそが、あきらめるべきではない恋なのかもしれません。