CoCoSiA(ココシア)

先輩を好きになった時に試したい!振...(続き4)

もし、その兄弟と遊びに行くことになったら先輩も呼んでくれるかもしれないし、家に行けば先輩に会えるかもしれません。

自然と先輩とも接点が増えてくることでしょう。

同じ通学路を使う

先輩と同じ方面から通っている人の場合、先輩と同じ通学路を使うようにすると、先輩と会える機会が増えるでしょう。

また、同じ通学路を使うことで電車の中でしゃべることができたり、バスが同じであれば、隣の席に座ることができるかもしれません。

先輩と同じ通学路で会える事で、先輩とも親しい関係になれるかもしれませんね。

頻繁に会うことで存在感が増す

同じ通学路になることで、先輩と頻繁に会うことができるかもしれません。

そのようになったら、先輩の中であなたの存在感が増していく可能性もあります。

いつも先輩と会えることで顔なじみの関係になることもできるし、挨拶をすれば自然と先輩と仲良くなることができます。

先輩もあなたと会うことでほっとするようになってくるかもしれません。

同じ時間に下校する

同じ通学路になった場合、同じ時間に登下校すると良いでしょう。

先輩が帰る時間をチェックして覚えておくといいかもしれません。

同じ時間に下校する時は、偶然を装って挨拶したり、話しかけるのも良いですね。

同じ時間に下校することが重なると、帰りに2人でどこかでお茶をしたり、帰りの電車で今日の出来事などを話すチャンスが訪れるかもしれません。

こちらも頻繁に会うことで意識してもらえる機会が増える

同じ時間に下校することで、先輩に意識してもらえる機会が増えそうです。

先輩と頻繁に会うことで自分のことを覚えてもらうだけでなく、自分のことを意識してもらえるようになれば、先輩の視野に入ることができるようになるかもしれません。

先輩の意識の中に入ることで、先輩と親しくなるチャンスになりそうです。

ストーカーっぽくならないように注意

先輩が登下校する時間を調べ尽くしたり、常に先輩の姿を追っている様子を見ると、ストーカーっぽく見えてしまうことがあります。

実際に先輩が恐怖を感じれば、あなたの存在はストーカーになってしまいます。

ストーカーっぽくならないように行き過ぎた行動には注意をしましょう。

ストーカーっぽくならないために、毎日ではなくあえて合わない日を作ることも大切かもしれません。

部活の試合などに応援に行く

先輩が所属している部活やサークル等の試合があれば、応援に行くことをおすすめします。

先輩も、部活で活躍する姿を見られることでちょっぴり恥ずかしい気持ちになるかもしれませんが、反面嬉しい気持ちになることも考えられます。

また、部活の試合の応援に行くことで、先輩にアピールするチャンスにもなります。

先輩との会話が増え距離が縮まることもありそうですよ。

横断幕などを作って応援しよう

先輩にアピールするために、横断幕などを作って応援することも1つの方法です。

ちょっと恥ずかしいと思える位のことをすることで、先輩も驚き嬉しい気持ちになることでしょう。

また、手作りの横断幕で応援することで試合を盛り上げることができるかもしれません。

横断幕などの応援していることをアピールできるような道具を使い、先輩を応援することで、あなたの応援を喜んでくれるかもしれません。

ただし、先輩とまだあまり仲良くない場合はやりすぎには注意しましょう。

目を合わせてニコッとする

先輩と目があったときなど、ニコッと笑うと感じがいいですね。

目が合った時も恥ずかしそうに目をそらすのではなく、何かリアクションするとより先輩の印象に残りやすくなります。

また、目を合わせた時に微笑むことで、感じの良い印象になります。

しかし、じーっと先輩の瞳を見つめるだけで無反応だったり、先輩と目があってもすぐ目を逸してしまうと、先輩も怖いと感じてしまったり、あなたに嫌われていると思うところがあるかもしれません。

先輩と目が合ったときに必ず笑顔で対応するか、また目を合わせて笑うだけでも好印象になりますよ。

何かいいリアクションをとることを心がけていきましょう。

誰にも見せないような飛び切りな笑顔で!

特に、誰にも見せないようなとびっきりの笑顔で先輩に挨拶するといいですね。

先輩も、他の人には見せないようなあなたの笑顔見ることで、特別な気分になることがあります。

特に、男性の場合特別扱いされることでその女性に対し好意を寄せやすい傾向もあります。

そのため、誰にも見せないようなとびっきりの笑顔で先輩の胸をキュンッとさせてみてはいかがでしょうか?

先輩も他の人には見せないような笑顔を自分だけに見せてくれる姿に、照れくさくなってしまいそうですね。

自分自身、校内で目立つ存在になる