いろんな問題や悩みが多い現代では、大人もたまに”家出”なんかをしてちょっとだけ現実から逃げたくなるもの……でも未成年の頃のように勢いだけでというわけにはいきませんし、仕事や家庭での責任というのもあるわけですから、色々準備・注意をした上できちんとした家出をしなければいけませんよね。

そこで今回は大人が家出をしたいと思った時まず何を考えるべきか、そのポイントについてご紹介していきたいと思います。

ただしもちろんこれは帰ることが前提の”ちょっと逃避するだけの家出”をテーマとしているので、家出をして気分が晴れたら皆さん必ずお家に帰ってくるようにしてくださいね。

「家出したい」と思ったことありますか?

「家出をしたい……」こう思ったことがある人は意外といるはず。

特に未成年の頃に家出をしたくなったり、実際にやってみたなんて人が多くなってくるのではないでしょうか?

しかし様々な問題が多い現代では、なんと未成年だけでなく社会人の中にも「家出をしたい」と思う人が急増中。

みんな仕事や家庭での複雑な悩みを抱えて苦しんでいて、ついつい「逃げたい」と感じるようになってしまうんですよね。

なぜ家出したくなるのか

では具体的に皆さんどういったことが理由で家出したくなるのか?まずはそこから見ていくことにしましょう。

やはり先程もお話したとおり、仕事や家庭の悩みから逃げたくなるという人が多くなっているようですね。

「自分も思ったことがある」と共感できる人もきっとたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?それでは見ていくことにしましょう。

家を自分の居場所と感じられない


実家を離れた人や結婚した人の場合だと、今住んでいる家に対してこう感じる人も多いようですね。

特にハッキリとした理由があるわけではないけれど何か違和感を感じて、自分の居場所だと感じることができないままになってしまうんです。

こうなってしまうと当然家に居ても落ち着くことができないですし、このままずっとそこに住むのかと思うと大きな不安になってしまいますよね。

だからとりあえずそこから逃げたいと皆さん家出をしたくなってしまうのではないでしょうか。

仕事や人間関係から逃げたい

やはり仕事や人間関係というのは本当にいろんな悩みが多く、なかなか解決できずずっと苦しんでしまうことになるから、1度は離れて解放されたいと願ってしまうものなんですよね。

でも責任などもあるから実際に逃げるというわけにもいかず、ストレスはただただ増す一方。

そうしてストレスが溜まりに溜まり限界まで来た時、リアルに家出をしたいと考える人も増えてくるのかもしれませんね。

親との関係がギクシャクしている

逆に実家で暮らしている人の場合だと、親との関係に悩んでいて家出をしたいという話もよく聞くようになります。

確かに未成年の中にも親が嫌で家出するという人は多いですし、大人になるまでずっと一緒に居れば親とのいざこざや確執なんかも余計に増えてくるものですからね。

少し家を離れて距離を置きたいと思うのも当然なのかもしれません。

ちなみに結婚して旦那さんの実家で同居をしている主婦の方などは、やはりお姑さんとのトラブルに悩まされて家出をしたいと思う方がほとんどになってくるようですよ。

【親については、こちらの記事もチェック!】

家出したいと思ったら考えるべき4個のこと

それではここからは家出をしたいと思った時にまず考えるべき4つのポイントについてご紹介していきましょう。

できることなら家出はして欲しくないものですが…もし実行したとしてもこういったことを事前にちゃんと決めておけば、トラブル等が起きる心配もなく無事に帰ってくることができるはずですよ。

色々リアルにシミュレーションしながら、しっかり考えておくようにしましょう。

1、家出中の宿はどうするか

いざ家出をするとなった時最も大事になってくるのは、やはり寝泊りする場所。

なのでまずはそこのところを色々検討するようにしておきましょう。

例えば1番安全でしばらく滞在できる場所といえば友達の家やあるいは親戚の家などになってきますが、1人暮らしをしている人や結婚している人なら一時的に実家に戻るというのもアリですよね。

またお金に余裕があり数日だけの家出という場合ならどこかホテルを検索してみるのも良いのではないでしょうか。

野宿は絶対しない

中にはお金が勿体ないし数日だけの家出なら野宿でも大丈夫、と思う人もいるかもしれませんが、それだけは絶対にやめておきましょう。

何故なら野宿というのは予想以上にキツイものだし、最悪犯罪に巻き込まれてしまう可能性だって十分に考えられるからです。

そんな最悪な状況になってしまってはわざわざ現実から逃げてきた意味もなくなってしまいますよね?なのでそこまで親しくない友人の家でも安いホテルでもどこでも構わないので、必ず屋内の安全な場所で寝泊まりするようにしてくださいね。

2、お金はどれくらい必要か


寝泊りする場所の次に考えるべきことといえば、やはりお金の問題になってくるでしょう。

仮に友達や親戚の家に泊まれることになったとしてもやはり食事代など多少のお金はかかってくるでしょうし、先程言ったようにホテルに泊まるということになったらもっと多くのお金も必要になってきますからね。

どれくらいの期間家出するかを考えて、何回食事をするのか・何にお金を使うのかというのをリアルに考えてみることにしましょう。

家出資金を貯める

そしてどのくらいお金が必要かというのが大体分かってきたら、当然そのための家出資金を貯める必要がありますよね。

もちろん貯金に余裕があるという人なら良いですが、全くないという人や貯金ギリギリなんて人だと家出を実行することすらできませんし、無理をすると家出を終えた後の生活に困ってしまいますよ。

なのでストレスなどが溜まってすぐにでも家出をしたいという人もいるかもしれませんが、せめて資金がちゃんと溜まるまでは我慢をするようにしてくださいね。

3、計画を立てる

家出をする人の中には「とりあえず今の状況から離れたい…」という理由で実行する人が多いので、いざ家出をしたらどうするのか、ということまで詳しくは考えていないかもしれませんが。

せっかくの家出の機会を無駄にしないためにも、やはりある程度の計画はしっかり立てておいた方が良いと思いますよ。

なのでどのくらいの期間家出をして、そしてその間そう動いていくかということもきちんとシミュレーションしておくようにしましょう。

行き当たりばったりな家出はしない

とりあえずまずは休息でも何かちょっとしたことでも構わないので、とにかくいつ何をしようかというのを決めておくようにしましょう。

何も決めておかず行き当たりばったりに任せようとすると本当に時間を無駄にして終わってしまうということも有り得ますし、不意にトラブルに巻き込まれてしまうという可能性だって出てきてしまいますよ。

できればあまり長くない期間で自分のためになるようなことをして、有意義な家出にできると素晴らしいですね。

4、特定されにくい家出先を考える

「身近な人にはバレないような場所で、完璧に現実を忘れて過ごしたい…」そんな人の場合は家出先の場所ももっとこだわって、特定されにくい所を選ぶ必要があります。

例えば先程お話したような友達の家や実家だと当然自分を知っている人がいるわけですし、特定もされやすくなってしまうので、だったらやはりホテルなどに泊まった方が良いですよね。

またお金に余裕がある人ならどこか遠出をしたり小旅行をするというのもオススメになってきますよ。

せっかく思い切って家出をするんですから、できるだけ誰も自分を知らないような、自分と全く繋がりのない場所を選んでいきたいところです。

未成年は特定出来る範囲で考える

ただしこれは全て大人の場合の話。

仮に未成年の人が家出をする場合はやはりある程度特定できる範囲の場所を考えた方が良いでしょう。

全く知らない場所に行き連絡も取れないような状態になると親や周囲の人の心配も大きなものになってしまいますし、最悪警察に連絡されるなど大袈裟な事態になってしまうかもしれないからです。

また未成年は大人以上に犯罪やトラブルに巻き込まれる可能性が高いですし、いざという時助けてくれる人もおらず困ることになってしまいますよ。

なので未成年の場合は逆に友達の家や親戚の家など、必ず予測のつく場所への家出を考えるようにしましょう。

家出する時の注意点

いくら帰ってくることが前提だとしても、やはり家出というのは周囲の人にも心配などをかけてしまうもの。

それをなるべく防ぐためにもやっておかなければいけないことが色々あるものなんですよ。

ということで最後にもう1つ、家出をする際の注意点についてもお話していきましょう。

できればこれを読んで、本当に家出をするのかというところから改めて考えるようにしてみてくださいね。

家族からの連絡には必ず出る

家出をした時に1番心配をかける相手といえば、やはり普段一緒に生活をしている家族。

例え前向きな家出だったとしてもやっぱり常に「どうしているかな」「大丈夫かな」と不安になっているはずです。

なのでもしも家族から連絡があったら必ず出て、声を聞かせて安心させてあげるようにしてあげてくださいね。

また家族とのいざこざが嫌で家出をしてきたという人だったら声を聞きたくないと思うかもしれませんが、それでも一言だけ電話をしたりせめてメールを送るなどして。

自分が元気ということをしっかり伝えるようにしましょう。

必ず帰ってくることを伝えて家出する

待っている家族や周囲の人というのはとにかくいつ家出から帰ってくるんだろうというのが1番気になるところ。

なので帰ってくると分かっている家出なら事前にそのこともしっかり伝えておくようにすると良いですね。

できれば家出の間どこで何をして、いつ戻ってくるかということも細かく教えておくようにすると、待っている人達はより安心ができるでしょう。

そういった細かいことを教えておけば心配をして連絡をしてきたり催促をしてきたりすることも少なくなるので、自身も現実から思いっきり離れて家出の間の時間を満喫できるようになるはずですよ。

家出中に解決策を考える

そうやって周囲の人達に心配などをかけてまで覚悟を決めて家出をするのですから、やはりただ単に時間を無駄にするのではなく家出の原因となる問題の解決策も見つけておきたいところですよね。

もちろん中には解決が難しい問題などもありすぐに解決策を見つけるというのも困難かもしれませんが、でもその問題について色々考えるということをするだけでも全然違ってくると思いますよ。

せっかく現実から離れて1人になれる時間を作ったのですからとことん向き合って、少しでも気分良く家に帰るようにしましょう。

長期家出の場合、家と仕事を探す

これはあまりオススメしたくないことですが、家出をしたい人の中には長期の家出を考えているという人もいたりしますよね?当然そんな人は事前にきちんと落ち着ける場所を探しておくようにした方が良いでしょう。

例えば一時的に借りれるようなアパートはもちろん、転職を考えている人なら仕事なども見つけておくと安心ですね。

そしてそういった諸々なことが決まったら必ず家族などに連絡を。

長期の家出となると余計に心配をかけてしまうので、詳しい報告をしっかりするよう心がけてくださいね。

半日程度の家出でも気持ちを切り替えることは出来る

家出というのはイメージも悪く、確かにあまり推奨できるものではありませんが……でも日頃の悩みや問題を解決するためには、たまに現実から離れるというのも大切なことなのかもしれないですね。

ただ家出は自分だけの問題ではなく、当然家族や周囲の人にも心配や迷惑などをかけてしまうものなので、本当にするのならそれなりの覚悟や準備も必要。

事前の報告や連絡をしっかりして、なるべく待っている人を安心させてあげるようにしてあげてくださいね。

もちろん普段の生活もありますし、お金などの準備もあるのでなかなか気軽に数日間、とはいかないと思いますが、とりあえずまずは半日程度1人になる時間を作ってみてはどうでしょうか?例えほんのわずかでもどこかへ行って1人になってみればきっと気持ちもスッキリさせることができて、また現実に戻って頑張ろうと思えるようになるはずですよ。