CoCoSiA(ココシア)

家出したいと思ったら考えるべき4個のことと注意点。気持ちを上手く切り替えよう!

自分の許容量を遥かに超えるような出来事が立て続けに起こったり、ストレスが最大限に溜まってしまった時など、人は 家出 をしてしまうことがあります。

しかし大人になれば仕事や家族のことも考えなくてはならないので、学生の頃のように勢いだけで家を飛び出すということもなかなか難しいですよね。

そこで今回は、家出したいと思った時に考えるべき4つのことと注意点をご紹介していきます。

気持ちがいっぱいいっぱいになってしまった時も、とりあえずその場から離れるだけでも少しは気持ちが落ち着き心も軽くなるもの。

いつも頑張っているからこそ、たまには自分の心を一番に大事にする行動を取ることも大切かもしれません。

「家出したい」と思ったことありますか?

家出をしたいと思ったことがある人は意外と多いです。

特に未成年の頃に家出をしたくなったり、実際にやってみたという人もたくさんいるのではないでしょうか。

しかし様々な問題が多い現代では、なんと未成年だけでなく社会人の中にも「家出をしたい」と思う人が急増中。

 仕事や家庭での複雑な悩み を抱えて苦しんでいて、ついつい「逃げたい」と感じるようになってしまうのです。

なぜ家出したくなるのか

先程も述べた通り、仕事や家庭の悩みから逃げたいという理由で一時的にでも家出をしてしまう人が多いです。

「自分も家出を考えたことがある」と共感できる人もたくさんいると思いますが、ここではさらにその理由を深堀して見ていきます。

家を自分の居場所と感じられない

実家を離れた人や結婚した人の場合だと、今住んでいる家を 自分の居場所と感じられない 人も多いようです。

特にハッキリとした理由があるわけではなくても何か違和感を感じて、自分の居場所だと感じることができないままになっているケースがほとんど。

当然家に居ても落ち着くことができず、このままずっとそこに住むのかと思うと大きな不安になってしまうため、家出をしたくなるのではないでしょうか。

仕事や人間関係から逃げたい

やはり仕事や人間関係というのは悩みが多くすぐに解決できるものでもないため、 一度離れて解放されたい と思ってしまうものです。

しかし仕事であれば責任などもあるため、実際に逃げるというわけにもいかずストレスはただただ増す一方。

そうしてストレスが溜まりに溜まって限界まで来た時、家出を考えるのかもしれません。

親との関係がギクシャクしている

実家で暮らしている人の場合だと、 親との関係 に悩んで家出をしたいという話もよく聞きます。

大人になるまでずっと一緒に居れば親とのいざこざや確執なども余計に増えるため、そういったことが煩わしくて未成年の中でも家出するという人は多いです。

少し家を離れて距離を置きたいと思うのも当然なのかもしれません。

【親については、こちらの記事もチェック!】

家出したいと思ったら考えるべき4個のこと

ここからは家出をしたいと思った時に、まず考えるべき4つのポイントについてご紹介していきます。

もし本当に家出をしたとしてもこういったことを事前に決めておけば、トラブル等が起きる心配もなく気が済んだら無事に帰ってくることができるはず。

色々シミュレーションしながらしっかり考えておきましょう。

1、家出中の宿はどうするか

いざ家出をするとなった時、最も考えるべきなのはやはり 寝泊りする場所 

なのでまずは宿について色々検討するようにしておきましょう。

一番安全でしばらく滞在できる場所といえば友達の家や親戚の家ですが、1人暮らしをしている人や結婚している人なら一時的に実家に戻るというのも良いでしょう。

またお金に余裕があり数日だけの家出という場合なら、どこかホテルを探してみるのも良いのではないでしょうか。

野宿は絶対しない

「お金が勿体ないし数日だけの家出なら野宿でも大丈夫」と思う人も中にはいるかもしれませんが、それだけは絶対にやめておきましょう。

野宿というのは天候や気温などの面でも心身ともにきつく、最悪 犯罪に巻き込まれてしまう可能性 も十分に考えられます。

そんな最悪な状況になってしまっては家出した意味もなくなってしまいます。