彼氏の頭を膝に乗せる体勢のことをいわゆる膝枕と言いますよね。

腕の上に頭を乗せる腕枕とは異なり、一般的に膝枕は女性が男性にしてあげるようなことが多くあります。

ドラマや漫画の中でのドキドキのシチュエーションの一つとしてよく見ることがありますが、これが喜ばれる理由にはどのようなものがあるのでしょうか。

また、女性が逆膝枕をされるのは、男性にとってはどのようなものなのでしょうか。

そして、女性は実際に膝枕をどのように思っているのでしょうか。

男女ともに憧れのシチュエーションとなりやすい膝枕について、色々な視点から見てみることにしましょう。

彼氏に膝枕、したことある?

 彼氏に膝枕をしたことはありますか?膝枕をしているカップルというのはどこかで見たことがあっても、実際にしたことがある方はあまりいないのではないでしょうか。

ドラマや漫画でよくみる憧れシチュ♡

 膝枕がカップルの間で話題になるのは、それがドラマや漫画の中で見るような憧れのシチュエーションだからです。

少女漫画の中では鉄板のシチュエーションですよね。

彼氏が自分の膝に頭を乗せてこちらを見上げてくる図というのは、胸キュンやドキドキを感じることができる素敵なシチュエーションです。

ですが、実際にそれをすることを考えてみると、何だか足が痺れそうですし、彼氏にとっても首が痛くなりそうな体勢で、どうして人気か分からないという人もいるのではないでしょうか。

彼氏が膝枕を喜ぶ理由11個

 彼氏が膝枕を喜ぶのは、そもそもどういった理由からなのでしょうか。

膝枕は憧れのシチュエーションではありますが、したことがない人にとっては、本当に良いものなのか想像が尽きませんよね。

ですが、実は、膝枕が喜ばれるのには、沢山の理由があるのです。

ここでは、彼氏が話してくれない「膝枕が嬉しい理由」について詳しくご紹介します。

甘えたいから

 男性が女性に膝枕を要求する大きな理由の一つしては、まずは「甘えたいから」というものが挙げられるでしょう。

男性はそのプライド的な意味でそう簡単に女性に甘えられるわけではありませんが、所為いっぱい甘える方法としては膝枕が考えられます。

女性に頭を預けて横になるのですから、相手のことを信頼して自分を受け止めてほしいと思っているときにはぴったりですよね。

彼女の優しさに包み込まれているような気持ちになることもできますから、甘えたい時には思わず膝枕を強請ってしまうという男性もいるのではないでしょうか。

柔らかくて気持ちいいから

 女性の膝は男性と異なり、筋肉質ではありません。

そのため、頭を乗せるとどこか柔らかい感じがするのです。

そして、もちろん人間ですから、体温の温かさがあります。

柔らかくて何だか温かくてホッとするような心地よさがあるのが膝枕です。

彼女の体温を感じることができる気持ち良さがあり、頭を乗せるとふんわりしている辺りが、男性にとっては膝枕が嬉しいポイントになるでしょう。

その点、女性が男性に膝枕をしてもらうと、どこか筋肉質で硬いと思ってしまうかもしれませんね。

自分だけの場所って感じがするから

 自分の彼女からの膝枕であるからこそ、「自分だけの場所」という感覚がするのが嬉しいという男性の意見もあるようですね。

確かに他の男性ではそんな膝枕をされることはありませんから、自分の特別の場所であることには違いがありません。

もちろん、彼女は自分一人のものではありますが、彼女も社会的な生活を営んでいる以上は、色々な付き合いがあります。

自分が彼女を独占できているのは、恋人としての一つの側面だけだということです。

ですが、膝枕をしているその時間と空間だけは自分のものだと考えると、独占欲が少し収まるような気がして好きだという男性も少なくないでしょう。

落ち着くから

 落ち着くから彼女の膝枕が好きだという男性もいます。

何となく優しく膝枕をされて頭を撫でられていると落ち着いて安心してしまうのです。

これは、どこか子どもころに母親に同じことをされていたという記憶があるからなのではないでしょうか。

母性を感じることができて、普段は大人の男性として過ごしていても、落ち着いて気が緩むのを感じるのです。

女性に母親のような側面を求めがちな人は特に、この傾向が強いのではないでしょうか。

これは、必ずしもマザコンの男性がそうなるわけではなく、すでに自立しているような男性がふと子どもころの安心感を思い出しているだけと言えるでしょう。

ちょうど良い高さだから

 女性の膝枕の場合には、男性とは違って筋肉もそれほどありませんし、太さもそれほどありません。

そのために、ちょうど良い高さになっているということもあるのではないでしょうか。

横になった時にちょうど良い高さなので、不意にごろりと転がった時に彼女の膝が近くにあると、枕代わりにしてしまうという男性もいるでしょう。

その上にリラックス効果があって癒されるので、ついついいつも彼女の膝枕を強請ってしまうのです。

リラックスして寝られるから

 彼女の膝枕ではリラックスして寝ることができるという男性の意見も多く見受けられます。

膝枕をされているうちに、ついつい数時間寝入ってしまって、起きたときには何となく気持ちや身体がすっきりしているということもあるでしょう。

一人でただ寝ているときよりも、安心感に包まれたまま寝ることができるので、リラックス効果が高いのです。

睡眠不足になってしまっているとき、精神的に疲れてしまっているときなどは、その気持ち良い睡眠を求めて彼女に膝枕を強請っている男性も良そうですよね。

ただし、何時間も膝枕をしていると、女性側の負担が大きそうだというのがデメリットでしょうか。

くっつけるから

 膝枕は、自然と身体がくっつくことになりますよね。

普段、スキンシップ不足になっているカップルの場合には、膝枕をすることで自然とくっつけることが人気の理由のようです。

男性側から触れると何となくいやらしいような気がして触れられなくても、膝枕なら自然とくっつくことができるでしょう。

だからこそ、彼女に膝枕をしてもらうことができると嬉しいという男性は多そうですね。

癒されるから

 癒されるからという答えを言う男性もいるかもしれませんね。

上述のように、彼女の膝枕の場合には柔らかくて安心することができますし、彼女の母性に触れて幼いころの安心感を思い出すこともできます。

そう言ったところが癒し効果につながっており、突かれた男性にとっては彼女の膝枕はとても大切なものとなっているのではないでしょうか。

プライドが満たされるから

 プライドが満たされるからという側面もあるかもしれません。

彼氏として、彼女に我儘を聞いてもらっているということが、男のプライドを満たすものとなるのです。

なかなか彼女に一方的な我儘を聞いてもらうことはできませんが、膝枕をしてもらっていると、その我儘が通ったことに対して満足感のようなものを覚えるのです。

逆膝枕してあげるのも彼氏は嬉しい

 膝枕は大抵は男性が女性にしてもらうものですが、男性の中には、彼女を膝枕してあげたいと思う人もいるようです。

男性の膝の場合には女性よりも固いので、膝枕に想像されるような柔らかさや気持ち良さはないでしょう。

ですが、それでも膝枕を強請ってくる彼女に憧れるというところはありそうです。

逆膝枕を男性が嬉しいと思うのがなぜなのか、どうして自分がされる側ではなく、する側になっていて喜んでいるのかについて理由を見てみることにしましょう。

いつも膝枕をしている側の女性も、時には膝枕をしてあげることで喜んでもらうことができるかもしれませんね。

かわいいから

 とにかく甘えてくる彼女が可愛いという男性は多そうですね。

膝枕をわざわざ強請ってくるあたりが可愛くて仕方ないと思ってしまうのです。

まして、男性の膝は固くて気持ちが良いものではないのに、それでも膝枕をしてほしいと思うあたりに彼女の愛情を感じて嬉しいということがあるでしょう。

また、下から見上げてくる彼女が上目遣いになっているのも大きいかもしれません。

上目遣いは同性の人気はないですが、男性にとっては人気がある表情の一つです。

下から見上げてくる形になる膝枕は、特に意識しなくても上目遣いにになるので、そういったところから彼女が可愛く見えるので膝枕をするのが好きと言うこともあるでしょう。

彼女の可愛らしさを再確認することができる体勢だということもできるかもしれませんね。

スキンシップできるから

 膝枕は、自然と身体の距離が近くなるので、スキンシップできるというのが良いところかもしれませんね。

普段はスキンシップが足りないと感じている人などは、彼女に膝枕をしてあげることで十分にスキンシップが取れてうれしいのではないでしょうか。

彼女への膝枕なら、性的な方向にも進みにくいですし、彼女も嫌がらずにスキンシップを取らせてくれるはずです。

もちろん、膝枕をしながら彼女の髪を撫でることもできるですし、自然と触れ合うことができていますから、それだけで温かさを感じることができますよね。

真正面から顔を合わせていないというところから、いつもより会話が弾むということもあるかもしれません。

顔を合わせていないだけ、弱音を吐いてくれることもあるかもしれませんね。

コミュニケーションを取ったり、スキンシップを取る手段の一つとしても、男性側は逆膝枕を望んでいるのかもしれません。

頼られてる感じがするから

 何となく自分の腕の中や身体の中に彼女の存在があるということは、頼られているような感じがするものです。

男性は女性に頼られることが好きですよね。

ですが、現在の女性はどちらかというと自立していますし、男性に頼りすぎないようにと思っているようなところもあります。

男性にしてみると、頼られ過ぎて依存されるのはきついけれど、少し寂しいところもあるということになるでしょうか。

その点で、逆膝枕をされるのは男性にとっては頼られているようで嬉しいかもしれません。

普段はクールであまり頼ってもくれない彼女が、少し弱い部分を見せているような気がして、そこにきゅんとしてしまうかもしれませんね。

もちろん、膝枕をしているだけで頼られているというようなことではないかもしれませんが、そのように感じることができるというのが魅力的ですよね。

甘えてくれるから

 甘えてくれるというのも、逆膝枕の嬉しいところなのではないでしょうか。

普段は甘えてくれない彼女でも、膝枕をしているときだけは、その体制だけで甘えているようなものですよね。

そういったところが嬉しくて、つい、彼女に逆膝枕をしてしまうという方もいるでしょう。

甘えてくれる彼女を見るのは、彼氏側にとってはとても嬉しいものです。

彼女が膝枕をするときにも、彼氏の甘えを感じることが多いでしょう。

それと同じで、逆膝枕をしている男性は、女性の甘えを感じるものなのです。

そして、それを嬉しいと感じてしまう男性は少なくないでしょう。

俺のものって感じがするから

 何となく、俺のものだという感じがするから、と答える男性もいるようですね。

膝枕は、どちらかが弱いところを見せて頼っており、それを一方的に包むような関係のように見えることが多くあります。

彼女を「俺のものだ」と感じることは少なくても、そういった瞬間には、彼女が自分のものであることが再確認させられて嬉しいでしょう。

彼女を私物化しているようなことを口にするのは憚られるかもしれませんが、誰にでも所有欲というよ者はあります。

ふとした瞬間に彼女が自分のものだと感じられるのは嬉しいですし、それが逆膝枕をしているときだという男性は多そうですよね。

実は膝枕をするのが嫌な女子も多い?

 されて嬉しい膝枕ですが、する側にしてみてはどうなのでしょうか。

彼氏のためにしてあげたいと思っている女性も多いようですが、全員が全員、膝枕をするのが好きだというわけではなさそうですよね。

膝枕と言えば少女漫画の鉄板シチュエーションですが、だからと言って男性が求めているように、女性も膝枕をしてあげたいというわけではありません。

むしろ、多くの女性が膝枕を嫌がっているというようなアンケート結果もあるようです。

男性からしてみると憧れのシチュエーションですが、そんな膝枕を女性が嫌がっているのはどのような理由があるからなのでしょうか。

膝枕をする側が喜んであげられない理由について見てみることにしましょう。

足が痺れる

 何よりも大きな理由としては、足が痺れるということが挙げられるでしょう。

膝枕は一瞬だけするのなら良いかもしれませんが、長時間していると足が痺れてくるものなのです。

普通に正座を何時間も続けるだけでも苦痛になりますよね。

その上に、重い頭をずっと乗っけていると考えるとかなりつらいものだと想像がつくのではないでしょうか。

膝枕を始めると緒時間になってしまうことが良くあります。

彼女の膝枕が気持ち良くて、対ねてしまうということも珍しくないようですね。

ですが、そんなときには彼女の膝は確実に痺れているはずです。

頭は重いし、なかなか疲れてくるし、そんな時間なら嫌だと思ってしまう人も多いでしょう。

膝枕はされる方は気持ちが良くても、する方にとっては大して気持ちが良いものではありません。

むしろ苦痛になってしまうことが多く、しかも、そのことに気づかない彼氏の方は膝枕を要求してくるものだから嫌だと思っている方も多いでしょう。

彼女に膝枕をしてもらうことが好きな人は、膝枕を短い時間で満足するようにした方が良いのではないでしょうか。

必ずしも彼女が好きでやってくれているわけではないことは理解しておいた方が良いでしょう。

顔を見られたくない

 膝枕をしているときの顔を見られるのが嫌だという女性も多いようですね。

膝枕をしているときには、膝の上の彼氏は彼女の顔を見上げる形となります。

普段は見ない場所が見えてしまっている状態になるということですよね。

そのため、下から見上げた自分の顔がひどいことになっているのではないかと気になるので、膝枕はしたくないと思っている女性が多いのではないでしょうか。

人間の顔は下から見ると下膨れのように見えてしまいますし、鼻の穴も見えてしまいます。

また、顎から首のラインなどは、メイクアップのラインが見えてしまうこともありますよね。

そうしたところがみっともなく見えてしまうのではないかと思うと、彼氏の膝枕中にはなかなか落ち着いていられないと思い、膝枕をするのが嫌になってしまうのです。

どうしてもしてほしいのなら、膝枕の位置から彼女を褒めるなどして、彼女の不安を取り除いてあげると良いのではないでしょうか。

膝枕で寝られると暇

 膝枕をすると、高確率で彼氏の方が寝てしまうようです。

それは彼氏にとってはとても気持ちが良いでしょう。

彼女の膝枕で寝ることができるのなら癒されますよね。

ですが、その間、している側の彼女は動くことができません。

身じろぎくらいはできても、その間に立つこともできませんし、大きな動きをすることもできないのです。

携帯を弄るくらいしかすることがない状態で、長いと二時間程度じっとしていなければいけないのは辛いでしょう。

一緒に寝ることができれば良いですが、彼氏の頭を膝にのせて正座をしていることを考えると、足が痺れてきて一緒に寝ることもできませんよね。

足が痺れることももちろんつらいでしょうが、何もすることがないままにじっと数時間を過ごすというのも辛いものです。

ただただ暇な時間に耐えられないから膝枕は嫌だという女性は少なくないでしょう。

一方的に甘えられるのが理不尽

 膝枕は、される方が一方的に甘えるような構図になります。

それが嫌だという女性の意見もあるようですね。

一方的に男性に甘えられて、女性が甘やかす側になるのは女性にとっては負担かもしれません。

また、どちらかというと母親的な役割を求められているのが嫌でたまらないという人もいるでしょう。

一方的に甘える存在と言えば男性にとっての母親のようなものかもしれませんが、全ての女性が母性本能を強く持っているわけではありません。

彼女にはなりたいけれど、母親代わりにはしてほしくないと考える女性も当然のように要るのです。

一方的に甘えられて、その甘えを押し付けられているように感じる女性の場合には、膝枕は苦痛だとしても仕方ありません。

膝枕を喜んでできるような女性は、逆に、母性本能がとても強い女性だということもできるかもしれませんね。

されて当然と思わないでほしい

 男性の中には、彼女に膝枕をしてもらうのが夢だという人もいるのではないでしょうか。

膝枕をするシチュエーションは少女漫画の鉄板でもありますが、少年漫画でも良く出てくるシーンです。

彼女ができたらこんな風に甘やかしてもらいたいと夢見ている人もいるでしょう。

ですが、上述のように、膝枕が必ずしも女性にとってうれしいものであるとは限りません。

膝枕だけはしたくないと思っている人もいるかもしれないのです。

それなのに、女性にとっての負担を考えることもなく膝枕をしてもらえると思い込んでいるところが嫌だという人もいるでしょう。

女性にとっては脚も痺れる、暇という負担が大きな部分もあるのに、当たり前のように要求して、その上に数時間そこで寝られたらいやだと思ってしまっても仕方ありませんよね。

膝枕を喜んでしてくれる彼女の場合には、彼氏側も気を遣って短時間で終わらせるなどの優しさを持っているのかもしれません。

女性が喜んで膝枕をしてくれるものだと思わないで、相手への気遣いを持つことで、女性の負担が少ない膝枕をすることができるのかもしれません。

膝枕以外に彼氏が喜ぶことは?

 膝枕以外にも男性が喜ぶことはありますよね。

膝枕を嫌がる女性もいることですし、他のことで彼氏を喜ばせてあげることができるのなら、それも良いのではないでしょうか。

膝枕以外に男性が喜ぶようなことを下記に挙げましたので、ぜひ、そちらを試してみてください。

膝枕以外でも男性を喜ばせることができるのなら、そういった方法を知っていると彼氏との仲も深まりますよ。

マッサージ

 彼女からマッサージされると嬉しいという方もいるようですね。

膝枕があまりにきついという方は、ぜひこのマッサージを試してみてください。

膝枕は自分の脚が痺れるばかりですが、マッサージなら彼氏も気持ち良い思いをすることができますし、女性側としても負担は少ないのではないでしょうか。

もちろん、真剣にするとそれなりの疲労感はありますが、それで彼氏が喜んでくれるのなら嬉しいですよね。

もし、時間がある方は、ツボの勉強などをしてみると良いかもしれません。

ツボ押しマッサージだけでも随分と気持ちが良いものですし、普段の疲れが取れるということもあるでしょう。

しっかりとマッサージをして普段の疲れを癒してあげることができれば、彼氏は喜ぶに違いありません。

頭ナデナデ

 たいていの男性の場合には、女性よりも背が高いので頭を撫でられる経験がとても少ないと言われています。

小さいころに母親から頭を撫でられたことがあるだけで、大きくなってからはそんなこともなくなったということが多いでしょう。

背の小さい女性でも、大きくなるとなかなか頭をなでなでしてもらうことができる機会は少ないですよね。

そんな男性の頭をなでなでしてあげると、甘えさせてもらえているようで喜んでもらうことができるのではないでしょうか。

普段はされない分だけ、彼女から不意にしてもらったなでなではかなり大きな効果を持つはずです。

普段は守ってあげる存在である彼女から、そういった母親のようなしぐさが出てくることが好きだという男性もいるでしょう。

耳かき

 耳かきをしてあげても彼氏が喜ぶということもあるようですね。

特に、耳かきを膝枕と組み合わせると、かなり喜んでくれるということもあるのではないでしょうか。

耳かきも人にしてもらった方が気持ちよく感じるものです。

膝枕をしてもらいながら、大好きな彼女に耳かきをしてもらえるというのは、男性にとっては幸せなことの一つと言えるでしょう。

一度、膝枕をしているときに彼氏に「耳かきをしてあげようか?」と聞いてみてください。

嫌がられなかったのなら、丁寧にしてあげると喜んでもらえると思いますよ。

もちろん、膝枕が苦手な方は無理に膝枕でするのではなく、枕を使って寝ている彼氏にしてあげてもOKです。

ただ話を聞く

 ただ黙って彼の話を聞いてあげるというのも、彼氏にとってはとても嬉しいことなのではないでしょうか。

大人になってからは、愚痴の零し合いでもなければ、なかなか話を聞いてもらうことができません。

お金を払ってカウンセリングをしてもらうことなどはできますし、友達に愚痴をこぼすことはできても、小さなころに親や兄弟に話していたようにただ聞いてもらうという経験はなくなってしまうのです。

その点では、彼女がただ黙って話を聞いてくれるというのは、とても嬉しいことになるでしょう。

手料理を作る

 手料理に喜んでくれる男性も多いのではないでしょうか。

可愛い彼女の手料理というのは、男性にとってはある意味で憧れのようなものです。

まるで自分の奥さんになってくれたかのような感覚がするので、手料理を作ってもらえるということが男性にとっては嬉しいことなのです。

もちろん、料理が得意な女性におすすめの方法ではありますが、彼女が自分のために頑張ってくれた料理を食べるというのも、それはそれで彼氏にとっては嬉しいものでしょう。

あまりに美味しくないものを作ってしまっては嫌がられますが、多少の失敗くらいは許してくれるはずです。

美味しいに越したことはありませんが、彼女が自分のために料理をしてくれるというのが、何よりもうれしいことなのです。

掃除のお手伝い

 掃除のお手伝いをしてくれるというのも嬉しいことの一つかもしれませんね。

彼女がまるでお母さんのように一緒にいてくれるというのは、女性にとっては理解できないことかもしれませんが、男性にとってはどこか嬉しいことなのかもしれません。

また、みっともないところや、ちょっと汚くなってしまった部屋を一緒に掃除してくれるような面倒見の良いところに惚れ直されるということもあるかもしれません。

彼女が輪にとっては少し面倒くさいことであっても、それで彼氏が喜んでくれるのなら嬉しいことかもしれませんね。

看病

 看病は男性にとってはとても嬉しいことの一つでしょう。

風邪をひいたときに献身的に看病してくれる女性を彼女に持つと、「恋人がいて良かった!」と思ってくれるのです。

弱っているときにこそ恋人の優しさが身に染みるものですよね。

恋人として彼氏を喜ばせてあげたいと思っているのなら、ぜひ、彼氏が弱っているところを看病して支えてあげてください。

何か特別にできるようなことがなくても、風邪の時に近くにいてくれるだけで嬉しいという人もいます。

風邪の時にこそそっとしておいてあげようと考えてしまう人もいるかもしれませんが、特に一人暮らしの彼氏の場合には、傍にいてあげるだけで安心感がかなり違うはずです。

彼氏を喜ばせてあげたいのなら、彼が必要としているときに傍にいてあげるようにしてください。

愛情表現

 特別に何かしてあげなくても、愛情表現をしてあげるだけで彼氏は喜んでくれるのではないでしょうか。

日本人の場合には、大っぴらに愛情表現するのが苦手だということも良くありますよね。

なかなか相手に自分の気持ちをストレートに伝えることができない人もいるでしょう。

だからこそ、彼氏のことを喜ばせてあげたいのなら、ストレートな愛情表現をしてあげて下さい。

スキンシップボディタッチでも良いですし、もちろん、言葉でも構いません。

好きだ、愛しているなどはなかなか口にすることができないかもしれませんが、時には恥ずかしい気持ちを抑えて彼に愛情を伝えてみてくださいね。

彼氏に膝枕をぜひやってあげて!

 いかがでしたか?

 男性は女性からの膝枕をとても喜ぶものです。

なかなかそんなシチュエーションにはならないという方もいらっしゃるかもしれません。

慣れていなければ、する方もされる方も恥ずかしいと感じてしまうものだからですし、外ではそのようなことをなかなかできないからです。

ですが、そんなときには、お家デートを企画してみてください。

彼も喜んでくれるはずですし、彼氏との仲も深まるのではないでしょうか。

膝枕は女性にとっては辛いこともあるかもしれませんが、短時間なら足もそれほど痺れることがないでしょう。

大好きな彼氏を喜ばせる一つの方法として、ぜひ膝枕をやってあげてくださいね。