CoCoSiA(ココシア)

ちょうどいいと思われる女性の8個の特徴


男性から見て、この女性がちょうどいいと判断するのは、何を見て判断するのでしょう。

逆に、どこを押さえておけば男性にモテるのか分かれば、女性から男性に果敢にアプローチできるのではないでしょうか。

押さえておくポイントというのが、男性が「ちょうどいい」と感じるツボかも知れません。

顔や容姿も大事ですが、それ以外でもポイントはあるはずです。

男性側からの一方的な希望としては、スタイルが良くて美人で、性格も優しくて自分のことを大事にしてくれる女性なら大歓迎です。

さらに、料理が得意で炊事選択も文句も言わずにやってくれて、健康で思いやりがある女性です。

ここまで書くと、女性の方から「どんな顔して言っているの?」「お金を充分に稼いで、裕福に生活させてくれるの?幸せにしてくれるの?不倫はしない?」と畳みかけてくることでしょう。

お互いの相手に対する要望の中身の最大公約数的なものが、ちょうどいいと思われる願望に当たるのではないでしょうか。

自分のことを顧みると、大富豪でもないしイケメンでもなさそうだし、体型も自信がない。

こんな男性でも、ちょうどいいと思う女性の特徴を考えてみたいと思います。

この記事の目次

男性はちょうどいい女性を求めている

一般的な男性も、トビキリいい女とはそう簡単には付き合えないことを理解しています。

ましてや、そんないい女と街を一緒に歩いたり結婚したりすることは考えていないでしょう。

自分とは、釣り合わないと思うからです。

それでも、自分にちょうどいい女性がいるはずです。

男性は、そんな女性を求めているのです。

では、ちょうどいいと判断するのは、何を基準に決めるのでしょうか?
その前に、男性から見た「いい女」とは、どんな女なのでしょう。

女性を評価する時のポイントを考えてみます。

①外見(スタイル、髪型、化粧、身だしなみ、品格、など)
②内面(性格、優しさ、信頼、金銭感覚、など)
これらの条件を出来るだけ満たしている女性が、イイ女なのでしょう。

例えば、藤原紀香さんのように、身長が高くてスタイルが良くて、そして品格もあって愛してくれる女性が、あなたを好きになって接近してきたら、あなたならどうしますか?「嘘だろう!」「オレを騙すのはやめてくれ!」と叫んで信じないでしょう。

きっと間尺に合わないとしてお断りする筈です。

スケベ心のある男性なら、「ひと晩ぐらい付き合ってから分かれよう」と思うかも知れませんが。

万一彼女とデートしていても、「すぐに破局するさ!」と冷ややかに見つめる筈です。

どうしてなのでしょうか?それは、あなたにとって彼女がいい女だとは思わないからです。

それは、失礼ながら彼女の外見と内面のレベルと一般の男性のレベルが違うからです。

では、容姿もほどほどの女性が、真面目に暮らしているあなたに好意を持って近づきました。

優しいし言葉遣いも丁寧だし、これはいい女と知り合ったと思いある日デートの約束をしました。

デートの時の彼女の格好は、毛は金髪に染めて厚化粧で、口紅も真っ赤なルージュでキメて来たらどうしますか?ちょっと待てよ!この女性は水商売の女なのかな?と疑ってしまいます。

そうではないとしても、地味なあなたとは好対照で、周りの人は驚いて見ることでしょう。

このように、ちょうどいい女と言うのは、外見的にもつり合いが取れるような気遣いが出来ることも条件でしょう。

このように、ずっと一緒に付き合っていたいと感じる女性の特徴は、スタイルもほどほどで、顔も特別可愛くなくても愛嬌があったり、特別な才能や技能を持っていなくても、自分に何となくちょうどよいと感じる女性なのです。

男性を束縛するのでもなく、自分も自由に生きるような、心にも余裕のある女性なのです。

最高にいい女の条件のうち、いくつかを満たしているが全て完璧でない女性とでも言えます。

凄く可愛い子や才能持ちの子も良いけれど


凄く可愛い子と知り合いになって、二人でデートに行くことを夢に見ます。

街を二人で手を繋いで歩いていると、友人や知人と出逢います。

「あいつ、すごく可愛い子とデートしてやがる!」と羨望のまなざしで見つめられるのです。

あなたは、鼻高々で気分も最高です。

あなたの心の中では、「どうだ!いい女を連れているだろう!」「本当の俺は、こんなもんだよ!」「羨ましいだろう!」と叫びまくっている筈です。

またある男性は、外部からコンピューター関連の応援に来ているが質素な女性と付き合い始めました。

おとなしくてよく気がつく女性です。

スタイルも程よくちょうどいい女だと思っていました。

しかし、彼女のPCの技能は飛びぬけるほど高度で、ソフトウェアの開発も手伝っているようなのです。

PCの操作などの助言を依頼すると、いとも簡単に答えてくれるのです。

そのうちに、だんだんと質問するのが恥ずかしくなって、彼女を遠ざけるようになってしまったのです。

彼女の才能に尻込みするようになっていたのです。