CoCoSiA(ココシア)

実験で家でもできる楽しくて簡単なもの11選

学生の時には理科の授業で実験を行っていたと思いますが、その実験が今自宅でもできると話題になっています。

今回は実験をテーマにして、家でできるような楽しい実験をいくつかご紹介していきます。

お家で実験教室をやってみよう!

実験といっても堅苦しいものではなく、様々な物を使って家族で楽しめるような実験がたくさんあります。

家庭を持っている方であれば、自宅で子どもと一緒に楽しい思い出作りとして利用する事も出来ます。

入手するのが難しいものを使わずしても簡単に楽しめるようなものばかりですので、興味がある方は家族で実験してみましょう。

夏休みの自由研究にも!

家でもできる実験は夏休みの自由研究にもおすすめです。

せっかくであれば、興味を持って楽しく行う方が子どものためにもなります。

自由研究という宿題も含めて、家族で実験を楽しめればまさに一石二鳥だと思いすよ。

家でもできる楽しくて簡単な11個の実験

ここからは具体的に自宅でも出来る楽しくて簡単な実験についてご紹介をしていきたいと思います。

様々な実験がありますが、子供と一緒に行うのであれば子供が興味を持ちそうな楽しい実験を選択してみると良いでしょう。

1.ドライアイスに水をかけると…?

ドライアイスに水をかけるとどうなるかご存じですか?

理科の実験が好きな方は予想がつくかもしれませんが、ドライアイスに水をかけると白いもくもくとした煙が出ます。

しばらくたつとこのもくもくした煙が消えますが、これは氷や水の粒が水蒸気に戻るからです。

ドライアイス自体は二酸化炭素の固体で、ドライアイスは溶けても液体にはならず気体になります。

そして、出てくる煙は二酸化炭素のガスですが、人に悪影響を及ぼすことはないと言われているので安心です。

ただドライアイスの温度はマイナス79度以下だと言われているので、素手で触らないようにしてくださいね。

また、閉め切った個室などで行わず、窓を開けて換気するようにしましょう。

このような実験を行うことで水が固体になる温度や、気温によって様々な物が形状を変えるという仕組みが理解できるようになります。

子供でも興味をもって楽しめそうな実験ですよね。

使う物はドライアイスと水があればできるので、誰でも簡単に行うことが出来る実験です。

ドライアイスはスーパーなどで買い物をした際に持ち帰るが出来ることもあれば、インターネット通販などで購入する事もできます。

2.コーラにメントスを入れると…?

この実験は、その名前の通りコーラの中にチューイングキャンディであるメントスを入れるという実験です。

コーラにメントスを入れると、勢いよくコーラが噴き出してきます。

これは、コーラの中に含まれる成分がメントスの成分に反応するからです。

ちなみに普通のコーラではなく、ダイエットコーラで実験を行うとより泡が出るといわれています。

もしこの実験を行うなら、必ず保護者と一緒に行いましょう。

もし自分の口の中にメントスを入れてコーラを含むというようなことをしてしまったら、胃粘膜に損傷が出てしまう可能性があります。

これは絶対に真似をしないように注意しましょう。

また、床が汚れないように桶やビニールシートを敷くなどして十分に対策を行ってください。

この実験もコーラとメントスというコンビニでも購入できるもので行うことが出来ます。

気軽にできる実験なので、興味のある方は試してみてくださいね。

3.レモンで電池を作る


レモンで電池が作れるなんて衝撃的だ、と思う方もいるかもしれません。

用意するものは、レモンと電子オルゴールと亜鉛板と銅板を各4枚、クリップ付きリード線です。

レモンで電池を作る工程としてまず、レモンを半分に切って亜鉛板と銅板にクリップ付きリード線をつないでください。

そして、クリップ付きリード線を取り付けた亜鉛板と銅板をレモンに直接差し込みます。

そのあと、電子オルゴールの動線にクリップ付きリード線を繋いで電子オルゴールが鳴るかどうか確認をしてみてください。

そして、もう半分に切ったレモンに亜鉛板と銅板を差し込んで、 差し込んだ銅板と亜鉛板をクリップでつないで、後から差し込んだ亜鉛版を電子オルゴールのリード線にかみ合わせてください。

そして最初の時と音の大きさがどのように違うか確認しておいてください。

このような実験を行うことで、何が電気を起こしているのかを調べることができます。

結論としてはレモンに含まれる酸は亜鉛板を溶かし、亜鉛は解けた時にマイナスの電気を帯びた原子を置いていきます。

そのため、レモンに刺した亜鉛板がマイナス極、そして銅版がプラス極となります。