学校や会社の中で、いつも面白いことを言って誰かを笑わせている人っていますよね。

ちょっと辛辣な内容のジョークを飛ばしたり、体を張って笑いをとったり。

誰のことも笑顔に出来るユーモアってとっても素敵ですが、いざ自分もやろうとすると中々難しいものですよね。

それでは、ユーモアのセンスがある人はどんな特徴を持っているのでしょうか?

ユーモアがある人、憧れた事ありませんか

ユーモアのセンスって、誰にでもあるわけではありません。

「誰かを笑わせたい・面白いことを言いたい」と頭で思ってはいても、いざやろうと思うと案外難しくて、すべってしまうことも多いものです。

しかし、普段からユーモアに溢れた人は、自然に口からすらすらと面白い言葉が出てきます。

しかも、周囲が一層笑ってくれるような上手なタイミングでそれを言うものですから、聞いていて思わず舌を巻いてしまいます。

ユーモアが上手な人は、いつもそれを計算して言っているのかもよく分かりません。

それほど自然に動作や言葉が出てきて、あなたを含めた周囲の人を笑顔にしてしまうのです。

そんな人に自分もなってみたいと、一度は憧れたことがある人も少なくはないでしょう。

いつも人の輪の中心に居る人気者

ユーモアのある人は、いつも人の輪の中心にいます。

そして、それはとても自然なことでもあります。

人は自分を笑わせてくれる、楽しい気持ちにさせてくれる人の側にいたがります。

その方が心地よい時間を過ごせるからです。

そうして面白い人の周りには、どんどん人が集まって、しまいには人の輪になります。

ユーモアがとても上手な人の話は、誰か一人に限定して向けられた話ではないため、周りに何人いても皆が笑顔になることが出来ます。

そしてそれは、集団でのコミュニケーションを取るのにとても良い機会にもなります。

「この人の話を聞くのは楽しい」「この人は自分を笑顔にしてくれる」と人から思われている人は、自然と輪の中心で、皆の人気者になるのです。

自分もあんな風になりたい

ユーモアがある人に対して、「自分も皆の人気者になりたい」「面白いことを言って、皆を笑顔に出来る人間になりたい」など、

憧れの感情を抱く人は少なくないと思います。

「人を悲しませたい」と思う人よりも、「人を笑顔にしたい」と感じている人の方が多いからです。

また、自分の存在を周囲に認めて欲しかったり、いつも人の輪の中心にいたいと考えている人も、ユーモアセンスのある人に憧れる傾向があります。

どのような動機にせよ、「自分もああなりたい」と考えている人は、

日頃からなるべくその人の近くにいて、どんなタイミングでどんな面白いことをその人が言っているのかをよく観察していることがあります。

また、一見つまらなさそうにしていても、日頃からユーモアのある人のことをやたらと敵視したり、

盗み見ている人も実は「本当はああなりたい」と感じている可能性が高いです。

今の自分ではそれが出来ないからこそ、敵意や妬みのような感情になってしまうのです。

ユーモアのあるなしで人生損する?!

ユーモアがある人は、はっきり言って人生で得をします。

何故なら、人をいつでも笑顔に出来る人は、周囲からの評価もとても高いため、さまざまな場面で褒められたリ、頼られることが多いからです。

人を笑顔に出来る人は、自分もいつもにこにこと笑顔を浮かべていることが多いです。

そしてそれは、誰が見ても好印象で、「この人が良い」「この人なら安心」と信頼をおきやすいのです。

本人が計算してそう振舞っていたとしても、周囲から人気のある人はその計算高さを上手く隠しています。

だからこそ、周囲からの評価は高い一方になります。

評価が高ければ、学校では先生からの信頼が厚くなります。

また、会社でも頼りにされることが増えたり、昇進に繋がったりするでしょう。

何も普通がいけないというわけではありません。

ですが、ごくごく一般的に日常生活を送っている、もしくはネガティブな思考で生活している人に比べると、ユーモアがある人は確実に他の人よりも得をすることが多いです。

得をすることが多い人がいるということは、もしかしたらあなたの人生は、「損をしている」ということになるのかもしれません。

ユーモアがある人の10個の特徴

ユーモアがある人というのは、どんな人なのでしょうか?

生まれつき人を笑わせる才能がある人もいれば、頭で「こうしたら面白いんじゃないか」と計算して振舞っている人もいます。

才能がある人と努力している人とではまったく違うようにも思えますが、実は似通った特徴をしています。

では、どんな特徴があるのでしょうか?

1.表現が豊か

ユーモアがある人というのは、とても表情が豊富です。

基本的にはにこにことしていることが多いのですが、

話の内容によっては神妙な面持ちになったり、怖い顔をしたり、またはおどけた顔をしてみせたりと、表情がころころとよく変わり、表現力も豊かです。

人は耳から入る言葉以外に、ボディランゲージを通してさまざまな情報を相手から受け取ります。

相手の表情もその一つです。

折角面白い話をしているのに表情が能面のようでは、かえって不気味な印象を与えてしまいますよね。

しかし話の内容に合わせた表情の変化によって、より相手の話を面白おかしく受け取ることが出来ます。

ユーモアがある人は、言葉と同じくらいにボディランゲージを巧みに使いこなし、人を笑わせているのです。

どんな人にも「面白い」と思わせれる

ユーモアがある人は、どんな人に対しても「面白い」と思わせることが出来ます。

例えば屁理屈な人や、素直に話を聞き入れないような相手に対しても、相手の反応を読み取って上手に話の内容を変化させます。

それゆえに、どんな相手からも自分を「面白い」と思わせることが出来るのです。

努力してそれが出来るようになる人も素晴らしいですが、

無意識にそれをやってのけてしまう人はもはや「天性のユーモアの才能がある」としか言いようがありません。

2.例え話が得意

ユーモアがある人は、言葉の引き出しも多いです。

何か話をする時にも、自分の知りうる言葉を駆使して人を楽しませます。

人は自分が経験したことのない話をされると、中々それを想像しにくいため、スムーズに話し手の言葉を頭の中で映像として変換出来ません。

そしてその変換に時間がかかってしまうと、リアルタイムでの「面白い」という感情が湧きにくくなってしまいます。

しかし、ユーモアのセンスのある人は、話をする際には決して小難しい表現をしません。

誰が聞いても分かるような簡潔な言い回しをして相手に伝えるため、聞き手も一瞬でそれを頭の中で想像でき、思わず笑いが零れるのです。

ユーモアのある人は、話の内容を分かりやすい例え話としてよく伝えます。

誰しもに当てはまるような例え話であれば、誰が聞いても一瞬で言いたいことが分かるからです。

言い換えれば、例え話が上手い人ほど、ユーモアのセンスもあると言えます。

3.サービス精神が豊富

ユーモアがある人は、サービス精神も豊富です。

それは、「人にたくさん笑って欲しい」とその人が考えているからです。

ただ話をするだけでも面白い人はいますが、ユーモアがある人はさらにその上を行き、毎回あの手この手とやり方を変えて周りの人たちを楽しませてくれます。

人によっては時には自虐ネタなども披露します。

しかしそうしてまで、人を「笑顔にしたい」という気持ちが強いのです。

その気持ちが伝わるからこそ、周囲もその人に好感を抱くのでしょう。

常に周囲の事を気にかけている

ユーモアがある人は、面白おかしく話をしながらも、常に周囲のことを気にかけています。

そして「あの人は笑っているけど、あの人は笑っていないな」や、「この話はつまらなさそうだから、別の話にしよう」など、

その時の周囲の反応によって、話す内容を変えていきます。

ある漫談家は、その日の聴衆の年齢層によって、話す内容を変えるそうです。

つまり、一瞬でその日に話す内容を変えられるほどに、話の引き出しがとても多いのです。

そしてまた、聴衆に合わせて話し方も変えていきます。

ユーモアがある人も、一瞬でその切り替えが出来る人が多いのです。

4.話し上手で聞き上手

ユーモアがある人は、話すことはもちろん上手ですが、実は人の話を聞くのもとても上手いです。

人に話しを振って、人から聞いた話を自分風に言い換えて笑いを取る人もいます。

自分がただ「面白いからこの話をしてやろう」と思って一方的に話をするだけでは、聞く側はその内飽きてしまいます。

しかし、聞き手も自分の話に参加させて、自分の意見を言わせることによって、ずっと楽しく会話を続けることが出来るのです。

ユーモアがある人は、自分の話と相手の話を聞くさじ加減を良く分かっている人が多いです。

会話のキャッチボールが上手い

ユーモアがある人は、話すのも上手いですし聞くのも上手です。

それゆえに、相手から話を聞き出してそれに自分の意見を加え、また相手に問いかけるといった会話のキャッチボールが上手いです。

会話のキャッチボールを続けることによって、聞く側は相手も自分の意見をよく聞いてくれていると思い、満足します。

そうして話の流れがスムーズになるため、自然とそこから笑いも生まれやすいのです。

5.頭の回転が速い

ユーモアがある人は、相手によって話す内容を変えます。

また話の途中でも、相手の反応を見てより良い方向へと話の流れを持って行きます。

人が増えればその人も巻き込んで、会話のキャッチボールをしながらその場全体を笑顔へと変えていきます。

そんなことが出来る人は、非常に頭の回転が速い人が多いです。

また、何かをしながらも別のことを同時に考えることも出来ます。

ユーモアを身に着けたいと思ったら、ある程度の頭の回転の速さが必要になってくるでしょう。

場の空気を読み、状況に応じた言動が出来る

ユーモアがある人は、話の最中に他の人の表情や態度から感情を読み取って、それに合わせた話に切り替えることが出来ます。

そのため、話をしていてもいつも場が白けることがありません。

その場の空気を読んで、それに自分が言動を合わせるため、誰からも好印象に思われやすいのです。

6.常に笑顔で居る

ユーモアがある人は、ふと見ればいつもにこにこと笑顔でいることが多いです。

笑顔でいれば、周りが警戒心を持つことも気を遣うこともなく、自然と近寄ってきやすいです。

「笑う門には福来る」というように、笑顔の人の周りにはいつしか自然と人が集まってきています。

だからこそ、面白い話をする際にも最初からいつも誰かしらそばにいることが多いのです。

笑顔は他人を笑顔にする

いつも笑顔でいる人の周りには、自然と人が集まってきます。

それは、人が無意識の内に「あの人の側にいれば何か楽しいことがあるのかもしれない」「自分も笑顔になりたい」と

相手の笑顔=楽しそう・幸せそうな感情にあやかりたいと思うからです。

いつも何かに怒っていたり、落ち込んでいる人の側にはあまり近づきたくはないと感じますが、

にこにこと楽しそうな笑顔の人の元には自然と足が向かうものです。

7.リラックス出来る雰囲気をしている

ユーモアがある人は、いつも笑顔でいることが多いです。

その笑顔は人を和ませ、気持ちをリラックスさせてくれます。

また、楽しそうに笑い合っている空間では、誰もが緊張せずに、落ち着いた状態で過ごすことが出来ます。

だからこそ、自分が少し疲れていると感じる時には、和やかなムードの中に入りたいと思うものですし、遠くから見ていても心のどこかで「いいなぁ、羨ましいなぁ」と感じることがあります。

人は自分が安心出来る場所にいたいと望むものです。

そのためユーモアのある人のそばにはいつも人が絶えないのです。