CoCoSiA(ココシア)

病んでる人の14個の特徴。周りにこんな人はいませんか?


仕事や人間関係など様々な理由で病んでしまう人がいます。

誰にも相談できずに追い詰められ、 自分ではどうすることもできなくなってしまう 場合もあるのです。

そんな病んでいる人にはどんな特徴があるのかを見ていきたいと思います。

一見病んでいるのか判断しにくいかもしれませんが、周りにこのような特徴の人がいる場合は気にかけてあげるといいかもしれません。

病んでいる人の14個の特徴

何となくこの人は病んでいるのかな?と感じるとき、貴方は無意識のうちに相手の何処をチェックしていますか?

病んでいる人の特徴を挙げてみましたので、是非チェックしてみて下さい。

1.突然キレる

普通に楽しく会話をしているのにも関わらず、突然キレる人は病んでいる可能性が高いです。

キレるポイントがわからなくて、怒鳴られた側にしてみると、 何が起こったのか全く理解が出来ない でしょう。

心の余裕がない


突然怒り出してしまう人は、心の余裕が全くないため、普通に楽しく会話をしていても、ちょっとした一言で自暴自棄に陥ってしまったり、深く傷ついてしまいます。

突然怒鳴りだしたり、人が変わったかのようにキレて、物に当り散らされると、一緒に居る人は驚いてしまいますよね。

心に余裕がない人は、 心のバランスが崩れかけている ため、ちょっとした事でも平静を装っていられなくなるんです。

また、突然キレる人は、一見するとものすごく真面目で、優しい人だったりします。

いつもは自分自身を偽っていて、何とか社会の中で上手くやっていこうと自分自身を騙しているので、周りからはそう見えて当然です。

毎日毎日ギリギリで、精神をすり減らして頑張っているからこそ、ちょっとした事で感情を抑える事が出来なくなってしまうのでしょう。

2.見た目を気にしない

人は常に、ある程度の見た目を気にして生きています。

そのため、好きなブランドの服を着たり、メイクをすることで、 自己表現を楽しんでいる のです。

一方で、病んでいる人というのは、周りが自分の事をどう思うかというのを全く気にしない人もいて、そういう人は自分の見た目を気にすることがありません。

身支度を整えない


また、病んでいる人というのは、 身支度を整える心の余裕もなく、洋服に対するこだわりがなくなってしまいます 

メイクもしなくなり、髪の毛も寝起きのままボサボサだということもあるかもしれません。

洋服も何でも良いと感じてしまいますし、どうでもよくなってしまうことがあります。

洋服やメイクなど、自分の事だけではなく、次第に部屋の片付け、ゴミを出すなどの、身の回りの世話自体が全部面倒になってしまいます。

3.不衛生になる

心が病んでしまうと、 何事にも興味がなくなってしまいます 

そのため、元々掃除が大好きで、お部屋が常にキレイだった人も、突然インテリアや掃除に対する興味がなくなってしまうことが多いです。

そして、部屋が汚くなるということに対しても、興味が全くなくなるため、どんどんと部屋は汚れて不衛生になってしまいます。

洗濯や掃除も億劫になる

病んでいる人は、集中力がなくなってしまいます。

そのため、何かをしたいと思っても、 考えをまとめて整理する事が出来なくなってしまいます 

部屋を掃除するためには、床に置いてある荷物をどかして、移動させて、片付けてと、様々なところで集中力を使うので、それらのことができなくなってしまうんです。

洗濯をすることも、ものすごく面倒になります。

そして、何日も洗濯をしないなんてこともあるかもしれません。

しかも、部屋が散らかることでさらに病んでいってしまうケースもあります。

自分の視界に汚い散らかった部屋が入ることで、自尊心が低下するようです。

何でこんなに散らかっているんだろうと心がすさんでしまい、どんどんと追い込まれていきます。

4.会話がネガティブである

病んでいる人は、 常に思考回路がマイナス で、自分が病んでいることを悩んでいることもあり、会話がネガティブな傾向にあります。