病んでいる人というのは、一般的にはメンヘラといった呼び方もされます。

では、病んでいる人には一体どのような特徴があるのでしょうか。

【無料枠あります】病んでいるか、占いで診断するにはこちら →
(PR:Tphereth)

病んでいる人の14個の特徴

何となくこの人は病んでいるのかな?と感じるとき、貴方は無意識のうちに相手の何処をチェックしていますか?

病んでいる人の特徴を挙げてみましたので、是非チェックしてみて下さい。

1.突然キレる

普通に楽しく会話をしているのにも関わらず、突然キレる人は病んでいる可能性が高いです。

キレるポイントがわからなくて、怒鳴られた側にしてみると、何が起こったのか全く理解が出来ないでしょう。

ですが、こういった人は、普段は至極まともです。

それに、ものすごく良い人だったりするかもしれません。

心の余裕がない


突然怒り出してしまう人は、心の余裕が全くないため、普通に楽しく会話をしていても、ちょっとした一言で自暴自棄に陥ってしまったり、深く傷ついてしまいます。

突然怒鳴りだしたり、人が変わったかのようにキレて、物に当り散らされると、一緒に居る人は驚いてしまいますよね。

心に余裕がない人は、心のバランスが崩れかけているため、ちょっとした事でも平静を装っていられなくなるんです。

また、突然キレる人は、一見するとものすごく真面目で、優しい人だったりします。

何時もは自分自身を偽っていて、何とか社会の中で上手くやっていこうと自分自身を騙しているので、周りからはそう見えて当然です。

毎日毎日ギリギリで、精神をすり減らして頑張っているからこそ、ちょっとした事で感情を抑える事が出来なくなってしまうのでしょう。

2.見た目を気にしない

人は常に、ある程度の見た目を気にして生きています。

そのため、好きなブランドの服を着たり、メイクをすることで、自己表現を楽しんでいるんです。

一方で、病んでいる人というのは、周りが自分の事をどう思うかというのを全く気にしない人もいて、そういう人は自分の見た目を気にすることがありません。

身支度を整えない


また、病んでいる人というのは、身支度を整える心の余裕もなく、洋服に対するこだわりがなくなってしまいます。

メイクもしなくなり、髪の毛も寝起きのままボサボサだということもあるかもしれません。

洋服も何でも良いと感じてしまいますし、どうでもよくなってしまうことがあります。

洋服やメイクなど、自分の事だけではなく、次第に部屋の片付け、ゴミを出すなどの、身の回りの世話自体が全部面倒になってしまいます。

3.不衛生になる

心が病んでしまうと、何事にも興味がなくなってしまいます。

そのため、元々掃除が大好きで、お部屋が常にキレイだった人も、突然インテリアや掃除に対する興味がなくなってしまうことが多いです。

そして、部屋が汚くなるということに対しても、興味が全くなくなるため、どんどんと部屋は汚れて不衛生になってしまいます。

洗濯や掃除も億劫になる

病んでいる人は、集中力がなくなってしまいます。

そのため、何かをしたいと思っても、考えをまとめて整理する事が出来なくなってしまいます。

部屋を掃除するためには、床に置いてある荷物をどかして、移動させて、片付けてと、様々なところで集中力を使うので、それらのことができなくなってしまうんです。

洗濯をすることも、ものすごく面倒になります。

そして、何日も洗濯をしないなんてこともあるかもしれません。

しかも、部屋が散らかることでさらに病んでいってしまうケースもあります。

自分の視界に汚い散らかった部屋が入ることで、自尊心が低下するようです。

何でこんなに散らかっているんだろうと心がすさんでしまい、どんどんと追い込まれていきます。

4.会話がネガティブである

病んでいる人は、常に思考回路がマイナスで、自分が病んでいることを悩んでいることもあり、会話がネガティブな傾向にあります。

他人からみたら、何だそんなことかと思えるような事でも、本人にしてみるとものすごく重く感じていたりします。

周りは話を聞いていて、ついつい軽く捉えがちです。

しかし、あまりにも否定しすぎたり、「ネガティブすぎるよ」などと言ってしまうと、その事が原因で落ち込んでしまう可能性があるので気を付けないといけません。

何を言っても否定的で物事を悪く言う

どんな会話をしていても、物事に対して常に否定的な発言をするという特徴が挙げられます。

物事を常に悪く言って、褒めるということをしない人は心は病んでいるかもしれません。

また、話をしていても「どうせ自分は無理だ」とか「ダメに決まっているじゃないか」と言った言葉しか出てこない人もいます。

何か口にするたびに誰かの悪口を言う人は、心のどこかに大きなコンプレックスや不満を抱いている可能性があります。

どんどん自分で自分を追い込んでしまい、それが原因で相手の良いところを見ようという心の余裕がなくなってしまっています。

また、病んでいる人は突拍子もなく相手を驚かせるような発言をする事があります。

突然「死んでしまいたい」とか、相手に対して「死んでしまえば良いのに」と言った風に、普通は言わないような発言をする事も多くなるでしょう。

【無料枠あります】病んでいるか、占いで診断するにはこちら →
(PR:Tphereth)

5.お金の使い方が下手

病んでいる人は、お金を上手に管理するということが苦手です。

ストレスが溜まってしまい、ついつい色んなものを買いすぎてしまったという経験は、誰もがある事でしょう。

普通であればそれでストレスを解消する事が出来ます。

ですが、心が病んでしまっていると、どれだけお金を使ったとしても心が安らぐことが出来ません。

自分の収入に合ったお金の使い方が出来ずに、借金まみれなんて事もあるかもしれません。

身近にそのような人がいる場合、取り返しのつかないことになる前に注意した方がよさそうです。

自暴自棄にお金を使ってしまう

自分の収入に合わせて、お金をきちんと管理して使っていくという事は意外と大変なことです。

1人暮らしを始めると、改めてお金の大切さに気付くなんて人も多いのではないでしょうか。

病んでいる人は心が空っぽになっていて、寂しさを埋めるために平気でお金を使い続けてしまったり、借金をしてまで色んなものを購入してしまうこともあります。

購入をしたところで一度も使いもしないのに、ブランド品のバッグや洋服などを沢山購入してしまいます。

買い物をすることで、一時的に寂しさを埋めるのですが、物足りなくて色んなものを買い漁ってしまうんです。

また、逆にお金に対する執着が強すぎるという人もいます。

そういった人は、自分のお金だけでは飽き足らずに、他人のお金にまで手を出そうとしますので気をつけなくてはいけません。

当然ですが、寂しさや苦しさはお金では解決する事が出来ません。

心の不安をお金に固執することで和らげようとしているのでしょう。

他人が聞いたら驚くようなお金の使い方をしていることが多いです。

6.体調管理ができていない

病んでいる人は、何をしても無気力であったりやる気が起きないために、自分の体調管理がしっかりと出来ません。

また、心が不安になってしまうと睡眠が十分に取れなくなってしまうこともあり、どうしても生活リズムも崩れてしまいがちです。

規則正しい生活を送ることが出来なくなれば、身体も壊しやすくなります。

生活リズムが崩れている

病んでいると、どうしても落ち込んでしまったり心に多くの不安を抱えています。

そのため、夜になかなか眠ることが出来なくなってしまう人も多いです。

結果として、昼夜逆転の生活になり、生活リズムが崩れてしまいがちです。

理想としては1日に6時間から7時間程度の睡眠が必要です。

日中にしっかりと身体を動かして、太陽の光をたっぷりと浴びることで、夜に眠りに付きやすくなります。

気分が滅入ってしまったり、朝起きるのが辛いと感じる場合には、太陽の光を朝にしっかりと浴びるところから始めてみましょう。

寝室のカーテンをあけて、太陽の光を取り込むようにして下さい。

そうすれば、自然と体内時計もリセットされて、生活リズムも崩れにくくなります。

7.目が笑っていない

死んだ魚のような目をしている、という表現があります。

目は人の精神を表しているため、心が疲れていると無気力な目になってしまうんです。

病んでいる人は周りに合わせて無理して笑っていることが多いため、顔は笑っているのに目が笑ってない状態になってしまいます。

目には心の状態が表れる

目には今の自分の精神状態が映し出されます。

そのため、心が病んでいる人の目は、どこかうつろでやる気を感じることがありません。

ものすごく笑っているはずなのに、目だけが笑っていないなんて人が周りにいたら、その人は心が病んでいるのかもしれません。

また、仕事でパソコンに向かいっぱなしなど、常に目を使っている仕事をしている人は、眼精疲労になりやすく、それが原因でストレスが溜まることがあります。

目は脳とも近く連動しているところがありますので、自律神経が乱れやすくなってしまうんです。

目を使い続けていると、目の疲れだけではなく倦怠感を抱くようになってしまうこともあります。

倦怠感はやる気にも影響します。

自律神経が乱れてしまうと、やる気ホルモンと言われるドーパミンや、幸せホルモンと言われるセロトニンが分泌されなくなります。

すると、どんどんと心が病んでいき、何をしてもやる気が起きなくなってしまいます。

目は酷使し過ぎないように、パソコンやスマートフォンの使いすぎには十分に気をつけましょう。

8.オドオドしている

心に不安を感じていたり、病んでいると、自分に自信を持つことが出来なくなります。

また、常に周りを気にするようになり、どんな些細なことでも敏感に反応するようになるため、オドオドしているように見えてしまいます。

病んでいる人は、自分に対する自己肯定感が非常に低いため、オドオドとした態度に出てしまいです。

また、心がどんどんと病んでしまうと次第に外出する事が出来なくなり、自分の部屋に引きこもりがちになってしまう事もあります。

人生が楽しくなくなり、人生をやめたいと口走る人もいるかもしれません。

そんな時は否定せずに、何も言わず相手の話しを聞いてあげることが大切です。

9.話しかけても無反応

病んでる人にいくら話しかけても無反応で、無視されたと感じることがあるかもしれません。

周りの人は、病んでいると知らない人も多いため、知らず知らずのうちに不快な思いにさせてしまうこともあるでしょう。

そうして、周りの人たちから距離を取られるようになってしまいます。

このように周りが見えなくなるところも、心が病んでいる人の特徴になるのかもしれません。

完全に自分の世界に入り込んでしまっている

自分の悲しい思い出に浸っていたり、不安なことでがんじがらめになっていることも考えられます。

完全に自分の世界に入り込んでしまっていることから、周りが見えなくなっているのでしょう。

人間不信になっている場合も

人間不信になっている場合もあるかもしれません。

人間不信になってしまうことで、周りの人とのコミニケーションを断とうとします。

人間不信になっている人は相手の話を聞くことすら怖いと感じてしまいます。

さらに、信じられるのは自分だけと思い込み、周りの意見や話に耳を傾けなくなる傾向もあります。

【人間不信になってしまう理由と克服法は、こちらの記事もチェック!】

10.突然泣き出す

心が病んでいる人は情緒不安定なことが多く、突然泣き出してしまうこともあります。

突然泣き出す背景には、過去の楽しかった思い出や傷ついた記憶が蘇り、その場の状況を考えられずに泣き出してしまうのでしょう。

そんな時周りの人は、そっとしておくことが大切なのかもしれません。

繊細になっていてすぐ傷つく

周りの人の何気ない一言にすぐに傷ついてしまい、泣いてしまうこともありそうです。

例えば、あなたは応援するつもりで「がんばって!」と言ったつもりでも…。

本人からすれば「なんでこんなにがんばっているのに頑張らなくちゃならないんだ。周りから見ると自分が頑張っていないように見えるのか?こんなに死に物狂いで頑張っているのに、頑張ってなどとよく言えたものだ。」などと考えているかもしれません。

あなたは、頑張ってる姿を見て応援したい気持ちになってかけた言葉かもしれません。

ですが、相手にとっては非常に嫌な言葉に聞こえてしまうこともあります。

【無料枠あります】病んでいるか、占いで診断するにはこちら →
(PR:Tphereth)

11.笑わない

病んでいる人は、あまり笑わないことが特徴です。

まだ作り笑いでも笑えるのなら、心は苦しかったり悲しかったりしていても、表面上は頑張ろうという気持ちになっているのかもしれません。

しかし、笑わないのではなく笑えない人にとって、周りの人と歩調合わせて何かを成し遂げたり、周りの人たちとうまくコミニケーションが取れないくらい辛い状態になっていることが考えられます。

周りの人は「つまらないのかな?」と感じるかもしれませんが、相手が辛い状況だということを理解してあまり気にしすぎないようにしましょう。

12.何かに依存している

病んでいる人は、アニメやネット、スマホ、お酒やギャンブルなど何かに依存している人が多いです。

依存することで、それが自分の心のよりどころになっているのでしょう。

相手に理解されなくても、自分の信じる者や自分が好きなものには裏切られないと考えています。

何かに依存していることで、安心感を覚えているのかもしれません。

あまり良くないことに依存しすぎていると感じる場合、周りの人が何か新しい趣味を勧めたり、一緒に始めるなどをしてみると良いかもしれません。

嗜好品への依存

「嗜好品」とは、お酒やタバコ、コーヒーなど依存性の強いものを意味します。

お酒やタバコは摂取しすぎることで体に悪影響を及ぼすと言われています。

睡眠の妨げになったり生活の乱れにも繋がるので、余計に病んでしまう人もいるようです。

異性への依存

異性に依存してしまうことで、ストーカーのようになってしまうことがあるかもしれません。

恋人がいる人は、いつも一緒にいたがり束縛も激しく、恋人がいないと生きていけないと考えるでしょう。

ギャンブルへの依存

ギャンブルへ依存をしてしまう人は、自分が寂しい気持ちや恐怖、不安などを誤魔化しているのかもしれません。

病んでいる人も、ギャンブルへ依存することで不安な気持ちを紛らわそうとしているのでしょう。

13.人の話を聞かない

周りの人が、どれだけ本人のことを心配しアドバイスをしたとしても、全く人の話を聞かないことが多いでしょう。

相槌を打ってうんうんと頷いていても、右から左へと話が流れていってしまっています。

また、周りからのアドバイスや忠告を聞き入れられないところもあり、表面上は愛想よく振りまいていても、心の中では「そんなこと言われたくない。」などと思っているはずです。

心が不安定で人を信じることができない状態なので、素直に相手からの意見を受け入れることができません。

本人のことを心配してアドバイスする場合は、まずは相手の悩みをとことん聞いてあげることが大切です。

また、上から目線にならないように柔らかい言葉遣いで話すようにしましょう。

常に上の空

また、どれだけ相手が話をしてくれていても、常に上の空で話も聞いているか聞いていないか分からないような態度をとっていることもあります。

相手の話が雑音程度にしか感じられません。

そのため、相手が自分のことを思って言ってくれているということすら気づけない状況です。

自分の悩みや不安で頭がいっぱい

上の空になってしまう原因の1つに、自分の悩みや不安で頭がいっぱいになっていることも考えられます。

いつも自分の悩みや不安で心がいっぱいになり、不安な気持ちで押しつぶされそうになっている場合、相手の話を聞く余裕がないのかもしれません。

【無料枠あります】病んでいるか、占いで診断するにはこちら →
(PR:Tphereth)

14.部屋に引きこもる

病んでいる人は部屋に引きこもりがちです。

引きこもることで、人との関わりや周りからの接触を遮断しようとしています。

しかし、部屋に引きこもることで、結果的に自分の不安や悩みと向き合うことになってしまいます。

1人でいると、余計に頭の中はぐるぐると不安なことや悲しいことを張り巡らせてしまうでしょう。

周りの人はなるべく外に誘うようにしてあげて、一緒に気分転換ができると良いですね。

外界と接触したがらない

心が健康な人であれば、休日は外に出て友達と楽しみたいと思ったり、彼氏とデートしたいなどと楽しいことを考えるでしょう。

ですが、心が病んでる人であれば、他人と接触すること自体が不安や恐怖に変わります。

「自分のことを理解してくれなかったらどうしよう。」というネガティブな気持ちが常にあります。

カウンセリングなどを受けることも視野に入れよう

もし心のバランスが取れずに苦しんでいる人がいる場合、家族や恋人、友人など、周りがカウンセリングなどを勧めてあげることも大切です。

そのまま放っておいても、病んでいる人は自分ではどうにもできないということが多く、悪化してしまうことも考えられます。

もう限界だという状況がくる前に、専門的な知識を持った人に相談するようにしましょう。