CoCoSiA(ココシア)

胸キュンする理想の恋愛シチュエーション14選


多くの人はひそかに胸キュンしちゃう憧れの恋愛シチュエーションを抱いているのではないでしょうか。

マンガで見たシチュエーション、アニメやドラマで見た憧れのシチュエーションに胸キュンし、自分もそのシチュエーションを体感したいと感じていることでしょう。

友人が「こんなことがあった」と話すシチュエーションが憧れの胸キュンシチュエーションだったら、ますますしたい!という気持ちが高まるでしょう。

今回は、胸キュンしちゃう憧れの恋愛シチュエーションを14選ご紹介します。

さらに憧れのシチュエーションが増えてしまうかも!?

胸キュンしちゃう憧れ恋愛シチュエーション14選

1.突然後ろからハグ!

後ろから突然ハグされるというシチュエーションは誰もが一度は憧れたことのある代表的なシチュエーションだと言っても過言ではないのではないでしょうか。

ドラマや映画などでも良くあるシーンで、見ているだけでキュンキュンしちゃったという経験がある女子も少なくないでしょう。

実は後ろから女子を男子が抱きしめるというシチュエーションは1992年から1993年に放送された「あすなろ白書」というドラマで、元smapの木村拓哉さんが後ろから「俺じゃダメか?」というセリフとともに、抱き寄せるというシーンがあり、多くの女子がキュンキュンし、後ろからハグが理想のシチュエーションとして代表的になったという説があります。

そのため後ろからハグすることを「あすなろ抱き」と称されることも良くあります。

急にギュっとされるとドキドキする


前からハグされるのももちろん嬉しいですよね、しかし、後ろからという事で、身構えておらず相手の表情も見えない状態でハグされる為、とてもドキドキするのですね。

実は男子が女子を後ろからハグするときの心理としてはいくつかの気持ちが隠されています。

1つ目は、好きという気持ちを伝えるためです。

男性はシャイな方が多く、面と向かって「好き」「愛してる」とうまく伝えられないのです。

そこで後ろからハグすることで愛情表現をしているのですね。

また、男子がその女子の子T路を信頼しているという心理も働いています。

2つ目は、守ってあげたいという心理です。

男子は自分よりも弱いものは守るという保護本能というものを持っています。

自分にとって大切に思う女子は自分が守ってあげたいという気持ちになり、後ろからハグしてしまうのですね。

よく、デートの別れ際のしょんぼりしている顔や、無防備に寝ている姿を見て、守りたいと思い後ろ方ハグしてしまうようです。

3つ目は独占欲が隠されています。

その女子を誰にも渡したくない、自分だけのものにしたいという気持ちで後ろからハグするのです。

自分をもっと見て!という気持ちで後ろからハグしてきている場合もあります。

4つ目はアプローチです。

付き合っていない男女関係で、後ろから男子にハグされた場合、好意を抱かれている可能性が高いです。

恋人になりたいという気持ちが後ろからハグになっているのですね。

後ろからハグされるだけでもうれしいですが、理由もとても幸せな理由ですね。

後ろから愛情たっぷりのハグをされたら、優しい男子のぬくもりに包まれるのはとても幸せでしょう。

また、男性も女子から後ろからハグされたいと憧れていますね。

女子から後ろハグされることで、女性らしいやわらかなぬくもりを感じ癒されるのです。

男性は常に自分よりも弱い物を守る、強く生きると奮闘しているため、女子に後ろからハグされることで、弱い自分も理解してもらえているような感じがして、キュンとしてしまうのですね。

更に女子も男子に頼りたいと気持ちが落ちているときに後ろからハグするという事があり、お互いがキュンキュンしてしまう行為という事になりますね。

2.彼氏から優しく頭ポンポン

彼氏に頭を優しくポンポンされるというシチュエーション憧れている女子もいますね。

よく漫画などで多いシチュエーションですね。

背の高い男子が背の低い女子にポンポンしているというイメージが強いです。

頭をポンポンしてくる男性の心理としては、自分の事をもっと見てほしいという気持ちGあ隠されていることがあります。

また、自分が本当は悩んでいたり落ち込んでいるのに、女子に心配をかけないようにしているときに頭をポンポンすることもあります。

更に女子にポンポンした時に「なに~!やだもう」などと言われることがかわいらしく面白く思い、ちょっかいを出したいという気持ちからポンポンすることもあります。

文句を言い合いながらラブラブしたいのですね。

鎌って欲しい、知ってほしいという構って!という可愛い男子の気持ちが隠れているのですね。

母性本能がくすぐられるのではないでしょうか。

守られている感じがする


また、鎌って欲しいという気持ちではなく、女子のテンションを下げようとしてポンポンしてくれている場合もあります。

例えば何かに対して女子が怒っていて、文句が止まらなかったり怒りをあらわにしているとき、「落ち着いて。」という気持ちでポンポンしてくれているのですね。

イライラしてしまっているときに頭をポンポンされたら、気持ちが落ち着着ますよね。

そんな時にこの人に守られているという感覚になるでしょう。