テレビのネット用語であるリアタイは、リアルタイムの略語です。

実時間や即時、同時という意味で使われる事が多いのですが、現代の若者は一体どういう時に、リアタイという言葉を使っているのでしょうか。

リアタイとは?

テレビを見ているときに、良く使われるリアルタイムという言葉ですが、若者言葉ではリアタイと略されます。

ですが、一体若者はどういった時に、このリアタイという言葉を使っているのでしょうか。

「リアルタイム」の略

リアタイは、リアルタイムを略した言葉になります。

同時や実時間など、今現在、進行しているこの時間という意味で使われます。

近年、ネットで見かける「リアタイ」は、単にリアルタイムというだけの意味ではなく、テレビやネット配信などを、録画やタイムシフトではなく、リアルタイムで視聴するという意味の用語としても使われます。

尚、タイムシフトは若者の間では、「タイシフ」と略されます。

こちらは、テレビを録画したものを見るということを指すんですよ。

リアタイの元となった「リアル」という言葉は、2002年頃から使われ始めました。

当時は、携帯電話を使ってパソコンのサイトを閲覧する事が出来なかったため、携帯電話専門の携帯ホムペが流行っていました。

その中に、今でいうツイッターのような、リアルタイムに自分の気持ちを投稿する事が出来る機能があり、これが、リアルタイムと呼ばれ「リアタイ」の語源となっています。

2005年頃からは、リアルタイムの事をリアタイと略されるようになりました。

スマートフォンが普及されて、テレビやネット配信などをリアルタイムで見る事が出来るようになり、一層リアタイという言葉が若者の間で使われるようになりました。

若者が使うときの意味

リアルタイムとは、実時間や同時問いう意味がありますが、実際に若者はリアタイをどんなシーンで使うのでしょうか。

リアルタイムで視聴する


録画をしないで、今現在、アニメやドラマを見るといった時に、リアタイで視聴するという表現を使います。

若者はリアルタイムでテレビ番組を見ることに対して、非常に価値を感じています。

そのため、リアルタイムで今回はアニメやドラマを見る事が出来るから、そのテレビ番組を見ながら、テレビの会話をする事が出来るよ!といった感じで使用するんです。

リアタイは一般的に、テレビや配信されているものを視聴するという意味合いで使われることが多いため、この表現が最も多いと言えるでしょう。

ですが、若者はその他にも、リアタイという言葉を使って、自分が何かをリアルタイムでしていることを表現する事があります。

SNSや会話を見てみると、こんな事でもリアタイという表現をしているんだと、驚かされる事もあるでしょう。

自ら体験する

リアルタイムで何かを体験をしているといった時でも、若者はリアタイという表現を使います。

今リアタイで体験中!といった感じで、若者達はツイッターやインスタグラムなどのSNSに、今何をしているのかということを呟いたり、LINEなどを使って、友達と会話を楽しむんです。

リアタイという言葉は、ドラマやネットなどを「見る」といった視聴の意味だけではなく、何かを「体験」したり、人と「会ったり」、「参加」をするといった意味合いを含める時にも使われる事があります。

そのため、何をリアタイしているのかというのは、文脈や会話の流れを見て判断する必要があるんです。

実際に会う


友人と会って、ランチをしたり飲み会をしたりしている場合でも、若者はリアタイという言葉を使います。

「今、○○とリアタイしてる!」と、いった風に、SNSなどで可愛いランチの写真やデザートの写真などをアップして、毎日を楽しんでいるんです。

逆に、急な予定が入って、友人と会えなくなってしまった場合には「今日は20時から休養が入ったからリアタイ無理!」と、いった風に、リアタイという言葉を使って、予定をキャンセルすることもあるでしょう。

参加する

イベントでもライブでも何でも、若者は楽しい事に参加する時に、リアタイという言葉を使います。

「今、リアタイで参加中!」といった風に表現をするのですが、場合によっては、前後に「何に(場所など)」という言葉が無いため、結局何に参加をしているのかわからなくて、曖昧な表現になる事もあるでしょう。

友人同士で何かのイベントやライブに参加をしている場合、その友人達にしてみたら意味は解りますが、全くの第三者がその言葉を見たときに、意味が伝わらないこともあります。

ですが、例え曖昧であったとしても、若者たちは一切気にする事はありません。

自分達が今を楽しければ、それで良いからです。

テレビ放送などを放送時間にリアルタイムで見る

「今日は21時からドラマをリアタイで見る!」と、いった風に、ドラマを録画とかせずに、リアルタイムで見る事が出来る時に、若者はリアタイという表現を使います。

一般的には、テレビやネットのドラマ配信などに対して、視聴をするという意味で使われる事が多いので、若者達にしてみると、普通の表現だと言えます。

「今日もリアタイで見れる」だったり、中には「今日は仕事が早く終わったから、リアタイ組になれそう」と言った風に使用する事もあるでしょう。

そして、実際にテレビ番組やドラマを見ながら、その感想や展開をリアルタイムにSNSなどにアップしたり、友達とLINEを使って、会話をするという事を楽しんでいるのです。

リアタイの使い方

リアタイとはリアルタイムの略語で、若者言葉になりますが、実際に若者達は、どういったシーンでリアタイという言葉を使うのでしょうか。

その使い方についてチェックしてみましょう。

今日のドラマ、リアタイで見よう

近年、ドラマやバラエティ番組などのテレビ番組は、リアルタイムで見なくても、録画機能を使えば、簡単に何時でも時間を選ばないで見る事が出来ます。

そのため、今日はリアルタイムにテレビが見れる!といった時に、若者は「リアタイで見る」という表現を使うんです。

そして、リアルタイムで見ているドラマの内容をツイッターなどのSNSに投稿をしたり、実際に投稿をしている人の内容をチェックして、共感をしたりします。

また、LINEなどを使って、友達と一緒に、リアルタイムに見ているドラマの話をして盛り上がったりします

若者は、ドラマを1つ見るのに対してでも、様々な楽しみ方をしているんですよ。

リアタイ予定だよ

リアルタイムという表現は、テレビを見る以外にも、何かに参加するといった意味合いでも使用されます。

「リアタイ予定」というのは、「明日のコンサート、リアタイ予定!」といった風に、実際にその場所に行って、参加をするという意味です。

複数の友人同士で、何かしらのイベントに参加をする場合や、1人で何処かに行く時にも使用しますが、前後に「何に」参加をするのかという言葉が書かれていないと、何がリアタイ予定なのか、全く解りません。

SNSなどに呟かれている言葉をチェックする場合には、きちんと前後に何を呟いているかというのをチェックしないと、何がリアタイなのか混乱する場合もありますので、気をつけましょう。

リアタイで返信するね

LINEやメールは、一度既読をしても、直ぐに返信をするかどうかというのは、その時の気分によって異なりますよね。

あえてスルーをする時もあれば、直ぐに返信をする時もありますが、リアタイで返信をするというのは、リアルタイムに返信をするという意味になります。

「直ぐ送って!リアタイで返信するから!」と言った感じで、会話の流れで出てくることが多いでしょう。

あのアニメはリアタイ世代じゃないけど面白い

リアルタイムという言葉は、テレビを視聴したり、何かに参加をしたりなどの、リアルタイムで何かを行う以外にも、過去の事柄に対しても使う場合があります。

「リアタイ世代じゃない」というのは、昔の世代ではないという意味になり、昔のドラマやアニメなどを見て、面白いと感じたときに、「あれは、リアタイ世代じゃないけれど面白いよね!」といった感じで表現をするんです。

また、昔の事をうらやましいと感じたときにも、「リアタイしていたなんて良いよね」といった感じで使用する場合もあります。

「リアルタイムの世代ではなかった」という意味になりますので、話の前後を読まないと意味が理解できないという事は、あまり無いでしょう。

休みだったらリアタイしたかった

リアタイしたかったという表現も、過去の事柄に対して使用します。

今日は仕事や学校で遊べなかった場合などに、ライブにリアタイしたかったのに!と言った感じで表現するんです。

この場合、「何に」リアタイしたかったのかというのが、その言葉だけでは理解できませんので、前後の文章をチェックする必要があります。

グループ内で、1つのライブに参加する予定だった会話がLINEなどで飛び交う場合、参加できる人たちは、「ライブにリアタイする!」「リアタイ参加予定!」といった表現になり、参加できなかった場合は「リアタイ出来なかった」「リアタイしたかった!」という表現になるでしょう。

会話であれば、流れで何がリアタイ出来なかったのか解りますが、SNSで一言だけ呟かれると、一体何が?と感じる事もあるかもしれませんね。

当時リアタイで見た

過去の事を振り返るときも、若者はリアタイという表現を使います。

当時、何かをリアルタイムで見ていたという時に、「当時リアタイで見た」と言うんです。

「小さい頃に好きなアニメをリアタイで見た」や、「昔ライブでリアタイで見た」など、様々なことを懐かしむ時に使いますが、何をリアタイで見たのかというのは、前後の文章をチェックしないとわからない時もありますので、気をつけましょう。

使う上での注意点

リアタイという言葉は、今リアルタイムで何かをしている場合には、ものすごく意味も解りやすいですが、何かに参加をする時の表現であったり、過去の事を表現する場合には、使い方に気をつけないと、相手に全く意味が通じない時があります。

では、リアタイを使うときには、どのような点に気を付ければよいのでしょうか。

文章によって意味が異なる

リアタイは、使い方によっては意味が全く異なります。

そのため、その文章だけを読んでも、全く意味が理解できない時があります。

「今日はリアタイでドラマを見る」であれば、ドラマをリアルタイムで見るという意味になりますので、その文章を見ただけでも十分に意味を理解する事が出来るでしょう。

ところが、「私もリアタイ予定だよ。」などの、何かに参加をするという意味合いでリアルタイムという表現を使うとなりますと、前後に「何に」という言葉が無いと、相手には全く意味が伝わりません。

その他にも「夏休みに、野球の試合をリアタイしていた」など、過去の事柄に対しても、リアタイという言葉を使う事があります。

この場合は、過去に野球の試合をリアルタイムで観戦していたという意味になりますので、前後の文章を見なくても、十分に意味を理解する事は出来るでしょう。

前後の言葉で判断する

リアタイという言葉を若者が使用する時、その文章だけを見て、理解する事が出来るものもあれば、前後の文章をきちんと見ないと、何がリアタイなのか全く意味が解らないものがあります。

「今日は21時から勉強しないといけないから、リアタイ無理」といった文章であったとしても、何がリアタイ無理なのかが解らないので、ドラマなのかアニメなのか、それとも他の事なのかというのを、前後の文章を見て意味を理解する必要があります。

また、「リアタイ出来なそう」など、リアタイという言葉しか呟かないこともありますので、呟いた言葉の前後をきちんとチェックするか、その時間帯に何かドラマがやっているのかなどを、相手は意味を汲み取る必要があります。

若者はその場の雰囲気や勢いで言葉を呟き、リアタイという表現を使いますので、全く意味が解らない文章であったとしても、あまり気にしません。

どうしても意味を理解したい場合には、きちんと前後の文章を見て判断をするようにしましょう。

伝わらないことがある

リアタイという言葉は、若者が自己満足的な表現で使用する事が多いので、相手にしてみると全く意味が伝わらないことがあります。

前後に何をしているのかというのが、きちんと文章に書かれている場合には、意味が解りますが、突然「今日リアタイする!」とだけ呟かれると、相手にしてみると何を?という気持ちになりますよね。

「いいな!リアタイしていたんだ!!」など、過去の事柄に対してもリアタイという言葉が使われることもありますが、この場合も、リアタイしていた。

だけですと、何をリアタイしていたのか全く意味が解りません。

SNSなどで呟く際には、自分の気持ちを、その場の勢いで呟いてしまいますと、どうしても相手に意味が伝わりにくくなります。

相手にきちんと何をしているのか、何がしたいのかなどを伝えたい場合には、何をという点を意識して、リアタイという表現を使うと良いでしょう。