とにかくやる気が出なくて、何もしたくない。

特に体調が悪いわけでもなく、睡眠不足なわけでもない。

それなのになんでやる気が出ないのか…。

そういう時ってありますよね。

やらなきゃいけないことは山ほどあっても、なかなか進まず、だらだらと時間だけが過ぎていってしまうこと。

私もやるべきことはありつつも、つい携帯ゲームを始めてしまい、気がついたら1時間たっていたなんてことはよくあります。

よほど強い意志とやる気をアップさせるコツをつかんでいないと、なかなかやる気を継続させることは難しいです。

私自身、とにかくやる気が途切れがちなので、常に意識して行動し、心もリセットするようにしています。

そんなやる気を出す方法について考えてみましょう。

今日からすぐできる、やる気を出す方法15個


やる気を出すには3つの条件があります。

まず一つは「報酬」です。

やる気を出して物事に取り組んだ結果、お金や名誉、快楽などが得られないと人はやる気が起きてこないものです。

二つ目はいまからやろうとしていることに対して「興味」があるかどうかです。

さすがに興味のないものに対してやる気を出すというのは常にやる気満々の人でも難しそうですよね。

まずは目の前のことに興味を持つこと、そこからやる気を出す過程が始まります。

そして最後に明確な「目標」があることです。

なぜやる気を出してその物事に取り組む必要があるのか、そこがはっきりしていないとやる気は起きてきません。

基本的なやる気を起こすための3要素がわかったところで、一つずつやる気を起こすための方法を考えていきましょう。

1. 成功者のサクセスストーリーを読む


自伝にか書かれているサクセスストーリーを読むことによって、私もこんな風になりたいと刺激を受けることができます。

また、すでに成功した人の自伝ですから、実際に自分が行動する際の参考にすることもできます。

別に成功体験ではなく失敗談からもたくさんのものを学べます。

そういう意味では自分に生かしたりやる気を起こさせるのに、他人の経験というのは非常に役に立ちます。

時々、自分では想像もつかないような突拍子もない発想をしたからこそ成功した例も見られたりして、そういう発想を学ぶことも自分のモチベーションアップにつながっていくと思います。

2. 目標を全て書き出す


目標は最初に書いた通り、やる気を出すために非常に大切な行動です。

ただ、目標の立て方にはコツがあります。

思いつくままに目標を設定したのでは、やる気は起きてきません。

ちゃんとやる気が出るように目標を立てる必要があるんです。

自分のやりたいことを目標にする


やる気を出すためには、自分がどれだけその目標を達成したいかにかかってきます。

自分が成し遂げたい目標を立てないことにはやる気は起きてきません。

一番大切なのは人に言われて渋々設定した目標ではやる気は起きてこないということです。

受験勉強にしても、資格を取るための勉強にしても、自分から「よし!やろう!」と目標を設定して初めてやる気が起きてきます。

これが、教師や親に「あなたは大学に行かなきゃいけないから受援勉強しなさい!」と言われて目標を無理やり設定させられたのでは、やる気など全く起きてはきません。

必ず自ら目標設定するようにしましょう。

達成可能なものを目標にする


目標を決めるとき、夢のような相談な目標を設定する人がいます。

壮大な夢を描くとあたかもやる気もどんどんと起きてきそうに見えますが、実は目標が壮大過ぎるほどやる気は起きにくくなっていくのです。

ジグソーパズルに当てはめて考えてみましょう。

2000ピースのパズルを今日中に最後まで終わらせるという目標を立てたとしましょう。

始める前からゴールが遠すぎて途方に暮れ、初めの一手すらなかなか進まないものです。

ですが、最終目標はパズルの完成でも、近々の目標、例えば今日の目標として「パズルの外側一周を埋める」にしてみると意外と手を出しやすくなります。

目標は壮大過ぎると初めの一歩から躓きます。

達成可能だと自分で思える程度の目標から設定するようにしましょう。

目標に数値を入れる


例えば「お小遣い稼ぎしたいな」と思ったとしましょう。

しかし、「お小遣いを稼ぐ」という目標では全くやる気は起きてきません。

どんなお小遣いの稼ぎ方があるのかをネットで調べているうちに日が暮れてしまいます。

目標はわかりやすく、具体的に立てる必要があり、一番理想的なのは数字は入ることだと言われています。

例えば、先ほどのお小遣い稼ぎで言うと、「1カ月で5万円お小遣いを稼ぐ」という目標に変えてみるとどうでしょうか。

「1カ月」という期日と「5万円」という具体的な数値が目標の中に入りました。

すると、ネットで検索するときも、自分がどんなお小遣いの稼ぎ方をしたら目標が達成できるのかを想像しやすくなり、次の行動に移りやすくなります。

そのため、可能な限り目標には数値を入れるようにしていきましょう。

3. 今できることからすぐ取りかかる


やる気と行動の関連性を考えたとき、普通は、まず「やる気」が起きて、やる気が出てきたから「行動する」という流れが一般的であるように思えます。

しかし、実は本当にやる気があって常にモチベーションが高い人というのは、まず先に行動を起こしている人なんです。

やる気が起こってくるまで行動せずに待っている人というのは、いつまでたっても行動することはできません。

やる気を起こすためには動機付けが必要不可欠です。

動機付けとは目標に向かうための過程のことを言い、動機付けをすることで人は目標に向かっていくことができます。

この動機付けには内発的な面と外発的な面があり、内発的な面は実際に目標を考えること、そして外発的な面が行動を起こすことに当てはまります。

だから、目標ばかり考えていてもいつまでたってもやる気は起きてこないのです。

目標を考えたうえに、なんでもいいのでまず一つ行動を起こしてみる。

これをしないとやる気は起きてきません。

「やる気を出してから行動する」のではなく、「行動しながら徐々にやる気を出していく」というのが正しいやる気の出し方なのです。

ですから、やる気が起きないと言って悶々をするのではなく、まずは何か行動を起こしてみる、とりあえず今すぐできることに取り掛かってみる、それが大切です。

4. 人に話す


人に話すことでやる気がアップします。

人に自分の目標を話してしまうと、達成させなきゃいけない気分になりますよね。

半ば強制的ではありますが、こうやってやる気を出す方法もあります。

目標を宣言する

人に話すという意味では、自分から目標を宣言してしまうのもやる気を出すのに有効です。

他人に自分の目標を言ってしまった手前後戻りできない状態を作り出す事で、無理矢理にでもやる気を出して作業に取り組む事ができるようになります。

特に先輩や上司など、前言撤回しにくい人に宣言する事で退路を断ち、やる気を出して作業に取り組むという荒業もあります。

アドバイスをもらう

人からアドバイスを貰う事で、自分とは違った視点で作業を見る事ができて、やる気を持つ事もあるでしょう。

つまらないと思っていた作業も、他人のアドバイスを受け入れて実行する事で、新たな魅力を発見してやる気を持って取り組む事ができるかもしれません。

ただし、曖昧なアドバイスや明確に物事を説明してくれない人のアドバイスを聞いていると、逆にやる気が削がれてしまう事もあるので「誰にアドバイスを求めるのか」という事もしっかりと考慮した方が良いかもしれませんね。

励ましたり慰めたりしてもらう

他人の言葉に影響を受けやすい人は、人に励ましたり慰めたりしてもらってモチベーションを保つのも一つの方法です。

身内や友人などに事情を説明して、自分の思いやこれまでの行動を聞いてもらい、その努力に対して共感して貰う事で自己肯定感が満たされてやる気の原動力になるという訳です。

ただし、「もう作業を辞めたい」という内容に共感されてしまうと、やる気は益々削がれてしまうので、事前に「やる気が出るように励まして欲しい」と、一言言っておくのが良いでしょう。

5. 成功後の自分をイメージする


当たり前のことですが、「これは実際にはどんなに頑張っても無理だろう」と思っていることを目標にしても達成されることはありません。

目標を考えるときには、実際にそれが達成されて喜んでいる自分の姿が実際に想像できなくては意味がないのです。

毎日その目標が達成された場面を想像してニヤニヤ出来るくらいじゃないといけないわけです。

それには、やはり目標が達成可能で現実的である必要があります。

単にお金を稼ぐことを目標にしたとしましょう。

でも、自分の頭の中で宝くじで1億円が当たって喜んでいる姿を想像したとしても、どこかで「こんなの叶いっこない。」と思っている自分がいたとすればこれは目標としてはあまり良くありません。

でも、10万円とか、人によっては100万円くらいまでなら、実際に手にして喜んでいる姿は想像しやすいのではないでしょうか。

また、宝くじでもいいですが、アルバイトしたり、内職して得られる姿のほうが、自ら行動して稼いだお金になりますので、宝くじよりは現実的です。

このように、成功後の自分というものをイメージし、なおかつその姿を否定する自分が出て来ないことが、やる気を出すためには必要です。

6. 瞑想してじっくり考える


瞑想するということは、心をリフレッシュするうえで非常に重要です。

ただ目を閉じるだけではなく、カチッとスイッチをオフにして、真剣に休んでください。

休んだ後が一番集中力が発揮でき、思考回路もすっきりするからです。

瞑想というと、胡坐をかいたりして何か特別なことをやるという印象がありますが、別に特別な恰好をしなくても、簡単に行うことができます。

一番良いのは、寝る前に布団の中で行う瞑想です。

布団の中に入って寝るまでに数分~数十分時間がありますよね。

その時間です。

別に瞑想しているように見えなくてもいいんです。

ちなみに、もう一つの方法は、お風呂に入る時です。

お風呂に入る時に肩までゆっくりとつかった瞬間、フーっと息をついて目を閉じてぼーっと出来る瞬間がありますよね。

その時です。

どちらも傍から見れば瞑想しているようには見えません。

でも、脳の中では完全に瞑想と同じ状態になっています。

こうすることで脳が完全にリフレッシュされてやる気を出すきっかけにもつながっていきます。

7. 運動をして体を動かす


運動することでやる気を出すことができます。

体を動かすという行為は脳の血流を増加させますその結果、脳が十分に活動できるのです。

脳は十分に活動できる状態にあると、余計なストレスや悩み事を開放しようとし、幸福度も上がっていくのです。

また、脳がよく十分に活動していると、次第にストレスに強い脳になっていきます。

つまりはやる気を出しやすい脳になっていくということです。

運動しながら、余計なことを考えたり悩んだりと、そんな器用なことはできませんよね。

運動するということは、頭の中をすっきりさせ、余計な悩み事をさせない効果があります。

目標達成までの体力作りにも役立つ

運動して身体を動かすことで、目標を達成するための体力作りにもなります。

いくら作業効率を高めても、それを実行する体力が足りていなければ作業完了まで走りぬく事はできないでしょう。

運動をして体を動かす事でリフレッシュ以外にも体力作りの効果が見込めます。

ジョギングをする

ジョギングは集中力を高める効果があるので、やる気を出すために取り組む運動としてはとてもおすすめです。

また、場所を選ばず道具も必要無いのもジョギングの良いところと言えます。

やる気を出すために思いたったその瞬間始める事ができるので、何かを始めようというモチベーションを下げる事なくやる気を出す事に繋げられるのです。

スポーツジムに通う

体を動かすのなら、スポーツジムも良いですね。

トレーナーに相談しながら、自分の体力に合った運動を取り入れられるのもスポーツジムの強みです。

自分の体にかかる負荷を計算してトレーニングに取り組む事で、疲労感を調整する事もできますね。

運動をして体を動かすのは、やる気を出すスイッチとして秀逸ですが、あまりに強い疲労感を感じてしまうと、逆にやる気を失ってしまいます。

スポーツジムで運動を行う事で、疲労感の調節がしやすくなります。

筋トレをする

体を動かすという事なら、その場で筋トレをしてみるのもおすすめです。

一定の時間を決めてしっかりと筋トレをする事で、意識がガラリと変わって、作業に対するやる気が湧いてくる事でしょう。

「腹筋を◯回やったら作業を始める」など明確な目標を設定して取り組む事で、意識を切り替えるスイッチにもなります。

元気に踊る

いっその事、考える事を止めて衝動の赴くままに元気に踊ってみるのはどうでしょうか?
体の「動きたい」という衝動に身を任せて、兎に角ハチャメチャでも良いから元気に踊ってみれば、ストレスが発散されて「自分、何してんだろう」と笑いさえこみあげてくる事でしょう。

それが、切り替えになりやる気を出すスイッチになります。

8. 葛藤を捨てる


やる気を出すためには、その対象に集中する必要があります。

もちろん、最初は集中していなくても、やる気が湧いてくるにしたがって、どんどんと集中していくはずなのです。

ですが、何か他のものに気を取られていると、やる気は最初は多少湧いてきても、どんどんと増してくる…なんてことにはなりません。

他のことに気を取られていてはいけないのです。

何か他のものにエネルギーを注げば、せっかくやる気を出してやろうと思っていたことに対して十分にエネルギーを注ぐことができません。

やる気を出すためには、他の余計な考え事や悩み事を捨て、集中したい事柄にしっかりと目を向けることが大切です。

なかなかやる気が起きないときは、他に気を取られてしまうような気がかりや悩み事があるのではないでしょうか。

それをいち早く解決したり、考えないようにしたりすることで、やる気が起きやすくなるはずです。

9. シンプルに考える


やる気を出すためには、その物事に対して自分が興味を持っていないとなかなかやる気は出てきません。

前回の「葛藤を捨てる」でも書きましたが、余計なことを考えていると、なかなかやる気は起きないものです。

それに加えて、物事をシンプルに考えるようにするということも大切です。

自分が好きなものはやり、やりたくなくなったら止める。

こういうシンプルな考え方ができると気持ちはグッと楽になります。

とはいえ、やりたくなくなったらやめるなんて、そんなこと簡単に出来るわけないじゃないかと思われるでしょうし、実際には止めたくてもやめられないこともたくさんあります。

ですが、気持ちの持ちようとして、嫌になったら止めようと思えていると、取り掛かりが非常にスムーズになることは確かです。

いろいろなことにとらわれずに挑戦し、失敗したって引きずることもせず、良かったことだけを記憶してまた次の行動に移る。

こういうことを心掛けていると、やる気が起きやすい体質になっていきますし、ストレスもそんなに溜まりません。

こういう考え方ができると、やる気が起きるだけではなく、人生もより良く、強く生きていけそうですね。

10. 前向きな言葉を連呼する


やる気を出すためにはまず行動することが大切と先ほど書きましたが、前向きな言葉を言うこともやる気を出すためにはとても大切です。

やる気は何か行動した後からつられて出てくるものです。

なんでもいいから何か行動を起こすことによってやる気が出てくるのと同じように、前向きな言葉や目標に向かっていく言葉を常に言うことによって、やる気は自然と起きてきます。

脳は言葉や行動に反応するものなのです。

ですから、やる気が出なくて困っているときは、まず気持ちがついてきていなくても、目標に向かっていく言葉前向きな言葉を口に出して言うようにしてみましょう。

「自分は絶対できる!」

最近の人は自己肯定感が低いとよく言われています。

自分自身で自分の評価を高く持てないために、モチベーションを高く保てなくなってしまうのです。

自分自身で、やる気を出せる事を認めて言葉にする事で、モチベーションを高飼う保ってやる気を出しましょう。

「今日はなんだか絶好調!」

「今日は何だか絶好調」という言葉を発する事で、脳は「今日は絶好調なんだ」と認識します。

そうすると、自然と脳の働きが活発になり、本当に頭がクリアで絶好調な感じがしてくるのです。

自分で自分のモチベーションをコントロールするのもやる気を出す上で大切な事だと言えます。

「やれそうな気がする!」

何事においても確信を持つというのは難しいものです。

それならば、推定でも良いのでポジティブな言葉を発する事で、テンションを挙げていくのも、やる気を出す上で有効です。

「絶対にする!」だと逆に気持ちが追い込まれて、やる気が削がれてしまうようなタイプの人には特に有効ですよ。

「今日は◯◯を終わらせる!」

やる気を出す上で、行動の目標を立てる事はとても大切な事です。

どこがゴールなのかをハッキリしておく事で、「ここまでやれば終わる!」という目標に向かってやる気を出す事ができるのです。

そこで、目標を逐一言葉にするのもっモチベーションを保つ上で有効と言えますね。

「今日は◯◯を終わらせる!」と明確な目標を目の前に持つ事で、目標達成に向けて走り抜ける事ができます。

11. 明るい音楽を聴く


音楽を聴くということもやる気アップにつながります。

よく「やる気の出る曲」とか「やる気を出したい時に聞く歌」などというテーマでお勧めの曲がまとめられていることがありますが、音楽を聴くということは脳の中の快楽を司るドーパミンの分泌を促進します。

そのため、気持ちが前向きになったり、やる気が起きてくるといった現象が起こるのです。

パソコンでちょっと検索してみるだけで良い楽曲がいろいろと出てくるので、チェックしてみるのもいいかもしれませんね。

もちろん、自分の好きな曲をかけることもおすすめです。

12. 達成感のあることをたくさんやる


どんなに小さいことでもいいので、達成感を感じられる行動を取っていると、モチベーションがあがります。

達成感を感じると脳がドーパミンを分泌しますので、音楽を聴くの項目で書いたことと同じ現象が起こります。

何かを楽しみながら行い、それに成果が出ると達成感を感じることができます。

そうするとやる気がアップし、さらに物事を頑張れるようになるのです。

小さな成功体験の積み重ね

人は、成功体験をするからこそ「自分はできる」という自己肯定感から次の行動に移る事ができます。

その自己肯定感を高めるためには、小さな成功体験を積み重ねる事が重要なのです。

高い目標を持つのも良いですが、まずは自分が確実に達成できる目標を立てて小さな成功体験を積み重ねていく事は、長くやる気を保つ事にも繋がるのです。

13. 朝型の生活にする

気分によって行動にムラがでる人ほど、夜型の生活をしていると言われています。

人間は朝起きて夜寝るように体内のリズムが出来上がっているため、夜は集中力を保ちにくかったり、体の動きは鈍く成ってきたりするものです。

夜はしっかりと寝て、朝型の生活に変え、心身共に万全の体調を整える事でやる気を出しやすい状態になります。

14. 考えるよりまずは行動する

やる気のコントロールをできない人の多くが「行動に移すのが遅い」という共通点を持っています。

やらなければいけない物事から目を背けるために、考え込んでしまい結果として何一つ行動を起こせないでいます。

物事を始める前にやる気を出すのも良いですが、場合によっては行動する事でやる気が着いてくる事もあります。

考えるよりも、まずは何でも良いから着手してみるのも、やる気を出す方法としては有効ですよ。

15. 適度な休憩を取る


人間は常にベストなパフォーマンスを行う事ができません。

肉体的、または身体的に疲労が蓄積する事でどうしてもパフォーマンスは低下してしまうものです。

やる気を出す、または維持するためには常に最高のパフォーマンスを行えるように適度に休憩を取り、疲労を緩和させておく必要があります。

リフレッシュして集中力を高める

疲労する事でパフォーマンスが落ちる一番大きな原因は、集中力が低下してしまうという所にあります。

体が疲労してくるに連れて、段々と目の前の物事に集中できなくなり、他の事に意識が移ってしまいます。

そうすると、目の前の物事に対するやる気は大きく削がれてしまい、中々思うように進まなくなってしまう事でしょう。

適度な休憩を取る事で、長く集中力を持続させる事が重要なのです。

メリハリをつけることが大切

最初はやる気があって取り組んだ事でも、ダラダラと続けてしまうと段々とモチベーションは下がってしまい、やがてやる気を失い作業が捗らなくなってしまうものです。

そんな状態を回避するためには、メリハリを付けるのが有効です。

この時間からこの時間までは集中して作業を行い、この時間からこの時間までは休憩を取る、とハッキリとタイムスケジュールに緩急を付ける事で、休憩を挟みながら集中して作業に取り組む事が出来ますよ。

スランプ解消にもつながる

人がやる気を失ってしまう大きな障壁が、スランプです。

思うように物事が進まなくなってしまったり、ずっと同じ場所で作業が滞ってしまうと、どうしてもやる気が削がれてしまいますよね。

適度な休憩を挟む事で、気分転換や物事を違う角度から見るきっかけにもなります。

意地になって進まない作業を続けるよりも、一度すっぱりと作業を止めて休憩を取る方が、その後の作業を続けるモチベーションも下がりにくくなる事でしょう。

【やる気を出す方法でNGなことは、こちらの記事もチェック!】