皆さんはいつもいつも100パーセントのやる気をもって毎日を過ごしていますか?

いろんなことに興味をもって挑戦して日々成長できるようなそんな人生を過ごしていますか?

答えはきっとNOでしょう。

毎日全力の元気で生きていくなんてことは人間にはとてもできません。

息抜きする日時間があるからこそ、大事なときに頑張ることが出来るのです。

しかし最近、なぜか何に対してもやる気が出ないという女性が増えています。

まるでいつまでも五月病が続いているようなそんな感覚・・・やる気が出ないと何もうまくいかなくなってしんどいですよね。

今回は、そんな仕事や恋愛にやる気が出ない女性の原因、そしてやる気を出す方法を仕事・恋愛それぞれ解説していきますよ~!

やる気は自分の人生を明るくするために必要な力です。

しっかり取り戻して、充実した日々を過ごせるようにしましょう!

なぜかやる気が起きない、こんな時ないですか?

いつも元気いっぱいで全力で恋愛や仕事に取り組めている人はいますか?

そんな人がいれば表彰されるべきです。

人間には必ずいいときと悪い時があるのです。

なぜかわからないけどやる気が起きない、なんて日はかならずあるのです。

しかし、それが続くと何となく不安になってきますよね。

どこか病気なのかもしれない、仕事ができなくなったらどうしよう、毎日が楽しくない・・・そんな思いが生まれてきます。

やる気が起きないだけでこんなに不安になってしまうのです。

いかに「やる気」というものが人間にとって大切な感情なのかということが分かりますね。

なんとなくやる気が出なくなる原因と対処法

なんとなくやる気が出なくなり、そのままずっとやる気の消失に悩まされている女性は多いです。

その原因は何かわからず、そのまま放置しているというような人もいるでしょう。

しかし、早くもとの元気を取り戻すのには、その原因と対処法を知るのが一番です。

放置しておくのも一つの手ですが、稀に取り返しのつかない心の病気になったりしてしまうこともあります。

では、やる気が出ないときの原因からまずみていきましょう。

代表的な原因をいくつか挙げましたので、「これ自分に当てはまるな~」というものがあればチェックしてみてくださいね。

セロトニンやドーパミンなど神経伝達物質のバランスが乱れている

少し専門的な話になりますが、やる気が出ないときの原因はもしかするとセロトニンやドーパミンなど神経伝達物質のバランスが乱れているのかもしれないです。

脳内にはそれぞれの感情を引き出す役割を持った神経伝達物質があり、ドーパミンは人のやる気や嬉しさ、高揚感などを表現するために必要なものです。

セロトニンはそのドーパミンが多くですぎないように監視する役目があるのです。

こうした神経伝達物質が正常であればやる気もしっかりとでて充実感なんかを感じることが出来るんです。

しかし、こうした物質のバランスが崩れて、例えばドーパミンが足りなくなってしまうとやる気がでなくなってしまいなんとなくぼーっとした憂鬱な状態に入ってしまうのです。

神経伝達物質のバランスはどんな時に乱れるの?

神経伝達物質のバランスがどんな時に乱れるかと言いますと、基本的にはストレスが大きいようです。

ストレスを感じると自律神経のバランスも崩れますし、女性だと月経やいろいろな体の異変を感じますよね。

そういったものと同じで、神経伝達物質もストレスを感じるとそのバランスがくずれてしまうのです。

バランスが崩れる時はセロトニンが不足して、ドーパミンやノルアドレナリンといった感情に直結する神経伝達物質のバランスが保てなくなり怒りやすくなったりしんどくなったりするのです。

神経伝達物質のバランスを整えるために出来ること

こうした神経伝達物質をしっかりとバランスよく流すには、一番はストレスをためすぎないことが大切です。

女性は特に体がストレスに敏感であり、少しのストレスでも本人が気づかないうちに神経伝達物質のバランスが崩れていることがあります。

ストレスは自分ではなかなか溜まっていることに気づきません。

「もう少し頑張ろう」と思って続けていたら体を壊したなんて人が多いです。

しかし、起こってからでは遅いのです。

ちゃんと自分のことを甘やかしてあげる日もつって、ストレスと上手く付き合っていきましょう。

燃え尽き症候群


やる気が出ないときに多くの人が当てはまる原因、それは「燃え尽き症候群」というものです。

燃え尽き症候群は誰にでもなる可能性がありますが、特にかかりやすい人として、真剣に全力で物事に取り組む人がなりやすいようです。

燃え尽き症候群とは、その名の通り何か目標達成に向けて頑張っていたことが終わった瞬間、やる気が燃え尽きてしまってその後何に対してもやる気がでなくなってしまうのです。

試合や試験、その他仕事の一大プロジェクトなど今まで頑張ってきたものが達成と共になくなってしまうわけですから、それまでのやる気は燃え尽きて他のことへのやる気が一切なくなってしまうのも無理はないかもしれませんね。

どんな人がどんな時になりやすいの?

燃え尽き症候群は、頑張っていない人は基本的になりません。

なんの達成感もなく解放されたという気もないとやる気が極端に減るということもありません。

逆に、全身全霊で一つのことに集中してきたという人は、それが終わってしまった後に極度のやる気減少に悩んでしまうようです。

燃え尽き症候群は恥ずかしいことではなく、むしろそれほど自分が頑張っていたということなので素晴らしいことです。

ですので、少しの間の無気力は自分のためと思って許してあげてもいいかもしれません。

燃え尽き症候群になりにくくするための考え方

とはいっても、やはりやる気がない状態というのはしんどいことですよね。

そのためにも、燃え尽き症候群になりにくくしてしっかりメリハリをつけることが必要となってきます。

燃え尽き症候群になりにくくするためには、まずは気分転換をしっかりするということが必要です。

達成してしまった目標にいつまでも浸っていると、なかなか気分を戻すことが出来ません。

気分転換に遠出してみたり全く新しいことに触れることで、しっかりとメリハリをつけてまた新しいことに興味を持ち始めることができます。

または、仕事なんかであれば一つ一つを区切って進めるのではなく、複数の仕事を一度に掛け持ちしてこなしていくことで、一つが終わってもまたほかのことにスムーズに取り掛かることが出来ます。

どうしても一つのことに目標を設定してしまいますが、大きな目標ではなく小さな目標を日々クリアしていくようにすると、燃え尽きるまでには至らないでしょう。

身体的なストレスを抱えている

やる気が出ない原因として、身体的なストレスを抱えている可能性もあります。

身体的なストレスが自分のやる気を阻害して、体を動かそうとしてもできないという状態に陥ってしまうのです。

身体的なストレスは精神的ストレスとは異なるもので、誰にでも降りかかる可能性があるものです。

身体的ストレスを感じているなあという人は、お医者さんにいってプロに直してもらうというのが一番手っ取り早い手かもしれません。

身体的なストレスって例えばなに?

身体的なストレスというのは一体何なのでしょうか?

身体的というほどなので、体に負担がかかっているというのは何となく想像が出来ますよね。

つまり、体に何らかの負荷や攻撃を受けていることで体にストレスが溜まっていってしまうのです。

身体的ストレスの例としては、女性に多いのが肩こりや骨盤のゆがみなどです。

肩こりは仕事を憂鬱にさせる且つ自律神経を圧迫してしまうために、体のストレスから心のストレスへと変換されてしまう場合も少なくありません。

骨盤のゆがみなんかは体全体に負担をかけ体力を奪ってしまうので、「なんか体だるいな~」と感じることで、やる気がそがれてしまうのです。

もちろん、生理痛なんかも代表的な身体ストレスの例です。

お腹が痛いからやる気が出ない、そんなこともあるでしょう。

出来るだけ身体的なストレスがかからないために出来ること

身体的なストレスがかからないようにするには、体を労わるほかありません。

長時間パソコンの画面を見ないようにする。

体の片方に重心が寄らないよう気を付ける、足を組まない、冷やさないなど体を労わるためにできることはたくさんあります。

自分のやる気を出すためにまず自分の体を大切にする、それができれば身体的なストレスからは解放されるはずです。

生理痛や生理中の下腹部の重さなどは、薬を飲んで軽くしてあげるのも良いでしょう。

イブやロキソニンなど害のないものが多いので、毎月摂取しても全然問題はありませんよ。

精神的なストレスを抱えている


身体的なストレスに加え、精神的なストレスを抱えている場合もまた、やる気がなくなってしまう原因の一つとなります。

精神的なストレスは体の不調にもつながりますし、精神的に参っていればやる気どころかなにもしたくない、ずっとこもっていたいと考えるようになってしまいます。

目に見える解消法がないため、身体的ストレスよりも厄介だと言えるでしょう。

精神的なストレスって例えばなに?

精神的なストレスの例はたくさんあります。

最も重い「喪失」という体験から得た悲しみや辛さ、他には妬みやひがみ、焦燥感などが挙げられます。

つまり、マイナスな感情を受動的に受けてしまっている状態を精神的なストレスがあるというのです。

特に、自分の大切なものを失くした時の喪失感というのはストレスも大きく、家族を亡くした、恋人に振られた、自分の宝物を盗られたなどの喪失体験が、ひどいストレスを生み出していることが多いです。

こうしたストレスから、何もしたくないという感情が生まれているのです。

精神的なストレスを少なくする方法

精神的なストレスを少なくする方法とは、人それぞれです。

身体的ストレスに比べて決まった対処法というものがなく、個人に合ったストレス軽減法を試すのが最も効果的です。

その中でも代表的なのが、気分転換をする、嫌なことはやらない、マイナスな言葉は聞かないようにする、なんでもまじめに受け取らないなど様々です。

特に、なんでも悩んでしまうような人は、相手の言葉を真摯に受け止めすぎなのかもしれません。

聞きたくない言葉は無視しておけばいいのです。

どうしても人の言葉や自分の想像で傷ついてしまったり悩んでしまうという人は、常にリフレッシュする時間や道具をもっておくことが必須です。

ハーブティーなんかは気持ちを落ち着けるのに非常に優秀だと言われており、その葉によって効能も違います。

ハーブティーを集めて毎日一つためす時間を作るだけでも、全然いつもとストレスの感じ方が違うはずですよ。

自分で自分の心を守るようにしましょう。

慢性的な運動不足

慢性的な運動不足が、やる気をなくしてしまっている可能性もあります。

部活やサークルなんかを卒業すると、自主的に運動をする機会なんてのはかなり減ってしまいます。

さらに、事務職などのオフィス内で座ってするような仕事をしていれば、一日のほとんどの時間を椅子に座って過ごすことになるため、酷い運動不足になってしまうのです。

運動不足は体全体の筋肉を硬直させてしまいます。

すると、その後少し運動しただけではなかなか元の運動感覚を取り戻せなかったり、体が思うように動かなかったりしてしまいます。

こうした体の固まりが、やる気をそいだり他の精神的なことにつながり、気持ちを億劫にさせてしまうことがあるのです。

運動不足とやる気って関係あるの?

運動不足とやる気というのは一見関係がなさそうに見えます。

しかし、実際のところ運動とやる気は非常に密接な関係にあるのです。

運動をするとなんだか頭が冴えてくるという体験をしたことはありませんか?

体を動かすことで脳がいつも以上に活発に動き始めているからなのです。

そして、運動した前後はその脳の活性化が続き、やる気を取り戻すことが出来るのです。

しかし、もう何年もちゃんとした運動なんてしてないという人は、脳が凝り固まってしまっており、常に活性化させられるようになるまである程度の時間と定期的な運動を必要とします。

一度運動習慣が付けば脳もしっかり働くようになって、やる気が出ないスランプのような状態から抜け出すことが出来るのです。

運動嫌いな人には軽い有酸素運動がおすすめ

しかし、そんなことは言ってもやっぱり運動をするタイミングなんてないし続ける自信だってないですよね。

長いこと運動をしていなかったら、運動の仕方も忘れてしまいますし、一人でジムに行くのも億劫で登録したはいいものの全然いかないなんてこともよくあるでしょう。

そんな人は、軽い有酸素運動程度だけでも大丈夫です。

有酸素運動の代表はランニングやウォーキングです。

走るのがつらい人は、週末だけどこか目的地店を決めて歩いてみるというのでも良いでしょう。

歩くのはそこまでしんどくなりませんし、しっかりと運動にもなるのでおすすめですよ。

または、毎日数回スクワットするだけでも効果的です。

スクワットは筋トレと思われがちですが、実は有酸素運動の効果もあるのです。

有酸酸素運動に加えて、ヒップアップや太ももの減量なんかにも効くので、女性にとってはうれしい運動なのです。

月経前症候群

女性が毎月一番悩まされる問題、それが生理ですよね。

生理は月に一回とはいっても、生理前の1週間からイライラや腹痛、不安感などに襲われ始め、生理前は止まらない食欲、そして生理が始まると下腹部の痛みに耐えながら仕事をしなければいけません。

男性にはわかってもらえないという辛さもあります。

職場で上司に言うわけにもいかず、一人で終わるまで苦しみに耐えなければいけません。

こんな生理が毎月あれば、ずっと家にこもっていたいとおもってしまうのも無理はないですよね。

特に本当にお腹が痛い日なんかは、仕事さえできない状態にあるときだってあります。

やる気なんて問題よりももっと大変な問題があるのですね。

やる気が出ないのは生理前のせいかも

さてそんな悪夢の生理ですが、やる気が出ないのはその生理前の月経前症候群と呼ばれるものかもしれません。

先ほどご紹介したように、生理前にはイライラや不安感、焦りなどマイナスな感情がたくさん出てきます。

この中の一つに、けだるさ、やる気の阻害などの精神的負担もあるのです。

生理のちょうど1週間前あたりから、しんどさやだるさが出てきて、一気に何に対してもやる気がなくなってしまうのです。

これはどの女性にも起こりうる非常にありきたりな月経前症候群です。

もし今やる気が出ないと感じていて、且つ生理前だとしたら、もしかするとそれは生理前の心のバランスの乱れが原因なのかもしれません。

月経前症候群の症状を和らげるためには運動や生活習慣を整える

月経前症候群はなかなか自分ではコントロールできないものだと思われていますが、今はいろいろな薬や対処法が出ているのです。

もっとも効果的なのは、運動不足を解消して体を軽くすること、血液の流れを活発にして頭を冴えやすくすること、そして生活習慣を正しくすることです。

お酒の飲みすぎや夜中まで起きているなど、生活習慣が乱れていると、それはすぐに生理に影響します。

腹痛がひどくなったり、倦怠感が増したりといいことがありません。

しかし、生活習慣を正すだけで全く違うのも事実です。

早寝早起きを続けるだけで生理痛が亡くなった人もいますし、お酒をその期間だけ辞めるだけでだるさが軽減されることもあります。

生理はストレスと密接に関係しています。

自分を追い込まない程度に、生活を直していきましょう。

恋愛のやる気を取り戻す方法

やる気がなくなってしまう原因はいろいろなところにあります。

その原因を知ることが、やる気を取り戻して楽しい毎日を過ごす一番の近道になるのです。

では、恋愛と仕事両方の面から、やる気を取り戻すための方法を考えてみましょう。

やる気がなくなっているのがどんな原因であれ、一度今からご紹介する方法をためしてみてください。

効果に差はあれど、必ず少しの進歩はあるはずですよ!

1.恋愛好きの友達と一緒に行動する

まずは、恋愛のやる気をなくしてしまっている女性のための、やる気を取り戻す方法をご紹介いたします。

恋愛というのは伝染的に周りに移っていくものです。

だれかが恋愛し始めたら、他の人も次々に好きな人が出来始めるということは結構あります。

特に女性同士にはこの傾向がよく見られます。

ということは、恋愛をよくしているう人の近くに居ればいいのです。

女友達の中で、頻繁に付き合って別れてを繰り返しているような人っていますよね。

大変そうですが、恋愛していない人から見るととても充実しているように見えます。

そんな友達の近くに居て一緒に行動することで、自然に出会いが寄ってくることでしょう。

また、一緒にいる人の性格は似ると言われているように、恋愛好きな友達と行動を共にしていれば、自分も恋愛好きになれるかもしれません。

2.学校の集まりや職場の集まりに積極的に参加してみる

恋愛へのやる気を出すには、まずは出会いがないと始まりません。

学校の集まりや職場の集まりに参加することで、たくさんの出会いを期待することが出来ます。

出会いというのは、何も今まで会ったことのない人と会うだけが恋愛につながる出会いではありません。

むしろ、今までは知り合いだったけど、ちゃんと話してみて恋愛対象になったなんて人はかなり多いです。

学校や職場の飲み会なんかに参加すると、普段は話さないような人と話す機会が持てます。

そうしたところから、恋愛にまた興味を持ち始めることができるはずです。

3.彼氏持ちや旦那持ちの憧れの女性を見つける

恋愛のやる気を出すには、自分があこがれるような恋愛のお手本、女性を見つけるのがベストです。

とても素敵な恋をしていたり、彼氏や旦那さんに非常に大切にされていることが分かるような素敵な女性を見つけることで、自分もああなりたい!という感情を呼び起こすことが出来るのです。

これには、まず素敵な女性を見つけてみるようにしましょう。

特に、恋愛をして綺麗になった女性なんかだと、より自分の恋愛熱を思い出すことが出来るかもしれません。

そして、その女性と一緒にいることで、恋愛がいかに素敵なものなのかを教えてもらうといいでしょう。

そうすることで、恋愛やその女性自身に憧れを抱くことが出来ますし、次の男性の理想像もできて恋愛に踏み込みやすくなります。

素敵な女性を見つけることは、今後の現実的な恋愛にもつながるので、一石二鳥ですね。

仕事のやる気を取り戻す方法

恋愛のやる気も大事ですが、やっぱり仕事のやる気は必須です。

自分が生きていくためのお給料を稼ぐところなので、やる気が出なくて適当な仕事をしてしまえば、給料を減らされてしまうかもしれません。

では、仕事のやる気を取り戻す方法をご紹介いたしましょう。

主には4つ、これさえすれば少しだけでも仕事のやる気を取り戻すことができますよ!

1.憧れの上司を見つける

仕事でやる気を出して頑張ろうという気になるには、あこがれの尊敬する上司がいなければいけません。

尊敬できる上司がいれば、その会社にも敬意を払うことが出来ますし、その人のように働きたいという自分の目標が出来るので、やる気を注ぎやすいのです。

困ったときはその上司に相談にのってもらうことができますし、人間性も真似することが出来るでしょう。

逆に、尊敬できる上司が一人もいない仕事場だと非常に苦労するかもしれません。

自分で選んで入った会社が、上司が誰も真似したくないような人ばかりだとしたら、それだけでやる気がそがれてしまいます。

そんな場合は、その職場の誰よりも仕事ができる人間を目指すと良いでしょう。

そこで評価されなくとも、次の仕事に必ずためになりますし、何よりやる気を取り戻すことが出来ますよ。

2.同じ職場や取引先の人に恋をする

仕事に一番やる気が出るのってどんな時だと思いますか?

それは、誰かに認められたい、誰かに興味を持ってほしいと思っているときです。

ですので、同じ職場の人や取引先の人に恋をするということは、自分の仕事のモチベーションを上げるぴったりな方法なのです。

同じ職場に好きな人がいれば、その人に褒められたいから精一杯仕事を頑張ろうとしますよね。

また、取引先相手に恋をするのも同じです。

商談資料なんかに必死で取り組んで相手の人と良い関係を気づくことで人として認めてもらい、そのまま恋愛に発展させたいと思うものです。

職場内恋愛禁止なんて会社も少なくはありませんが、そんなことは気にせずどんどん恋しちゃいましょう。

恋するだけは誰でも自由です。

これで仕事の効率を上げて、やる気をいっぱい取り戻していきましょう!

3.いつもと違う仕事のやり方をしてみる

仕事のやる気が出ないのは、いつも同じことの繰り返しで飽きてしまっているからかもしれません。

仕事とは大体毎日同じことの繰り返しで、それを淡々とこなすだけですよね。

そんなことを続けていれば、やる気がなくなってくるのも当たり前のことです。

そんなときは、いつもと違う仕事のやり方をしてみるのもいいかもしれません。

例えば、いつも同じ順序で仕事をしているとなればこの日は変えてみる、いつもより多く仕事を終わらせて次の日早く上がって自分の時間を楽しむなど、仕事は自分次第なのでそのやり方も何通りもあります。

または、少し難しい仕事に挑戦してみて、いつものおなじみの流れを変えるという手もあります。

できる仕事ばかりだとどんどん面白くなくなってきます。

自分で仕事を面白くできるよう工夫してみましょう。

4.仕事が終わった後に楽しみな予定を入れる

仕事が終わった後に楽しみな予定を入れるのも、やる気をアップさせる方法の一つです。

いくら仕事のやり方や取り組み方を変えたとしても、仕事は仕事でしかなくて嫌になってしまうなんて人も中にはいるでしょう。

そんな人は、仕事の後に楽しみなことを用意しておいて、仕事を早く終わらせたいという気持ちになれるようにしましょう。

一番いいのは飲み会の予定です。

飲み会は時間が決まっているので、その時間までに終わらせたい!という気持ちが強く現れます。

そうすることで、仕事にもやる気が出てがんばれるはずです。

毎週末だけではなく、平日も何か資格の勉強や習い事なんかを入れると早く帰ろうと思ってやる気を取り戻すことが出来るでしょう。

やる気が出ない時の最終手段

恋愛と仕事のやる気、何となく自分に合ったやる気の出し方は見つけられましたか?

やる気が出ないときは非常に辛いですが、一つでも自分に合った抜け出し方を見つけさえすれば、すぐにやる気を取り戻すことが出来ます。

しかしやはりそこは人間の難しいところです。

もしどうしてもやる気が出ないとき、そんなときがきっとあります。

ご紹介した方法ではもうどうにもならないなんて時もあります。

そんなときは、思い切ってもう何にもせずにやる気がない自分を受け入れてあげるのがいいかもしれません。

下がるところまで下がる

もうやる気がでないと感じるところまで下がることで、気分が回復してまた自然にやる気を取り戻すことが出来るかもしれません。

下がるところまで下がってしまうと、もうそれ以上は下がることがないので、やる気を失うということもないのです。

やる気が出ないときにどんどん深みにはまってしまう原因は、やる気が出ない自分がいやになってしまうからです。

自己嫌悪に陥ってもっと頑張らなきゃと考えるために、焦ってしまってもっとやる気がなくなってしまうのです。

そうならないためにも、一度下がれるところまで下がりきってしまいましょう。

そうすると嫌でも動きたくなってきますし、ダラダラしていることに飽きてしまいます。

無理はしない、それがやる気を出す一番大切な事なのです。

やる気が出ない時は原因を知って上手な対処を

やる気が出ないときは誰でも自分が嫌になったり、しんどくなったりしてしまいます。

早くこの状態から抜け出さないとという劣等感や焦燥感に襲われ、それが故間違った対処法をやってしまうなんてことも多々あります。

やる気が出ないときは、まず自分のやる気が出ない原因をしっかり理解しましょう。

原因が分かれば適切な対処法もわかります。

時には一番下まで下がってもいいのです。

大切なことは、自分を責めずにゆっくりとマイペースでいることです。

そう心がけることで、やる気がなくなってしまうことも減っていくはずです。

しっかりやる気を取り戻して、また充実した生活を送りましょう。