CoCoSiA(ココシア)

心がけるとはどういう意味?使い方や...(続き2)

心がけが足りない

すぐに忘れてしまって継続して取り組めない、過去の失敗も振り返らないことを諭す時の常套句ですね。

叱咤激励の言葉です。

これからは健康的な生活を心がけます

不摂生な生活を過ごしたために、体調を崩した苦い経験があるのでしょう。

これからは心を入れ替えて、間違った生活を繰り返さない決意を「心がけます」と表現します。

️心がけるの類語

「心がける」という言葉の使い分けは、「①決して忘れないようにする」、「②熱心に物事に取り組む」、「③間違ったことを繰り返さないようにする」の3通りがあります。

①の意味の同義語は「心に刻む」「胸に刻む」「肝に銘じる」「銘記する」「記憶する」「留意する」「脳裏に焼き付ける」などです。

②の場合は、「努力する」「勉める」「勤しむ」などがあります。

③の場合は、「反省する」「自省する」「自分に厳しくする」「自戒する」「律する」などです。

心に刻む

心に刻むには「深く心に留めておく。」「 肝に銘ず。」という意味があります。

「あなたからの助言を心に刻み、仕事に励みます。」など、印象に残るような言葉や思い出を深く心に留めておく時に使うことができます。

心がけるには「決して忘れないようにする」という意味があるため、似たようなニュアンスとして捉えることができます。

肝に銘じる

肝に銘じるとは、「心に強く刻みこんで忘れないようにする」という意味があります。

「何か失敗をして、それを繰り返さないように強く心に記憶すること」という意味でもよく使われます。

【肝に銘じるの意味は、こちらの記事もチェック!】

銘記する

銘記するとは、「心にしっかりと刻み込んで記憶に残すこと」です。

心の代わりに、石碑や金属の道具や板に文字を刻み込むことも銘記すると言います。

読み方は同じですが、「明記する」という言葉もあります。

「明記する」とは、何かを登録する時に住所や氏名をはっきりと分かるように書くことです。

明記は誰もが読み取れるように明らかになっていますが、銘記の方は「今日の出来事を心に銘記する」などと自分の心に記憶するため、他人にははっきりとは読み取れないという違いがあります。

教訓などを心に銘記するという言い方は、深く銘記すると「肝に銘ずる」とも表現できます。

記憶する

「記憶する」とか「記憶に残す」という表現は、単に脳の一部に記憶として残しておくだけで、時間が経つと忘れてしまうものです。

つまり、「心がける」のように常に記憶に残して忘れないでおくこととは違った意味合いですね。

記録に残せば、誰もが振り返ってみることもできますが、記憶だけではちょっと曖昧な表現です。

だから、何か失敗をして上司から怒られたときに、「しっかり記憶します」と逃げの言葉に使われます。

何も具体的に約束や決意表明はしていないのですから。

留意する

留意というのは、してもしなくてもどちらでも結果の違いは分からない言葉です。

読んで字の如く、「心に留めておく、頭の片隅に置いておく」という程度の軽い表現なのです。

もし、会社の大事な行事を有名老舗ホテルで行う時など、服装にはドレスコードがあります。

こんな時に、みんなに回覧で注意を呼び掛ける表現は「服装に留意」ではなくて、「服装に注意」になります。

留意は「ちょっと覚えておいてね」という表現なのです。

自戒する

自戒するとは、「自分の衝動や欲望を意志で抑えること」です。

かなり強い意志と決意が無いとできないことです。

世の中のほとんどの人は、自戒はなかなか出来ないことなので、失敗が多いようです。

その時には、それを振り返って反省する時の常套句が「自戒を込めて」という表現を使います。

ちょっと年下の失恋した女性の同僚に当てた手紙に「男というものは、本音は分からないものです。すぐに素敵な男性が見つかりますよ!頑張って!自戒を込めて」というように使われます。

自戒を込めては、私も同じように気を付けて頑張るからと訴えているのです。

努力する

努力するという言葉は、「頑張る」と同じくらいよく使う言葉です。